fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『真田丸』最終回について少々

『真田丸』最終回について少々

詳しくはこの後また書きますので、少しにとどめておきますが、ちょっと物足りない印象がありました。このブログでも書いていますように、大坂の陣関連エピ、つまり昌幸がいなくなった辺りから、多少もやっとしたものがあったのですが、シーンによっては結構そこそこのものもありました。ただし戦のシーン、これがやはり今一つな感じがあり、そのため合戦主体の最終回に、しわ寄せが及んだ感じがあります。

また、やはり淀殿とか秀頼がどうなったかは描かれるべきだし、あれではきりの消息もわからないままです。それと信繁(幸村)と家康が対峙するシーンも、ちょっともたついたような感がありました。与左衛門がすべての元凶だったという設定も、何だかなあという気がしますし。同じ三谷さんの『新選組!』のラストと比べると、どこか収まりが悪く見えました。それから最後のナレの、佐久間象山がどうこうというの、無くてもよかったと思います。

それと『おんな城主 直虎』、1月一杯は子役中心の構成のようで、柴咲さんや高橋一生さんが登場するのは2月からのようです。今度の家康は、松平元康の頃からの登場です。また今川義元は、特に今回は悪役的な部分があるせいなのかどうか、お公家さんの雰囲気ですね。元々今川義元は、こういう感じで描かれることが多かったのですが、『風林火山』の谷原章介さんの義元は、かなり違ったイメージでした。

飲み物-ミルクティ2
スポンサーサイト



[ 2016/12/19 01:15 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud