fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  2018年03月

ネット業者がテレビに参入する日

これも以前投稿した分ですが、「電波オークションとNHKのPPV化」という記事に、電波オークションについて書いています。実はこれが実現化すると、ネット業者もテレビ業界に参入できるようになります。今でもアベマTVなどはネットTVで、無料で楽しむことができますし、お金を払ってプレミアムプランに加入すれば、見逃し番組を観ることもできます。ちなみにアベマTVの大相撲ダイジェストは面白いらしい。元々スカパーやケーブルテレビに代表されるような、多チャンネル放送、要は自分が観たいチャンネルにだけお金を払うシステムが定着しているため、今までのテレビ、特に地上波局の存在は意味をなさなくなるわけです。

だからこそテレビ局はこぞって反対しています。昨今のメディアの政権批判の一因は、この自分たちの既得権益を奪われるからだという指摘もあるほどです。しかし、地上波局の番組が面白ければまだ別ですが、ごくいくつかの番組を除いてはワンパターン、似たような出演者で似たような制作方針に終始している、あるいはNHKの場合強制的に受信料を徴収している以上、やむを得ないことです。むしろこれでNHKも民放も、あるいはそれぞれのBSも再編成し直した方がいいでしょう。NHKは今年の12月から、4Kや8KのBSを開局する予定ですが、その前にソフト面をもっと充実させる必要がありそうです。受像機(ハード)と番組(ソフト)の分業化を進めた方がいいのではないかと思います。

無論こうなると、ネット業者が番組制作に大いに関与する可能性も出てくるでしょう。それはそれでまたいいかと思います。いっそのことネット業者が関与した方が、視聴者の声を取り込むことが出来るのではないかと思います。実際やってみないことには何ともいえませんし、損失やリスクも出てくるかもしれません。既にCSの時代劇チャンネル制作のドラマを観ている身としては、地上波局とは違った面白さを感じてもいます。それとチャンネルと新聞社の系列化(たとえば日テレと読売)も、そろそろ終わりにしてもいいのではないかと思っています。新聞というメディアが、この先どのくらいメジャーな存在として続くのかはわかりませんが、少なくともテレビと新聞は、それぞれが自立性の高い存在であるべきでしょう。

[ 2018/03/19 00:00 ] その他 | TB(-) | CM(0)

Fūrin Kazan 41 Hime no Shi (The Deaths of Sessai and Yu-u hime)

Kansuke is told that Yu-u hime is ill by TAKEDA Harunobu. Then he visits her in Suwa and see Lake Suwa with her. Yu-u hime says that she commits Shirō to his care after her death and it confuses him. In addition, she says if she could be born again, she wants to be a man and fight a battle or a bird that flies freely in the sky. Kansuke tells her that he will be embarrassed unless she lives long but she says that she has embarrassed him several times until now. Then she asks him to break some branches form a peach tree whose blossoms are full in bloom to welcome Harunobu.

風林火山41桃
Yu-u hime (Miyuki Shibamoto, right) asks Kansuke (Seiyō Uchino) to break some branches of peach

Harunobu arrives in Suwa and he asks Yu-u hime's opinion about "the matter". Kansuke thinks it's about his marriage but it's about the attack on KISO Yoshiyasu, the head of the Kiso clan. Harunobu asks her
""If you were me, which will you attack first, Kiso or Nagao?"
She says that she will attack the Kiso clan first and make Harunobu's daughter marry the heir of the Kiso clan to strengthen the relationship between them. Harunobu agrees with it and tells her that he will inform you if his side win (*). Then SANADA Yukitaka and AIKI Ichibée begin scheming to make the Kiso clan obey Harunobu.

風林火山41小坂観音院
Takeda Harunobu (ICHIKAWA Kamejirō, centre) talks about attacking the Kiso clan with Yu-u hime and Kansuke

Denbée inspects guns in Asahiyama Castle where Harunobu based in. Then Hazuki appears there and asks him why he is single. Denbée feels that he loves him during their conversation. And Kansuke is told to marry someone and not to fail the family line by Yu-u hime before his departure for Kiso. She also says that she cannot trust someone who neglects his family. But this is so hard for not only Kansuke but Yu-u hime also. This is their last meeting in this world.

風林火山41戸惑う勘助
Kansuke feels confused with the words of Yu-u hime whom he loves secretly

Kansuke goes to Kiso and when he devises a stratagem, there is a signal fire that informs the attack of NAGAO Kagetora. The Takeda Army stop attacking the Kiso clan and The soldiers of Harunobu and Kagetora keep confrontation across Sai River for 200 days. USAMI Sadamitsu advises to put Nagao's headquarter on Katsurayana Castle that stands the opposite side of Asahiyama Castle to make Harunobu and his army become disadvantageous. So Kansuke asks Taigen Sessai to mediate between themselves and he visits Katsurayama Castle and persuades Kagetora.

風林火山41雪斎の仲介
Harunobu (right) asks Taigen Sessai to madiate between him and Kagetora

Kagetora tells him that he cannot trust Harunobu. Then Sessai tells him that he can trust him. Sadamitsu talks to Kagetora about his career and Kagetora accepts a reconciliation. Harunobu offers Sessai sake to thank him for his efforts but he tastes it little and returns to Suruga. He tells MATSUDAIRA Motonobu serve him sake and is delighted with his genpuku. Sessai admonishes him for reducing the country to subjection but in the next moment he becomes unconscious and dies. Matsudaira Motonobu becomes to call himself Motoyasu a few years later and then changes to TOKUGAWA Ieyasu. His death shocked the Imagawa clan.

風林火山41松平元康
The death of Sessai makes Matsudaira Motonobu (Keisuke Sakamoto), later Tokugawa Ieyasu sad

In Suwa, Yu-u hime feels that her death is near. Harunobu tells her that Kansuke will visit her soon and he won the battle against the Kiso clan. He also tells Shirō that he will be called Katsuyori after his genpuku and the name is after Harunobu's childhood name and SUWA Yorishige. Yu-u hime hears Shima sobbing and she murmurs
"Am I dead or not? I am still here, not in the sky..."
and then she dies.

風林火山41由布姫の死
Yu-u hime worries about Kansuke and dies

At Yabuhara Fort, AKIYAMA Nobutomo tells Kansuke that the Kiso clan feign to obey Harunobu but it's uncertain. Then they hear the war cry of Yoshiyasu's soldiers and they sally out.At that moment, Denbée runs into the fort and informs Kansuke that Yu-u hime died. Kansuke drops his helmet and is too surprised to deal with matters appropriately. Soon after he comes to himself and attacks his enemy shouting,
"It cannot be! I don't believe it." 

(*) It seems that Harunobu grants her last request in her life.

[ 2018/03/18 23:30 ] Taiga Drama Furin Kazan | TB(-) | CM(0)

ラグビー代表と平尾氏 18

2000年11月、アイルランドに日本は大敗し、しかもその時のIRB(現World Rugby)の役員の一員として、日本協会の金野滋氏がこの試合を観戦していました。それでなくても70失点、しかも経験の浅い選手ばかりとなれば、今後の代表強化陣を再検討しなければならない事態となっていました。しかしその後、メディアでは今後の人事、あるいは協会の決定などに関する情報は、殆ど表に出て来ず、かろうじて某スポーツ紙が「平尾氏は解任か」と報じるにとどまりました。そしてその11月最後の週末、日本協会で行われた理事会で、平尾氏は監督を辞任し、強化方針を白紙撤回することになりました。

辞任は午後6時過ぎごろの発表だったこともあり、プライムタイムのテレビのニュースでこれが報道されました。翌日の朝刊も大々的にこれを載せていました。平尾氏の監督としての期間は終わり、同時に平尾プロジェクトもこれで終わりました。しかしその後の強化陣がなかなか決まらず、いよいよこの年も押し詰まり、花園ラグビー場で高校大会が始まった頃になって、かつての代表監督の宿沢広朗氏が強化委員長に、そして、東芝府中(現ブレイブルーパス)を3年連続の優勝に導いた、向井昭吾氏が監督と決まりました。この時から監督と代表選手は出向制、つまり所属企業から代表活動期間に限り、手当付きで貸し出してもらうといった方法が採られました。

この方法も最初はなかなかうまく行かなかったものの、2年目からは出向する選手も増えて行きました。ただしこのチームのネックは、アウェイの試合があまりにも少なかったこと、そして強化委員長の宿沢氏が、専従スタッフでなかったことも理由に挙げられるかと思われます。恐らく専従となるには報酬が安い、既に勤務先の執行役員であったなど、様々な理由が挙げられたかと思いますが、この時強化委員長も監督も専従であったなら、もう少し違っていたのではないでしょうか。この強化陣で2003年のワールドカップに出場した日本代表は、95年、あるいは99年よりはかなりましなチームになっていましたが、この時も善戦どまりでした。

その後向井氏辞任後は、かつて神戸製鋼に在籍した萩本光威氏が監督、強化委員長が、平尾監督時も強化委員長を務めた勝田隆氏と決まりました。実はこの時も新人を多く入れたため、試合そのものは散々な結果となり、2004年秋のヨーロッパ遠征では100点ゲーム、しかも日本協会の説明もどこかぶれた印象がありました。その少し前から、代表に外国人監督を何故入れないかという声が上がっており、最初はフランス人のエリサルド氏でしたが、不祥事で辞任、その後はジョン・カーワン氏となって、2007年のワールドカップカナダ戦で引き分けに持ち込みました。さらに北米2国は勝てる相手となり、次はサモアやフィジーに安定して勝つ のが目標となりました。

しかしカーワン氏のチーム、JKジャパンは、通常の国際試合では、ウェールズに勝つなどということもあったのですが、2011年のワールドカップでもカナダ相手に引き分け、その他は黒星という結果に終わりました。そしてエディー・ジョーンズ氏がヘッドコーチになり、2015年ワールドカップで南ア、サモア、アメリカに勝利し、その後のジョセフ氏のチームは、アウェイでウェールズに惜敗、あるいはフランスに引き分けというレベルまで成長するに至ります。恐らくスーパーラグビーに参戦したせいもあるのでしょうが、あのアイルランド戦から17年経って、「やっと」このレベルまで来たかと思わずにはいられません。

飲み物-グラスビール
[ 2018/03/18 00:30 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)

軍師官兵衛と風林火山の両方に登場する出演者たち

以前「真田丸と風林火山の両方に登場する出演者たち」という投稿をしたことがあります。大河は結構常連の俳優さんが多いのですが、4月からアンコール放送が始まる『軍師官兵衛』と『風林火山』もダブる俳優さんが多いので、ここに書き出してみました。(敬称略)
赤字が『官兵衛』の役名です。

竜雷太   甘利虎泰         
      黒田重隆
飯田基祐  芦田信守
      井出友氏
高橋一生  駒井政武
      井上九郎右衛門
嘉島典俊  武田信繁
      豊臣秀長
谷原章介  今川義元
      竹中半兵衛
横内正   清水吉政
      前田利家
有薗芳記  河原村伝兵衛
      増田長盛
村上新悟  春原惣佐衛門
      大谷吉継
大橋吾郎  大熊朝秀
      池田恒興
大谷亮介  屋代越中守
      佐々成政
塩野谷正幸 前島昌勝
      本多忠勝
上杉祥三  高遠頼継
      江田善兵衛
近藤芳正  相木市兵衛
      柴田勝家
小林勝也  諏訪満隣
      高山友照
田中幸太朗 春日虎綱
      万見仙千代
浅利陽介  小山田弥三郎
      小早川秀秋
今井朋彦  小笠原長時
      平岡頼勝
伊武雅刀  太原崇孚雪斎
      千利休
冷泉公裕  晃運字伝
      茂吉

竜雷太さんをはじめ、かなり共通する俳優さんが多いです。ちなみに田中幸太朗さん演じる万見仙千代は信長の小姓で、今回も小姓役での出演です。それから浅利さんが最初の小早川秀秋役、今井朋彦さんがその家臣の平岡頼勝役ですが、時期的にパペットホームズをやっていた頃で、浅利さんのベインズ、今井さんのバスカーヴィルを思い出しておりました。嘉島さんは再び賢弟の役ですね。なお谷原さんの半兵衛、伊武さんの利休どちらも好きでした。藤村さんがナレを途中降板されなければ、今川トリオ復活だったのですが。

[ 2018/03/17 01:00 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)

Sego-don Episode 10 Atsu hime wa Doko e (The Secret Weapons of Nariakira)

Kichinosuke arrives in Edo and is ordered to work as niwakatayaku, spy of Nariakira in reality. Then he delivers Nariakira's letter to TOKUGAWA Nariaki, former lord of Mito domain and then meets his son HITOTSUBASHI Yoshinobu. Nariakira praises his work and tells him to become close to him and Atsu hime and Torajumaru, heir of Nariakira see them using telescope. But after that , Atsu hime receives a letter that says Shimazu Tadatake, her real father died.

西郷どん10ヒー様と吉之助
Hī-sama (Shōta Matsuda, left) confesses to Kichinosuke (Ryōhei Suzuki) that he is Hitotsubashi Yoshinobu.

Kichinosuke goes to Isodaya again and searches "Hī-sama", Hitotsubashi Yoshinobu. He learns that Yoshinobu visits there again and asks for a private interview with him. Then he confesses that he is HITOTSUBASHI Yoshinobu but has no will of being a shogun. So he says that he is troubled with Nariakira who plans to make him next shogun. Though Kichinosuke cannot understand it well, Yoshinobu tells him to tell his lord what he says as it is.
At that precise moment, prostitutes and clerks of Isodaya search a doctor because Tama, a prostitute falls down. A doctor who happens to be there asks them to lend him a dagger but Kichinosuke hesitates it because his one is bestowed by Nariakira. Then ŌYAMA Kakunosuke hands his to the doctor and he lets blood from Tama.

 西郷どん10斉彬への報告
Shimaza Nariakira (Ken Watanabe, centre) tells Kichinosuke to become close to Yoshinobu

Kichinosuke returns to Satsuma domain residence and tell Nariakira the words of Yoshinobu. Then he learns that Atsu hime who visited Zōjōji Temple disappeared. During searching her, Kichinosuke finds a common woman who wears the kimono of Atsu hime and she says that she met a strange woman and exchanged their kimonos. He thinks it's Atsu hime and at last sees her who is shabbily dressed at the shore of Shinagawa. She says that she wanted to meet her father again. Kichinosuke speaks to her that she should weep until she can weep no more and he cries in sympathy.

西郷どん10着物を取り換えた女
A woman tells Kichinosuke that she exchanges her kimono for that of a "strange woman"

Atsu hime returns to the residence and apologises to Nariakira for her disappearance. It has been decided that she marries Iesada, current shogun and Kichinocuke is ordered to guard her. And a woman called Ikushima, who served the KONOE clan before is going to educate her as the wife of shogun. If Atsu hime marries Iesada, she will be promoted also. She forbids her using Satsuma dialect and instructs the system of Ō-oku(*), playing the koto, using a naginata and calligraphy. One day she asks Kichinosuke what was the happiest time he has ever had and he answers it’s his days in Satauma. Atsu hime agrees with it because she also had happy days with her family in Satsuma. However, she feels that her happiness is serving Nariakira at present.

西郷どん10篤姫と吉之助
Kichinosuke finds Atsu hime (Keiko Kitagawa, left) who disguises herself as common woman

After that, Ikushima teaches her the physical relations between a man and woman. So Kichinosuke leaves his work earlier that usual but he finds a doctor in Isodaya in his room. He is called HASHIMOTO Sanai and like Kichinosuke, he maneuvers to make Yoshinobu next shogun by order of MATSUDAIRA Yoshinaga, lord of Fukui domain. He intends to hand his letter to Nariakira. Then he spreads a map of Japan and tells Kichinosuke that Nariakira plans the new political system discussed and decided by various daimyos besides the marriage of Atsu hime and supporting Yoshinobu to next shogun. He also says that Iesada is weak and if a child is born between him and Atsu hime, Yoshinobu will be required to hold real power temporarily.  But that's news to Kichinosuke.

西郷どん10幾島
Ikushima (Yōko Minamino) who served the Konoe clan, an aristocrat meets Atsu hime

And Atsu hime learns Tokugawa shogunate and daimyos. Unexpectedly, her adoptive father Nariakira who is one of rich daimyos is still the enemy for the TOKUGAWA clan. Ikushima says that he seems to use the marriage to have an influential voice but it makes Atsu hime feel confused.

西郷どん10橋本左内
Hashimoto Sanai (Shunsuke Kazama), who treated Tama at Isodaya visits Kichinosuke

Kichinocuke fastened his room's door with a bar before he listens to what Sanai says. Therefore ARIMURA Shunsai and Ōyama Kakunosuke cannot open the door and flood into the room during their conversation. Sanai patches things up for the moment and leaves there saying what he told him was his thoughtless words. Later Kichinosuke hands the letter to Nariakira and asks him why he tries to support Yoshinobu and make Atsu hime marry Iesada at the same time. Nariakira says that Yoshinobu can deal with Western countries on equal terms and if Atsu hime gives birth a child, Satsuma will become a domain of established reputation. Nariaki says,
"The marriage will make O-Atsu be unhappy".
Kichinosuke cannot accept his words. Besides Iesada is talented in a particular fields but an emotionally labile and childish man.

(*)The inner palace in Edo Castle.

The images are from the official website of "Segodon"

[ 2018/03/17 00:30 ] Taiga Drama Sego-don | TB(-) | CM(0)

SAIGŌ (ICHIKI) Koto

SAIGŌ Koto was a younger sister of Saigō Kichinosuke. She was born in 1832 and later married Ichiki Shōnojō (Masakiyo). Then she called herself ICHIKI Koto.

西郷どん西郷琴子供時代
Koto in her childhood (Yuki Kurimoto)

Though having married Shōnojō, she was in charge of the household of her parent's home because of the death of her mother Masa. She had three or five sons between Shōnojō. One of her sons Kanōji was killed in Boshin War. Her another son Sōsuke went to the US to study with his half brother Kikujirō. But Sōsuke and his youngest son Sōgorō were killed in Satsuma rebellion. It is said that Sōsuke's orderlies brought her his pocket watch as keepsake after the rebellion.

Her fourth son Masakata became an Imperial court councilor. After her brother Takamori (Kichinosuke) was pardoned, she moved to Tokyo and lived there.

In thisseries, she is described as a reliable woman who manages household well. While taking care of her younger brothers and sisters, she respects her brother Kichinosuke and supports him.

The image shows Nanami Sakuraba as Saigo (Ichiki) Koto
(Both images are from the official website of "Segodon")

西郷どん西郷琴
[ 2018/03/15 23:45 ] Taiga Drama Sego-don | TB(-) | CM(0)

2018スーパーラグビー第4節&第5節

では第4節の結果です。(赤文字勝利チーム)

ハイランダーズ 33-15 ストーマーズ
レベルズ 33-10 ブランビーズ
ハリケーンズ 29-19 クルセーダーズ
レッズ 20-14 ブルズ
シャークス 50-22 サンウルブズ
ライオンズ 35-38 ブルース
ジャガーズ 38-28 ワラタス

実は前回の試合を見逃してしまいましたので、試合内容についてはこの記事をどうぞ。

狼軍団の今季初勝利ならず。スーパーラグビー2018第4節「シャークス×ヒトコム サンウルブズ」
(JSPORTS公式サイト)

アウェイでチャンスをものにできないというのは、選手に取ってもコーチに取っても相当辛いことではあると思います。しかしそこで、ボーナスポイントでも取っておけばまた違うのですが…次節の奮戦に望みをつなぎたいと思います。

ところで今年度の代表強化費用ですが、15人制と7人制を合わせて19億円弱となりそうです。これは7人制のワールドカップが行われるせいもありますが、収支はトントンというか、若干黒字といったところでしょうか。またトップリーグのあり方も検討されそうです。

(SANSPO.COM)

[ 2018/03/14 22:45 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)

西郷どん第10回「篤姫はどこへ」

斉彬から庭方役を命じられた吉之助は、ヒー様こと一橋慶喜と懇意になるよう命じられます。しかし、慶喜の将軍擁立と篤姫の婚礼の意味を知り、何とも複雑な心境になります。

*************************

江戸へやって来た吉之助は、斉彬から庭方役を命じられる。それはいわば、斉彬の手先となって働くことを意味していた。最初の仕事として、水戸藩邸の徳川斉昭に書状を渡すように命じられ、そこで一橋慶喜に会ったことをほめて、今後さらに近づきになるように命じる。そんな斉彬と吉之助を、遠眼鏡で篤姫と虎寿丸が見ていた。吉之助をほめる篤姫だが、斉彬の側室、喜久が持って来た文を読むうちに表情が変わる。それは実の父、島津忠剛の訃報だった。

吉之助は再び大山や有村と品川宿へ行き、ヒー様を探し出す。今日も来ているという情報を得て、まず女たちを下がらせるが、どう切り出すべきかで吉之助は迷う。するとヒー様は、自分が一橋慶喜であること、将軍になる気はないので、あれこれ根回しをする斉彬に迷惑していることを伝える。吉之助にはよく理解できなかったが、言われたことをそのまま告げろとヒー様は言う。

その時飯盛女のタマが倒れ、客に医者がいないかという声が響く。たまたま店に来ていた医師が短刀を借りたいと言うが、吉之助は斉彬からの拝領の刀ゆえ出しづらく、その医師は大山の短刀で瀉血を行った。

薩摩藩邸に戻った吉之助は、慶喜の言葉をそのまま斉彬に伝える。斉彬は引き続き慶喜の監視を命じるが、その時篤姫が増上寺に参詣後、失踪したとの連絡が入る。吉之助は篤姫の着物をまとった町人女に事情を聞き、品川の海岸で、その女の着物を身に着けた篤姫を見つける。もう一度実父に会いたかったという篤姫に、吉之助はこう話しかける。
「篤姫様、悲しみを絞り出すほど泣きもんそ」
吉之助は、自らももらい泣きをしていた。

藩邸に戻った篤姫は失踪の件を斉彬に詫びた。そして将軍家定に輿入れすることが決まり、吉之助は篤姫の護衛をすることとなった。そして教育係として、近衛家に仕えていた幾島が迎えられた。幾島はまず薩摩言葉を使わないように言い渡し、大奥の仕組みや稽古事などを教え込んだ。もし篤姫が御台所になれば、幾島自身も老女として出世するのは確実であり、徹底的に篤姫をしごく。ある日篤姫は吉之助に、今まで何が楽しかったかと訊き、吉之助が薩摩で家族と一緒に過ごしたことだと答えると、篤姫もやはりにぎやかな家庭で育ち、それにうなずく。しかし今の彼女は斉彬のために尽くすことこそが、幸福でなければならなかった。

その後幾島は枕絵を持参し、男女の秘め事を教えることになったため、吉之助はいつもよりも早くその場を下がった。すると吉之助と有村の部屋に、磯田屋にいた蘭方医の橋本左内がいた。左内はやはり藩主松平慶永(春嶽)の命で動いており、慶喜を将軍に立てるという書状を斉彬に渡す予定だった。また地図を広げ、斉彬が諸藩の意見で政を行う「衆議一致」を勧め、さらに篤姫の輿入れと、慶喜の将軍擁立を計画していることを話す。篤姫の夫となる家定は丈夫ではなく、もし世継ぎが生まれても、当座の執政者として慶喜が必要なのだと話すが、吉之助には無論初耳だった。

また篤姫は幾島から、幕府の役職と諸大名について学んでいた。しかし養父である斉彬は、石高77万石とはいえ外様、それも関ヶ原で徳川に敵対した存在だった。そのため篤姫を輿入れさせることで、発言力を得るのではないかという幾島の言葉に、篤姫は複雑な思いを抱く。

一方左内の話を聞くにあたり、用心のために吉之助は入り口に心張棒をかっていた。そのため大山や有村が力まかせでなだれ込んで来てしまう。左内は、今のはすべて自分の妄言であると言って去って行った。そして吉之助は、書状を斉彬に渡し、なぜ慶喜の擁立と、篤姫の婚礼を同時に行おうとしているのか尋ねてみる。斉彬は、まず慶喜を将軍に立てることで、諸外国と対等に渡り合おうとしていた。さらに篤姫に子が出来た場合、薩摩の立場は盤石になるからである。斉彬は言った。
「於篤は不幸になる」
この時吉之助の中に、何ともいえない複雑な物が沸き上がった。しかも将軍家定は、特定の部分では才能を持ちながら、どこか頼りなく子供じみた人物だった。

**********************

篤姫が御台所になることのもう一つの面を、初めて知った吉之助ですが、この当時の将軍家への輿入れとは、正に政略結婚の最たるものと言っていいでしょう。しかし思いがけない場所で越前藩士橋本左内と会ったものです。この人も適塾出身で安政の大獄で処刑されてしまい、主の松平春嶽も蟄居を命じられてしまいますが、「僕」という一人称を使う辺り、この当時の最先端といえるかもしれません。この当時から所謂志士たちの間で「僕」「君」が流行するようになり、また会話の中に、ことさらに漢語を入れるようになって行きます。

一方で徳川家定です。この人については前にも触れていますが、絵画や料理には才能のある人物だったといわれています。恐らく将軍家の継嗣でない方が、それなりに幸せな人生を送れたかもしれません、しかしこれには事情がありました。父家慶がなかなかの艶福家といいますか、側室も多く、かなり多くの子を成したのですが、成人したのはこの家定だけであり、そのため第十三代将軍とならざるをえなかったわけです。この人を見ていると、どことなく『太平記』の北条高時を思い出します。

それから慶喜擁立組で、薩摩と越前は登場してくるものの、まだ土佐が登場していません。土佐と井伊直弼といえば、『龍馬伝』の、容堂公ががらりと障子を開ける、あのシーンをどうしても連想します。いずれにしても、今後井伊と慶喜擁立派の対立が、かなりあからさまになって来そうで、その意味ではちょっと楽しみな展開ではあります。当然井伊の懐刀と呼ばれた長野主膳も登場するでしょう。

[ 2018/03/14 00:30 ] 大河ドラマ 西郷どん | TB(-) | CM(0)

Fūrin Kazan 40 Sangoku Dōmei (The Alliance of Kai, Sagami and Suruga)

Harunobu left Kawanakajima and visits Yu-u hime on his way to Kai. He tells her that he plans to make Kansuke marry Ritsu. He knows if Kansuke doesn't marry anyone, he would participate in many battles and tries to die. Yu-u hime is anxious abut the existence of Ritsu and O-Goto hime but Harunobu says that she should not mind them.

風林火山40晴信と由布姫
Harunobu (ICHIKAWA Kamejirō, right) takes Yu-u hime (Miyuki Shibamoto)'s hand

Kansuke returns to Kai prior to Harunobu and finds that Ritsu visits his house. She serves him with sake as if she were his real wife. He tells her that she doesn't relax him but she asks him why he is still unmarried. He tells her to go home but she will not. And her father HARA Toratane asks him why he never marries her and this offer of marriage is not his will but the order of Harunobu. Kansuke is perplexed by his words.

風林火山40勘助とリツ
Ritsu (Aki Maeda) visits the house of Kansuke (Seiyō Uchino)

Then he visits SANADA Yukitaka who also talks about his marriage. He insists that he doesn't want neither have children nor leave his name but establish a well-governed province. He plans to guard Zenkōji Temple where NAGAO Kagetora was based on in the previous battle. Then he tells Harunobu that he taught how to win over Kagetora's vassals to Yukitaka and AIKI Ichibée. Then KOMAI Masatake tells Harunobu that Kagetara visits the Imperial court to meet the Emperor to submit Imperial sanction to beat Harunobu. But Kansuke takes advantage of his absence and sends reinforcements to the HŌJŌ Ujiyasu's army that opposes IMAGAWA Yoshimoto.

風林火山40景虎
Kagetora (Gackt) who visits Kyoto is in full dress and offered sake at the Imperial court

It is Kansuke's strategem. He makes Yoshimoto make peace with Ujiyasu to form the alliance of the the daimyos of Kai (Takeda), Sagami (Hōjō) and Suruga (Imagawa), If the alliance is formed, it will enable them attack their enemies without any worry about their future. Especially Yoshimoto, who also attack the Oda clan in Owari is advised by Taigen Sessai that he can hoist his flag in Kyoto and reestablish Muramachi Bakufu soon.

風林火山40善得寺 
Harunobu (left), Yoshimoto (Shosuke Tanihara, centre) and Ujiyasu (Makoto Matsui, right) gather at Zentokuji Temple.

Sessai visits the headquarters of Harunobu and Ujiyasu and talks with them about the alliance. In March 1554, the alliance is formed at Zentokuji Temple in Suruga. The daimyos write their signatures on the vow and burn it. then the ash is mixed with sake and they drink it (*). Sessai has a tea ceremony for Kansuke who accompanies Harunobu and talks about human's pride and mercy. Kansuke says that he fights for Harunobu,Yu-u hime and Shirō only. Sessai tells him that his mercy is not real mercy but delusion as vassal.

風林火山勘助と雪斎
Taigen Sessai (Masatō Ibu) has a tea ceremony for Kansuke and talks about mercy

Thanks for the alliance, Ume, eldest daughter of Harunobu marries HOJO Shinkuro, later Ujimasa. It makes Sanjō Fujin sad. Obu Toramasa says that he is much better that IMAGAWA Ujizane who is too aristocratic but Hagino feels dissatisfied with his words (**). On the day of the wedding, Ume says farewell to her parents and is about to ride a palanquin but Sanjō Fujin hugs her tightly though Harunobu tells her to stop it and weeps. Both Toramasa and Hagino ask him to overlook it.

風林火山40梅の輿入れ
Sanjo Fujin (Chizuru Ikewaki, centre) hugs her daughter Ume tightly

Sanjō Fujin tells Ume who also weeps to endure what a difficult position she will be and if she cannot, she should kill herself. Kansuke who sees them thinks it's nothing but real mercy and he cannot take somebody into his confidence.

風林火山40由布姫と志摩
Yu-u hime coughs violently and vomits blood

In Suwa, Yu-u hime plays the flute but coughs violently and vomits blood. Shima who sees it approaches her in a fluster.

(*) This is a ceremony when an alliance is formed or somebody makes an oath.
(**) As Sanjō Fujin is from the Sanjō clan, famous aristocrat family and Hagino serves her, she finds faults with what Toramasa says.

The images are from the DVD series of "Fūrin Kazan".

[ 2018/03/13 00:30 ] Taiga Drama Furin Kazan | TB(-) | CM(0)

『平清盛』DVD第七巻を観て

保元の乱が終わり、清盛は信西と組んで、後白河上皇のもとで新しい政を始めることになります。しかしその一方で、清盛よりもはるかに低い境遇に甘んじる義朝は、不満を募らせていきます。

**********************

信西はまず内裏を修復し、さらに相撲節会を復活させることになる。これは元々は宮中行事でもあった。その資金繰りとして、清盛は九州へ行き、納税が滞っている太宰少弐から徴税を行うことになる。これは、信西が徹底して徴税を行う方針を取ったためである。しかしその一方で、清盛の嫡男重盛は、忠正の斬首を命じた信西と父が協力し合うことに、疑問を感じており、父の進める縁談にも気が載らずにいた。しかし清盛はといえば、九州で宋の茶器を手に入れ、さらなる立身出世を企もうとしていた。

そして義朝の方は、身内を処刑しても清盛ほどの力を手に入れられなかった。しかも正室の由良は病となり、嫡男の頼朝は初めて清盛と会い、存在感の大きさに驚く。また信西の存在感もかなり強力なものとなり、後白河上皇の側近である藤原信頼は、信西を警戒するようになる。その頃病気であった由良が世を去り、義朝は側室である常盤に会っても、この空しさを晴らせずにいた。その義朝に信頼は、信西の首を取るように勧める。

結局失意のうちにあった義朝は信頼と手を結び、反信西を掲げて兵を挙げる。平治元(1159)年のことだった。この時清盛たちは熊野詣りへと出かけており、義朝側は後白河上皇と二条天皇を幽閉してしまう。しかしこの情報を聞いた清盛一行は京へと急ぎ戻る。また信西は逃げ出し、山中の穴に身をひそめるものの、ついに見つかって自刃する。しかし義朝は清盛との決戦を望んでおり、性急に動くことはしなかった。

もちろん清盛の方も、下手に動こうとはしなかった。まず信頼に恭順の意を示したのである。最早内裏は源氏の兵であふれていたが、清盛はさらに宴会を催すに至り、義朝を苛立たせることに成功した。そして源氏側が油断をした隙に、上皇と天皇を内裏から逃がして匿い、これで源氏方は朝敵となったのである。機は熟したと、清盛は兵を挙げ、義朝との決戦、つまり平治の乱に挑むことになる。

**********************

サブタイトル
第二十四回 清盛の大一番
第二十五回 見果てぬ夢
第二十六回 平治の乱
第二十七回 宿命の対決

保元の乱後の源平両氏の明暗が、この巻で際立って来ます。はっきり言って、信頼とは組まない方が、義朝に取ってはよかったようにも思いますが…。それとは反対に、この辺りから平家の公家化が始まるように思われます。ビジネスマン清盛と、軍人義朝の違いといえるでしょうか。しかしこの時の藤原信頼が、今年の熊吉なのですね(笑)。それと阿部サダヲさんは、昨年よりこの時の信西の方がよかったと思います。

それにしても、平治の乱は冬の合戦のはずなのですが、この大河では青草が茂っていましたね。これはロケのスケジュールの都合もあり、やむを得ない話でもあるとは思いますが、やはりちょっと不自然ではありました。無論『真田丸』などでも、最初の方のシーンは本当は早春のはずなのに、夏の終わりになっていたりもしていましたが。

[ 2018/03/12 00:15 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud