fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  2018年06月

スポーツとビデオジャッジ

ここ数年は特に、あまりサッカーを観なかったのでわからなかったのですが、サッカーにも最近はビデオ判定が採り入れられているのですね。無論、今回のワールドカップでも採用されているようです。賛否両論はあるようですが、反則のあるなしを確かめるには、これがやはり確実な方法といえるのでしょう。ただし判定となった場合、多少そのための時間はかかるようです。一般にフットボール系の、攻守が入り乱れるスポーツの場合は、どこでどう反則が起きたか、レフリー陣が確認しづらいこともあり、ベストといえずともベターではあるのでしょう。

ラグビーの場合、2000年のスーパーラグビーからビデオジャッジが採用された記憶があります。このジャッジはTMO、テレビジョン・マッチ・オフィシャルと呼ばれています。ラグビーの場合は特に、複数の選手が突進してトライすることも多く、トライが成立したかどうかがわかりづらいこともありますし、置いているつもりが、実はノックオンをしていたなどということもあり、そのためにビデオジャッジは必要とされています。ただ、やたらビデオジャッジに頼るのもどうかと思われます。試合時間が長くなるなど、検討すべき点もあります。

それとこのシステムが始まった当初、パスがスローフォワードに見えるというので、このTMOで何度か確認されたことがあります。しかしその時の解説によれば、速度を落として再生すると、そう見えてしまうということでした。この辺も痛し痒しのようです。ところでそのラグビー、詳しくはまた後ほど書きますが、ジョージアに28-0の完封勝ちでした。ラグビーは得点形態が4種類あり、それぞれ得点も異なるので、完封勝ちや引き分けは珍しいのですが、あるいは雨模様の天候も幸いしたのかもしれません。

飲み物-パブのビール
[ 2018/06/25 00:00 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)

MURATA Shinpachi

MURATA Shinpachi was a samurai of Satsuma domain. He was born as son of TAKAHASHI Hachirō and was adopted by MURATA Jūzō.

西郷どん村田新八子供時代
Kenshirō Katō as Murata Shinpachi in his childhood

He respected SAIGŌ Takamori and was treated by him as if he was his real younger brother. In 1862, he and Kichinosuke were regarded as the men who incited Arima Shinshichi and his party to cause a disturbance. He was ordered to be exiled to Kikaijima island while Kichinosuke was exiled to Tokunoshsima and then Okinoerabujima Island. In 1864, they were pardoned and returned to Satsuma.

After then he and Kichinosuke interacted with the samurais of Chōshu and Tosa domains to realise overthrowing the shogunate and the restoration of imperial rule. He participated in the Boshin War and finally besieged Aizu Wakamatsu Castle. After that, he was appointed as a member of Iwakura Mission and visited Europe and the US to study modern social system and foreign culture. But after returning to Japan, he went home following Kichinosuke and it made ŌKUBO Toshimichi (Ichizō) who retained the post of Okurakyō (current financial minister) disappointed.

He established Shigakkō School with KIRINO Toshiaki and SHINOHARA Kunimoto. In January 1877, a council was held in the school and it was decided that the troops would be dispatched against anti-Saigō power. It developed into the Satsuma Rebellion and he fought well. On the 24th of September, he made sure that Kichinosuke (Takamori) committed suicide and then he kept attacking and finally killed himself.

He was good at playing the accordion. In the Satsuma Rebellion, he fought not in military uniform but in frock coat.

In this series, he is described as a goof friend of Kichinosuke. he is also trusted by Ōkubo Ichizō but shared his fate with Kichinosuke.

The images shows Arata Horii as Murata Shinpachi
(Both images are from the official website of "Segodon") 

西郷どん村田新八
[ 2018/06/24 23:15 ] Taiga Drama Sego-don | TB(-) | CM(0)

大河クイズ戦国編2正解発表

では前回の大河クイズ、戦国中級編の正解です。

まず直江兼続は、
天地人
利家とまつ
真田丸
功名が辻
すべてに登場します。しかし直江状が出てくるのは『天地人』『真田丸』のみです。『利家とまつ』では、越後から上洛する際に加賀に立ち寄るシーン、『功名が辻』では、石田三成と内密に会うシーンが出て来ます。というわけで正解は、『天地人』と『真田丸』です。
それにしても『天地人』の直江状、すさまじかったですね。あんな膨大な量の直江状をあちこちに送り付けるなど、いくら創作でも行き過ぎです。『真田丸』の直江状も物足りなかったのですが(西笑承兌がまず文を送るところから始めてほしかったので)、あれよりはよほどまともでした。

次に原作が存在しない大河ですが、『葵 徳川三代』です。実は私も、以前原作があると思い込んでいたのですが、これはジェームズ三木氏の脚本のみです。

北条氏政を同じ人物が演じているのは、『天地人』と『軍師官兵衛』で、どちらも伊吹吾郎さんが演じています。私としては『真田丸』の、高嶋政伸さんの氏政も好きです。

それから細川ガラシャ(たま)が登場しないのは『軍師官兵衛』です。この作品では、黒田家の女性の脱出が主に描かれていました。

豊臣秀吉の正室が「寧々」となっているのは『功名が辻』です。その他の作品では
おんな太閤記-ねね
軍師官兵衛-おね
真田丸-寧
となっています。

信長の正室が濃姫でなく、「帰蝶」としてのみ紹介されているのは、『信長 KING OF ZIPANG』です。この大河はキャスト、あるいは構成などがそれまでと異なっていて、それで賛否両論あったようです。

そして石田三成が登場しない大河ですが、これも『信長 KING OF ZIPANG』です。

それから真田幸村が登場しないのは、『軍師官兵衛』です。後藤又兵衛はもちろん登場しています。

時期は未定ですが、幕末編2も一応考えています。

[ 2018/06/24 00:00 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)

西郷どんの歴史的背景15-土佐の事情

前回は長州を取り上げましたが、今回は土佐です。土佐の尊王攘夷運動は武市半平太(瑞山)によって始まったといわれます。桜田門外の変によって、藩主山内容堂が謹慎から解放されたことが、土佐における尊王攘夷に拍車をかけ、その後武市は江戸で諸藩の勤王の志士たちと交流します。この江戸行きには大石弥太郎が関わっていましたが、この人は吉田東洋暗殺に加担した大石団蔵の兄でした。そして武市は土佐勤王党を結成し、坂本龍馬や中岡慎太郎、吉村虎太郎、岡田以蔵らも加入します。その多くは庄屋や下士、郷士でした。

しかし当時土佐藩は、参政吉田東洋のもと公武合体を目指していました。さらに薩長とは異なり、土佐藩の藩主山内家は徳川家への恩義がありました。このため東洋暗殺の気運が高まり、文久2(1862)年4月8日、吉田東洋は殺害されます。その同じ4月に長州藩では、世子である毛利定弘が京に上って国事周旋の勅命を受けたため、攘夷派が実権を握るようになります。武市も同じことを企てますが、藩上層部の反応は否定的でした。その後大監察の小南五郎右衛門のとりなしで、容堂にも国事周旋と在京警備の勅命が下されます。

この当時は人斬りや異人襲撃が横行し、武市も関与していたとされていますが、後に自らの指揮による人斬りは中止しています。しかし土佐勤王党の平井収一郎らが、藩政改革を強く訴えたことに容堂が反発し、土佐勤王党の多くが弾圧を受けることになり、最終的に武市も切腹を言い渡されます。ちなみに坂本龍馬や沢村惣之丞は既に脱藩しており、土佐勤王党が弾圧によって壊滅した後も、中岡慎太郎らが脱藩しました。しかし『龍馬伝』で、この弾圧に加わった後藤象二郎役の青木崇高さんが、今回有馬新七の暗殺を命じた島津久光役なのは偶然でしょうか。

飲み物-ビール2種類
[ 2018/06/23 23:30 ] 大河ドラマ 西郷どん | TB(-) | CM(0)

軍師官兵衛徒然-8

前回のメインパートは何と言っても、松寿丸が人質を自ら申し出るところ、さらに官兵衛、光夫妻の反応でした。元々人質である以上、御着城主小寺政職の子、斎が人質となってしかるべきでしたが、最初は仮病を使って先延ばしにしていたわけです。しかしその斎が本当に病気になってしまい、もうこれ以上延ばせないということで、家老である官兵衛の子、松寿丸が候補とならざるをえませんでした。しかしこの斎、如何にも病弱そうな線の細い子なのですが、あとで成人して登場した時、かなりの違いに驚いたことがあります。

これに光は猛反対します。一人っ子ということもあるのでしょうが、この辺りがやはり母親です。しかし、それならば側室を置けばよさそうなものですが、この黒田官兵衛という人物はそれをやっていません。それはともかくとして、松寿丸の決意は固く、父官兵衛と共に姫路から安土、さらに長浜へと向かい、秀吉夫妻の世話になることが決まります。この時は官兵衛もやや安心したかと思われますが、しかしこの時人質になったばかりに、官兵衛の有岡城幽閉で大変なことになり、竹中半兵衛に命を救われることになるのですが。

この播磨という土地は、上方と山陽地方をつなぐ地帯であるだけに、織田と毛利のどちらに付くかでとかく割れがちな所でもありました。播磨ではありませんが、一度織田に付きながら、後で裏切ったのみならず、説得役=官兵衛を牢に幽閉した荒木村重のような人物もいます。織田にしても、足元が定まらないことには安心できなかったのは事実でしょう。ところで荒木村重は藤原秀郷の子孫となっていますが、この秀郷の子孫と呼ばれる人は、相当いるといわれていますね。比較的近い時代ですが、藤原経清もそうでした。

飲み物-パブのビール3杯
[ 2018/06/23 01:30 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)

Naruto Hichō Episode 9 Shimai no Chogiri (The Two Daughters of Yoami)

Chie and Mankichi go to Awa but Gennnojō is imprisoned in a jail of Tokushima Castle. Then TAKAGI Ryūjiken, superior vassal of the lord Hachisuke Shigeyoshi appears and tells him he heard everything about him from Yoami. He says that it's ridiculous to join such a conspiracy over "Naruto Hichō". His lord Shigeyoshi who was born as son of SATAKE Yoshimichi (*), daimyo of Akita and adopted by Hachisuke Yoshihisa, his predecessor. So he used the interests of indigo ball dealers to redeem the debt of the domain and unite the clan.

鳴門秘帖9高木
Takagi Ryūjiken (Ryō Tamura) warns Gennojō not to join a conspiracy over "Naruto Hichō"

However the dealers appealed to the shogunate so Shigeyoshi was ordered to improve rivers at the expense of the domain (**). Besides the shogunate officials pressed him by searching "Naruto Hichō".  Takeya Sanminokyo FUJIWARA no Arimura also suggested the idea of "Naruto Hichō" and advised Shigeyoshi to overthrow the shogunate but nobody has ever seen it. Ryūjiken says it should not be appeared in public because it influences the future of the domain. And he tells Gennojō to have it and he can do it with his own. Then he lets him out of prison and hands his sword to him. He injures Ryūjiken with it intentionally and leaves. He describes his prison break exaggeratedly and says he is a difficult man to manage.

鳴門秘帖9お綱と孫兵衛
Ojūya Magobei (Yoshihiko Hakamada, right) takes O-Tsuna (Sumika Nono) to his house

At the same time, Magobei takes O-tsuna to his house and cooks rice and buck wheat porridge. He offers her it saying it's not poisoned and relishes a bowl of porridge. Then he tells her that he got "Naruto Hichō" and Gennojō couldn't do anything when he took her hostage. he puts it in front of a Buddhist altar in which a spirit tablet (ihai) of TENDŌ Ikkaku is put. He says he was killed by Gennojō. O-tsuna asks him why he chased her and he answers that he loved her who is something of a termagant.

鳴門秘帖9十字の傷跡
Magobei shows O-Tsuna his cross shaped scar

Magobei plans to earn money using "Naruto Hichō", and have an ordinary life after marrying O-Tsuna. She says it's unlike him who killed a passerby in Edo to have such a plan. Then he tells her that he had a hard time in his childhood. His mother became disappointed because his father had a mistress. She came to believe in Christianity that was prohibited at that time. His father battered his wife and young Magobei was force to believe in the religion by his mother and injured by her with her hairpin (kanzashi). So he has a cross shaped scar on his forehead. He shows it to O-Tsuna and says that's why he always wears a hood. O-Tsuna understands him but cannot agree with him absolutely.

鳴門秘帖9位牌に手を合わせる周馬
Tabikawa Shūma (Shinji Takeda) bows to the tablet of Ikkaku

TABIKAWA Shūma, who was shot in his left leg by O-Tsuna goes to Magobei's house using a cane. He is followed by Chie and Mankichi and they are watched by Gennojō who distinguishes himself as komu-sō again. Shuma enters the house and bows to the tablet of Ikkaku joining his palms. O-Tsuna hides the box that contains "Naruto Hichō" behind her. Shūma sits down and asks them where "Naruto Hichō" is. He says that Yoami must have made the box difficult to open so he breaks the seal and tells whether it is authentic or not. He finds out that O-Tsuna hides it and urges her to hand it to him. He then cross swords with Magobei but Chie and Mankichi come in.

鳴門秘帖9世阿弥の墓
Mankichi (Kenjirō Nashimoto), O-Tsuna, Chie and Gennojō (Kōji Yamamoto) visits the cave where Yoami died. (From left to right)

At that moment, sake slops into the hearth and a pillar of fire shoots up. While Magobei has trouble in putting out the fire,  O-Tsuna, Chie and Magobei joins Gennojo who appears there and go to the cave where Yoami died. There is a grave mound for him. O-Tsuna and Chie admit that they are sisters. Chie is told by Yoami there is somebody who relates to her under the same sky. And in Tokushima Castle, Shigeyoshi scolds Ryujiken for his failure and Arimura blames him also. But he stops Arimura not to put a word in the conversation between Shigeyoshi and him and suggests to Shigeyoshi that the existence of "Naruto Hichō" should be forgotten.

鳴門秘帖9奮戦
Gennojō and his comrades fight against Kōga ninjas

Gennnojō and Chie are delighted with their reunion and compare notes with each other. O-Tsuna who sees them holding the box is told to bear it by Mankichi. But the next moment  they are attacked by Kōga ninjas. They ignore Chie though she is a daughter of their former master and behave as Shūma ordered them. Gennnojō, O-Tsuna, Chie and Mankichi fight bravely to protect the box but there is no bullet in O-Tsuna's pistol. Magobei and Shūma appear there and take the box by force. They depart for the castle and hand over it to Shigeyoshi who is delighted with it and promises to reward them. However Ryūjiken grieves  at heart that Gennojo could not do as he told him. The box is put in a key locker but after that a ninja creeps into the room and steals it.

鳴門秘帖9盗まれる秘帖
The box is stolen by a ninja

(*) Norihisa Satake, current governor of Akita is his descendant.
(**) Especially the domains of tozama daimyo (the daimyo who didn't serve the Tokugawa clan for generations before the Battle of Sekigahara) were ordered to do so. Satsuma domain was no exception to this.

[ 2018/06/23 01:00 ] Others | TB(-) | CM(0)

「まっすぐな」主人公

以前『西郷どん』が『龍馬伝』的だと書いたことがあります。一方で現在アンコール放送中の『軍師官兵衛』にも、どことなく似ています。この3つに共通するのは、ここ10年間では「時代劇らしさ」を感じさせる作品という点です。女性主人公はともかく、男性主人公でも『天地人』は女性大河的でしたし、『真田丸』は三谷さんのドラマでしたので。『西郷どん』の触れ込みは「男にも女にも滅法もてた」ですが、要は貧しく純朴な下級武士の主人公が、歴史の波に飲み込まれていく過程で様々な人物と出会い、彼らと交わりを持ち、それがその後役に立つということでしょう。

下級武士でしかも純朴という点では、『龍馬伝』とも、あるいは『軍師官兵衛』とも違う点で、何も持たないけれど、性根はまっすぐな人物というイメージが強くなっています。無論、ただ「まっすぐ」だけでは主人公の魅力にはならないことは、昨年の大河が物語っている通りです。井伊直虎も「まっすぐな人物」設定でしたが、そのまっすぐさゆえに辛酸をなめ、あるいは疎まれ、挫折するという展開にはなっていませんでした。もちろんこれは、常に誰かが主人公をサポートするという描写のせいでもありました。

いくら創作が多いとはいえ、城主としてどうも物足りない印象だったのは、制作側のそういう考えもあったと思われます。無論、主人公の内面があまりというか殆ど描かれていないのも、物足りなさを感じる一因でした。さらに昨年は今年の久光のようなヒールがいなかったのも、大河としてはマイナスでした。こういう存在がいてこそ、主人公が試練に遭うという面白さもあるわけです。それを考えると、まっすぐな人間性ゆえに失敗もし、その後したたかさを恐らくは身に着けて行くであろう今年の主人公は、昨年よりは遥かに期待が持てるわけです。

飲み物-アイスコーヒー2
[ 2018/06/22 01:15 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)

鳴門秘帖第9回「姉妹の契り」

いよいよ阿波へと渡った弦之丞とお綱は、勘助と言う船大工に案内されて、剣山を目指します。しかしやはり阿波に入った天堂一角や旅川周馬、そしてお十夜孫兵衛に付け狙わることになります。弦之丞は一角以下数人の阿波の原士を斬るものの、世阿弥を周馬に殺され、孫兵衛からお綱を盾に取られたうえに、世阿弥がお綱に託した鳴門秘帖を奪われてしまい、果ては徳島城の牢に入れられてしまいます。

**********************

千絵と万吉は阿波へ向かっていた。その頃阿波では弦之丞が捕らえられ、徳島城内の牢に入れられていた。そこへ筆頭家老の高木龍耳軒がやって来る。龍耳軒は牢を通じて世阿弥の話を聞いており、弦之丞のこともすべて知っていて、このような馬鹿騒ぎに加担するなと言い放つ。佐竹から蜂須賀家に養子に来た重喜が功を焦ろうとし、藩の借財12万両をどうにかすべく、大阪の藍玉問屋を押しのけようとしたが、商人たちはそこで幕府に泣きついたのだった。このため幕府は普請工事、裏では幕府転覆の血判状、鳴門秘帖探索と徳島藩を締め上げた。

また有村も重喜に入れ知恵をしたが、この鳴門秘帖を見た者はいなかった。弦之丞は、ある御仁も同じことを言っていたと答える。しかし龍耳軒は、この鳴門秘帖は表に出してはならぬもの、あればそだけで蜂須賀家の命綱となる代物と言って、弦之丞を牢から出す。鳴門秘帖を取り戻させ、後は好きにさせる魂胆だった。弦之丞は龍耳軒から受け取った刀で相手の眉間を斬り、あたかも脱獄したように見せかけた。龍耳軒は弦之丞が逃げたこと、あいつは一筋縄ではいかぬ男であると大げさに言いふらす。

同じ頃孫兵衛は実家にお綱を連れて行き、そば米雑炊をふるまっていた。お綱はためらうが、毒など入っていないと孫兵衛はいい、生まれた土地の食い物はいいとうまそうに啜った。また鳴門秘帖を手に入れたこと、お綱を盾に取ったら、弦之丞は何もできなかったとも話した。その鳴門秘帖は仏壇の前にあり、その仏壇には一角の位牌があった。弦之丞も一角を斬ったのだと孫兵衛。なぜ自分を追って下諏訪、賭場、そして阿波まで追ってきたかというお綱に、伝法な口調の鉄火な女に惚れたからだという。

孫兵衛はその鳴門秘帖で一儲けを企み、お綱と夫婦になって阿波で田畑を耕し、子供に手習いを教え、子供を作ってその成長を見届けるつもりでいた。江戸で辻斬りをやっていたのに似合わないというお綱に、生まれたときから辻斬りをやるやつはいないと孫兵衛は声を荒げる。孫兵衛は子供の頃、父が愛人を作り、母がその反動で隠れキリシタンとなり、額にかんざしで十字の傷をつけてしまったため、頭巾をかぶるようになっていた。しかしお綱は、孫兵衛の言うことになにかしら違和感を覚えていた。一方女武者姿の千絵と万吉は阿波に入り、杖をつく旅川周馬を追跡する。

周馬は孫兵衛の家へ向かっていた。後をつける2人を弦之丞が見ていた。孫兵衛は覚悟を決めたと言うお綱に酒を注ごうとするも、周馬が入って来て、一角の位牌を拝みたい、お前のことだから位牌くらい作っているだろうといい、仏壇の前へ行く。仏壇の前の、鳴門秘帖が入った箱をお綱はそっと隠す。一角は位牌を拝んだ後、鳴門秘帖はないのかと尋ねる。あの箱には特殊な膠で封がされていること、甲賀の者らしい仕掛けがあることから、俺が箱を開けてやろう、中のは偽物かもしれんと言う。お綱はうろたえた表情をするが、周馬はそこに隠しているなと見抜き、それを渡せと迫る。

2人が対立した時、千絵と万吉が入って来た。千絵は孫兵衛を相手にし、万吉は一角に縄を投げて捕らえようとする。すると酒が囲炉裏にこぼれて火柱が立った。孫兵衛は、家を燃やすわけにはいかぬとあたふたし、千絵はその隙に弦之丞と共に、世阿弥が死んだ洞窟へ行って、世阿弥の墓である土饅頭に手を合わせ、お綱と姉妹であることを名乗る。千絵は世阿弥から、この空の下につながりのある者がいることを聞かされていた。その頃徳島城では龍耳軒が有村に、主君と家臣の話であると口をはさませないようにし、秘帖をなかったことにするよう重喜に提案する。

会いたいと思いつつ会えずにいた弦之丞と千絵は、再会をことのほか喜んだ。積もる話をする2人を、お綱は見つめていた。辛いだろうが、姉妹の契りを交わした以上辛抱しろと万吉。しかし箱を手にしたお綱と万吉に、甲賀衆が襲い掛かる。忍者たちは、かつての主の娘の千絵のことなど気にも留めず、周馬の命令通りに動いていた。彼らは甲賀衆を相手に奮戦するし、何とか鳴門秘帖を守ろうとするが、そこへ孫兵衛と周馬が現れる。お綱の短筒の弾丸がもう切れているのを、短筒から弾を抜いた孫兵衛は知っていた。

弦之丞たちは奮戦するものの、秘帖の入った箱を奪われてしまう。孫兵衛と周馬はその足で徳島城へ向かい、重喜に目通りをする。重喜は大いに喜び、褒美を取らせることを約束する。また有村も喜ぶが、龍耳軒は内心密かに、弦之丞が間に合わなかったことを嘆いていた。その箱は鍵付きの蔵に厳重にしまわれたが、その夜ある忍びの者が天井裏から入り込み、蔵を破ってその箱を盗み出そうとする。

**********************

ここまで観て思ったことですが、弦之丞の役、本当はもう少し陰のある人の方でもよかったかと思います。アーカイブでしか観ていませんが、前回が田村正和さんだったので、そのイメージがあるのかもしれません。山本耕史さんだと、何か明るい印象になってしまうのですね。しかし再び虚無僧姿に戻っていますが、そしてはなはだ無粋なことではありますが、いつどうやって着物を着替えているのでしょう。

それと弦之丞と千絵が出会うシーンですが。花が咲いている中で、離れ離れになっていた男女が会うというのは、何かラブコメ的な雰囲気があります。そもそもああいうところで2人でいたら、すぐさま嗅ぎつけられるでしょうし、せっかく奪った鳴門秘帖が孫兵衛たちに奪われたら、せっかくの龍耳軒の言葉も無駄になってしまうと思うのですが…。それと早見あかりさん、女武者姿はなかなかですが殺陣が今一つな感あり。というか、むしろ弦之丞たちより、敵方のほうがまだ殺陣は様になっています。孫兵衛と周馬はなかなかいいです。周馬の雰囲気が、ちょっと作り込みすぎな気もしますが。

ところで龍耳軒が治水工事に言及していますが、やはり外様藩は普請をやらされています。これは薩摩も同じで、宝暦治水事件が起きたりしています。ちなみにこれは、かの『風雲児たち』の番外編にも登場しています。しかし徳島藩は幕末は幕府方に与していました。ここが同じ四国の土佐との違いといえます。また宇和島も藩主伊達宗城が、島津斉彬などと同じ四賢侯とされていましたが、幕末は勤王倒幕の藩とはなりませんでした。

しかし思うのですが、お綱の連発銃、あれは火縄銃でもなさそうですが、ああいうタイプの銃はあの当時(18世紀半ば)にはなかったと思います。所謂連発式のピストルが登場したのは、確か19世紀に入ってからです。尤もこの場合、彼女が単なる女掏摸では物語にならないから、あのような飛び道具を持たせたのでしょう。

前にもちょっと触れたかもしれませんが、主人公無双といった感じがやはり強いなと思います。もう少しドジを踏むところがあるといったアレンジがあってもよかったかもしれません。今回、ロードムービー風アレンジというのが売りなのですが、主人公がとにかく強くて、しかも牢に入れられてもすぐ出て来てしまうという設定はワンパターンな印象もあります。あとロードムービー的にするなら、もう少し回数があってもよかったかもしれません。さて次回は最終回です。

[ 2018/06/22 00:30 ] その他 | TB(-) | CM(0)

2018年6月のウィンドウマンス2

前節のテストマッチ結果(赤文字勝利チーム)

日本 22-25 イタリア
ニュージーランド 26-13 フランス
オーストラリア 21-26 アイルランド
南アフリカ 23-12 イングランド
スコットランド 29-30 アメリカ
アルゼンチン 12-30 ウェールズ

まずサッカーワールドカップ、日本代表がコロンビア代表に勝利とのこと、おめでとうございます。

しかし当方は相変わらずラグビー三昧です。テストマッチをリアルタイムor録画で観るだけで、結構時間が潰れてしまうせいもあります。先週末の試合、日本がイタリアに連勝できるかどうかということでしたが、生憎そうはなりませんでした。相手方がプレッシャーをかけて来て、本来の動きが封じ込められ、ミスを連発したせいもあります。とはいえ、後半になって日本側もトライを畳みかけて来たのは、評価するべきかとは思いますが。

【ラグビー日本代表コラム】連勝するには、まだ実力が足りなかった。それを痛感する敗戦だった。6月テストマッチ第2戦イタリア戦レビュー
https://www.jsports.co.jp/press/article/N2018061811435503.html

ちなみにこの中で、イタリアはティア1となっています。6か国の一員ということもありますが、どうも個人的には、ティア1というのは南半球3か国やイングランド、フランスなどのように思えるのですが…6か国とワールドチャンピオンシップだけで括らない見方、及び国際試合の構成が必要になっているのかもしれません。

ところでそのフランス、開始早々レッドカードが出るという波乱含みの展開で、ダブルスコア負けしたもののなかなかいい試合を見せてくれました。

カードに翻弄された「レ・ブルー」が意地。ニュージーランド代表×フランス代表

その他オーストラリアは、アイルランドに黒星、負け方にやや日本のそれがダブるものがありました。今回はメルボルンの試合でしたが、カモメはいませんでしたね。ワラビーズのスクラムハーフ、ウィル・ゲニアが左手負傷で途中退場となり、無念そうに試合の様子を見つめていました。

そして例によって南アとイングランドをまだ観ていないので、前回の感想です。最初イングランドが破竹の勢いだったのですが、既に結果を知っている身としては、今後南アがどう出るかに期待でした。あれ、結果を知らないで前半を観ていたら、イングランドこれは行けるのではないかと思ったのですが、なかなかそうも行きませんね。ただこの試合は3点差、南アの逃げ切り勝ちの印象が強かったのですが、その次は点差をつけてきっちり勝ってきています。

[ 2018/06/21 00:15 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)

KAIEDA Takeji (ARIMURA Shunsai)

KAIEDA Takeji (ARIMURA Shunsai) was a samurai of Satsuma domain and a friend of SAIGŌ Kichinosuke. He was a cha-bōzu, a kind of attendant (*) who served SHIMAZU Narioki and called himself Shunsai.

西郷どん海江田武次(有村俊斎)子供時代
Yūto Ikeda as Arimura shunsai in his childhood

He studied swordplay in his teens but his family was exiled from Satsuma domain for a while because of O-Yura Sōdō. But they returned to the domain when SHIMAZU Nariakira became the lord. He formed Seichū-gumi with Saigō Kichinosuke, ŌKUBO Shōsuke (Ichizō) and other friends. After that he became to work in Edo and kept company with royalists.

After II Naosuke bacama Tairō, he was pursued by his followers and returned to Satsuma. Then he attempted to assassinate Naosuke but couldn't because of the order of SHIMAZU Mochihisa who succeeded Nariakira. However, his youngest brother Jizaemon joined the samurais who left Mito domain and beheaded Naosuke outside the Sakuradamon of Edo Castle on the 3rd of march, 1860. And his another brother Yūsuke who acted with them was ordered to commit hara-kiri.

He married KUSAKABE Matsu in 1861 and called himself KAIEDA Takeji (**). After Kichinosuke returned from Amami Oshima and accompanied Shimazu Hisamitsu to Kyoto, he told Hisamitsu that Kichinosuke was popular among many people and made him angry because he disliked him. And he killed Charles Lennox Richardson at the Namamugi Incident and in the Bombardment of Kagoshima occurred after it, he and his comrades disguised themselves as watermelon seller to approach the British battleships but was refused. Their real purpose was making a surprise attack but ended in failure.

After Taisei Hōkan, transferring the government to the emperor, the Boshin War occurred. At that time, he was in discord with Ōmura Masujirō from Chōshū and he was rumoured that he participated the assassins who wounded him (***). Though he denied it, it was true that he knew the assassins and it influenced the rest of his life. He held some governmental posts and returned to Satsuma to live in retirement. But he was told to mediate between Shimazu Hisamitsu, who was dissatisfied with the new government and the government officials. 

Then he lost his friends Saigō Kichinosuke (Takamori) in 1877 and Ōkubo Ichizō (Toshimichi) on the following year. After that he became a senator, member of the House of Peers and a privy. He died in 1906 at the age of 75.

In this series, he is described as a man who is a luck-pusher and loosen up the atmosphere but is passionate on the other hand.  And he feels inferior to Kichinosuke who becomes a great man.

(*) Though cha-bōzu had his head shaved, he belonged to samurai class. This word is used as person who flatters his/her boss because cha-bōzu had the opportunities to meet
important people and sometimes influenced political system.
(**) The original family name of the Kusakabe family was Kaieda.
(***) Ōmura Masujirō was wounded at that time and died later.  

The image shows Mitsuomi Takahashi as KAIEDA Takeji.
(Both images are from the official website of "Segodon")

西郷どん海江田武次(有村俊斎)
[ 2018/06/21 00:00 ] Taiga Drama Sego-don | TB(-) | CM(0)
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud