fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  おんな城主 直虎 >  おんな城主直虎あれこれ その7

おんな城主直虎あれこれ その7

まず、このような記事がありましたので貼っておきます。何かで見かけたようなタイトルが多いと思ったのですが、やはりそうでしたか。今後も有名なハードボイルド小説とか、著名な映画のタイトルが登場します。

【直虎】実はゆるくないサブタイトル 映画や小説をモチーフに
(ORICON)

さて今回のあれこれですが、今回はずばり直親の、人の気持ちに鈍感な点について。

VS政次
「隠し里の件、お前に任せる」
「ここは井伊の領地ではありませんので…(ほらなんか言えよ鶴)」
「井伊を守るのはおとわのためだと思わぬのか!」
大事な件は丸投げするわ、事ある毎におとわを口実にするわで、そりゃ政次も腹を立てようというものです。この人は中野直由にも「今川に尻尾を振っておれ」などど毒づかれていますし、あれはどう見ても中野さんの方が悪いのですが。
何かにつけて自分で決められない井伊家の男性の、その象徴的存在のようにも見えるのですが、特に直親の中では、子供時代の関係がそのまま続いていて、それが甘えになっているのでしょう。しかもどう見ても策略ではなく、これが地であるように見えますし、本人に自覚がない分、よけい悪いともいえます。

VS次郎
今川の検地一行を接待するまではいいのですが、その情報源が次郎なのですね。自分でパイプ位作ればと思うのですが、これは今の当主も、先代もやって来ていないから仕方ないか…。しかもその文がなかなか届かず、結局役に立ったのは、その日が岩松殿の奥方の月命日だったことのみでした。しかし相手が算術と数が好きという場合、どうやってもてなすべきなのでしょうね。

VSしの

川名から帰ったら今度は龍潭寺、さらに、明日からまたしばらくいないからと聞いて、お役目ならばと健気に耐えるしの。たまには労わりの言葉くらいかけてあげるといいのに。このしのもおとなしくはあるのですが、極限まで感情を抑えた挙句、暴発するタイプのようにも見えます。

VS直盛・千賀

あまり次郎の許に通っていては、しのもいい気持ちがしないだろうと転居を勧める直盛夫妻。しかし直親の方は、そもそもしのが考えていること、悩んでいることがわかっていないふしもあり。これは次回への伏線となりそうです。

次郎VS政次

政次の「俺の思うように」が気になって仕方なかった次郎ですが、直親を心配させまいとそれを否定します。しかしその後小野家に押し掛け、味方をしてやってくれと懇願する次郎。しかし政次は
「ならば還俗して結婚してくれるか?俺は直親のせいで二度も好機を逃した」
「何の覚悟もないのなら寺で経でも読んでおけ」
次郎もいささか虫がいいだろうと思わなくもないのですが、しかし直親に比べたらまだ許せるような気がします。しかしこの時次郎が留守にしたため、瀬名の文を翌朝見ることになり、慌てて川名に馬を走らせることになるわけで、結果論にはなるものの、別に小野家に行かなくてもよかったのですが…。

しかしあの亀、直親をこういう風に描くとは、なかなか興味深いと思います。本人も子供時代に別れたままの、かつての友人を頼りにするのはわからなくもないのですが、既に大人になり、それぞれの立場も違う以上、いつまでも当時のままでは済まされないでしょう。結局直親は、政次と対立し、父と同じ運命をたどるのですが、それまでにもう少し成長するのでしょうか。一応次郎が思う人物ではありますし、次郎自身が竜宮小僧でもあり、また子供もできる以上、もうちょっと大人にならざるをえないかとは思うのですが、ただし、基本的に甘い部分はそう変わらないでしょう。

それと竹千代改め元信と瀬名。
「身に余る」
「身が余る」
一字違っただけで、全く違う意味になってしまいます。日本語は面白い。小野玄蕃となつに比べると、何かちぐはぐな印象のカップルでもありますが、しかし元信に取って、これはまだまだ始めの一歩だったわけです。しかし瀬名が生きながらえていたら、関ヶ原の勝利、あるいは江戸幕府の成立を、夫と共に喜んだかもしれないのですが。

しかし今の井伊家を見ていると、『真田丸』の豊臣家が何となくだぶります。

井伊直親-豊臣秀頼
井伊直盛-淀殿
井伊直平-大蔵卿局
中野直由-大野治長
小野政次-織田有楽斎

こういった感じでしょうか。

今川検地や南朝の親王については、また機会があったら別にアップしたいと思います。ちなみに井伊氏は南朝方として戦っていました。それから、畑の大きさを測っている子をはじめ、龍潭寺の小坊主たちが何とも可愛い。

飲み物-ラテアート
スポンサーサイト



[ 2017/02/23 00:30 ] 大河ドラマ おんな城主 直虎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud