fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  花燃ゆ >  花燃ゆ

花燃ゆ

既に3回放送されていますが、書くのは今回が初めてです。
吉田松陰の妹、文の目を通して幕末の青春群像を描くドラマですが、この文がどのような人物であったかがあまり知られていないとかで、史実に沿うと言うよりは、制作サイドによって人物設定がなされている部分が大きいようです。今まで見た感じでは、松陰と小田村伊之助が実質的な主人公で、それに文が準主役的に絡んでいる印象ですが、さて今後どうなるのでしょうか。しかし松陰が色々騒ぎを起こしている感がありますね。無論これは、彼の信条に従ったものでしょうが、その信条の多くがその当時は国禁であるわけです。最終的に密航を企てて、アメリカの軍艦ポーハタン号への乗船を強行し、このため罪人となって蟄居を命じられるわけですが、しかしそれが松下村塾で多くの青年をはぐくむことになり、彼らが明治の重鎮となって行くわけなのですが。
第3回と第4回とで、そのポーハタン号への乗船、いわゆる下田踏海が描かれるわけですが、しかし大それたことをやったものです。そうでもしないと何もできないという、一種の使命感があったのでしょう。




スポンサーサイト



[ 2015/01/18 23:23 ] 大河ドラマ 花燃ゆ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud