fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ドラマ  >  相棒 >  相棒第7シーズン最終話「特命」

相棒第7シーズン最終話「特命」

以前書いていましたが、『おんな城主 直虎』井伊直平役の前田吟さんと、新野左馬助役の苅谷俊介さんがゲスト出演している、第7シーズン最終話「特命」についてです。ざっと内容を書いておきます。

************************

特命にある絵が届けられる。白黒の2色でその絵に描かれたものは、どう見ても殺人場面にしか見えなかった。当時相棒不在だった杉下右京は、単身、その絵の送り主が住む馬頭刈(まずかり)村に出かける。その絵は、彼女の弟で、サヴァン症候群の毅一が描いたものだった。毅一は見たものを写真のいおうに正確に記憶し、それを再現することができた。しかし今まで描いたものは動物ばかりで、人物を描いたことは一度もなかった。

その頃警視庁では、新相棒の神戸尊が出勤していた。彼は、杉下の動きを監視する役目を帯びていた。ところが特命に杉下の姿はなく、自らも杉下が向かった馬頭刈村に車を走らせる。しかし村の入り口で、道に横になっている男を見る。注意したものの気になった神戸は、その男を家まで連れて行った。それは村長の小池源一の息子、福助だった。母親が最近死んで、自暴自棄になっていると話す源一だが、神戸の電話の内容を聞いて表情を変える。

旅館で杉下との初対面を果たす神戸。どこか風変わりなこの男は、聖書のセールスマンという触れ込みで村に来ていた。一方源一は、住職の法春や弟の晋平に、本庁の警察官が、自分たちを嗅ぎまわっていることを打ち明ける。源一の亡くなった妻貞子は心臓が弱く、表向きは病死ということになっていた。ただ、村の医師舟木によると、検死の際も源一は貞子のそばから離れようとしなかった。よほど愛していたのだろうと話す舟木。

杉下は、村の中を独自に捜査し始めた。実はその前に米沢守を呼び、事件が起こったと思われる掘立小屋に行ってみたが、床板が張り替えられていた。明らかに証拠隠滅のためであった。そんな杉下を好奇の目で見る神戸。そこへ晋平がやって来て、自分たちの関与について否定する。しかし晋平はその夜、怯えたように走って来た毅一をこの近くで保護していた。毅一は毎晩、「お供えをする」目的で森へ出かけていたが、この時は何か恐ろしいものを見たようだった。

杉下の捜査に関して、村の駐在を通して本庁に連絡が入る。捜一トリオがやってくるが、杉下が捜査を止めることはなかった。一方毅一の姉直弓も、子供の頃から世話になった源一たちを敵視するような行動を、法春から諫められていた。源一や法春、晋平たちは、絵はあくまでも毅一の妄想だと主張する。そして掘立小屋を取り払ってしまい、私有地につき立ち入り禁止との立札を立てた。しかし杉下は、源一の息子福助が事業を立ち上げては失敗していた事実をつかむ。

つまりこの絵は、源一と貞子の無理心中を描いたものだった。事業の借金が返済できない福助に、自分たちが無理心中することで、金を残そうとしたのである。免責期間中の自殺はできないが、無理心中ならどうにかなるという判断で、源一は例の小屋でまず貞子を包丁で殺し、自分も首を吊ろうとしていたが、法春や晋平に止められたのだった。源一が片時も貞子のそばを離れなかったのは、病死ということにするため、致命傷を隠す必要があったからだった。

また毅一が描いたのは、その場にいたネズミであり、源一たちはいわば背景に過ぎなかった。杉下たちは福助を使い、源一に罪を白状させてしまう。そんな折、毅一が行方不明になる。小屋がなくなり、立札が立てられたことから、いつもの感覚が失われ、降ってきた雨をよけようとして岩から落ち、骨折したのだった。直弓は毅一を一度は見つけるものの、結局雨の中に弟を放置してそのまま戻ってこなかった。

これがもとで毅一は死んでしまうが、その前に描き残した直弓の表情は、明らかに「ごめんね」という時の表情だった。直弓が保護者としての責任を放棄したわけで、絵だけで証拠になるかどうかは疑わしかったが、杉下は、これから一生彼女は後悔し続けることになると話す。その後神戸は先に本庁に戻り、杉下は花の里で一人飲んでいたが、そこへ小野田がやってくる。ふたりの会話は、新相棒である神戸についてのことだった。

*************************

神戸の運転が荒いという杉下。長年連れ添った初代相棒の亀山薫に比べれば、どこかクールで、また内情偵察の任務も帯びている彼は、全く違ったタイプでした。しかも左遷により特命に配置されたわけですが、その左遷がどのような理由であったかは、最近明らかにされています。
しかし源一役の前田さんと法春役の苅谷さんが実に善人キャラです。大河で善人の役どころなのも納得です。そして小野但馬守が神戸君風であるといえます。しかし、子供のために命を賭する親、その一方で、障害のある弟を置き去りにした姉、何とも切ないものを感じさせます。

スポンサーサイト



[ 2017/04/14 01:00 ] ドラマ 相棒 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud