fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  真田丸 >  真田丸-39

真田丸-39

まず本題に行く前に。真田信幸(之)の陣羽織の素材と、第36回「勝負」の中での地図での文字の使われ方について、NHKに問い合わせたところ返事が来ました。まず、信幸(之)の陣羽織は羅紗素材であるとのこと。そして、「勝負」で信繫が見せていた地図、「會津」とあるべき所が「会津」になっており、これに対するNHKの回答は、「現代の幅広い視聴者の方にご覧いただくことを考えながら」こうした、とあったのですが、やはりこれは当時の字を使うべきでしょう。そもそも日本人で大人だったら「會津」でもわかるでしょうし、わからなければネットで調べることもできるわけですから。

ところでこの回、コテコテのともいうべき真田家回でした。何せ家康すら登場せず、出演者クレジットのトメが、高畑淳子さん演じる薫でしたから。その薫さんも、これで退場です。

***************************

信之が九度山を訪ねてくる。父昌幸の位牌に手を合わせた後、信繫は昌幸の「兵法奥義」を兄に見せる。しかしその内容は記号だらけで、信之の言葉通り「凡人にはまるでわからない」代物だった。その後、今なお赦免を考えている信之に対し、九度山での暮らしに満足していると答える信繁。夜になっても互いに昔話をしていたが、実は借金がかさんでいることを切り出す。きりは縫物を教え、佐助は子供たちに忍びの術を教えていたが、焼け石に水の状態だった。信之は弟に、ひもじい思いはさせないと約束する。

その後信之は上洛し、小野お通に会うも、やはり高台院に会うのは難しいと答える。しかし信之がお通に会うのは、お通と話している時間が信之には楽しかったせいもあった。また来てもいいかと尋ね、お通は快く応じて、和歌を教える約束を交わす。一方江戸の真田屋敷では、母薫(山手殿)と稲、繁誠・松夫妻らが談笑していた、そこへすえがやって来る。当主の家族が江戸に住み、当主が藩と江戸を往復する、後の参勤交代の原型がこの当時出来上がっていた。薫はすえに、自分の扇や公家との交流を誇らしげに語り、その二年後に世を去る。

九度山では、信繫が内記に大助の傳人を頼んでいた。内記は大助に碁を教え、ひいては碁に象徴される戦を教えようとするが、大助は内記に歯が立たなかった。そして時が流れ、慶長19年(1614)、大助は成長したが、碁では内記が上だった。そして信繁夫妻には、次男大八も生まれていた。そんな折、信之から荷が届く。中身はそばの実だった。日々そばがきだけでは子供の成長にもよくないと言う春。そこで信繁はそばを売ることを思いつき、春手製のそばがきを村人たちに振舞うが、これは成功しなかった。

自分を責める春は、再び障子に穴を開ける。しかも春は、信繫が商いにきりを連れて行ったことも気に入らなかった。商人の真似をさせたくないからと言う信繁に対し、割り切れない思いの春。きりはここを出て行ってもいいと話すが、一度春と話してみてくれと言う源次郎に「逃げる気か!」とどなってしまう。そして内記は、若殿である大助に碁で勝ちまくって上機嫌だった。そこへ、秀次の娘で呂宋に渡ったたかがいきなり訪ねてくる。春にどのような間柄かを訊かれ、側室だと答えていきなり信繁に抱きつくたか。春は火箸を手に取るが、かろうじてきりが押さえた。

たかは助左に習って、呂宋を拠点に商売をしており、珍しい物を土産に持ち帰っていたが、その一つ一つに金を取ろうとする。その中に、ネエパラ(ネパール)のサナールという紐があった。その紐を見て、上田の紬にそっくりだと感じた信繁は、きりと春に同じものを織らせる。紐を織っている最中、きりは暇乞いをする予定だと切り出す。人間関係で無理をしている感がある春に、自分に正直にならないと損すると諭すきり。結局春は、きりに九度山にとどまるように頼む。その後たかは祖母を訪ねるため京に行き、再び呂宋に戻った。

信繫は佐助を使って、真田紐を梁にかけてよじのぼらせ、強度を確かめる。その後それを持って長兵衛の家へ行き、製造と販売を委託する。当初は驚いていた長兵衛もその気になり、真田紐が販売されることになった。これも村の衆への恩返しと話す信繁。そして身入りがよくなった真田家では、ご馳走を囲んで家族の団欒が行われていたが、大助がその場にいなかった。大助は内記に負けた悔しさから、一人で碁盤に向かっていた。そんな息子に、碁の打ち方を教えてくれと頼む信繁。大助は内記から教わった通り、碁盤を土地、碁石を杭になぞらえて手ほどきを始める。

外では色づいた木の葉が散り、風が強くなっていた。我が家のごく平和な風景を、外から見る信繁。そんな平穏な生活を送っている真田家を、ある男が訪ねようとしていた。外にいた信繁に、その男は笠を取って近づき、明石掃部頭全登であると名乗る、かつて宇喜多秀家の家臣を務めていた明石全登だった。信繁を迎えに来たと口にする明石。牢人となったこの男は、何の目的で信繫を迎えに来たのか。

*************************

九度山編後編とも言うべき回です。父の死後に訪れた兄信之に、ここでの暮らしは満足だと言いつつも、金の無心をせざるをえない状態であることを打ち明ける信繁。また、春ときりとの関係、兄から指摘された「大助はおとなしすぎる」などなど、当主としての悩みも抱えていました。生活費の方は、たかが土産に持ち帰った紐を見て、上田の紬を元にした紐を作り、売りさばくことを思いつきます。これで多少はゆとりができ、穏やかな日々を送る真田家に、かつての宇喜多家の家臣である明石全登がやって来ます。それは、再び勃発するであろう戦闘に、信繫の手を借りるためのものでした。また信之は信之で、赦免を求めて奔走し、それがもとで知り合ったお通との会話を楽しみます。

スポンサーサイト



[ 2016/10/04 02:00 ] 大河ドラマ 真田丸 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud