fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  おんな城主 直虎 >  おんな城主 直虎-12 おんな城主直虎

おんな城主 直虎-12 おんな城主直虎

タイトル=サブタイの今回、あれこれ動きがありました。そして、初回からの男性キャストの大半が、今回で退場です。何か、これまでの牧歌的(後の方はのぞく)な雰囲気が終わり、かなり荒っぽい現実が女城主の前に突きつけられそうです。

*************************

掛川城下に迫った直親の一行は、今川の家臣や兵に取り囲まれた。直親は馬を下りて、奥山孫一郎や家臣の今村藤七郎と共に斬り抜けようとするが、多勢に無勢でもあり、孫一郎と藤七郎は相次いで落命する。そして直親も相手の剣を受け、一旦は井伊谷まで戻ろうと立ち上がるも、力尽きる。その頃竜宮小僧の井戸では、冬のさなかだというのに、次郎が直親の無事を祈って水垢離をしていた。その時彼女の目の前に直親の幻が現れ、その直後次郎は倒れてしまう。次郎は高熱を発し、三日三晩眠ったままだった。

次郎がかなたへ手を伸ばすのを見た、母の祐椿尼がその手を取り叫ぶ。
「直親、手を離せ!」
南渓や昊天、傑山は、唯一生き残った従者の報告を受け、現場へ向かう。そこには、一行の遺体が野ざらしになり、その上に雪が積もっていた。龍潭寺に遺体が運び込まれ、「殿のお帰りである」の声に、次郎はふらふらと立ち上がり、三人の遺体を目にする。直親の遺体に触れようとする次郎の手をしのが払い、こう言った。
「そなたが殺したようなものではないか、あの時但馬を成敗しておけば」
しのの妹なつが、姉は取り乱していると取り繕うが、次郎はその言葉を受け入れ、夢遊病者のように去って行った。これでは嬲り殺しであると嘆く直平。

その後犠牲者の葬儀が行われたが、病後の次郎は井戸の側にいて、川名で唱えた死者を悼む経を、直親のために唱え始めたが、途中で声が詰まってしまう。その頃井伊の館では、今川より虎松を始末するよう下知が来ていた。新野左馬助が命乞いに向かうが、氏真は聞き入れようとせず、左馬助の訴えを一蹴し、ならば欲しい首があるので、取ってくれば虎松の件は許すと伝える。井伊谷に戻った左馬助は、ことの次第を話すが、直平も中野直由も、戦には乗り気だった。しかし彼らの間には、但馬こと小野政次が裏切ったか、始めから手合わせをしていたのではないかという疑念があった。

一方駿府では、氏真が政次に、左馬助がお前の読み通りに動いたと話していた。また政次は、三河でも松平の家臣や一向一揆についても情報を仕入れ、これを利用すれば、元康の足をすくうことができると伝える。そんな政次に、氏真は満面の笑みでこう言った。
「悪い奴じゃのお、そなたも」
その頃岡崎城では、元康が家臣の裏切りに怯えていた。同じ頃左馬助の屋敷には、しのと虎松のみならず、なつと亥之助も滞在していてにぎやかだった。一度尋ねてはどうかという母祐椿尼の言葉に、次郎は言葉を濁す。次郎は寺から出ようとせず、ふさぎこむようになっていた。

竜宮小僧の助けを借りたいとやって来る村人に、昊天は次郎が、自分は災厄をもたらすだけと言って、頑なに人々を拒んでいると断る。そんな折、南渓が次郎に、酒を持たせて井伊の館に行くように勧める。曾祖父に当たる直平をはじめ、伯父の左馬助、そして中野直由が出陣することになったのである。自分たちでなければ戦はできないと語る直平たちだが、次郎は、三人がいなくなった後を不安に思った。きっと帰って来るという直平と、初めて酒を酌み交わす次郎。次郎が男子でないのが残念だったが、女子ならば逆縁にならずにすむという直平の言葉に、祐椿尼は涙を流す。

その夜次郎は井戸端で酒を飲み、様子を見に来た南渓に、自分は無用の長物でしかないと愚痴る。その後直平は出陣後、陣中で不審死を遂げ、左馬助と直由も、曳馬城で戦死した。その後政次は、今川からの三人の目付を連れて井伊谷へ戻って来た。所謂井伊谷三人衆である。政次は祐椿尼に、直親の内通ゆえ今川に捕らえられていたが、直平たち三名の忠義により帰還を許されたと告げるが、祐椿尼はよくできた話と皮肉る。そして政次は、その場で虎松の後見に就くという話を持ち出す。今川がそこまではできないと言う祐椿尼に、家督は虎松様、それがしは後見と強調する政次。

そして政次は、井戸の側で昼間から酒を飲む次郎に声をかける。なぜ政次だけ無事に戻って来られたのか、最初から裏切るつもりだったのかと問い詰める次郎。政次は、恨むのなら下手を討った直親を恨めと言い、さらに、同じ失敗を繰り返す井伊は、終わるべくして終わるとも言うが、それらの言葉にはどこか含みがあった。そして龍潭寺では祐椿尼が、南渓に虎松の後見を頼むが、その時昊天の大きな声が響き渡る。飛び出した二人は、次郎が槍を手に昊天に向き合っているのを目にする。ならば鶴を狩りに小野屋敷に行くかと南渓。

次郎は槍を何度も地面に突き刺し、自分には災厄を振りまくことしかできないと口にするが、その時小坊主がおずおずと、次郎様は竜宮小僧ではないのかと話しかける。生きておる者は、死んだ者を己の中で生かすことができると南渓に諭され、次郎は直親の遺志を継ぐことを決意する。そして次郎は、夫婦約束が決まってから、母が作った小袖に手を通しながら、直親が駿府に発つ前に、一緒になろうと言ったことを話す。評定の席では南渓が、後見は直虎と決まったと告げたが、一同が初めて聞く名前であり、政次が唯一誰であるのかを察した。そして、恐らく彼の察知通り、その場に入って来たのは次郎だった。

*************************

直親が暗殺され、直平や左馬助、直由と井伊ゆかりの男性がいなくなり、井伊家は危機的状況を迎えます。しかも虎松も危険な目に遭っており、さらに政次が後見に就くということになって、祐椿尼は南渓に相談を持ちかけ、結局南渓は次郎=直虎を推すことになります。しかし父和泉守そっくりになった小野政次が、本当に悪意があったかというと、それがまた何ともいえないわけです。絵に描いたような悪役ともいえないだけに、今後もこの人物の動向が気になります。この役を演じる高橋一生さんが、かつて出演した『民王』のスピンオフ「恋する総裁選」をちょっと思い出します。

スポンサーサイト



[ 2017/03/28 00:30 ] 大河ドラマ おんな城主 直虎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud