fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  2015年06月

花燃ゆ-21 短すぎる「池田屋事件」

池田屋事件を売り物にしていた第24回ですが、実際観たところ、これが正味1分間あるかないかでがっかりです。なにゆえここまで殺陣や戦闘シーンを嫌うのでしょうか。その理由を知りたいものです。本来幕末とくれば、戦闘シーン目白押しのはず、なのですが…。しかも宮部鼎蔵の階段からの落下(池田屋の描写でのお約束)なし、新選組に向かって「いずれ君たちの時代も終わる」と説くところもなし。何よりも、吉田稔麿は本来早い時間に斬られていたはずなのですが、一旦藩邸に行こうとしたという設定で、かなり後で斬られている始末。ついでながら、沖田総司の喀血もなし、まさにないないづくしの感がありました。

というよりも、本来10分ほどかけて描かれるべき池田屋事件を、1分そこそこで描く方が無理があるといわざるをえないのです。ちなみにこの大河では、あれだけ松陰を前面に出した割には、宮部と松陰の交流、特に奥羽への旅が描かれていませんでした。そして高杉晋作が、脱藩の罪で野山獄に入れられます。しかし「先生を慕うてようやく野山獄」の句はまだ披露されていません。何よりも不思議なのは、まず高須久子が現れ、次に文が手紙を持ってくることです。こういう場合、奥さんが一番最初に来るのではないかと思うのですが。身重の雅夫人が現れるのは、文が手紙を渡した後です。

なぜこうも文があちこちに出没するのかもよくわからないのですが、さらにわからないのが、小田村伊之助がトーマス・グラバーに会うという設定になっていることです。当たり前ですが、実際の小田村伊之助はこのようなことはしていません。(「仁先生」は会って、おまけに手術までしていますが)これで話が盛り上がるのならそれでもよしとするのですが、どうにも無理やり感が拭えません。ところで桂小五郎がやっと登場しましたが、これも申分程度です。本来高杉、久坂と同じくらいの登場回数があっていいはずなのですが。

しかも、久坂と文がよもやま話をする場面だけは相変わらず長いです。養子にしたもののなかなか懐いてくれない久米次郎と、ようやく親子3人水入らずの場面はまだわかりますが、こういう夫婦の会話的な部分に時間が割かれすぎです。池田屋を端折ってまで、こういうのを流すべきなのでしょうか。しかも久坂が「握り飯を握って、つつがのう暮らせるような…」などというのはどうにも苦笑物です。何とかして「お握り」出したいのでしょうが、如何にも話が小さすぎて、これが幕末の、そのうねりの中にある情景とはとても信じがたいのです。

これは、脚本家の方々には悪いのですが、どう見ても脚本担当の人選ミスの感があります。あと文が、武家育ちとは思えないほどすぐ泣く。そのため、物語がそこでリセットされている感があり、それもどこか流れが寸断されている一因でしょう。それと参預会議、これがまたあっけない終わり方でした。こういうのを丁寧に描かないというのも、脚本、ひいては制作サイドの未熟さが感じられます。どぶろっくの2人が出ていたのはここの場面ですが、率直な話、やはり殿様という感じではありませんね。

しかしここまで殺陣軽視だと、蛤御門の変がどの程度描かれるのか、ちょっと心配です。

画像

[ 2015/06/22 21:13 ] 大河ドラマ 花燃ゆ | TB(-) | CM(0)

ガリレオΦ(ゼロ)

『ガリレオ』第1シリーズ放送終了後、映画『容疑者Xの献身』とタイアップする形で放送された拡大版で、2004年当時の設定になっています。助手の栗林が、ナビゲーター役を務めています。ドラマ中に、大学時代の湯川と草薙の場面が挿入されており、この時草薙は殺人の濡れ衣を着せられて、湯川に無実を証明してもらうよう頼み込むわけです。湯川はこの当時から、若者らしいカジュアルな服装でなく、シャツにベストにズボン、ちょうど三つ揃いのスーツの上着を脱いだような、似合ってはいるものの、どこか年齢不相応な服装です。ただし、准教(2004年当時は助教)になってからの湯川のような、人を食ったような雰囲気はまだありません。若き日の湯川を演じているのは、三浦春馬さんです。

さて2004年、湯川が助教授になったことを知った草薙が、研究室に捜査協力の依頼にやって来ます。だめもとで、現場付近は海岸で、水着姿の女の子が沢山いると話したところ、湯川は関心を示します。これが、湯川と草薙の初めての共同捜査でした。その後この2人は、共に捜査をすることになるわけですが、ドラマ本編では、草薙よりも内海薫、そして岸谷美砂と行動を共にし、推理を行うという設定になっています。この時は、学生の塩野谷あかりが捜査に絡むため、彼女の存在が、内海、そして岸谷といった女性刑事の存在をほうふつさせるものとなっています。

事件そのものは、とある金属専門加工会社の前社長の息子が、何者かに殺され、住まいが全焼するという不審なものでした。そこで湯川と草薙が捜査に向かったわけですが、いつものこのドラマに見られる倒叙の形、犯人が冒頭の部分でそれとなく浮かび上がる設定とは、多少違った趣向になっています。何人かの登場人物に、それとなく犯人らしき雰囲気をちらつかせてはみるものの、かなり後になるまで犯人は特定されず、そして、犯人自身が湯川にヒントを与えるという点も特徴的です。これには、湯川の捜査デビューという点も考慮されているようです。結局犯人は、その息子の父親の前社長なのですが、叩き上げながら金属加工について優れた論文を発表した人物でもあり、それがいわば殺人に活かされたわけです。

また、この中で湯川と草薙はビーチバレーに参加し、女の子たちから脚光を浴びることになります。夜になって彼女たちと何を話しているかと思いきや、物理学の話ばかり。彼女たちも最初はかっこいいとか新鮮だと思って聞いてはいますが、あれを何日も繰り返されると飽きるでしょうね…たぶん。ちなみに塩野谷は、警察官になることを決め、多少は女らしくイメージチェンジをして研究室に向かい、「恋とビキニで大学生活を充実させる」などと口にしてみたものの、なぜそれが大学生活を充実させる、全くわからないとにべもない口調で返す湯川。そんな湯川に「全くわかってない…」と一人かこつ塩野谷。この辺の女心の読めなさは、やはり変人ガリレオというべきでしょうか。

画像

[ 2015/06/21 23:53 ] ドラマ ガリレオ | TB(-) | CM(0)

パペホ声優陣 3/Voice Acting of the Puppetry 3

ダグラス夫妻、マクドナルド警部そして警官の声の出演は以下の通りです。

三谷幸喜-ダグラス氏
藤田泰子-ダグラス夫人
迫田孝也-マクドナルド警部
関智一-警官

三谷幸喜さんは『新・三銃士』でもオレイリーの声を担当しています。また関智一さんはラングデール・パイクの声の担当でもあり、メモリアルブックによれば、もう少し多くのパペットを担当したかったとのこと。

The cast of Mr. and Mrs. Douglas, Inspector MacDonald and policemen are as below.

Koki Mitani as Mr. Douglas
Yasuko Fujita as Mrs. Douglas
Takaya Sakoda as Inspector MacDonald
Tomokazu Seki as policemen

Koki Mitani has voiced O'Reilly in "The Third Musketeers" also. And Tomokazu Seki, who also voiced Langdale Pike says that ht wanted to voice more puppets in Memorial Book.
[ 2015/06/21 18:10 ] 三谷幸喜/Koki Mitani | TB(-) | CM(0)

『陽だまりの樹』番外編9 万二郎を巡る女性たち          

第10回の放送の中で、手塚良仙は伊武谷万二郎にこう言います。

「だからお前は、惚れた女を幸せにしてやれないんだ」

万二郎が、まず最初に想った女性は、寺の娘おせきでした。しかも、良仙が適塾に行き、今度江戸に戻るまで、彼女には手を出さないという約束を律義に破り、良仙に、だからお前は堅物なんだといわれてしまいます。良仙にしてみれば、自分が戻ってきたらいつの間にか2人は夫婦になっていた、がっかりするものも、お前もなかなかやるなと万二郎を誘って、一杯やるつもりだったのでしょう。しかし、あまりにも予想通り過ぎて、かえって面白くないわけです。

もっとも万二郎にしてみれば、約束を守って何が悪いといいたいところなのでしょうが。その後万二郎は、おせきに告白をするものの、相変わらず段取りが悪く、良仙に仲介してもらうことになります。しかしその後、万二郎が警護を務めるヒュースケンから、手籠めにされかけたおせきは尼寺に入り、万二郎の手の届かない存在となります。

次にお品です。安政地震の折に芝浜に誘導した万二郎は、土地のならず者が避難して来た町人を脅しているのを知り、彼らを斬ってしまいます。そのうちの一人が、商家の娘お品で、助けてもらったお礼にと着物を縫って持って来ます。どうやら万二郎に気があるようですが、商家の娘と結婚させるわけには行かないと、母のおとねに言われます。

お品は武士の身分になるべく、ある侍を頼って家系図を手に入れるわけですが、その侍とは、万二郎の仇敵である陶兵衛でした。陶兵衛に乱暴されたお品は、子供と共に長屋で貧乏暮らしを強いられ、しかも夫の陶兵衛は、思い出したように母子の元に戻る程度でした。ある日子供に種痘を受けさせたのをきっかけに、万二郎に再会することになります。しかし、万二郎は陶兵衛の妻としてのみ接しており、彼女があのお品だとわかるのは、陶兵衛を斬った後でした。

その次に綾です。彼女は眞忠組頭領の楠音次郎の妹で、当初は万二郎を兄の仇と憎んでいました。しかし、兄が残した借金のかたに岡場所に遊女として売り飛ばされ、それを知った万二郎は、綾を他の男に渡したくないという一心から、慣れない遊郭通いを続けます。身請けには100両必要である、しかしどう工面するか迷っていた矢先、取引先の異人を救ってくれた万二郎の元に、材木問屋井筒屋が金を持って来ますが、万二郎は受け取りません。

そこで出て来たのが、良仙の前出のセリフです。万二郎と違って立ち回りのうまい良仙は、薬代の前払いということでその金子をもらい、これで身請けをしろと万二郎に渡します。おせき、お品と違って、綾をやっと自分の手で幸せにしてやれそうになった矢先、綾は頭部強打で寝たきりの状態になってしまいます。

しかも綾は、世間一般では楠音次郎の妹で、幕府から見れば敵であり、賊ともいうべき存在です。そんな彼女を家にかくまい、世話を続ける万二郎に、世間はどう反応するのでしょうか。また、夫の仇の妹でもある綾に、おとねはどう接するのでしょうか。

画像





[ 2015/06/21 00:45 ] ドラマ 陽だまりの樹 | TB(-) | CM(0)

花燃ゆ番外編22-ラノベ大河?

長州が二手に割れ、進発派と呼ばれる一派が、名誉回復を狙って京へ上ります。もちろんこれは成功せず、その後池田屋事件、そして蛤御門の変となるわけで、最終的には文の夫である久坂玄瑞もこれに加担することになります。さて、その文ですが、いきなり七卿のために炊事をやらされ、しかも八つ橋まで作ってしまうなどという場面がやたらに登場します。そこまで登場させる必要があるのかとも思うのですが。

何よりも、長州がいよいよ自爆ともいえる暴走に踏み切った後、朝廷から朝敵とされ、薩摩憎しの風潮が高まるわけですが、以前から全く薩摩が登場する気配がありません。松下村塾だけで済んでいた時代はまだよかったのですが、この期に及んで薩摩がどういう動きをしているか、それがあまりにも感じられないのです。

存在が感じられないといえば、桂小五郎もまたしかりです。本来はこの前後に活躍してしかるべき人物で、蛤御門の変の後は姿をくらまし、それが後に鞍馬天狗のモデルとなったともいわれているのですが、ここまで桂が登場しない幕末ドラマ、特に大河ドラマも珍しいです。佐久間象山も登場していませんから、恐らく三条木屋町での暗殺もなしでしょう。

何か、ラノベ的な印象を強く受ける大河ドラマです。しかし如何にラノベ的展開であっても、もう少し実在の人物を入れてしかるべきかと思うのですが、文を出すという建前の元、彼らの存在が犠牲になってしまっています。『江』の制作時に、時代考証と制作現場で折り合いがつかなかったことがあるそうですが、この『花燃ゆ』も、同じ轍を踏んでいるのではないかとさえ思います。史料の裏付けがない主人公を無理して出すと、やはりそのしわ寄せは確実に来るようです。問題は、制作現場がきちんと責任を取るかどうかでしょう。

明日の放送で池田屋事件が描かれ、高杉が野山獄に投獄されます。『花神』では、もはや進発派を抑えることはできなくなった周布政之助が、野山獄に行って抜刀し、謹慎を命じられるわけですが、この大河ではどのように描かれるのでしょうか。あるいは例によって、ナレーションだけで済まされるのでしょうか…。

画像

[ 2015/06/21 00:13 ] 大河ドラマ 花燃ゆ | TB(-) | CM(0)

ロック・ホームのアンソロジー

少し前に、手塚治虫氏の作品に登場するキャラ、ロック・ホームに関してロック・ホームとシャーロック・ホームズと三谷氏という記事を書いたことがあります。その後、この人物について書かれた『華麗なるロック・ホーム』という本を読んでみました。
画像Amazon.co.jpより
画像





初期の登場作品から、最後の登場作品(ブッキラによろしく)までの何十年かをアンソロジー的に追ったものです。前出記事にリンクを貼らせていただいた、「アリトホシクズ」様の記事にあるような、ズボンの長さとキャラ設定に関しては、まだわからないことが多く、今後また関連作品を読んで行こうと考えています。しかしその記事にもありますように、このロック・ホーム、初期は如何にもヒーロー風の美少年探偵がメインなのですが、それが『バンパイヤ』の間久部緑郎で豹変します。美形悪役で、しかもこの中では女装までしています。正にホームズを思わせる変装の巧みさであると同時に、こちらの記事に書いたような、ホームズとモリアーティの表裏一体性をも感じさせます。この『バンパイヤ』は、かつてアニメと実写を織り交ぜたTVドラマが放送されていて、水谷豊さんが主演しています。個人的にはこの作品に、多少『バスカヴィル家の犬』と似た物を感じます。

米沢嘉博氏によるこの本の解説には、無国籍でかっこいい役を与えられたがゆえに、少年物の主人公たりえることが出来ず、その後悪の美学に酔うキャラクターとして変貌を遂げる旨のことが書かれています。少年の頃から、素朴な少年のキャラではなく、どこか大人であり、手塚氏の作風が複雑な物へと変化するにつれて、より複雑なキャラへとなって行くわけです。生みの親たる手塚氏も、かつては同じような立場であったケン一、さらにはアトムと比べると、冷たくてドライな感じと言っておられるだけに、元々少年でありながら、少年の枠を超えた特異なキャラであるともいえます。

ちなみにこの中の『化石島』という作品に、シャーロック・ホームズが登場します。ルパンにしてやられる、ホームズとしては損な役回りですが、ルパンが仕掛けてルパンが盗むという点で、『怪盗紳士ルパン』の、「悪魔男爵の盗難事件」を連想します。

[ 2015/06/20 23:17 ] | TB(-) | CM(0)

ダグラスさんのお屋敷の冒険 2

「ダグラスさんのお屋敷の冒険」の原作は『恐怖の谷』です。この中でホームズは校則を破り、ワトソンを連れて本物の殺人事件を見に行きます。そこで彼が見たのは学校とは別の世界でした、言い方を変えれば、学校では名探偵とみなされているホームズが、自らの限界を悟ったともいえます。

このお屋敷では、彼は単なる生意気な小僧に過ぎず、モリアーティ教頭の助け舟で、やっとマクドナルド警部に自分の推理を話すことが出来たわけです。この経験、そして既に社会人となっているジェファーソン・ホープにホームズが感化されたのは間違いありません。いずれにせよ、ホームズは死体を前に実に落ち着いていて、『ガリレオ』の城ノ内先生を連想させます。

ダグラス夫妻、マクドナルド警部そして警官のパペットの作りは、ホームズ、ワトソンその他生徒や学校の教職員とは異なっています。そしてそれぞれの部屋のインテリアも、観る人に心理的圧迫感を与えるデザインとなっています。

ワトソンは当初、夫人が犯人ではないかと疑います。夫が殺されたのにお茶を飲んでいたというのがその理由で、ホームズに、「旦那さんがいなくなってほっとしたんだよ」と言います。彼も大人の見方をするようになったなと思います。

下記2枚の画像は、マクドナルド警部のパペット(左)とダグラス家の居間です。いずれもメモリアルブックより。

画像 画像

[ 2015/06/19 23:11 ] パペットホームズ エピソード | TB(-) | CM(0)

The Adventure of the Residence of Mr. Douglas 2

"The Adventure of the Residence of Mr. Douglas" is based on "The Valley of Fear". In it, Holmes breaks the school regulations and goes out to see a real murder with Watson and discovers another world there. In other words, he realises his limitations though he is recognised as master detective in the school.

In the residence, he is nothing but an impertinent boy and could finally talk about his reasoning to Inspector MacDonald with the help of Deputy Headmaster Moriarty. This experience and Jefferson Hope who already starts his adult's life inspire Holmes undoubtedly. Anyway he is so calm in front of the dead body and it reminds me of Dr, Jonouchi in "Galileo".

The make of the puppets of Mr. and Mrs. Douglas, Inspector Macdonald and policemen is different from those of Holmes, Watson and other pupils and school staff. And the interior of each room is designed to give mental pressure to viewers.

Watson suspects Mrs. Douglas as criminal first for she enjoys tea despite the murder of her husband and says to Holmes, "She seems to feel relieved for having been separated from her husband". I think he becomes to have a viewpoint of adult.

The below are the puppet of Inspector MacDonald (left) and living room in the residence. Both images are from Memorial Book.

画像
画像


[ 2015/06/19 22:56 ] Galileo (TV series) | TB(-) | CM(0)

『陽だまりの樹』 第10回 禁じられた愛

眞忠組討伐により、万二郎は加増をされるものの、犠牲者を出したことによりそれを断る。お前は世渡りが下手だなと言う良仙。その一方で、万二郎はある女からいきなり短刀で襲われた。彼を兄の仇と狙う綾だった。傷を負った万二郎は、自身もけがをした綾を家に連れて帰って、良仙の手当てを受けさせる。そんな万二郎に、母おとねは何者であるか問い詰めるが、そこへ綾が出て来て素性を明かす。

綾は金を置いて伊武谷家を出て行き、万二郎がそれを返そうとしても受け取らず、こう言い放って去って行く。
「あなたを仇として憎むことは、武士の娘としての私の最後の意地」
良仙の方は、子連れでやって来た女の頼みを聞いて、種痘の準備をするが、その女はなぜか居場所を話そうとしない。不審に思いつつ準備をする良仙の前に陶兵衛が現れる。実はこの2人は陶兵衛の妻子だった。陶兵衛はすごむが、良仙は牛痘の液をぶっかけて牛にするぞと脅し、そこへ万次郎が入って来たため、陶兵衛は退く。しかし刀を抜いた万二郎相手に斬り合いを演じ、良仙は液を目つぶしにかけるが、実はそれはただの食塩水だった。

家に戻った陶兵衛は、妻のお品に当たりちらし、酒瓶を手に取るが、お品は酒を買う金もないと言う。前妻のさとを殺した蘭方医を憎む陶兵衛だが、お品は手塚先生は信頼できるという。そして、人斬りを生業にするのはやめてくれとすがるが、そのお品の手を振りほどき、陶兵衛は姿をくらます。しばらく経ってその家に万二郎があらわれ、陶兵衛について訊くが、お品は知らぬ存ぜぬを繰り返す。業を煮やした万二郎に、お品は自分も陶兵衛を憎んでいるという。万二郎は、陶兵衛に自首するように言い残して去って行くが、お品には芝浜の一件、そして着物の件、陶兵衛のことなどが次々と思い出された。

万二郎は、良仙の仲介で材木問屋の井筒屋久兵衛に引き合わされる。屯所の造営についての相談だが、万二郎は既にその件は決まったからと断る。その後良仙は、昨日岡場所で綾を見たと万二郎に話す。綾は兄音次郎の借金のかたに、遊女として岡場所にいたのだ。自分が通うことで、綾が穢れずに済むと考えた万二郎は、その後毎晩のように岡場所通いをするようになる。酔っぱらって、しかも化粧の匂いをさせて帰宅する万二郎をおとねは心配し、良仙に、悪い遊びを教えないでくれと頼むが、良仙にとってはとんだとばっちりだった。

一方万二郎は綾を身請けしようと思うが、それには100両がかかった。家の金目のものを集めても、20両程度にしかならないと言う万二郎。良仙は金の工面をしようとするが、家計は苦しかった。そして陶兵衛の妻お品と息子は、家をいったん出るも再び戻り、陶兵衛に人斬りから足を洗うようにいう。しかし陶兵衛はその後30両の金を持って現れる。井筒屋と取引をしている異人を斬るように命じられたのだ。しかしその場に歩兵組隊長の服装をした万二郎が現れ、井筒屋一行は命拾いをする。

井筒屋は礼を言い、お口汚しという名目で金を渡そうとするが、万二郎は任務の一つだと受け取らない。なぜ受け取らないと責める良仙、そしてこうもいった。
「だからお前は、惚れた女を幸せにしてやれないんだ」
その後良仙は、久兵衛の妻の薬代の前払いということで金を受け取り、万二郎に渡した。万次郎はその金で、綾を身請けする。岡場所から戻る道で、2人はまたも陶兵衛に遭遇する。この時万二郎は陶兵衛を斬るが、はずみで転んだ綾は頭部を強打し、身動きのできない体となる。

万二郎は家に綾を連れて行き、ここで面倒を見てほしいとおとねに頼む。おとねは、よくなったらここから出て行ってもらうと答える。その後万二郎は、陶兵衛が持っていた竹とんぼを渡しに、陶兵衛の家を訪れ、その時陶兵衛の妻がお品であることに気付く。その一方で、綾の容体はすこしもよくならなかった。

画像

[ 2015/06/19 00:38 ] ドラマ 陽だまりの樹 | TB(-) | CM(0)

ダグラスさんのお屋敷の冒険

ある晩ハドソン夫人が221Bにやって来て、学校の近くのダグラスさんのお屋敷で殺人があったことを伝える。ホームズは校則を破って、ワトソンと共に外出し、ダグラス邸に忍び込む。お屋敷の内外には複数の警官がいた。そしてホームズとワトソンは、捜査の指揮を執るマクドナルド警部に尋問されるが、その場に現れたジェファーソン・ホープが機転を利かし、うちの社員ですと言って事なきを得る。

再会を喜ぶ3人。ホープは美術運送の仕事をしながら彫刻の勉強をしていると言う。そして、ダグラス氏の書斎から居間に絵をかけ替えたが、居間の壁にこの画は合わないといい、他にも不審な点や、ダグラス氏の人となりを2人に話して聞かせる。ホープが帰った後、2人は偽の警察バッジをつけて書斎に入る。ワトソンは気味悪がるものの、ホームズは死体を調べ、結婚指輪がないこと、顔が散弾銃でめちゃめちゃになっていること、そしてダンベルのおもりがいくつか抜き取られていることに気付く。しかし2人は警察ではなく、生徒であることがばれてしまって逃げ出す。

MrDouglas2.png
死体の不審な点について説明するホームズ


ホームズは庭の池から、ワトソンと、2人を連れ戻しに来たモリアーティ教頭に手伝ってもらって何かを引き揚げようとする。おもりを入れた上着をついに引き揚げたホームズ、そしてワトソンは、教頭に、通報は市民の義務だと言ってお屋敷の方に走り去る。マクドナルド警部はホームズを突っぱねるが、意外にもモリアーティ教頭が、彼の能力について警部に話し、いうことを聞いてやってほしいと頼む。ホームズは警部に、ワトソンが手にした上着を見せながら、死体とダンベルの不審な点について説明し、書斎の死体は犯人の物で、ダグラスさんは生きていますと言う。

そして一同は、壁の内側の空間に、この家の主人がいることを突き止める。その空間は書斎から運ばれた絵でカムフラージュされていた。ホームズは捜査に参加したがるが、ワトソンと共に教頭からベイカー寮に連れ戻される。教頭先生は、自分が仲介したからこそ、警部とのやり取りが出来たとホームズに言い、己の小ささを思い知れと注意する。そして、ホームズには1週間、ワトソンには3日間の謹慎を言い渡す。

Holmes, Watson and Moriarty
「ホームズ、おまえは謹慎だ」(メモリアルブック)
[ 2015/06/19 00:20 ] パペットホームズ エピソード | TB(-) | CM(0)
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud