fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  おんな城主 直虎 >  当帰と川𥫤と淫羊霍

当帰と川𥫤と淫羊霍

『おんな城主 直虎』の第8回、「赤ちゃんはまだか」に登場した漢方薬についてです。昊天が勧めた薬草には、
当帰
川𥫤
淫羊霍
があります。この当帰や川笈はいずれもセリ科の植物で、女性疾患や不妊に効果があるとされ、エキスが化粧品に用いられたりもしているようです。そして淫羊霍というのは、実はイカリソウのことです。この草を食べた雄羊が、精力がついたからという言い伝えにちなむらしいのですが、ちょっと驚く名前ではあります。

しかし昊天は、こういうのは既に試しているかもしれないと言い、それ以外の薬となれば、唐渡りで入手が難しい麝香となります。この麝香は香嚢から分泌されるもので、本来はジャコウジカのオスが、メスを引き寄せるために発散するものだったようです(異説あり)。今のような手術も排卵誘発治療もない時代、しかも多くの子供が求められる時代においては、薬を工夫するか、精のつく物を食べるという方法しかなく、なかなか大変であっただろうと思われます。

飲み物-ハーブティー
スポンサーサイト



[ 2017/03/02 01:00 ] 大河ドラマ おんな城主 直虎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud