fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  今後の大河ドラマ雑考 8

今後の大河ドラマ雑考 8

3月5日放送の『おんな城主 直虎』は、桶狭間がテーマでしたが、あくまでも井伊目線の桶狭間ですので、戦闘シーンは少なめでした-とは言っても、予想したよりは多めでした。昨年の『真田丸』でも触れましたが、関ヶ原の戦いが殆どなかった点についても、真田目線なのだからそれは構わないと思います。
その代わり、大坂の陣で、関ヶ原残党が参加した時に、その有様を語るところがあってもよかったかと思いますし、何よりも、これこそ主人公の見せ場である大坂の陣を、もう少し戦闘中心に描いてほしくもあったのですが。

井伊家の場合は、直政がメインになってから合戦シーンは増えるのではないかと思われます。大河は合戦がなければという声もあります。無論予算の関係もあるでしょうが、かつて三英傑や、武田信玄などの有力大名が主人公だったころは、戦抜きでは語れないので、それなりに合戦シーンも多かったとは思います。無論スタジオ撮影も結構ありました。『徳川家康』の大坂の陣も、多分スタジオだったと思います。
それと小説を脚色していた頃は、小説に合戦シーンが詳しく書かれているため、合戦の比重も比較的大きかったと思われます。しかし三英傑や大名などが主人公でない場合は、戦国時代であっても、合戦の割合は比較的小さくなるでしょう。

特に今年の場合、最初は完全に今川家の支配下にあるわけですから、今川が動かない限り、合戦の機会はそうそうありません。下手に戦支度などしようものなら、謀反の疑いをかけられるのがいいところです。
『真田丸』の場合は、戦闘はないものの甲冑をつけているシーンが結構ありましたが、あれは真田家が主君を持たず、自分であれこれ策を講じて、自領を守らざるを得ない状態だったこともあります。むしろ井伊家は、義元の戦死で今川のタガが緩み、駿河や遠江、三河が混乱状態に陥ってからこそが、策をどう講じるかになって来るわけで、そうなって初めて、これまで描かれて来たものが意味を持ってくるのでしょう。

井伊目線といえば、この『おんな城主 直虎』では、三英傑であっても、井伊と接点がない場合は登場しないか、描かれてもごくわずかということが多いようです。これは『真田丸』も同じですし、過去の大河でも似たような描写はありました。
先日信長役が、市川海老蔵さんであることが発表されましたが、無論今回の桶狭間では、まだ信長は登場しません。恐らく登場は、井伊と徳川のつながりができるようになってからでしょう。徳川(松平)も現時点では、次郎の旧知の瀬名を通して、あるいは新野左馬助や小野政次といった、井伊家の目付を通してのみの描写というのは好感が持てます。

また井伊家が、昨年の豊臣家そっくりと書いたことがありますが、トップが身内で固められてしまい(*)、外部の人間にいい思いを抱かないという点などは、まさにそっくりです。片桐且元が、大蔵卿局や大野治長から目の敵にされたのを思い出します。
今年の場合は、その立場に立たされるのは小野政次となりそうです。ただ、どう見ても政次の方が、片桐さんより切れ者といった印象ではあります。恐らく今後、小野との溝が離れる一方なのではなく、紆余曲折を経ながら、ある時期で分断されてしまうように思います。

(*)奥山、中野といった家は元々井伊とは親類筋といわれています。

飲み物-コーヒーと砂糖とミルク
スポンサーサイト



[ 2017/03/06 01:00 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud