fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  真田丸と天地人比較-徳川家康の描かれ方

真田丸と天地人比較-徳川家康の描かれ方

本題に入る前に。ハースト婦人画報社の季刊誌『美しいキモノ』の、2016年秋の号171ページから175ページまで、『真田丸』の衣装関連記事、そして出演者のインタビューが掲載されています。この出演者とは、真田信尹役の栗原英雄さんで、お母様が和風の物を好まれ、子供のころから和服が比較的身近にあったとのこと。また栗原さん自身が、上田紬を着こなしている写真もありますので、興味のある方は書店で手に取ってみられるといいかもしれません-男のきもの最前線という記事がありますが、それとは違いますのでご注意を。この号は表紙と巻頭のページに、稲を演じている吉田羊さんも和服姿で登場していますが、大河とタイアップしているのでしょうか。

前置きが長くなりましたが、今回は徳川家康の描かれ方についてです。『天地人』の徳川家康がどこかおちゃらけ設定になっていること、そのため今一つ家康のブラックな雰囲気が感じられないことは、前にも書きました。恐らく上杉が主人公というせいもあるのでしょうが、主人公が敵対する相手を、一方的にディスるような描き方も如何なものかとは思います。たとえば、直江状に怒り心頭の家康は、書状を手に取り乱し、あからさまに地団太踏んで悔しがるような描かれ方です。

天地人家康直江状

一方『真田丸』ですが、書状を読んで気難しそうな顔をして、後で引き裂いてしまうものの、ここまでみっともなく感情を露わにすることはしません。『天地人』に比べると、家康も兼続も、大人の設定であるといえます。西笑承兌がいるのもポイントが高いです。

真田丸家康直江状
 
もうひとつ、方広寺鐘銘事件関連ですが、この時も『天地人』では、子供のように足をじたばたさせて悔しがるという設定です。わかりやすいといえばわかりやすいのですが、脚本がどうも創意工夫に欠けるようです。こういう書き方しかなかったのでしょうか。

天地人家康国家安康 

そして『真田丸』、この件で片桐且元にあれこれ口を出したのは本多正純でした。家康はといえば、茶々と相談して駿府に乗り込んだ大蔵卿局相手に、この件は問題ないからと言い、大蔵卿局はすっかりその気になってしまいます。実際は「問題ない」どころか大ありで、しかも大蔵卿局と片桐且元は、これで決定的に対立してしまいます。豊臣を滅ぼしたのは、実は茶々と大蔵卿局であったとも考えられるほどです。

真田丸家康国家安康
 
前後しますが、『天地人』で秀吉の没後、瘤の部分を隠さなくなった家康。これは老衆の会議の時ですが、裃はつけず羽織のままです。

天地人家康2

『天地人』の五大老(『真田丸』の老衆)五奉行はこのような感じで、大老はすべて羽織に立烏帽子姿です。

天地人五大老

そしてこちらは『真田丸』の老衆の会議での、裃姿の家康。自分の掟破りに、何とか抗議しようとする上杉景勝に、お声が小さいと言うシーンです。

真田丸家康2

『真田丸』は老衆五奉行をはじめ、皆裃姿です。これは家康目線ですが、真正面に石田三成がいます。

真田丸老衆五奉行

しかしやはり『天地人』の家康の描かれ方というか、すべての登場人物の描かれ方、そして情景描写は何か軽くてひねりがない印象です。次回ではそれについて触れる予定ですが、最後に、それぞれの関ヶ原での様子を上げておきます。『天地人』ではおちゃらけキャラであるものの、この時は堂々たるものです。

『天地人』徳川家康
天地人家康関ヶ原

『真田丸』徳川家康
真田丸関ヶ原家康

ところで『天地人』で家康を演じた松方弘樹さんは、1998年のテレビ東京の新春ワイド時代劇である『家康が最も恐れた男 真田幸村』で、主役の幸村を演じています。実はこの時真田昌幸を演じたのが、『真田太平記』の昌幸役の丹波哲郎さん、そして徳川家康を演じたのが、『独眼竜政宗』で家康を演じ、さらにこのドラマの2年後、『葵 徳川三代』でも家康を演じる津川雅彦さんです。さらに『真田丸』出演者では、山本耕史さんが秀頼を、遠藤憲一さんが服部半蔵をそれぞれ演じています。またこの作品では、霧隠才蔵役は女性の国生さゆりさんです。
 
スポンサーサイト



[ 2016/10/14 01:30 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud