fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  2018年04月

2018スーパーラグビー第10節と第11節

まず第10節の結果です。(赤文字勝利チーム)

ブルーズ 16-34 ハイランダーズ
ワラターズ 0-29 ライオンズ
クルセイダーズ 33-11 サンウルブズ
レッズ 12-36 チーフス
ブルズ 28-10 レベルズ
シャークス 24-17 ストーマーズ
ブランビーズ 20-25 ジャガーズ

サンウルブズ、アウェイでの試合でしたが、前半はかなりいい雰囲気でした。むしろホームのクルセイダーズの方が、いいところがなかったという方が正しいでしょうか。しかしやはりそれだけでは終わらせてくれないものです。後半は活きのいい選手が入ったこともあり、サンウルブズにトライを与えない試合ぶりを見せました。また雹が後半途中で降るという悪天候も、クルセイダーズに有利に展開したようです。

ところでサンウルブズのヴィリー・ブリッツ、この時は日本Aでプレーして、ブルーズAにいい勝ち方をしていました。しかしやはり彼をサンウルブズで見たいものです。それとは逆に、A代表の福岡選手がサンウルブズ入りをしていました。

一時3点差。昨季王者クルセイダーズを苦しめたサンウルブズ。スーパーラグビー2018第10節

一戦ごとに成長する姿を見せてもらいたい ハリケーンズ vs. ヒトコム サンウルブズ プレビュー
(JSPORTS公式サイト)

ところで駄11節はハリケーンズ戦です。現在最強ではないかといわれているチームですが、せめてボーナス点は取るべきでしょう。そのハリケーンズでプレー中のアサフォ・アウムアが負傷で12週間離脱というニュースも入っています。

そしてワールドカップのボランティアプログラム、NO SIDEの募集が始まっています。

ラグビーワールドカップ2019日本大会ボランティア
(World Rugbyワールドカップ2019日本大会特設サイト)

[ 2018/04/25 23:30 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)

Kumakichi

Kumakichi is a manseervant of the Saigō Family. His father Kumajirō also served them. He called himself NAGATA Kumakichi after the Meiji Restoration (*).

He served the Saigō Family and accompanied Saigō Takamori (Kichinosuke) when he became a councilor of the new government after the Meiji Restoration. He was in charge of doing chores there and accompanied him also when he retired and returned to Kagoshima. During the Satsuma Rebellion, he surrendered to  the government forces and after that he served Tsugumichi (Shingo, one of the younger brothers of Kichinosuke). He was beloved by the members of the family and Tsugumichi grieved him when he dies in 1900.

In this series, he is a fat and good-natured man who not only does chores but also goes hunting with Kichinocuke who is kind to him and his relatives. He is received as one of the family.

(*) In former times, common people such as farmers, artisans and merchants could not use their surnames officially.

The image shows Muga Tsukaji as Kumakichi
(From the official website of Segodon)

 西郷どん熊吉
[ 2018/04/24 22:00 ] Taiga Drama Sego-don | TB(-) | CM(0)

軍師官兵衛徒然-1

先日「風林火山徒然」で書いていますが、今回から軍師官兵衛徒然ということで、時々書く予定です。4月1日からアンコール放送が始まり、先日で第4話が終わりました。特に『葵 徳川三代』後、大河がそれまでと比べて重厚なイメージが薄くなり、若向けを狙うようになった、あるいは女性を前に押し出すようになって来た時期の作品の中では、やや重めで正統的な印象の強い作品です。『風林火山』もそうですが、こちらは序盤に仕官先を求めて諸国遍歴をしたのに比べて、こちらの序盤は主人公が姫路で小寺家に仕えるのが中心で、その分あまり動きがないといえるでしょう。

この大河の本編は、むしろ秀吉に仕えるようになってからといえそうです。主人公サイドに動きがないため、今はその当時がどのようなものであるかをを見せるためか、信長や秀吉がかなり登場します。確かにその時代がわかるのはいいのですが、もう少し主人公の部分を描いてもいいかとも思います。脚本にややこなれていない部分があるにはありますが、全体的には好きな大河で、後半の九州平定などはよかったです。またこの大河の冒頭に出てくる、北条氏政に降伏を促すところ、あそこで矢や銃弾がやたらに飛んでくるにもかかわらず、かすりもしないシーンに、『風林火山』の、小田原城での長尾景虎がどうしてもだぶってしまいます。

『真田丸』では「何とか官兵衛さん」と呼ばれたこの主人公ですが、有岡城幽閉をきっかけにまるで人格が変わってしまいます。その後本能寺の変の一報が入った時に、「殿のご運が開けました」と言うのは、秀吉の直臣であれば当然のことでしょうね。ちなみにご存知の方も多いでしょうが、この大河で小早川秀秋を演じた浅利陽介さんが、『真田丸』でも同じ役を演じていますし、その秀秋の家臣の平岡頼勝を演じた今井朋彦さんが『真田丸』で大野修理だったりと、『風林火山』や『真田丸』との出演者がダブってもいます。何よりも『風林火山』で「戦国の賢弟」武田信繁を演じた嘉島典俊さんが、もう一人の戦国の賢弟、豊臣秀長を演じています。

飲み物-バーのラテフロート
[ 2018/04/24 01:00 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)

Sego-don Episode 15 Tono no Shi (The Death of Nariakira)

HITOTSUBASHI Yoshinobu declares that he will be next shogun in front of II Naosuke. Then Kichinosuke and HASHIMOTO Sanai departs for Kyoto to ask KONOE Tadahiro and Gesshō to make a direct appeal to the Emperor to make Yoshinobu succeed Iesada. And in March 1858, the imperial decree of the Emperor Kōmei says that next shogun should be great, popular and elder. Though it doesn't specify that Yoshinobu will succeed but Kichinosuke, Sanai, Gesshō and Tadahiro believe it may be Yoshinobu because of the word "elder". In Satsuma, Shimazu Nariakira commands military training and Atsu hime has a friendly conversation with Iesada in Edo Castle. Iesada draws some fruits of a persimmon tree (*) but he is laid up with the worsening of beriberi, his chronic disease. 

西郷どん15家定と篤姫
Atsu hime (Keiko Kitagawa, right) talks with her husband Tokugawa Iesada (Naoki Matayoshi)

Then II Naosuke visits his sickroom and asks him to write that he puts administration into his hands and approve of the succession of Yoshitomi. But Iesada draws a picture of persimmons instead. Naosuke devises a plan and agrees with him in a loud voice to make his words hear his attendants and doctors as if Iesada made an important decision. On the 23rd of April, he assumes offices as Tairō (**) and decides to conclude the Treaty of Amity and Commerce Between the United States and the Empire of Japan without imperial sanction. Atsu hime doubts that Naosuke compelled Iesada to let him allow his administration and orders him to bring the paper that proves it. But Naosuke refuses her request.

西郷どん15家定と井伊直弼 
Ii Naosuke (Shirō Sano) asks Iesada to prove his administration but he draws persimmons

Honju-in is delighted with the succession of TOKUGAWA Yoshitomi and says he is much better than Yoshinobu who never visits Iesada on purpose to make Atsu hime feel unpleasant. And Kichinosuke in Kyoto is shocked at the news. One of Naosuke's followers approaches kanpaku (chief adviser of the emperor) and deletes the word "elder" in the imperial decree. Then Kichinosuke runs at the top of his speed to Satsuma to tell Nariakira about it and sees him at a hunting field. He has already known it and Kichinosuke falls on his knees in front of him as he did so in his childhood. Nariakira who saw some farmers on his way to the field and he thinks his ideal that makes them enrich collapses.

西郷どん15本寿院と慶福
Honju-in*** (Pinko Izumi) is delighted that Tokugawa Yoshitomi (Towa Araki) succeeds her son

Ii Naosuke also orders to abandon Shuseikan, factory of Nariakira so he thinks everything is over and dismisses Kichinosuke. He feels depressed and returns home. His family welcome him but are surprised with his dismissal. That night Shōsuke speaks to him. Kichinosuke says that he is all up with him but Shōsuke says it's an excuse of "yassenbo" and tells him that he is the man who makes impossible possible. On the following day, Kichinosuke sees the children in his Gōchū who studies hard and devote themselves to sumō and swordsmanship. And he sees the letters of "cangoxina" on the paper Nariakira gave him years ago.

西郷どん15吉之助帰郷
Kichinosuke (Ryōhei Suzuki, thirs from the left) is welcomed by his family but they are surprised by his dismissal

Kichinosuke decides to make an appeal to Nariakira directly though he and Nariakira cannot speak face to face any more. He dares to go to Tsurumaru Castle and barely advises him to carry out umazoroe, a kind of military parade in Kyoto and is given another imperial decree to press Naosuke for reforming shogunate.  Nariakira feels that he is given a supportive push forward and orders Kichinosuke to go to Kyoto and tell the samurais of the domains that have the same ideas as Satsuma domain has. Nariakira tells Kichinosuke to behave on behalf of him from now. Then Kichinosuke tells his friends about it and goes to Kyoto.

西郷どん15直訴する吉之助
Kichinosuke tries to make an appeal to Nariakira

Kichinosuke stays at an inn called Kagiya where samurais of Satuma usually stay and meets a chambermaid O-Tora who is plump and easygoing. She seems to like Kichinosuke. He prepares for umazoroe with Gesshō and Sanai and then ARIMURA Shunsai visits them. He leaves the residence of Satsuma domain in Edo by telling a lie to officials to help them. In Satsuma, Nariakita commands military training using cannons and guns but he falls down suddenly during it and dies 8 days later.

西郷どん15斉彬
Nariakira (Ken Watanabe) plans umazoroe in Kyoto but in vain

(*) In reality, the season is spring and persimmon tree bears no fruits.
(**) A chief minister of Tokugawa shogunate that is no a permanent post.
(***) The hairstyle of Honju-in is that of a high-ranking woman who lost her husband.

The images are from the official website of "Segodon".

[ 2018/04/24 00:30 ] Taiga Drama Sego-don | TB(-) | CM(0)

西郷どん第15回「殿の死」

慶喜が井伊邸で将軍になることを明言し、その旨を盛り込んだ詔を賜るものの、井伊の手下が工作を行い、将軍は慶福となります。その後家定は病死、その前に井伊直弼は大老となり、斉彬をはじめとする改革派大名に圧力をかけます。吉之助も気落ちしていたところを正助に励まされ、ついに馬揃えの名目で京に出兵し、新たに詔を賜って幕府に迫る計画を立てますが、吉之助がその準備に明け暮れている間に、斉彬が急死します。

**********************

一橋慶喜が井伊直弼の前で将軍になることを明言し、吉之助と橋本左内は京へ向かった。将軍継承の詔を、近衛忠煕と月照に働きかけてもらうためだった。そして安政5(1858)年3月の孝明天皇からの詔には
「英傑・人望・年長の三件をそなえたもの」
という条件があり、年長とある以上慶喜であることはまず間違いなかった。そして薩摩では島津斉彬が異国と対等にということで軍事訓練に励み、また篤姫は家定と睦まじく暮らしていた。しかしその家定は、柿の絵を描いていた時に持病の脚気が悪化し、倒れてしまう。

この機会を直弼は利用した。筆と紙を病室に持ち込み、幕政を自分に任せる旨、そして次の将軍を慶福とする旨を一筆書いてもらう予定だったが、家定は柿の絵を描き始めた。しかし直弼は、あたかも家定が重大な決断をし、それを自分に委ねたがごとく、外の人物にも聞こえるように大声で返事をする。そして4月23日、直弼は大老に就任し、勅許なしで日米修好通商条約を締結することに踏み切る。しかし篤姫は、慶福就任は直弼が家定に無理をさせたのではと、家定の書状を持ってくるよう命じるが、直弼はそれを拒否した。

慶福の就任に本寿院は気をよくし、見舞いにも来ぬ慶喜とは大違いだと、篤姫に当てつけがましく言うのだった。またこの件は京の吉之助の耳にも届く。井伊の手下が関白である九条尚忠に接近し、「年長」の文字を消してしまったのである。吉之助はそれから駆けに駆け、ようやく薩摩に戻って来た。しかし斉彬は既に知らせを受け取っており、馬で狩場まで来ていた。吉之助はその前にひざまずき、少年時代に同じ場所で、斉彬について行くことを決心したのを思い出した。また斉彬も途中で百姓を目にし、民が豊かになることを夢見ていたが、それがついえたように感じた。

また井伊は、集成館も廃止するように命じていた。万事休すと思った斉彬は、吉之助の庭方役を解く。重い気持ちで帰宅した吉之助を、家族は温かく受け入れたが、役職を解かれたことに驚く。家は相変わらず貧しかった。その夜、なすすべもなく外を見ていた吉之助に、正助が話しかけてくる。万策尽きたと言う吉之助に、それはやっせんぼの言い訳だと言い、西郷吉之助はできるはずのないことをやってしまうと諭す。吉之助は郷中の子供たちを見、すっかり手垢にまみれたcangoxinaの文字の紙を見つめる。

吉之助は斉彬に直訴することにした。もはや庭方でもなく、面と向かってものを言える立場にはなかったが、無理を承知で鶴丸城へ行き、まず京で馬揃えをすることを提案する。さらにその後詔を賜り、それによって幕府に改革を迫るというやり方だった。この進言に、斉彬は背中を押されたように思い、京に戻ること、また薩摩と志を同じくする藩に、それを伝えることを命じる。斉彬はこういった。
「今からお前はわしになるのだ」
吉之助は仲間たちに後を任せ、京へ上って薩摩藩定宿の鍵屋に入る。

この鍵屋にお虎という、小太りでのんびりした女中がいた。ひそかに吉之助を思っているように見えた。ここで月照、左内と準備をする吉之助を訪ねて、有村俊斎が嘘をついて江戸の藩邸を飛び出してくる。吉之助はこの突然の来訪を喜び、準備にも気合が入った。そして薩摩では、斉彬が大砲や鉄砲を実射し、軍事教練に取り組んでいた。しかしこの教練中に斉彬は倒れ、その8日後に急逝してしまう。

**********************

井伊直弼が家定に一言残すよう迫るシーンが、これまた『真田丸』の秀吉と家康を思い出させますが、それはさておき。段々と井伊にとって有利な情勢となり、ついにあの日米修好通商条約の締結に至ります。これに関しては一部勤王家が妨害を企てており、勅許なしで締結せざるをえず、しかもこの内容は不平等条約であり、さらにこれによって金が海外流出して、物価が高騰したことなど、マイナス面も結構あった条約でした。井伊直弼の不評はこういうところも原因でしょう。

それから徳川家定の病は脚気でしたが、当時はこの病気で落命する人もかなりいました。これは玄米でなく白米を常食するようになったこと、とりわけ江戸とその周辺でその習慣が出来上がった頃から、江戸わずらいとも呼ばれましたが、要はビタミンB不足です。またこれにより、伊東玄朴ら蘭方医が御医師として江戸城に上がるようになり、将軍やその家族の医療に、蘭方を広めて行くことになります。

吉之助が薩摩へ急遽帰郷した件ですが、実際には松平慶永の文を持ち帰っていたといわれています。その代わりといいますか、こちらでは京への出兵を促したのが吉之助となっています。しかし道中急ぎまくり、泥まみれで帰宅する辺り、如何にも殿のためならば命も要らぬの吉之助らしい、ある意味薩摩武士らしいともいえますー着物をあれだけしか持っていないのがどうも不思議ですが。しかし吉之助は江戸にいる時は、誠心誠意殿に仕えはするものの、その一方でドジを踏んだり、斉興の隠居先に押し掛けたり、本当に西郷てこうだったの?と思われるようなこともありましたが、京はむしろ吉之助本人が活躍できるのではないかとも思われます。お虎とどういう位置関係になるのかはともかく。

しかし井伊もなかなかの狸ではありますが、こうでもしないと大老という職には就けず、また宮中にも手を回せないということもあったでしょう。その割にこの人は、結果としては自分の首を絞めることになる、安政の大獄をやってしまうという不思議さもあります。要は徳川大事という思いの強さが、ある意味狂気に走らせたといえなくもありません。しかしながら井伊家はこの後石高を減らされ、あれだけ恩を受けたはずの徳川を裏切るまでに至ります。

それから前回で、慶喜より直弼が上座というのがおかしいという声があったようです。そのため慶喜が立ち上がって、直弼のすぐ目の前まで近づいたり、立ったまま怒鳴りつけたりという流れになっているとも考えられます。あと甲冑や旗を部屋に並べている点、これもなぜなのかよくわかりませんが、あるいはペリー来航時に彦根藩が警備を担当していたため、藩主自らかつての武具を持ち出していたとも考えられます。彦根は常に徳川の先鋒を務める存在でした。結局この場合、慶喜、左内、吉之助は急遽押しかけて来ているわけですし、それを片付けるわけにも行かず、むしろ非常時を意識したセッティングで迎えたという見方もできそうです。

[ 2018/04/23 01:45 ] 大河ドラマ 西郷どん | TB(-) | CM(0)

鳴門秘帖第1回「運命のうず潮」

まずBS時代劇『鳴門秘帖』第1回のあらすじです。

**********************

江戸の薬種問屋の前で尺八を吹き、喜捨を受ける虚無僧。この者の正体は旗本大番頭の嫡男、法月弦之丞であった。その後京都所司代の松平左京之介の家臣の荒木と会い、世阿弥のことで屋敷に来るようにとの文を読み、金子を受け取るが、女掏摸の見返りお綱に見られてしまう。その夜お綱は弦之丞がやってくるのを待つが、そこへ辻斬りの関谷孫兵衛、通称お十夜孫兵衛が現れ、弦之丞と橋の上で大立ち回りを演じる。しかしお綱が川へ石を蹴り込んだ物音を聞いて、孫兵衛は去って行く。

そしてお綱は、まんまと金子をすろうとして弦之丞に気づかれるが。その時弦之丞はこう言った。
「見なかったことにしよう」
かつて大番頭法月一学の子である弦之丞は、公儀隠密の甲賀世阿弥の屋敷で、世阿弥の娘で許婚となる千絵と剣の稽古をしていた。弦之丞は父の留守中に母を亡くし、それ以来父を遠ざけるようになっていた。その後元服した弦之丞は父に武者修行を願い出、師匠の戸ヶ崎夕雲と江戸を後にする。

その時千絵は弦之丞に守袋を差し出し、無事を祈る。同じ頃京では、竹屋三位卿藤原有村という公家が幕府転覆計画を起こし、京都所司代に捕らえられた。いわゆる宝暦の変である。その竹屋三位卿はその後、蜂須賀家が治める阿波に潜伏していた。その阿波には鳴門秘帖と言う、幕府転覆計画の血判状があると松平は言い、世阿弥はその秘帖を探るための密命を受ける。寂しげな千絵に後ろ髪を引かれつつ世阿弥は阿波へ向かうが、途中とある長屋に立ち寄る。

そこはお綱の実家であった。病気なのか咳き込む母親のお才と、お綱に阿波行きを告げた世阿弥は、金包みをお綱に渡すが、乱暴そうな男が来てそれを奪ってしまう。お綱の父虎五郎だった。そしてその後世阿弥は江戸へ戻らなかった。また弦之丞は師の夕雲から、極意として師である自分を乗り越えるように言う。それは夕雲を斬ることだった。斬られた夕雲は、
剣術とはしょせん人を斬る術(すべ)よ
わしを斬り その屍を乗り越えて 剣の道を進む限り
おぬしは人でなしの道を歩むことになる
と言い残す。その後弦之丞は気が晴れなかったが、遊郭の遊女が、人でなしなら人間でいられるよう仏を拝むのだと言って念仏を唱えてくれた。

金子をすったお綱は、目明しの万吉と子分の銀五郎に追われるが逃げおおせる。しかしそこに孫兵衛がいて言いがかりをつけ、お綱は素性を明かして、用があるなら本郷妻恋一丁目の長唄の師匠を訪ねろ、それが仮の姿だと言う。弦之丞はその後、万吉の女房お吉の飲み屋に連れて行かれる。病気の父にも、千絵にも顔を見せていないのを知った銀五郎は、千絵に会いに行くよう弦之丞を説得する。銀五郎は千絵と面識はないが、万吉から色々聞かされ、彼女に同情するようになっていた。そして甲賀屋敷では、千絵がいつまでも待ち続けることを歯がゆく思っていたが、お沙汰があるまで待つように高弟の旅川周馬は言う。実は周馬には魂胆があった。

お綱の弟妹は角兵衛獅子の大道芸をやっていた。2人にこういうことをさせるのを、お綱はすまなく思っていた。しかし虎五郎との折り合いが悪く、吉原に売り飛ばされることがわかっていたため、家を離れるしかなかった。お綱は自分が立派なお屋敷で働いていることにしていたが、嘘をつく自分を心の内で咎めていた。そして子供の頃、平賀源内の薬品会で掏摸を働き、そこをある武家の少年に「見なかったことにする」と庇ってもらったことを思い出していた。その少年は弦之丞であったことにお綱は気づく。

お綱は弦之丞からすった金子を弟妹に渡して本郷へ行く。するとそこで孫兵衛が待ち構えていたため、短筒で脅して追い払う。弦之丞は銀五郎と甲賀屋敷へ向かったが、周馬から千絵様は気鬱の病であると門前払いを食らう。さらに周馬は、大身旗本の嫡子が取り潰し寸前の屋敷で頭を下げては、当方も迷惑と言い張る。仕方なく弦之丞は、千絵に守り袋を渡すように頼み、屋敷を後にするものの、銀五郎に逃げるように言う。周辺には甲賀衆が潜んでいたのだった。

周馬は彼らに、弦之丞から目を離さぬように命じる。不審に思う千絵に周馬は例の守袋を渡し、源之丞はもう会えないと言っていたと嘘をつく。周馬は甲賀と千絵をわがものにするつもりだった。その弦之丞に、今度は阿波徳島の藩士たちが襲い掛かり、お綱は短筒で援護する。そして世阿弥は徳島藩で囚われの身となっており、藩家老の高木龍耳軒から太刀を突き付けられていた。

**********************

箇条書きでごくざっと感想を書いておきます。

  • 40年前のがそうだったといわれますが、今回も講釈師が番組中に登場する設定です。これはやはりこの原作が「語り聞かせる」形の作品と言うこともあるようです。声に出して読む方がいい作品というべきでしょうか。
  • お綱の父虎五郎がえらく暴力オヤジだなと思っていたら、上杉祥三さんが演じていました。
  • 弦之丞と夕雲の決闘に『塚原卜伝』を連想します。
  • 万吉の女房のお吉が、『風林火山』で村上義清の妻、玉ノ井を演じていた中島ひろ子さんです。
  • 吉原に売り飛ばすかもしれないと弟妹がお綱に言う時、金箔付きという言葉を尋ねるシーンがありますが、要は、あの見返りお綱だぞということで高く売り飛ばせるということですね。
  • 銀五郎がお綱を取り逃がした時「あのアマ」「韋駄天」などというセリフが登場しますが、これはまた宮藤官九郎さんが喜びそうなセリフです(笑)。
  • それと最後で弦之丞に襲い掛かる徳島藩士、原士と名乗っていましたが、これは所謂下級藩士、郷士の意味です。
  • 家老の高木龍耳軒を演じているのは、40年前の『鳴門秘帖』で主役を演じた田村正和さんの弟である田村亮さんです。しかしこの名前、『風林火山』の「高遠連峰軒」を思い出します。

それと『風雲児たち』もそうでしたが、このシリーズの制作陣に、かの『花燃ゆ』の制作統括だった土屋勝裕氏の名前があります。土屋さん、どう考えてもこの手のドラマの方がよさそうなのですが。

[ 2018/04/22 23:45 ] その他 | TB(-) | CM(0)

風林火山徒然-45

昨年の4月からアンコール放送が始まった『風林火山』は、3月半ばで最終回を迎えました。この大河は、本放送時は軍師になるまでが面白いけど、後はつまらない、特に由布姫の爺やのようになってしまって面白くないといった声もあったようです。しかしこの場合、勘助という中年から初老の軍師が、諏訪家の姫に密かな恋心を抱き、彼女に身を賭して仕えるというのが原作のコンセプトなのですから、これは変えようがありません。その点が『武田信玄』とは異なる点です。

あちらの勘助は今川の間者のようなもので、しかも妻子持ちでした。あるいは本当はそのような人物だったのかもしれませんが、どうも勘助というとこの『風林火山』のキャラで上書きされてしまいます。ちなみに私の場合、上杉謙信もこの大河のキャラで上書きされています。また武田家に仕官した後も、川越夜戦だの上田原の戦いだのは、結構楽しめました。時々中だるみかなと思う部分もありましたが、1年50回やるからには、こういうエピもまたありでしょう。戦国物で、あまり戦に縁遠くなってしまってはちょっと困りますが。

キャストも結構よかったし、また「コッペパンの歌」の異名をとる(笑)OPテーマ、そして騎馬武者と旗と風景のタイトルバックもよかったです。私もこの大河は観ていないエピもあり、3年前に『真田丸』の予習を兼ねて全部DVDで観たのですが、こんなに面白かったのだなと改めて思いました。さらに、『真田丸』が始まってから、キャストが結構ダブっているのにも驚きでした。あの村上新悟さんが、春原惣佐衛門の役で出ていたのですね。他にも諏訪頼重役の小日向文世さんが、内野聖陽さんの勘助に「寅王丸を頼む」と懇願するシーンに、『真田丸』の「秀頼を頼む」がだぶりました。

ただクライマックスの第四次川中島の戦い、あれだけの戦いの割に人数が少ない印象があったのが残念でした。実はこれは『真田丸』も同じだったのですが。戦のシーンというのは、人数が多いほど迫力があるわけなので、それが『葵 徳川三代』の関ヶ原映像が、その後も使われた所以でもあると思われます。ただもうあの大河から20年近くになりますので、そろそろまた新しい映像をと思わずにはいられません。

それから勘助が甲斐に来て知り合った伝助(伝兵衛)、太助、平蔵との絡みがよかったです。平蔵もいい加減勘助と共に武田に仕えれば、また別の道が開けたのでしょうが、それができないのが平蔵の平蔵たるところでしょう。矢崎父娘共々オリジナルキャラですが、彼らの存在がまた、武田の家臣と違って、運命に翻弄されて行くイメージがあってよかったです。また笠原清繁夫人から、小山田信有の側室となった美瑠姫しかりでしょう。一方で今川トリオ、北条主従も見ごたえがありました。

この『風林火山』の後は『軍師官兵衛』が放送されています。こちらも観られる時は観ています。ただ4年前のものなので、あらすじの説明などは今回はアップしていません。その代わりと言っては何ですが、この「徒然」の官兵衛バージョンを今後アップして行こうかと考えています。この大河は最初は姫路中心で、秀吉に仕えたころから段々世界が開けてくるので、『風林火山』に比べると現段階ではまだ地味ですが、その代わり向こうにない世界が楽しめるかと思います。

飲み物-ブラウンエール
[ 2018/04/22 01:00 ] 大河ドラマ 風林火山 | TB(-) | CM(0)

Fūrin Kazan 46 Kantō Shuppei (Kagetora Attempts to Conquer Kantō Region)

Shirō celebrates his genpuku and calls himself SUWA Katsuyori. And in Echigo, it has been decided that NAGAO Kagetora takes over the head of the Uesugi clan and has engaged in the duty of Kantō Kanrei. Because of that, he should conquer Kantō region and attacks on the Hojo clan. Then TAKEDA Harunobu has to stop him from controlling the rulers in Shinano and then he prepares for constructing a new castle around Kawanakajima for the battle against Kagetora. Kansuke talks about how to construct the castle with KASUGA Toratsuna who is adopted by Kōsaka Chikuzennokami. The castle is to be kept by Toratsuna himself and there is a possibility that Shirō will join the battle.

風林火山46四郎元服
Shirō (Sōsuke Ikematsu) celebrates his genpuku and calls himself Katsuyori

However, Harunobu should consider who will succeed him if this battle drags on. Most of his victories owe to the stratagem of Kansuke but there is a possibility that Harunobu will ruin himself by it, on the contrary. And on the 29th of August 1560, Kagetora invades Kantō region and occupies Mayahashi Castle. Then HŌJŌ Ujiyasu who attacks Kururi Castle in the central part of current Chiba retreats to Matsuyama Castle in Musashi, current Tokyo, Saitama and a part of Kanagawa.

風林火山46北条陣
Hōjō Ujiyasu (Makoto Matsui, centre) decides to retreat from Kururi Castle

Many rulers of Kantō region gathers Mayahashi Castle and NAGANO Narimasa, right-hand man of Norimasa is among them. Norimasa appreciates the pain he has taken but Kagetora says that his lord is not Norimasa but him now. Narimasa is pointed out his pale complexion but he patches things up that it's the complexion of Hōjō Ujiyasu who is upset by the sudden attack of the Uesugi Army (*). Ujiyasu says that he will not fight daringly but the Uesugi Army is still threatened by them. Though Norimasa decides to transfer the headship of his clan to Kagetora, they are quite different from in their ways of thinking. And Ujiyasu plans to move to Odawara Castle.

風林火山46海津城での勘助と香坂
Kasuga Toratsuna (Kōtarō Tanaka, left) and Kansuke (Seiyō Uchino) at Kaizu Castle

The construction of Kaizu Castle is finished. Kansuke says it is indispensable to win against Kagetora. Toratsuna asks Kansuke to teach him more about castle construction but he asks him how old he is. Toratsuna says he's 34 years old. Then kansuke asks him why he is unmarried but he answers that he imitates Kansuke who is single also.

風林火山46忍城
Nagao Kagetora (Gackt, centre) decides to make Ise (Haruka Igawa, left) a hostage

On the New Year Day of 1561, Kagetora still stays at Mayahashi Castle with his army. USAMI Sadamitsu asks Heizō, who becomes his direct vassal how he thinks of Kagetora. Heizo says he's like a god of war but Sadamitsu tells him that he is just a human and he will be be arrogant if he has a power. After that Kagetora goes to Oshi Castle (**) in Musashi and orders NARITA Nagayasu, lord of the castle to lead the van for him. Then Ise, wife of Nagayasu appears. She comes fromKyoto and on her way to Musashi, she could not see Mt. fuji because of strong wind. Kagetora tells Nagayasu to make her his hostage and promises that he will show her Mt. Fuji.

風林火山46伝兵衛と葉月
Denbee (Yoshiki Arizono, right) and Hazuki (Juri Manase) participate in the attack on the Warigatake castle

However, he cannot take Odawara Castle in three days as he planned as the castle is strong. Besides Ujiyasu orders his supporters block the route to supply the headquarter of  Kagetora. So Ujiyasu can turn the tables on Kagetora the more the siege is prolonged. On the other hand, Shingen plans to take Warigatake Castle in northern Shinano to sway Kagetora emotionally because it's hard for his ally IMAGAWA Ujizane to dispatch troops. During the attack, Hazuki tells Denbée that she will cause the lord surrender while they hug each other. Then Denbée asks her to marry him after the battle.

風林火山46小田原での景虎
Kagetora drinks sake surrounded by the arrows shot at him in Odawara Castle

Odawara Castle never falls and Kagetora says that it is supposed that gods and Buddha bless him. But Ise says she cannot believe gods and Buddha who back up those who fight a war. Kagetora hears it and takes a bottle of Sake and a cup and enters Odawara Castle by himself. Then he drinks it magnificently despite the arrow and musket balls shot at him (***). Ujiyasu who sees the scene and says,
"How fearless our enemy is!"

風林火山46家督相続
Kagetora (right) succeeds Uesugo Norimasa (ICHIKAWA Sadanji, right) at Tsurugaoka Shrine and changes his name Masatora

On the 16th of leap March (****) in 1561, Kagertora takes over the head of the Uesugi clan at Tsurugaoka Shrine in Kamakura. Many rulers of Kanto region welcome him along the road and Narita Nagayasu who is in full dress and rides on a horse is among them. However Sadamitsu feels something unfavourable and as he fears, Kagetora who changes his name Masatora gets out of the palanquin and approaches Nagayasu. Then he forces him get off h from the horse and hits him violently because he thinks it is so impolite (*****).

風林火山46景虎と成田
Masatora approaches Narita Nagayasu (Gō Rijū, left) to blame him for his impoliteness 

(*) In reality, he was ill at that time and died soon.
(**) The castle surrendered when TOYOTOMI Hideyoshi laid the siege to Odawara Castle in 1590.
(***) Maybe he behaves that he is blessed and nobody can kill him.
(****) It's a system in lunisolar calendars and a leap (intercalary) month is inserted into regular months.
(*****) According to "Sōshū Heiranki", a war chronicle, Masatora hits Nagayasu's forehead with his fan but didn't do violence to him.

The images are from the DVD series of "Fūrin Kazan".

[ 2018/04/22 00:15 ] Taiga Drama Furin Kazan | TB(-) | CM(0)

MATSUDAIRA Motoyasu

MATSUDAIRA Motoyasu was a heir of MATSUDAIRA Hirotada who ruled Okazaki , Mikawa. He called himself TOKUGAWA Ieyasu later.

He was a hostage of IMAGAWA Yoshimoto and studied under TAIGEN Sūfu Sessai. He served in the Battle of Okahazama and enters Okazaki Castle, his family's castle after the death of Yoshimoto. Then he formed an alliance with ODA Nobunaga and also allied himself with  TAKEDA Shingen who conquered Suruga but it's dissolved soon after. Later he and Nobunaga attacked TAKEDA Katsuyori, heir of Shingen and destroyed his clan in 1582. After Nobunaga died because of Honnoji Incident, he served TOYOTOMI Hideyoshi. After his death, he made many of Hideyoshi's vassals serve him and win the Battle of Sekigahara. In 1603, he established Edo Bakufu and destroyed the Toyotomi clan in 1615. In the following year, he died at the age of 75.

In this series, he is a hostage of Yoshimoto and lives in his residence. He is familiar with Sessai and is told by him to establish a rule in the future but immediately after he dies. He joins Yoshimoto's army and carries provisions into Ōtaka Castle but disappears after the battle and is rumoured that he enters Okazaki Castle.

The image shows Keisuke Sakamoto as Matsudaira Motoyasu
(From the DVD series of "Fūrin Kazan")

風林火山松平元康
[ 2018/04/21 01:30 ] Taiga Drama Furin Kazan | TB(-) | CM(0)

大河の観方についての私見 続き

昨日の続きになります。『西郷どん』に対して批判的な人は、主に『翔ぶが如く』や『篤姫』を観ていた人、あるいは原作の林真理子さん、脚本の中園ミホさんが嫌いな人が多いと思われます。『翔ぶが如く』については先日書いたように、描かれ方が異なるわけですから、むしろ違いを楽しむ方向で観ています。『篤姫』もまたしかりです。しかし『篤姫』は前半はあまり好きでなく、彼女が天璋院になってからの方が好きでした。それから原作と脚本についてですが、嫌いな人を無理に好きになれとは言いませんが、この2人だから面白くないと決めつけるのは、やはり疑問に思えるものがあります。

それからとある学者の方のブログで『西郷どん』が
「何かが足りなく、何かが余っている」
という表現をされていたこともあります。その方はこの大河が好きで観ておられるようですが、確かに足りない物、余っている物があるのは事実でしょう。そしてその足りない部分を、余っている物で埋め合わせしているようで、その辺りにどこかもどかしいという印象を受ける人もいるかもしれません。またその方は、やはりというか『翔ぶが如く』を引き合いに出しておられ、これを超えられるかとも書いておられます。

この『翔ぶが如く』を引き合いに出すというのは、いうなれば、『真田太平記』と『真田丸』を比較するのに似たものがあります。無論全く違う制作陣ですから、同じように行くわけはありません。個人的には超える超えないというより、同じ西郷吉之助を描いた、2つの異なった大河として見るべきだろうと思います。それと批判する場合に、かつての名作を引き合いに出してというのは、やり方によっては、どこか原理主義的な物を感じずにはいられません。つまり引き合いに出すに当たって、過去の作品の無謬性、聖域化が前提となっているような印象を受けるわけです。ちなみに私も、『翔ぶが如く』はいい作品であるとは思います。

それからテレビ番組関連の掲示板などでは、批判する傾向が顕著であるように思います。恐らくこれは掲示板の特徴ともいえる煽り、感情的な物言いが強く支配しているせいもあるでしょう。しかし中には冷静な意見もあるし、また比較的客観的な意見の多いサイトもあるので、一概にはいえないかとは思います。また気に入らなければ全面否定、自分が嵌ったら全面肯定であるとか、批判する時にのみ史実や当時の習慣に言及するというのにも引っかかります。全面否定も全面肯定もどこか嘘くささを感じるからで、好きだけど批判するべき点もある、あまり気に入らないけれど、肯定するべき部分もあるというのが、結構多くの人の観方なのではないかと思われます。

私としては脚本が誰だから期待できるとか、あるいは出演者が誰だから期待できるというのはあまりありません。無論自分の好きな出演者やスタッフだから、何が何でも応援するとか肯定する、あるいはその逆のことをするということもしたくありません。大河は始まってみるまでは、評価しようにも評価できないわけです。再来年の大河が発表されたこともあり、今度は期待できるという声もあるようですが、これも結局始まってみないことには何とも言えません。何よりも、その前にまだ来年がありますし、この今までとは路線が違う大河もまだ未知の世界であり、期待できるかできないかはいまだお預け状態です。

2日間にわたって、いささか愚痴めいた文章をお届けしてしまいましたが、やはりどこか引っかかるものはありますので、今後また別の形で触れることになるかもしれません。しかし『平清盛』や『卯応天の門』など先延ばしになっていますので、そろそろやろうと考えています。

飲み物-レッドビール
[ 2018/04/21 01:15 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud