fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  真田丸 >  真田丸-41

真田丸-41

では第41回「入城」のあらすじです。結構この回にも、あれこれ面白い要素が散りばめられていますが、それは後ほど。それから信繁が幸村と改名していますが、今回は一応信繁とし、必要がある時に幸村を入れることにします。九度山を脱出し、大坂城入城を決めた信繁ですが、どうやって姿を暗ますのでしょうか。

*************************

信繫は大坂入りを決め、春や内記、きり、そして佐助に九度山脱出計画を告げる。その一方で大坂城には、既に各地から牢人たちが集まっていて、元黒田家家臣、後藤又兵衛や、豊臣家家臣の毛利勝永もその中にいた。彼らは城内に入って木村重成に名を名乗り、引き換えに大量の小判を手にして、豊臣軍に名を連ねていた。そして駿府では、豊臣家が牢人を募集している件を、本多正純が家康に伝えていた。

家康は、牢人どもも所詮は烏合の衆であると一蹴し、秀頼ももう少し大人しゅうしていれば、一大名で追われたものをと口にする。実はそういう秀頼こそ、家康の望むところであった。しかも豊臣家は、片桐且元がいなくなり、大野修理(治長)がすべてを一手に引き受けていた。さらに家康は、真田はどのようになっているかと正純に尋ねる。今のところ大坂入りはしていないと答える正純に、見張りを増やすよう家康は命じる。

江戸の真田屋敷では、すえが夫となる石合十蔵と共に伯父の信之に会っていた。作兵衛の乳を吸っておった子がと、信之は感慨深げだった。そんな折河原綱家から、将軍秀忠が大坂へ出陣する旨を聞いた信之は、豊臣の終焉を感じ取る。その信之にはもう一つ悩みがあった。こうの子信吉と、稲の子信政のどちらを嫡男にするかだった。剣術は信政の方が優れていたが、信吉の方が年上であり、こちらは信政相手の稽古でケガをしていた。

それぞれの母たちは息子たちを叱った。稲は、信吉が落とした木刀を、信政が足で向こうにやったことを戒め、こうは、ケガをするのは信吉の不覚が招いたことであると諌めた。そして父である信之は、息子たちを大坂に遣って、自分は体の不調から残ることを決めた。これは、息子たちに自立してほしいという気持ちもあった。そして稲共々、信吉を嫡男とすることを決める。これにはこうが大いに喜んだ。

そして見張りが増えた九度山に、竹本義太夫が訪れる。その日は村人の労をねぎらうために、宴が催されており、竹本も宴席に加わる。竹本の前で、九度山の暮らしが楽しいと語る信繁に、村人九兵衛が、なぜ大坂に行かないのだと問い詰める。信繁はそれには答えず、宴で雁金踊りを披露する。しかしこれこそ、九度山脱出の策であった、踊っていた信繁や春、内記にきり、そして佐助は次々にその場を去り、二度と戻っては来なかった。

竹本はしばらくの間宴を楽しんでいたが、やがて注がれた酒を口にして、それが米のとぎ汁であったことから、謀られたことを悟る。長兵衛が、この先の廃寺を探そうと言い出すが、行ってみた寺には誰もいなかった。高野山だから寺は多いととぼける長兵衛に構わず、竹本は従者と信繁たちを追う。その信繁は九兵衛の案内で山を下り、京に入った。信繁の九度山脱出を知った家康は、大坂入りを阻止すべく、服部半蔵を上方へと向かわせる。

半蔵は佐助ともみ合いになるが、そこへ信繁たちがやって来たため、戦うふりをして逃げ出してしまう。そして信繁はきりに手伝わせ、徳川方を欺くため、老人に変装して大坂入りをすることに決める。大坂城入りした信繁は、既に入城していた牢人たちの好奇の視線を浴びながら、厠に行き、変装を解いて裃姿になった。そして、木村重成の前に進み出て幸村であると名乗り、秀頼への目通りを許される。

秀頼から、徳川を二度にわたって撃退したのはまことかと聞かれ、それは父の安房守と訂正する大野修理を尻目に、自分であると答える。さらにその場で、10万の兵を養うにはそれ相応の兵糧が必要であること、既に大坂城下の米を買い占めているという修理に対し、堺を抑えて米を買い占めることを提案する。信繁の入城を喜ぶ秀頼。その後信繁は大蔵卿局と会い、そして茶々にも久々の対面をする。

*************************

今回興味を引いた点をリストアップしてみると
  • 真田家の人物が踊りながらいなくなるのに『サウンド・オブ・ミュージック』を連想
  • 秀頼がもう少し凡庸であれば生かしておいたというのは、確かに家康の本音かと
  • 家康が何度も真田家を口にするのは老いのせいか、それとも忘れられぬ仇敵であるせいか
  • 将軍秀忠は「上様」、秀頼は「殿様」の違い
  • 牢人(傭兵?)を雇わせ、米を買い占めさせるのは実は徳川の企み

などなどです。「あれこれ」でもう少し詳しく書くかもしれませんが、ここに来て仕掛けが、大坂の陣らしく?多彩になったようにも思えます。無論ホームズ関連もありますし、また九度山での、徳利に入れられていた米のとぎ汁云々にも、あることが含まれているように思えます。


スポンサーサイト



[ 2016/10/18 01:30 ] 大河ドラマ 真田丸 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud