fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  風林火山 >  風林火山の歴史的背景1-花倉の乱

風林火山の歴史的背景1-花倉の乱

明日放送される『風林火山』第5回では、花倉(花蔵)の乱が採り上げられます。これについては以前書いたかと思っていたのですが、検索しても見つからないので、ここで書いておきます。一言でいえば、今川家を巡る跡目争いです。1487(長享元)年に、今川家の当主となった氏親は、今川仮名目録を制定する一方で、お家騒動が起こらないよう、嫡子の氏輝の相続を定めていました。さらに、この氏輝の同母弟である芳菊丸を、太原雪斎のもとで教育させ、出家させて栴岳承芳(せんがくほうしょう)と名乗らせます。

承芳はその後駿河へ戻り、その翌年、氏輝が家督を継ぎます。氏輝に万が一のことがあった場合には、その弟の彦五郎が家督を継ぐ予定でした。しかしこの氏輝の時代に、三河の松平氏が勢いづいたことで、氏輝は三河をあきらめて、甲斐への侵攻計画を立てます。この時、京にいた承芳は駿河へと呼び戻されます。しかしながら氏輝は謎の死を遂げ、しかも彦五郎までが死を遂げます。これにより、今川家には跡目争いが起こり、承芳の生母である寿桂尼や太源雪斎、今川家の主だった家臣たちは、後に還俗して義元と名乗る承芳の側につきます。

これに対して、家臣の一人である福島(くしま)越前守は、やはり氏親の子で、自分と血のつながりがある玄広恵探(げんこうえたん)を推します。この人物は側室の子でした。その後恵探の一派は挙兵をし、今川館に攻め入ったとも伝えられています。しかし承芳、つまり義元側は北条氏の援助を受けており、結局恵探は自害します。福島越前守はその後、失脚したといわれており、義元は正式に今川を継ぐに至りました。

この後駿河は甲斐と同盟を結び、武田信虎の娘が、今川義元の正室となります。しかし、今川家と姻戚関係を結んだことが、後に、信虎追放ともなってしまうわけなのですが。それはさておき、実はこの花倉の乱は、井伊氏とも関連があります。この時井伊氏は、やはり遠江を基盤とする堀越氏共々、恵探派についたといわれているからです。後にこの対立は、北条氏綱が井伊や堀越を巻き込んで、義元を苦しめた河東の乱にまで及んでいます。

『おんな城主 直虎』は、内政などはそこそこ描かれてはいますが、こういう、他国との軋轢や対立などがあまり描かれていません。今川憎し、そのとばっちりで、小野も遠ざけられるという設定ではありますが、なぜそれに至ったかをもう少し描いてほしいものです。でないと、だから女性大河はといわれかねないわけですし。森下さんは、史実を伝えるだけが大河ではないとコメントしていて、確かに主人公にあまり関係ない出来事を盛り込むのも如何なものかとは思います。しかしある程度は史実、他国との関係も盛り込む方が、大河としての面白みは増すでしょう。

次回の『風林火山』にも大いに期待しています。

飲み物-お洒落なランプとウイスキーグラス
スポンサーサイト



[ 2017/04/30 01:00 ] 大河ドラマ 風林火山 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud