fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  2019年01月

Idaten Episode 3 Bōken Sekai (Adventure World)

In 1960. KOKONTEI Shinchō's family and his pupil Imamatsu are surprised that a young man called Komatsu becomes Shinchō's pupil secretly. He bathes in cold water every morning because his father told him to do so in his childhood.

In 1909, Shisō who becomes 18 bathes in cold water near the well. He who lost the chance of becoming a navy officer plans to study at Tokyo Kōtō Shihan Gakkō and tells his elder brother Sanetsugu that he was not carried by Jigorō Kanō in reality. Sanetugu has already known about it but Shisō hopes to regret nothing (*) and decides to go to the school whose principal is Jigorō himself. He passes the entrance exam of the school and goes to Tokyo with Hidenobu Mikawa. Both of them wear red blankets that symbolise the country bumpkins who visit Tokyo. On their way, Shisō finds a magazine "Bōken Sekai" (Adventure World) someone left in the train and reads the column on Tengu Club. Hidenobu tells him it's a sports club, a community of libertines. 

いだてん3東京に着いた2人 
Shisō (NAKAMURA Kankurō VI, left) and Hidenobu Mikawa (Ryō Katsuji) arrive in Tokyo

They arrive in Tokyo and go straight to Asakusa but Shisō has his purse picked in the streetcar. Then Koume, a prostitute speaks to them and rikishaman Sei-san suggests riding on his jinrikisha to them. After that they go to the dormitory of the school but the dean Dōmei Nagai who is famous for his severity blames them for bringing "Bōken Sekai". Hidenobu tells him calculatingly that it's Shisō who has the magazine. So Shisō is told to hang down from wall bars as punishment. Besides he has to bend his legs at right angles. 

At the residence of the Mishima family, Wakako, mother of Yatorō and Yahiko makes a maid called Shima read aloud a novel "Hototogisu" (**). She is a brave woman from Kagoshima who is liken to SAIGŌ Takamori. However in the novel, a mother-in-law of the main character Namiko is modeled on Wakako and she torments her son's wife. Shima is confused but Yatarō tells her to treat her adequately because Wakako cannot read difficult Chinese letters. Yahiko takes an interview of a magazine and says he'd like to know how losers feel as he is ever-victorious. 

いだてん3入学式での嘉納治五郎 
Jigorō Kanō (Kōji Yakusho) talks about the Olympics at the entrance ceremony of Kōtō Shihan Gakkō

At the entrance ceremony of Kōtō Shihan Gakkō, Jigorō talks about the Olympics and the preparatory students includes Shisō are required to practice judo founded by him or kendo (Japanese swordsmanship). Shisō writes to his family about his school life. He bathes in cold water every morning and masticates the food well so he is the latest student who leaves the dormitory. And he runs to Shihan Gakkō as he did in his high school days. After having his purse stolen, he doesn't use a streetcar and is the first student who arrives at the school. In summer vacation, he returns home and meets Suya Haruno but is shocked when he learns that she will be formally introduced to her prospective marriage partner. Sanetsugu tells him to find something that fascinates him. When he entrains to return to Tokyo, Suya who rides a bike chases his train and says loudly that he should sing "Jitensha Bushi", her favourite song.

Shisō and Hidenobu return to Tokyo and go to Asakusa again. There they see a film based on "Hototogisu" and in it, the mother-in-law is described true to the original so Wakako who also sees it is very angry. And Koume speaks to Hidenobu who is with Shisō and asks him to visit her brothel house. Then a car comes (***) and Yahiko gets out of it. He shoots a gun as the signal to start of a marathon race. Sei-san also takes part in it in spite of being chuck out as he is not a student. Shisō asks him what it is and Sei-san answers it's marathon. The runners run around Asakusa and Shisō thinks he can find something that fascinates him. Onthe other hand, Kōzō Minobe frequently goes to the vaudeville hall and starts practicing rakugo by himself.

いだてん3不如帰を読む美川 
Hidenobu reads "Hototogisu" in his room

Hidenobu who visited the brothel house is punished because he breaks the gates. And he is told to hang on from wall bars as Shisō did. Dōmei leaves there and Shisō finds a poster through the bars. He asks Hidenobu to stretch the legs then he sees the logo of marathon. It's a poster of a marathon race for the students.

(*) Maybe he is eager to study under Jigorō.
(**) The novel was written by Roka Tokutomi. Hototogisu means lesser cuckoo (Cuculus poliocephalus).
(***) Car was very rare at that time.

[ 2019/01/26 00:30 ] Taiga Drama Idaten | TB(-) | CM(0)

KTS鹿児島テレビ『前田正名ー龍馬が託した男ー』

ドラマのご紹介です。KTS鹿児島テレビ制作の『前田正名ー龍馬が託した男ー』が、『西郷どん』の薩摩ことば担当及び江藤新平役の、迫田孝也さん主演で放送されます。龍馬役は高橋光臣さんで、こちらは海江田武次(有村俊斎)役でした。
ただし九州と北海道限定の放送のようです。
そういえば迫田さんはNHKでも、九州限定で放送された番組に出演していました。恐らくは九州各県で放送された後、全国放送となるのかもしれません。ちなみにKTS鹿児島テレビはFNN系列です。余談ながらナレは吉岡秀隆さんですが、この方いつか『悪魔が来たりて笛を吹く』で、金田一耕助を演じていましたね。

前田正名ー龍馬が託した男ー|KTS鹿児島テレビ開局50周年特別番組公式サイト

この前田正名という人物は薩摩藩医の子で、妻のいちは大久保利通の姪です。元々は薩長同盟の密使といわれており、明治維新後は官僚となってパリ留学もしています。その後は山梨県知事としてインフラ整備のほか農政にも力を入れ、農業関連の要職に就きました。貴族院の議員も務めた後、グンゼの設立にも関与しています。後に北海道でパルプの会社を建設、さらに釧路銀行を設立もし、明治の殖産興業の奨励に大いに貢献した人物ということができます。

飲み物-ビール2種類
[ 2019/01/25 00:15 ] その他 | TB(-) | CM(0)

Jigorō Kanō

He was born to a family who was a wholesaler and ran a brewery in Kobe, 1860. The family supported KATSU Kaishū.

In 1870, his father started working for the Meiji Government so he studied in Tokyo and entered Tokyo University in 1877. But he was bullied by his classmates and tried to strengthen himself by practicing jūjutsu, the predecessor of judo. After that he founded judo and established Kōdō-kan, a gym to practice it. Later judo was adopted as a required subject in the high school under the old system that were only for boys. 

In 1891, he became a principal of Daigo Kōtō Gakkō (No.5 High School, one of the institutions of higher education) in Kumamoto, present Kumamoto University. He was also a deputy head of Gakushūin and a principal of Tōkyō Kōtō Shihan Gakkō, present Tsukuba University. He made efforts to spread sports in Japan and participated in establishing Nippon Joshi Daigaku, Japan Women's University.

In 1909, he became a first Asian member of the IOC and established Dai Nippon Taiiku Kyōkai, present Japan Sports Association to make Japanese athletes join the Olympic Games. In 1936, he succeeded in hosting the 1940 Olympics in Tokyo.

However he died of pneumonia on the way to Yokohama from Vancouver after taking part in the IOC session in Cairo, 1938. After the death, he was awarded the Grand Cordon of the Order of the Rising Sun. 

The 1940 Olympics was cancelled due to the outbreak of the World War II and his dream realised in 1964.

He had seven children between his wife Sumako and was a member of the House of Peers.  Kanō Jigorō hai (Jigorō Kanō Cup) is named after him.

The image is Kōji Yakusho as Jigorō Kanō.
(From the official website of "Idaten")

いだてん嘉納治五郎 
[ 2019/01/24 23:30 ] Taiga Drama Idaten | TB(-) | CM(0)

横書きとまんぷくコラム

『いだてん』関連の投稿で、書こうとしていて忘れていたことです。第1回で嘉納治五郎が人力車に乗っていて、Right manと手帳に書くシーンがあります。さらにその下に、横書きでライトマンと書いていますが、これは左から右への横書きになっています。その当時は右から左ではないのか、そう思った方もいるかもしれません。ただし当時でも英単語の発音などは、アルファベットに合わせて左から書いていたようです。そもそも戦前であっても、横書きは左から、あるいは右からと様々だったようで、第二次大戦後にたとえばGHQの命令で、横書きは左から書くようになったということではなさそうです。

それから武者氏の『まんぷく』評です。このドラマを含め、自分の嫌いな大河や朝ドラを悪く言うのは大河コラムと変わりません。『まんぷく』と『いだてん』の農業は違う、後者はきちんと考えられているなどと書かれていますが、前者の場合は家族の食べる分を補う家庭菜園で、後者の専業農家とは違います。そして『花燃ゆ』では、スタジオでちょっと鍬を振るだけで、野菜がボコボコ湧いてくるなどと書かれていて、しかも大河コラムの方では、こういうのは季節感がないとも書かれていました。しかしその一方で、『おんな城主 直虎』の新野家は常に睡蓮や藤の花(造花?)が咲いていましたが、ああいうのには言及したのでしょうか。私も『花燃ゆ』は好きではありませんでしたが、殊更に悪く言われると同情したくもなります。

それから萬平のインスタントラーメン、所謂チキンラーメンですが、これは萬平のモデルで日清食品の創業者である安藤百福氏が、天ぷらをヒントにしたといわれています。これは日清食品の公式サイトにも記載されており、奥さんが天ぷらを揚げていたのを目にしたのがきっかけです。しかし当該コラムでは、(百福氏の出身地である)台湾にそういう麺があって、「それがヒントになったと推定できます」とあります。確かに台湾には伊麺(イーミー)と呼ばれる、堅焼きそばのような麺があり、それを戻して食べているようです。子供のころ食べた台湾の麺が、いくらか関係している可能性もあるかもしれませんが、百福氏自身は、天ぷらをヒントにしているのは事実と見て間違いないでしょう。

飲み物-ラテアート 
[ 2019/01/24 00:15 ] その他 | TB(-) | CM(0)

トップリーグカップと『炎のランナー』

まずトップリーグカップ総合順位決定トーナメント2回戦の結果です。
赤文字勝利チーム)

パナソニック 24-21 クボタ
サントリー 34-43 トヨタ自動車
豊田自動織機 31-35 ヤマハ発動機
リコー 28-17 NEC
キヤノン 21-62 NTTコム
神戸製鋼 28-33 東芝
日野 14-19 宗像サニックス
Honda  24-40  コカ・コーラ

尚勝敗については、主力選手を休ませたチームと、そうでないチームの違いもあったかと思われます。このカップ戦の位置づけもちょっと曖昧な感じで、今後の課題となるでしょう。そして優勝はこのチームでした。

トヨタ自動車、トップリーグ創設以来の初タイトル獲得。カップトーナメント決勝
https://www.jsports.co.jp/press/article/N2019012017073303.html
(JSPORTS公式サイト)

しかしトップリーグでは初優勝だったのですね。

それから先日より書いているアマチュアリズム関連ですが、かつてイングランドでは、ラグビーは中産階級以上のスポーツでした。一方ウェールズでは、炭鉱労働者の間に広まり、イングランドと違って、ボールをよく動かすプレイが主流でした。またニュージーランドでは国民的スポーツとなったことから、こちらも必ずしも中産階級以上の物とはいえなくなりました。ゆえにイングランドでは、ある程度のお金がある層が、休日に行う物であったのですが、それ以外の国(と言っていい)では必ずしもそうではなかったわけです。またアマチュアリズムゆえに、ブルジョワジー的スポーツとみなされ、かつて共産圏ではラグビー選手が、強制的にアイスホッケーなどに行かされたということを、チェコ出身の選手が話していたこともあります。一方で、共産圏の盟主的存在のソ連は、ラグビー代表を結成して他国とプレイもしていました。矛盾といえば矛盾ではあります。この時ソ連代表に多くいたのがグルジア、今のジョージアの選手たちだっとともいわれています。

ところで『炎のランナー』、久々に観ました。30年以上前の作品なので、やや画質に難がありますが楽しめました。この作品ではケンブリッジの学生と、スコットランド人の牧師でラグビー選手(アマチュアリズムの時代なので本業は牧師です)が主役ですが、ケンブリッジに入学したエイブラムスは、ユダヤ人ということで微妙に差別され、対抗心を燃やします。一方で牧師のリデルはラグビー選手でもあり、5か国対抗(今の6か国対抗)で、スコットランド代表でイングランドと対戦しています。ここでもまた、イングランドへの対抗心がのぞいています。しかしケンブリッジだけあって、新入生勧誘のスポーツクラブ関係者、ケンブリッジブルーの帽子をかぶっています。

感想を書くべきかどうかちょっと迷ったのですが、書いてみようかなと思います。尚この主人公が出場したのは1924年のパリ五輪で、これには日本ももちろん参加していました。開会式のシーンで、日の丸も映っています。しかしこれを観ていると、昔のオリンピックというのはのどかなものではあるものの、選手自身のコンディションなどはすべて自己管理です。記録更新のみならず、体調管理も自らが行わなければならない時代でした。

飲み物-パブのスタウト 
[ 2019/01/23 23:00 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)

Manpuku

"Manpuku" is a series of so-called "Asadora", morning drama series produced and broadcast by NHK. The main characters Fukuko and Manpei are modeled on Masako and Momofuku Andō. Momofuku Andō invented instant noodles.

In this series, Fukuko is the third daughter of the Imai Family and works at a hotel after graduating from Jogakkō, a high school for girls from Meiji period till 1948. Then she meets a strange man called Manpei Tachibana and they get married. But Manpei is falsely accused and the war breaks off. Fukuko, Manpei and Fukuko's mother Suzu evacuate to countryside. Manpei cannot go to the front because of the condition of his health.

After the war, Manpei is engaged in some business but end in failure. In 1950s he becomes a chairman of a credit association. However the association goes bankrupt and he goes broke. One day, he thinks out a plan of instant noodles when he has dinner.

Not only Fukuko, Manpei and their children but their relatives and friends appear also. Fukuko is described as a cheerful woman who always supports her husband while Manpei is a rather eccentric man who absorbes in one thing. Sakura Andō plays the role of Fukuko and Hiroki Hasegawa acts Manpei. Hasegawa will feature in "Kirin ga Kuru", a Taiga Drama series in 2020.

まんぷく萬平と福子
Fukuko massages the shoulders of Manpei who has returned home
(From the Instagram of "Manpuku")
[ 2019/01/23 00:45 ] Others | TB(-) | CM(0)

いだてん第3回「冒険世界」

高等師範学校の入試に合格した四三は、美川と東京へ行くことになります。憧れの嘉納治五郎を間近で見る一方で、ここでもいだてん通学を続ける四三は、やがて初めてマラソンと出会います。

************************

昭和35(1960)年。古今亭志ん生は家族や弟子の今松に黙って、新しく小松という若者を弟子入りさせていた。小松は父の言いつけと言って、毎朝井戸水を浴びる習慣があった。

明治42(1909)年、18になった四三は井戸水を浴びていた。軍人に慣れなかった四三は高等師範学校への進学を考えており、兄実次に、本当は自分は嘉納治五郎に抱っこをされていなかったと打ち明ける。実次はとうに気づいていたが、四三は悔いが残ると答える。そして東京高師に合格した四三は、翌年の春美川と上京する。2人ともお上りさんスタイルである赤ゲットを羽織り、物々しいいでたちであった。金栗家の人々は万歳三唱で2人を送り出す。

車中四三は空席に雑誌「冒険世界」を見つける。それには天狗倶楽部の記事が掲載されていた。東京には天狗がいるのかと四三は驚くが、スポーツ同好会、つまり遊び人だと美川は答える。東京へ着いた2人はまだ時間があるため、その足で早速浅草の凌雲閣見物に行くが、市電の中で四三は財布をすられたことに気が付いた。

しかも彼らは小梅に声をかけられ、清さんからも人力車に乗れと誘われる。その後2人は寄宿舎へ行くが、舎監は厳しいことで有名な永井道明だった。永井は美川が持っていた冒険世界を取り上げてしまうが、美川はそれは四三の物だと言う。そのため四三は到着早々、罰として脚を直角にして肋木にぶら下がることになる。

一方天狗倶楽部のエース、三島弥彦の実家である三島家では、母和歌子が女中のシマに『不如帰』を読ませていた。和歌子は薩摩出身で、女西郷といわれた女丈夫だった。その和歌子をモデルにしたのが、『不如帰』の主人公浪子の姑だったのである。戸惑うシマだったが、和歌子は字が読めないため、適当に読んでおけと弥太郎から言われる。一方弥彦の方は、本庄の取材を受けていた。弥彦は負けた者の気持ちになってみたいと言う。

入学式の日、嘉納はさっそくオリンピックの話を持ち出し、四三たち予科生は柔道または剣道のどちらかが義務付けられた。四三は学校生活について手紙を家に送る。朝は必ず水浴びをして、食事はよく噛むため寄宿舎を出るのは一番最後だった。しかし四三はここでもいだてん通学を続けていた。財布をすられたせいもあり、電車には乗りたくなかったのである。そのため寄宿舎を最後に出ながら、学校に着くのはいつも一番だった。

夏休みになり、帰省した四三は春野スヤと再会した。スヤが歌っていた自転車節を四三は歌ってみせるが、どうにも調子が外れてしまう。しかしその後四三は、スヤが女学校卒業後に見合いをすることを知り、愕然とする。畑仕事に勤しむ四三に実次は、偉か人は熱中する才能がある、お前も夢中になるものを見つけろと励ます。四三が東京に戻る日、家族は農作業で忙しかったが、スヤが自転車で見送りに来てくれた。スヤは東京で自転車節を歌ってくれと大声で叫ぶ。

東京へ戻った四三と美川はまた浅草へ行き、『ほととぎす』という映画を見る。この映画は徳富蘆花の『不如帰』を原作にしたもので、姑のモデルになった和歌子とシマも観に来ていた。しかし内容は原作通り、和歌子が意地悪に描かれており、立腹した和歌子は抜き身の仕込み杖を振り回す。一方で四三と一緒だった美川は小梅に声をかけられる。美川は小梅の許へ行こうとし、四三は後を追おうとするが、その時車で乗り付けて来た者がいた。それは、この浅草でのマラソン大会のためにやって来た弥彦だった。

この中には清さんもいた。学生ではないからとつまみ出されてしまうが、それでも戻って来て走り続ける。どこに向かって走っているのかと尋ねる四三に、これはマラソンで、十二階(凌雲閣)とひょうたん池の周りを走っているのだと清さんは答える。これが四三に取ってのマラソンとの出会いだった。その頃美濃部孝蔵もすっかり寄席に入り浸りになり、噺の稽古を自分で始める。その後ろを四三が、自転車節を歌いながら走って通り過ぎて行った。

美川は小梅の店に行き、結局門限を破ったことで永井から罰を受ける。今度は美川が、寄宿舎の食堂にある肋木にぶら下がるように言われたのである。他の学生たちもそれを見ていた、永井がその場を去った後、四三は永井の向こうにある物を見つけた。脚を直角にしている美川に脚を広げさせ、その間から四三は向こうの壁に貼ってあるポスターを見る。それは、校内マラソン大会の物だった。

************************

まず「だご汁」「いきなり団子」「辛子蓮根」と熊本名物がぞろぞろと出て来ます。そして徳富蘆花の『不如帰』ですが、この蘆花は熊本の出身ですね。しかし美川君、すっかり文学青年を気取っていますが、小梅にいいようにあしらわれている感じです。それと清さんはこの頃から、学生に紛れて走っていたのですね。それと三島家の豪邸ですが、あれは『龍馬伝』の岩崎家のセットと同じ建物でしょうか。

なお三島家といえば、弥太郎・弥彦兄弟の父三島通庸は薩摩藩士で、かの大久保利通から新政府への出仕を勧められています。この人物はいくつかの県の県令を務めた後、警視総監となっています。川路利良が近代警察制度を発足させたこともあり、初期の警視総監は薩摩閥で占められていました。元々精忠組の一員でもあり、かの寺田屋事件に関与して謹慎させられてもいます。この人物の二女峰子は、大久保利通の二男牧野伸顕の妻で、吉田茂の姑、麻生財務大臣の曾祖母に当たります。

ところでここ最近の大河は、前年または翌年のを引きずっている、あるいは予告している感があります。これも歴史の時間のナポレオン、橋の上の女性と川の中の男性の関係にそれを感じます。

Sego-don Omnibus 4

Chapter 2 Saisei (Rebirth)  (2)

Kichinosuke who changed his name into KIKUCHI Gengo feels gloomy and depressed in Amami Oshima. One day he sees a boy picks up a piece of sugar on the beach. TANAKA Yūnosuke, a magistrate of the island is angry with it and Kichinosuke tries to struggle with him. The people of the island are forced to make sugar but cannot enjoy its taste.  And Tuma, niece of RYŪ Samin who takes charge of Kichinosuke tells him that SHIMAZU Nariakira squeezed them because of his interest in Wectern culture so they felt happy when he died. Kichinosuke is surprised with her words.

西郷どん18奄美での吉之助 
Kichinosuke (Ryōhei Suzuki) feels gloomy in Amami Oshima

Though Tuma dislikes Kichinosuke, she nurses him devotedly when he catches malaria. Since then Tuma becomes to be frank with him. And Kichinosuke makes rice balls for the  local children from his rice as stipend. However Samin and Tuma's brother Tomiken are captures for a false charge then the throng includes her visit the jail. In front of the jail, Yūnosuke appears and tells her to become his ango, local wife. She tries to cut her throat with her hairpin but is stopped by Kichinosuke. He destructs the key of the jail to save Samin and Tomiken. Tuma senses that she loves Kichinosuke and tells him about it. Then they get married. Kichinosuke gives her a name "Aikana" following the customs of the island.  

西郷どん19吉之助ととぅまの婚礼 
  Tuma (Fumi Nikaidō, left) and Kichinosuke get married

They have a son and Kichinosuke plans to name him Kikutarō but Samin tells him to name him Kikujirō. He realises that he will return to Satsuma someday. So he thinks that "Tarō" should be used for the first son between his legal wife whom he will marry in the future. One day, Kihcinosuke learns the assassination of II Naosuke from the letter of ŌKUBO Shōsuke. Soon after he changed his name into Ichizō visits Amami Oshima to recall him to Satsuma. And SHIMAZU Hisamitsu becomes "kokufu", father of the present lord after the death of his father Narioki. Hisamitsu wants Kichinosuke to serve him as his adviser. Though Aikana tells Ichizō that he will not return to Satsuma but at last he returns to his hometown. He changes his name again and calls himself OSHIMA San-emon.

西郷どん22薩摩に戻った吉之助 
Kichinosuke returns to Satrsuma with Ōkubo Ichizō (Eita, right) and changes his name into Ōshima San-emon

[ 2019/01/22 00:45 ] Taiga Drama Sego-don | TB(-) | CM(0)

好きな大河ドラマOP

今までも書いてはいますが、大河ドラマのOP(一部内容を含む)について。2000年以降放送の大河で、好きなOPは以下の通りです。

葵 徳川三代
新選組!
功名が辻
風林火山
龍馬伝
花燃ゆ
真田丸
西郷どん

ここ10年に限ると

龍馬伝
花燃ゆ
真田丸
西郷どん

というわけで、4分の3が幕末大河です。

『花燃ゆ』は本編はさほど好きではなかったものの、OPは女性主人公の大河では随一でした。多少CGを使いすぎている嫌いもありましたが、CGでなければあの雰囲気は出せませんでした。ただ群馬編からの雷SEはなくてもよかったかと思います。
『葵 徳川三代』は如何にも経費をかけましたといったゴージャスな雰囲気、『新選組!』は走りまくる隊士と切り絵、『功名が辻』は桃山文化と、それぞれの内容と呼応していたように思います。そして何といっても『風林火山』、『新選組!』では人が走りましたが、こちらはひたすら馬が走りまくるOPでした。テーマも躍動感があって、「コッペパンの歌」なる替え歌まで登場していました。
『龍馬伝』もお金をかけていました。この頃から主人公がOPに登場するようになり、その後一時中断したものの、『西郷どん』から復活しました。『真田丸』はテーマはよかったのですが、唯一難があったと思えるのが、画像がCG処理されていたことです。アナログでもよかったのではないかと思うのですが…。アナログだとバイオリンの音がもっとマッチしていたのではと、多少惜しい気持ちがしました。そして『西郷どん』、こちらは鹿児島という土地の特色と、アナログ画像の良さを十分に見せつけてくれました。雄川の滝は観光名所にもなっています。

一方で、あまり好きでないOPも無論あります。『利家とまつ』は、カップルを意識しすぎたかなという印象がありました。同じ夫婦大河でも、『功名が辻』の方がやはり好きでした。そして『平清盛』、本編はそう悪くなかったのですが、私としてはちょっと凝り過ぎかとも思いましたし、『軍師官兵衛』は中途半端な感がありました。あれ、官兵衛がひたすら馬に乗って駆けて行くのでもよかったかもしれません。テーマは好きでしたが。

それと女性主人公の大河ですが、どうも「女性=花」という概念から抜けられないようです。比較的好きだった『八重の桜』も、月替わりでかなり凝ってはいたのですが、残念ながらあまり印象に残りませんでした。(その努力には敬意を表したいと思います)それと特に、『篤姫』のOPが馴染めませんでした。前年の『風林火山』からがらりと印象が変わったわけですが、こう言っては何ですが、ちょっとちまちました感もありました。主人公が一応将軍の御台所なのですから、もっと力強い雰囲気でもよかったかと思っています。

飲み物-温かいカフェオレ
[ 2019/01/22 00:15 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)

ドラマとツイッター2題

まず、内野聖陽さん主演のドラマが3月に放送予定なので、お知らせしておきます。

スーパープレミアム ドラマ 『スローな武士にしてくれ』
(NHK ONLINE)

昔ながらの時代劇と、最新技術の出会いといったところでしょうか。ちなみにこのタイトル、片岡義男原作の、『スローなブギにしてくれ』(1980年代初頭に映画化)のもじりと思われます。

さて大河やその他のドラマで、視聴率には関係なく、ツイッターやメールで人気があるといわれることがあります。当たっているともそうでないともいえます。というのも、視聴者すべてがツイッターやメールで反応するとは限らないからです。特に大河の視聴者は高齢者も多く、それらのツールを使いこなせない人もいます。無論ツイッターやメールで好意的な意見が多いと嬉しいものですが、つまるところ大河の価値というのは、自分が好きかそうでないかという点に集約されるようにも思います。私の場合、ツイッターで大河、またはその他のドラマ関連投稿を発信したことは殆どありません。公式ツイにリプしたことはありますが、多くの場合タグなしです。

それとツイッター関連でもう一つ。ある方のツイートに、ある作家の映像化(映画化、テレビドラマ化)のリメイクについて、その時々での変化を楽しむのが面白いといったことが書かれていました。大河ドラマの場合は、同じ原作を使っているわけではありませんが、やはり放送時の時代背景に応じたアレンジまたは翻案があるので、これも一概にどれがどうとはいえないでしょう。史実を全く無視していいとはいいませんが、それのみにこだわるのもどうかとは思いますし、過去の作品にこだわりたければDVDもあるわけです。むしろDVDをじっくり見て、リアルタイムで見つからなかった点を探すというのも、それはそれで楽しみであるかと思います。実は私も、これに似たことをやろうとしていますので。

飲み物-ホットウイスキー 
[ 2019/01/21 01:00 ] その他 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud