fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  おんな城主 直虎 >  小野政次の2つのセリフ

小野政次の2つのセリフ

『おんな城主 直虎』における小野政次の立ち位置については、色々考えてみたいと思いますが、第12回で注目すべきは、やはり政次のこのセリフでしょう。

「恨むなら直親を恨め、下手を打ったのはあいつだ」
「何度も同じ失敗を繰り返す井伊は、終わるべくして終わった」

額面通りに受け取れば、何とも冷たい言葉ではあるわけですが、見方を変えれば納得が行きます。しかも二番目のセリフなどは、なかなかの正論といえます。そして、今まで違う方向に舵を切れなかった=今川憎しで来てしまったのが、井伊家が危なくなった最大の要因と取ることもできます。
まず
「恨むのなら直親を恨め」
ですが、これは次郎が自らを責めてばかりいても、恐らくは解決しない問題でもあるということが指摘されています。仮に次郎が瀬名の命乞いをしなくても、今川は何らかの形で間者を送り込み、井伊を潰しにかかったでしょう。明らかにこれは次郎ではなく、直親のミスであり、一家の当主の行動としては、軽率であったとも取れるのです。先日も書いていますが、この時点での今川に誠意が通じるのかどうか、定かではありません。次郎の「どんなに卑怯な手を使っても帰ってくるのじゃ」は、駿府に向かう時点で既に考えられる必要があったのです。
そして
「何度も同じ失敗を繰り返す井伊」
これは、第12回で散ってしまいましたが、井伊家古参の人々に共通する考えです。確かに今川に征服された、だから討ち取りたいという気持ちは理解できますが、現実的には誰かの傘下に入るか同盟するかで、共通の敵である今川を討ち果たさざるを得ないわけです。直平の代から、それに向けて周到な準備が練られて来たのかどうか、それも疑問です。
しかもその今川憎しの人々が、虎松の身の安全と引き換えに、今川の戦で落命したこと、しかも今川が欲しがっていた首の持ち主に、子孫が仕えることを思えば、何とも皮肉な話でもあります。むしろこの言葉は、謀臣たる自分をなぜ使わないのかという、政次の憤りのようにも取れます。井伊という、謀を好まず、平時であればいい領主であったはずの家が、権謀術数だらけの戦国時代に放り込まれた時、最高の切り札であり、毒にも薬にもなるはずだった小野家の、毒の面しか見ていなかったことは、常人であるがゆえの不幸でもありました。

直虎となった次郎は、今後も政次との確執を繰り返すことになるのでしょう。しかしこの、ダークホース的な人物がいるということで、このドラマがありがちな女性大河と違った展開になっていることは興味深いものがあります。番組のツイッターでは「直親ロス」というタグが出来ているようで、無論直親のイメージは、三浦春馬さんのイメージとよく合って好感が持てますが、個人的には政次ロスになりそうな予感です。その位、この人物の存在は大きいといえます。
髙橋一生さん、『風林火山』の駒井政武(高白斎)もこんな感じでした。この駒井政武は、武田晴信の近臣であり、外交と内政両面に長けた人で、甲州法度次第の起草も行っています。戦場に出るというよりも、文官として活躍した人物で、豊臣政権の石田三成や大谷刑部と共通する点もあります。ちなみにこの政武の嫡男の名は政直で、偶然にも小野和泉守と同じ名前です。

しかし幼馴染キャラというのは、なかなか特殊なものです。昨年の信繁ときりもそうでしたが、配偶者でも恋人でもないけど、自分のことをよく知っていて、無下にできない存在なのは確かです。唐突ですが、パペットホームズの「バスカーヴィル君と犬の冒険」にステイプルトンという男子生徒が登場しますが、ワトソンが好きなメアリーの幼馴染という設定です。このステイプルトンは、メアリーが付き合う男子生徒に対してことごとく嫌がらせをしますが、最後は底なし沼に落ちてしまいます。
その時メアリーはこう言います。

「あなたは恋人でもない、ボーイフレンドでもない。でも私の一番の友達よ」

結局ワトソンが身を呈して彼を助け、ステイプルトンもメアリーがワトソンと付き合うことを認めるのですが、恐らく次郎と直親、そして政次も、本来は「一番の友達」という関係なのでしょう。

飲み物-ラテアート
スポンサーサイト



[ 2017/03/30 00:30 ] 大河ドラマ おんな城主 直虎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud