fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  真田丸と天地人比較-キャストと人物設定2

真田丸と天地人比較-キャストと人物設定2

豊臣秀吉
小日向文世(真田丸)、笹野高史(天地人)
真田丸秀吉2  天地人秀吉

『真田丸』では人たらしで、家族とは尾張弁で話す。上杉景勝に同行して来た信繫を馬廻り衆に取り立てる。小田原征伐では陣中に出雲の阿国の一座を呼び、唐入りでは肥前名護屋でやつしくらべを行う。しかし弟秀長に先立たれ、甥秀次との間に亀裂が生じて、身内の側近や後継者を失い、次男秀頼の将来を案じつつ、家康と石田三成とに翻弄されながら孤独のうちに死ぬ。
『天地人』では、天下を取った後、落水の会見で景勝に上洛を勧める。また兼続の手腕を気に入り、上洛時に自らの家臣にしようとするが失敗する。鶴松の死後、甥の秀次に関白の座を譲るが、拾(秀頼)の誕生により確執が起こり、三成にすべてを託して世を去る。

徳川家康
内野聖陽(真田丸)、松方弘樹(天地人)
真田丸徳川家康2  天地人徳川家康

『真田丸』では、古狸である反面臆病な一面もあり、側室の阿茶局に注意されながらも、爪を噛む癖がある。秀吉死後は老(おとな)衆の一員となり、秀吉の遺言そっちのけの行動を取って三成の反感を買うが、関ヶ原の戦いで勝利を収める。さらに大坂の陣では、仇敵真田昌幸の息子信繁を相手に戦うこととなる。
『天地人』では、頭の天辺に小さな瘤があるという設定である。秀吉に臣従するも密かに天下を狙うが、兼続の提案による五大老の一員となって、動きが封じ込められる。しかし秀吉の死後は掟破りを繰り返し、関ヶ原の戦いで石田方を撃退し、さらに大坂の陣で勝利後、兼続と伊達政宗に死後のことを委ねて他界する。

石田三成
山本耕史(真田丸)、小栗旬(天地人)
真田丸石田三成2  天地人石田三成

『真田丸』では、大谷刑部と並ぶ豊臣家きっての能吏。しかしその性格が災いし、同じ秀吉子飼いの武将たちから反感を買う。秀吉の死後は、信繫を自分の秘書のように使うが、やがて家康との対立が表面化し、真田家や上杉家と協力して家康を倒そうとするものの、大敗し斬首となる。
『天地人』では、三つ編みを背中に垂らし、時々結い上げている。最初は快く思っていなかった兼続と親友となり、兼続の提案による五奉行の一人に就任する。家康を止めようと、上杉と組んで家康を挟み撃ちにする立てるが、敗北で実現せず斬首される。遺言はその後兼続に届けられた。

北政所(寧)
鈴木京香(真田丸)、冨司純子(天地人)
真田丸北政所2  天地人北政所

『真田丸』では尾張弁丸出しで喋る、身内思いで気のいい女性。関白の妻としての務めを果たす一方で、信繫ときりに「うちの人は本当は怖い人」と打ち明ける。子を亡くした茶々を慰め、秀吉子飼いの武将たちからも親しまれているが、三成とはややそりが合わない。秀頼の結婚を機会に出家し、高台院と名乗る。小野お通は元々は彼女の侍女の指南役。
『天地人』では、秀吉の糟糠の妻で、唯一直言できる存在でもあるが、淀殿とのそりが合わず、常に彼女を意識している。そこに目を付けた家康が巧みに取り入り、秀吉亡き後は徳川方に付くようになる。

淀殿(茶々)

竹内結子(真田丸)、深田恭子(天地人)
真田丸茶々2  天地人淀殿

『真田丸』では、信繫との出会いに運命的なものを感じ、同じ日に死ぬと予言的なことを口にする不思議な女性で、独特のオーラを放っている。また、彼女の周囲で色々な事件が起こる。秀吉の側室となった後世継ぎを2人産む。
『天地人』では、思ったことをすぐ口にするため、北政所との折り合いがよくなく、逆に景勝の正室菊姫との親交があった。関ヶ原の戦いの後、家康を抑えようとするが挑発に乗り、大坂の陣で秀頼と共に果てる。

スポンサーサイト



[ 2016/10/03 00:30 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud