FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  花燃ゆ >  花燃ゆ番外編8-『花神』総集編第三巻を観て

花燃ゆ番外編8-『花神』総集編第三巻を観て

まず、「花燃ゆ番外編7-『花神』大河ドラマ・ストーリーその2」で、登場人物の写真、高杉晋作と吉田松陰の順番が違っていましたので、訂正しています。

そして『花神』総集編第三巻ですが、前回の最後の方で、長州藩内の俗論派=幕府恭順派の駆逐、いわゆる大田・絵堂の戦いで勝利を収めた高杉と、正式に上士に採り立てられた村田蔵六改め大村益次郎は、慶応二年(1868年夏)、指揮官として第二次長州征伐、いわゆる四境戦争を迎え撃つことになります。ちなみにこの時、高杉はさておき、大村の格好は浴衣に短袴、頭に笠をかぶり、手拭いを首にかけて石板を紐で首から下げるという、ちょっと指揮官にはふさわしからぬ格好でした。しかしこれには彼なりの哲学がありました。まず彼は馬に乗れなかった、あるいは乗馬がうまくなかったということで、この時は兵たち同様に徒歩で戦場に向かっており、歩きにふさわしい格好であったといえます。そして、石板を下げておくことで、いざという時に作戦図を描いて命令を下すことが出来たのも理由の一つでしょう。もちろん兵たちも甲冑はつけず、後に勝海舟が「紙屑拾いのような格好」と評したように、指揮官も兵も実用的な服装を重んじたわけです。この戦争ではまた、長州は地元の人々に対して、戦で迷惑をかけてすまないという高札を立てたため、人々の多くが長州の味方になったといわれています。

一方で高杉は、山県狂介共々海路小倉を攻めます。小倉は譜代大名小笠原家の城であり、ここを落とすことが最大の目標でした。関門海峡は対岸同士の距離が短く、潮の流れが速い中艦を出し、幕府軍艦を砲撃して、ついに小倉城は炎上したわけですが、しかしこの時、高杉の健康は悪化していました。この時の高杉は、愛人のおうのと共に、馬関(下関)の豪商、白石正一郎の邸に滞在していましたが、健康状態が悪いのを見た白石が医師を呼び、労咳(肺結核)であることがわかります。その後高杉は馬関郊外におうのと転居し、師である吉田松陰と松下村塾門人の墓を訪れて、自分ももうすぐこの中の一人になるといい、おうのに自分の死後墓守をしろと命じます。もちろんおうのは、そんなこと言うたら嫌やと拒むわけですが、やがて高杉は、自分の禄が加増された時の祝杯すら挙げられなくなり、慶応三年(1867年)四月に、28歳に満たない生涯を閉じます。

高杉は大田・絵堂の戦い後も、刺客に狙われる日々が続き、おうのを連れてあちこちを転々としていました。いささか落ち着かない時期であったものの、本人にとっては幸せな時期であったのかもしれません。一方で天堂晋助もまた、お里と共に流浪の旅を続けることになります。このドラマでは、この人物は坂本竜馬と知り合いであったという設定で、剣術使いから足を洗わせて、亀山社中に入れようとしたが結局ダメだったと、竜馬が大村と桂小五郎に伝える場面が登場します。この時期は彼の肝いりで薩長同盟が結ばれ、また、強行した第二次長州征伐の失敗、陣中での将軍家茂の病没など、幕府に取ってはよからぬ事態が相次ぎました。その後、徳川慶喜が第十五代将軍として幕府を統制することになります。

それにしてもCGのなかった1970年代、模型で海戦を再現した当時のスタッフは、大変だっただろうなと思います。

画像


スポンサーサイト



[ 2015/04/28 00:03 ] 大河ドラマ 花燃ゆ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud