fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  真田丸 >  真田丸に見るシャーロックホームズ 38

真田丸に見るシャーロックホームズ 38

『真田丸』第43回「味方」とパペットホームズ、今回の共通点はこの2つです。

あなたがどんなに悔しい思いをしたか

信繫(幸村)は、籠城を主張して譲らない後藤又兵衛にこう言います。
「わかるような気がします」
「死に場所を求めにやって来た」
又兵衛が黒田家を追われ、仕官口がなく、死に場所を求めて大坂城にやって来たのは事実でした。図星をさされた又兵衛はこう答えます。
「俺の死に場所はここしかねえ!」
最終的には又兵衛も籠城は時期尚早と理解するのですが、このシーンがパペホの「愉快な四人組の冒険 後編」のあるシーンを思い出させます。

ジョナサン・スモールとペットの猿のトンガが、ディーラー寮の屋根に逃げていたところを、ベイカー寮遊撃隊に追われて、ホームズに詰め寄られるところです。
ここでホームズは、スモールにこう言います。
「僕らは敵じゃない。あなたがどんなに悔しい思いをしたか、わかっているつもりです」
それを聞いたスモールは、それまでのいきさつを語り始めます。スモールは、自分もメンバーだったコーラスグループ、トレジャーズが、自分の作った曲の歌詞を勝手に変えたことを知ります。しかも他のメンバーは、自分との約束を破って、学校対抗のコンクールに出ようとしていました。これに怒ったスモールは、トレジャーズのメンバーの部屋に入って楽譜を盗み出し、これが事件に発展したわけです。
それを聞いたトレジャーズのメンバーであるアーサー・モースタン、そしてショルトー兄弟もスモールに謝罪し、万事解決しましたが、ワトソンにとっては、メアリーを巡る第一のライバル出現となりました。

無論この2つはプロットは違いますので、シーンが全くそっくりというわけには行きませんが
  • 心折れ、その解決策を探ろうとする人物
  • それを理解しつつ話を聞き、場合によっては解決策を与える人物
この両者の描写としては、いささか似通ったところがあるかと思います。これも三谷さんらしいと言うべきでしょうか。

決めるのはあなたではない

籠城か討って出るか、後者で五人衆がまとまったにもかかわらず、籠城を主張する有楽斎。それに対して大野修理がぶち切れます。
「決めるのは右大臣秀頼公でございます!あなたではござらん」
結局これは、秀頼が討って出ることを決断するものの、最終的に茶々の一言で覆ってしまいます。

そしてパペホの「まだらの紐の冒険」、ロイロット先生が221Bに来て、依頼人であるヘレン・ストーナー先生が、何を話したかをしつこく聞きます。ストーナー先生が話した内容は、実はロイロット先生自身の行動が関係していたためでした。ただでさえ探偵気取りのホームズをよく思わない先生ですが、それでも答えようとしないホームズに、こう言います。
「お前を学校にいられなくしてやる、私を甘く見るな」
その後ロイロット先生は火かき棒を曲げてホームズを脅し、さらにこうも言います。
「これ以上詮索はするな」
しかしホームズはこう答えます。
「決めるのは僕です、あなたではない」

しかし「真田丸紀行」で登場した後藤又兵衛の「蛇塚」、これもちょっと「まだらの紐」を連想させますね。
それからパペホでは、ホームズのセリフに「この学園には『奇妙な』ことがあふれている。『奇妙な』人間であふれている」とありますが、現時点での『真田丸』の大坂城もあるいは似たようなものかと。
そしてパペホ第2弾ができるのであれば、秀頼役の中川大志さんにナビゲーターをやってもらうのもいいかなと思っています。年齢的にも近いですから。しかし『真田丸』もパペホも、まだまだ観たいものですね。

(2016年11月6日一部修正)
飲み物-パブのビール3杯
スポンサーサイト



[ 2016/11/06 02:00 ] 大河ドラマ 真田丸 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud