fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  真田丸 >  真田丸あれこれ その42(昌幸VS家康)

真田丸あれこれ その42(昌幸VS家康)

さてあれこれ第一弾(最近この第一弾、第二弾のスタイルですね)ですが、その前にもう一つお詫びです。先日の「北の関ヶ原5」、真田昌幸のセリフについて「あらすじで述べる」としていましたが、「あれこれ」の誤りです。重ね重ねすみません。

さてそのセリフ、つまり
「上杉と同盟する」
ですが、同じころ上杉家中の直江兼続の軍勢は、最上を鎮圧しようとして逆に攻め込まれ、撤退を余儀なくされていました。それでなくても伊達と最上を監視することで、手いっぱいの状態だったわけですから、「同盟」とは、かなり厳しかったでしょうし、仮にお屋形様が許しても兼続は許さなかったと思われます。

もし上杉も、徳川の後を追って関東に攻め入ったりしていたら、恐らく取り潰されていた可能性があります。家康ならばそのくらい平気でやるでしょう。また三成が家康を攻めるその理由として、家康の「私利私欲」を挙げていましたが、しかし秀吉だって三法師を担いで、結構私利私欲まみれではありました。三成は、秀吉が権力を握った時の柴田勝家に、若干ダブるところがあります。そもそも老衆が万が一掟を破った時の、罰則法がなかったというのが、五大老五奉行制の欠点ではあったわけです(三中老が存在したという説もありますが)。それも刑部のいうように、他の老衆をうまく抱き込めばよかったのですが、三成はその才覚を天性欠いていたようにも見えます。

さて本題です。昌幸はなぜ自分たちは秀忠に勝ったのに、降伏しなければならないのかと不満げです。前回のあれこれ(41)で、私はこう書いていますが
「同じ合戦に加わっているように見えながら、実はこの人物だけ違う次元の戦をしていたようにも思えます。」
正にこれだったかとも思われます。かつての領地を巡っての一対一の争いなら、それでも通じたでしょう。しかし上田合戦は、関ヶ原の戦いの一部でしかなく、総大将が負けた以上、上田で勝っても負けを受け入れなければならなかったわけです。これを不服として、昌幸は徳川の兵たちの陣を攻めますが、これがかえってよからぬ結果を招いたふしもあります。

結局上田城は明け渡され、昌幸と信繁は高野山、正確にはその麓の九度山に流罪となるわけですが、なぜ打ち首にすることもできたのに、しなかったのか。それを昌幸に語る時の家康の言葉がまたすさまじい。
「この生き地獄、たっぷりと味わうがよい」
どうも家康は、信幸と忠勝が命乞いに来る前から、昌幸父子、特に自分が散々煮え湯を飲まされた昌幸を、一気に成敗するのではなく、真綿で首を絞めるようにしたかったのではないか、そういう印象があります。それも戦に出る機会を悉く奪うという、昌幸に取っては正に、両手両足をもがれるに等しい物でした。

そもそも家康と豊臣方は、それ以前から互いに牽制し合うところがあり、その一例が、上杉景勝会津転封の際の、庄内を巡る豊臣-上杉と、徳川-最上の確執です。慶長出羽合戦も、そして関ヶ原後の改易と処罰も、多分にこういったものを引きずっているといえます。かなり非道にも取れますが、逆にいえば、その当時、その程度のことができないと天下は取れないということでしょう。実際家康は江戸幕府を創設するに当たり、豊臣の失敗を繰り返さないようにしたわけで、その意味で秀吉は家康の反面教師であったといえます。

そして信幸は「幸」の字を「之」に変えます。読みは変えなかったというのは、家康へのささやかな抵抗なのでしょう。この当時、通字(継承される名前の一文字)を捨てるというのは大変なことであり、だからこそ家康も、信幸にそう命じたと察せられます。

飲み物-エスプレッソ

スポンサーサイト



[ 2016/09/21 01:00 ] 大河ドラマ 真田丸 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud