fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『軍師官兵衛』を久々に観て思ったこと

『軍師官兵衛』を久々に観て思ったこと

久々に『軍師官兵衛』の終わりの方のエピを観ました。こちらの方は『真田丸』と逆で、関ヶ原の戦いはそこそこ描かれている一方で、大坂夏の陣はかなりあっさりです。後藤又兵衛の戦死と、それを聞いた黒田長政の反応、そして大坂城炎上くらいです。
大河は主人公によってどこに重きを置くかが違って来ますから、無論『真田丸』の超高速関ヶ原もありなわけです。ただし大谷刑部の自刃と、石田三成の敗走はやってもよかったかとも思いますが。

また、田中圭さん演じる石田三成がかなり嫌な人物として描かれており、徳川家康は結構好人物といった描写でした。この家康を演じたのが、『国盗り物語』で同じ役だった寺尾聡さん、そして秀吉は、まさに『秀吉』で主役を演じた竹中直人さんでした。
大河において、同じ役を同じ俳優さんが演じるのはそう珍しくはありません。しかし、この時の小早川秀秋が、2年後も再現されるとは当時は思っていませんでした。

ところでこの作品、正直もう少し脚本が、それも後半の部分練られていたらなとも思いますが、結構オーソドックスな戦国大河ではありますし、『真田丸』が三谷さんのカラーが強い分、こちらの方を好む人もいます。
三谷さんのも捻りが効いているのは楽しめるのですが、合戦シーンが今一つなのはちょっと残念です。無論その分謀略シーンなどは確かに面白いし、本領発揮だなと思われるところもあります。
こちらの場合は、最初の方の播磨の情勢や、九州平定が描かれていたのはポイントが高いです。ただし1615年が元和元年となっていたのは残念でした。確かに後で元和に改元されますが、大坂の陣当時はまだ慶長20年でしたので。

しかし、NHKの方でどのように企画されていたかはわかりませんが、『天地人』とか『江』のようなスイーツ系の後、これとか『八重の桜』のような大河が出て来たことで、また正統派路線に戻るのかなという期待がありました。しかしその後に『花燃ゆ』だったのは、ちょっといただけませんでしたね。
『花燃ゆ』といえば、美和が第二次長州征伐の時に、城の見取り図を出してあれこれ指示するシーンがありましたが、そもそも若君の乳母がなぜああいうのを持っていたのでしょうか。それに比べると、『真田丸』の大蔵卿局が、戦がどうこうと口を挟むのはまだ可愛く思えます。

この大河が始まった頃は、映画『永遠の0』が公開されていて、作品中で、主人公の宮部久蔵が戦地に赴く時、奥さんが「生きて帰って来て」と言うシーンがありますが、大河の中でも「この子のためにも生きて帰りたい」というセリフがありました。
『永遠の0』の宮部夫妻を演じたのは、この官兵衛役の岡田さんと、『花燃ゆ』の文(美和)役の井上真央さんでしたが、大河とこのセリフは何か縁があるのでしょうか。前回の『真田丸』でも、稲が大坂に向かう信之に、「生きて帰って来て」と懇願するシーンがありましたので。

しかし映画『関ヶ原』の岡田さんの石田三成、どんな感じになるのでしょう。

飲み物-お洒落なランプとウイスキーグラス
スポンサーサイト



[ 2016/12/17 01:30 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud