FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  直虎、そして風林火山

直虎、そして風林火山

まず『おんな城主 直虎』、観た印象をざっくり書いておきます。サブタイにある種子島ですが、最初と最後にしか登場せず、主な内容は虎松の教育方針に関するもので、しかもいささか朝ドラ的な展開でした。また中野直之が、井伊家では戦の采配を取る者がいない、だから鉄砲をと主張しますが、これは逆ではないかと思います。采配をきちんと取る者がいてこそ、鉄砲隊を活かせると思うのですが…。
しかも費用もかかるため、また方久頼みになるわけです。直之の父、直由が安く槍を作らせたと、自慢げに語っていたころとは、明らかに時代が違って来ています。しかしこれでは政次より、スポンサーである方久の方が、その気になれば井伊を乗っ取れるのではないかと思います。一方政次と、甥の亥之助が碁を打つシーンは、如何にも大河的な味わいがありました。

それにしても、なぜ直之が戦のことなど持ち出したのか。この頃は、既に今川家が傾きかけており、武田の侵攻も目前に迫っていましたが、桶狭間以来、井伊家の戦関連、外部の情報の描写が殆どなかっただけに、ちょっと唐突な印象があります。
あと直虎が、直親のことを虎松に話すシーンですが、この人はとにかく、このドラマでは偉業を達成していないのが残念です。人柄はよかったかと思います。しかしそれで思い出すのが、『毛利元就』のワンシーンです。元就の後妻妙が、嫡男隆元の人柄をほめた時に、商人の堀立直正が、男の人柄をほめるということは、他に取り柄がない時に使うものだと妙に耳打ちする、あのシーンです。

それから『風林火山』、花倉の乱により、今川家の跡目争いが勃発します。そして勘助は、武田の間者として駿河に向かいます。そこで今川家に仕官を申し出るわけで、これには、今川方として武田を討つ目的もあったようです-後で板垣信方が、それを悔やむことになりますが、それはともかく。これで寿桂尼、太源雪斎の栴岳承芳派と、福島越前守の玄広恵探派が対立します。
この両者は武力対決に及び、その中で勘助は、福島方の兄、山本貞久の介錯をすることになります。このへんは、なかなか壮絶なものがありますし、また、男性が主人公の大河ならではともいえます。そして、武田名物(ともいえる)乱捕りも行われるわけです。最終的に承芳派が勝利を収め、承芳は還俗して義元と名乗り、太源雪斎も軍師として仕えます。伊武雅刀さん演じるこの雪斎が、なかなか策士といった感じでよろしい。無論雪斎だけでなく、寿桂尼も、そして義元もかなりの策士なのですが。

飲み物-ローズヒップティー 

スポンサーサイト



[ 2017/04/30 23:45 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud