fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >   >  『太平記』第六章 大塔宮ト正成再挙ノ事

『太平記』第六章 大塔宮ト正成再挙ノ事

では、『太平記』コミック版第五章に行きます。後醍醐天皇の隠岐配流の一方で、大塔宮護良親王、そして楠正成が動き始めます。

*************************

後醍醐天皇が隠岐に流された後、大塔宮は山伏に変装して諸国を巡り、討幕運動を進めていた。しかし幕府の追及の手は厳しく、ついに逃れらなくなったところへ、紀伊の野長瀬六郎が現れる。その他にも、大和の辺りには大塔宮に味方する土豪たちが増えて行った。そして大塔宮は、吉野を根拠地とし、諸国の武士に討幕の令旨を送付する。

その頃、赤坂城の落城から行方が知れなくなっていた楠正成が、忽然と姿を現した。元弘二年(1332)四月三日のことである。その頃赤坂城の主は湯浅孫六となっていた。孫六は突如現れた楠軍にあわてふためき、使いを六波羅に送る一方で、合戦に備えて兵糧を運び込ませた。しかし、夜間兵糧を密かに運ぶ人夫たちは楠方に待ち伏せされ、兵糧を奪い取られてしまう。

彼らは命を助けられたものの、楠方に加勢することになった。すなわち、兵糧を運ぶ兵たちが楠の軍勢に追われているようにして、赤坂城に近づき、孫六の隙をついて、赤坂城を戦わずして手に入れた。こうして楠正成は、和泉、河内の兵を従えて、五月十七日には住吉、天王寺付近に現れ、六波羅の幕府兵と対峙した。六波羅勢は五月二十日に京を発ち、二十一日に決戦の時を迎えた。

六波羅勢は相手の軍備のみすぼらしさを笑い、楽勝と思っていたところへ、左右から敵の挟み撃ちにあう。これを聞いた北条高時は、宇都宮治部大輔(公綱)を京へ派遣した。公綱は七月十九日に天王寺へ向かい、これを聞きつけた楠は、ある策を講じる。公綱軍が攻めて来た時、楠は既にその場におらず、退却したものと思われていた。

しかし夜になり、天王寺周辺の生駒山、秋篠の里から住吉難波の里に至るまで、楠軍の焚く篝火で埋め尽くされた。しかし一向に攻めて来ず、この持久戦に疲れた公綱軍は、ひとまず京へ引き上げることにした。すると、それを狙ったかのように楠軍が天王寺入りし、正成は「天王寺の妖霊星」として戻って来た。そしてその後、金剛山に大拠点を築くことになる。

*************************

楠正成が再登場します。鎌倉方が送り出した宇都宮公綱とは、一戦も交えずして天王寺に舞い戻り、やがて赤坂城に代わる拠点を築きます。ここには支城が十七もあり、その一つが千早城で、ここでの戦いにおいて、またも正成の策が冴えわたることになります。

スポンサーサイト



[ 2016/09/16 01:00 ] | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud