fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  真田丸 >  真田丸の防御と銃の変遷

真田丸の防御と銃の変遷

『真田丸』第44回「築城」では、大坂城の厨で信繫が又兵衛に、出城を作る役目を自分に譲ってほしいと頼みます。華々しく暴れて潔く散りたいと考えている又兵衛とは異なり、信繫にはこの出城で勝つためのノウハウがありました。それは以下のようなものでした。

  • まず、出城の前に空堀を掘る。敵は出城をめがけて一気に押し寄せる。
  • そこに逆茂木と乱杭を配しておく。そこで押し寄せた兵は身動きが取れなくなる。
  • また脇道を作る。これは誘い道で、出城への近道になるため、そこにたどり着く敵も多い。敵はまずここに来るから、鉄砲狭間から一斉射撃する。
  • 逆茂木と乱杭の溝の外にも溝を設ける。そこから敵がよじ上って来る時に、一旦身を起こす。そこを狙う。射撃は二段構えで行う。
  • これによって敵の士気を喪失させ、虎口より飛び出し、蹴散らす。

何だか昌幸が考えそうな方法ですが、やはり安房守の軍略に倣ったものでした。ところでここに登場する逆茂木、鹿柴(ろくさい)とも言いますが、穴の中などに先のとがった木や竹を立てて、相手の動きを封じるためのものです。乱杭も似ていますが、これは杭を打ち込んだもので、いずれも相手の進軍を妨げる意味では効果的でした。塹壕を掘る時も、逆茂木でバリケードを築く方法はよく採られていたようです。この真田丸の図面が、こちらの画像です。(真田丸公式サイトより)

真田丸の図

それから、この後で馬上筒が登場するようです。(実戦に使われるかどうかは不明)これは所謂ホイールロック式の銃で、銃に取り付けられたホイールを回し、それに火打石を擦り付けて発火させるものですが、高価で、しかも故障しやすかったことから、ほどなくしてフリントロック式に移行しています。
またこの当時は火縄銃ということもあり、装填に時間がかかることを考えると、二段構えにならざるを得なかったと考えられます。18世紀のヨーロッパの植民地戦争などでも、まだ先込銃であったことから、この手の射撃は行われていました。ケベック陥落の際も、三段構えが採られています。
銃弾を後装する、所謂元込銃は17世紀ごろには存在したといわれますが、一般的になったのは南北戦争時のようです。この時、『八重の桜』で覚馬が長崎で購入した、スペンサー銃が開発されています。
『八重の桜』では八重の夫の尚之助が、この後装式の銃を、弾込めをしている姿勢が低いため、敵に気づかれにくいと話すシーンがあります。またこの中で「関ヶ原の頃の火薬」という言葉が出て来ますが、これは精錬度が低く、煙が多い火薬のことです。実際関ヶ原の頃は、火薬の精錬技術レベルは、後世に比べるとまだまだ低いものであったのでしょう。

それから「真田丸と天地人の比較」ですが、上杉主従だけ先にするべきかと考えてもいます。元々、上杉景勝が大坂に布陣したのは冬の陣で、夏の陣は京の警備に当たっていたようですが、『天地人』では夏の陣に参戦し、しかも千姫を救ったなどという設定になっています。ちなみに『天地人』では、冬の陣そのものは描かれているものの、冬の陣で上杉主従が戦う様子は、確か描かれていません。

スポンサーサイト



[ 2016/11/09 00:45 ] 大河ドラマ 真田丸 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud