fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  真田丸 >  真田丸あれこれ その51

真田丸あれこれ その51

まず、『真田丸』プロデューサーの吉川邦夫氏が、大正大学で11月6日に講演をされるようです。またご本人が携わった作品『真田丸』『新選組‼︎ ~土方歳三 最期の一日~』『菜の花ラインに乗りかえて』、そして『シャーロックホームズ』第3話「困った校長先生の冒険」の4作品です。しかし『真田丸』とパペットホームズとは、正にこちらのツボにはまった企画ではあります。

映像祭の企画内容が決まりました!NHK「真田丸」プロデューサー講演
(大正大学公式サイト)

ではあれこれ、今回はこの3つです。

主の祈り
明石全登が唱えている「主の祈り」ですが、これはカトリックのものなので、聖公会やプロテスタント諸派のとは違っています。実はこの「主の祈り」とか、『十戒』の解釈などは、結構教派ごとに異なるのです。聖公会やプロテスタント諸派のものでは、一番最後に「国と力と栄えとは、限りなく汝のものなればなり」、あるいはそれと同義の文句が来ますが、カトリックではそれがありません。
以前海洋冒険小説関連で、『マスター・アンド・コマンダー』という映画をご紹介しましたが、この中で水葬の際、皆が「国と力と栄えとは…」と斉唱する中で、アイルランド出身でカトリックのマチュリン軍医だけが、口をつぐんでいるというシーンがありました。あと「てんたさん」とはラテン語のtentationem、英語のtemptation(誘惑)のことだと思われます。『主の祈り』の終わりの方、「我らを試みに遭わせず」の文句に当たる部分でしょう。
このドラマの脚本の特徴として、キリシタンをあまり美化しないという点が挙げられます。この当時の日本人から見れば、多くの点で仏教とも神道とも違う異国の宗教に対して、人々が抱いたであろう不可思議さが描かれているといえます。

大坂城内のばらつき
既に豊臣を攻めるための意思表示が明確な徳川に対し、敵を迎え撃つにしては意思統一できていない大坂城、そしてそれぞれの動機の温度差が激しい牢人たち。また方向性が定まらないため、決断ができない秀頼や大野修理らの非力さ。何とも不透明さが漂う大坂城ですが、何よりかにより、この大坂の陣そのものが、他の時代と比べてどこか異形であると感じられます。
一つの時代が終わり、次の時代が始まるまでには、何らかのかたちでの争いがつきものですが、どちらか勝った方が自らの理論で天下を統べるわけです。しかし大坂の陣の場合、豊臣家が一代で成り上がったため、理論を構築するべき譜代の臣が殆どおらず、また秀吉子飼いの武将たちも、この時期までにはその多くが世を去っているため、豊臣家の基盤は弱いものでした。もし勝ったとしても牢人たちが造反すれば、たちどころに戦国時代に逆戻りするわけです。これは戦国時代が長く続いたこととも関係があるでしょう。
無論それをさせないための幕藩体制、その体制を守るための徳川の出陣であったわけですが、そのことを豊臣家、あるいは牢人たちがどのくらい理解していたのか、彼らは再びの乱世を望んでいたのか、いくらか疑問が残ります。

阿茶局の後押し
このドラマでは阿茶局の存在が大きく、第42回でも彼女のセリフが、かなりのインパクトを持っています。この人は、かつて徳川に敵対することになった真田も、潰してしまえばいいと吐いた人だけに、豊臣を潰すことにいささかのためらいもないようです。豊臣は遠国に追いやろうという家康、しかし彼女の考えはこうでした。
「一気に攻め滅ぼしてしまわれませ」
「さきざきの不安の芽は摘んでおくに限ります」
「千姫様の事はどうとでもなります。姫を返せば、秀頼の命は助けると伝え、姫様を取り戻したら、討ち滅ぼしてしまえばよいのです」
「殿!かようなことで悩まれますな。信長公も、秀吉公も、もっとひどい事をして来られました。それが乱世というもの」
「そして大御所様が、その乱世を終わらせるのです」
いや、これだけ家康に直言でき、しかも策略を練ることができる存在もそういないでしょう。「女・真田昌幸」ともいえそうで、本物の昌幸は敵に回したものの、この人物が味方についたことは、家康が天下を取る原動力になったといえるかもしれません。

(2016年10月26日一部修正)

飲み物-アイスコーヒー

スポンサーサイト



[ 2016/10/26 01:45 ] 大河ドラマ 真田丸 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud