fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  ステラの真田丸関連記事

ステラの真田丸関連記事

まず、再来年の『西郷どん』の主演が、鈴木亮平さんに決まりました。役作りには定評のある人なので、ちょっと楽しみです。ただし、あまり女性視線なんたらというのは、本当は避けてほしいのですが。

さて今回のステラですが、「豊臣方上層部の表と裏」というタイトルで、要は秀頼、織田有楽斎、大蔵卿局、大野修理、木村長門守のそれぞれの立場が説明されています。結構わかりやすいといえばわかりやすいのですが、ただしそれなら徳川の方の表と裏もやってほしいなあ。相対する2つの勢力の表と裏が見えてこそ、視聴者はそれぞれの思惑を探ることができるのです。
しかし有楽斎、「茶々がかわいくて仕方ない」「豊臣と徳川の対立を平和裡に収めたい」にしては、やっていることがかなりブラックなような…。大蔵卿局の「茶々を守りたい」は、とんだ形で秀頼に跳ね返って来ていますよね。何よりも豊臣の場合、徳川に対して、根回しができる人物がいないというのが響いたのは事実ですが。それこそ、大谷刑部が生き延びていればまた違ったのでしょう。

この号には松村邦洋さんによる『真田丸』関連コメントがあります。この冒頭に出て来るのが「型破り」という指摘で、確かに戦国大河のテンプレ、つまり本能寺があり清須会議があり、賤ヶ岳の戦いと小牧長久手の戦いがあって、秀吉亡き後関ヶ原があってという一連の流れが、かなり端折られているのは斬新といえます。
そもそも三英傑やその家臣を中心にしていないから、こういう、ある意味偏った描き方が可能なわけで、今後の地方を中心に描く大河に、一石を投じそうな展開です。無論全く三英傑無視とは行かないものの、中心人物との交流部分のみにとどめてはいます。かつて『独眼竜政宗』なども、これといくらか似た描かれ方をしていましたが、それがより徹底されたといえそうです。

ちなみにこの記事の最後の方に、松村さん自身も、そして三谷さんも北条泰時が好きということで、「いつか三谷版北条泰時が見られるのではと、ひとり期待しています」とあります。この北条泰時は北条義時の子で、承久の乱の時期に大きな役割を果たし、御成敗式目(貞永式目)を制定した人物でもあります。戦国や幕末の人物ほど馴染みはありませんが、ドラマとしての面白さを追求すれば、人気が出ると思います。
というか、もう定期的に三谷氏に脚本を依頼していいのではという気もします。三谷氏は脚本に一癖ありますが、それは制作陣と話し合って進めればいいのだし、歴史考証がある程度きちんとしていれば、そこそこの作品にはなるでしょう。
わけのわからないスイーツ大河を乱発するよりは、その方がよほどましです。『花燃ゆ』放送時にも書きましたが、大河を書く脚本家を一旦決めてしまうといいでしょう。今まで歴史物を書いたことのない人物に任せるのは、リスクが大きすぎます。

この記事の一番最後には「僕は豊臣が勝つと信じている」とあります。ま、流石にそれはないにせよ、どちらが勝ったともつかない展開になるかとも思います。大坂城炎上のシーンがどうなるのかはわかりませんが。
個人的には、やはり『シャーロックホームズ』の如く、まだ続きがあるぞと思わせる展開を希望です。あるいは、スピンオフ発表を紅白でやってしまうのもありかと思っています。昨年のみならず今年の紅白も、多分この大河は絡んで来るでしょうから。

飲み物-ビール2種類
スポンサーサイト



[ 2016/11/03 01:15 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud