FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  花燃ゆ >  花燃ゆ-13

花燃ゆ-13

さて、松陰の処刑回です。実は井伊直弼を演じる高橋英樹さんの特番があったらしいのですが、生憎それは観ていないので、本編のみを観ての感想です。で、その本編、道中詩作に耽る松陰が登場するかなと思ったのですが、それは登場しませんでした。また橋本左内や頼三樹三郎が処刑されたというのもなしで、何だか安政の大獄が、松陰を懲らしめるためだけに存在したような錯覚さえ受けてしまいます。もう少し同時期の様々な人物像や出来事を入れてほしいなあ…でないと、幕末史の多面的な見方ができにくくなるのではないでしょうか。

それと、一応『留魂録』は登場しましたが、大老である井伊直弼が一罪人と直接口を利くというのはありえたのでしょうか。あと番組サイトでは「『留魂録』によると幕府の取り調べは悪意に満ちたものだったようです」とありますが、やはり幕府にも幕府の立場があるわけです。ここは、先日書いた『花神』の大河ドラマ・ストーリーにある「松陰の軽信の癖は、ここでも自らの墓穴を掘った。吟味役人の巧妙な取り調べに対して、それがワナとも知らず、彼は憂国の志を述べ、間部暗殺の計画を熱烈に語るのだった」と捉えるべきかもしれません。松陰先生とて人間だから、間違いも軽はずみもあるわけですし、ましてや幕府側の人間を殺すなどと平然と言ってのけたのであれば、要注意人物とされても仕方のないことでした。

あと、家族が恐らく処刑と時を同じくして彼の幻を見るのは、如何にもこのドラマらしい演出方法であります。ただその分、やや差し迫った雰囲気が薄れた感もあります。この点は、『花神』の方がもっとリアルでしたね。しかし松陰役の伊勢谷さんが髪を下ろしているのは、何か首を斬られる前の石田三成といった風にも取れます。

それと、これは以前も書いていますが、日米通商修好条約の最大の欠陥の一つに金の流出があります。これは『龍馬傳』の第12話「暗殺指令」で、久坂玄瑞を龍馬が萩に訪ねたところ、久坂は松陰が刑死したことを知らせ、そして自身が攘夷を進める理由の一つである、金の流出について龍馬に教える場面があります。この時久坂は、そこにあったせんべいと団子を、日本の小判とアメリカの銀貨に見立て、せんべい(小判)1枚は、本当は団子(アメリカ銀貨)15個枚に匹敵する価値なのに、アメリカは小判1枚をたった5枚の銀貨と引き換えていて、その結果日本の金がどんどん国外に流れていると説明するわけです。史実ではないでしょうが、面白い演出です。この金流出は番組サイトにも見当たらず、今後ドラマ内で描かれるのかもしれませんが、やはりこのくらいの演出をしてほしいです。

『龍馬傳』といえば、生瀬勝久さん演じる吉田松陰を見ました。この松陰先生は随分ワイルドで、下田踏海の前に、気合を入れるため金子重輔と殴り合い、果ては龍馬まで殴られてしまいます。出番は少ないのですが、なかなかインパクトのある吉田松陰でした。

しかし、サイトとか特番に頼るのではなく、ドラマですべてを描いてほしいと思います。今回はいつもに増して苦言が多くなりましたが、幕末の動乱の黎明期ともいえる、ペリー来航から吉田松陰と松下村塾の時代の描写としては、正直ちょっと物足りなさを感じました。あと、やはり水戸の存在が希薄な感じでした。今後、高杉の登場により、多少変化があってもいいでしょう。高杉と伊之助、それに龍馬が各人各様で時代を引っ張り、文がそれを見守るような展開でもいいかもしれません。それと、29日に早くもこれまでの総集編(吉田松陰編?)が放送されるようです。

画像



スポンサーサイト



[ 2015/04/27 00:07 ] 大河ドラマ 花燃ゆ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud