fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  風林火山 >  風林火山の歴史的背景3-佐久侵攻と海野平の合戦

風林火山の歴史的背景3-佐久侵攻と海野平の合戦

海ノ口城の攻略後、武田信虎は佐久を中心に、村上氏と争うことになります。これで村上氏は劣勢に立たされ、ついに1541(天文10)年に、諏訪・村上と武田は同盟することになります。既にこの頃、信虎は娘の禰々を諏訪頼重の許に嫁がせていました。ドラマでは、より一層の両家の結びつきをという名目で、由布姫が、信虎の許に送られる設定となっています。ともあれ、力を増した武田軍は、佐久と小県へ侵攻し、そこで小県の国衆である、海野棟綱をはじめとした滋野三家、あるいは真田氏と戦うことになります。真田氏は元々、この海野氏の出身といわれています。

この戦いが海野平の戦いです。滋野三家や真田幸綱はこの戦いに敗れ、上野へ落ち延びたと考えられています。当時滋野三家や真田氏の後ろ盾となっていたのは、関東管領の山内上杉氏で、この上杉氏に属していた上野の豪族で、箕輪城主の長野業正(政)を頼ることになります。またこの時、矢沢頼綱と思しき人物が参戦しており、一旦村上方につくものの、その後兄幸隆が武田に仕えるようになり、村上から離反します。

滋野三家や真田幸綱が上野に逃げたことで、上杉氏の当主憲政は佐久に出兵します。武田は、上杉氏と同盟関係にあったため撤退し、佐久は上杉家の支配下となります。また小県は、村上氏の支配下となりました。この戦いには、後年に影響を及ぼす様々な要因が含まれており、単に真田氏の上野亡命だけではなく、そういった点でも興味深いのですが、それについては、また追々書いて行くことにします。

飲み物-カクテル
スポンサーサイト



[ 2017/05/28 01:00 ] 大河ドラマ 風林火山 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud