fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  麒麟がくる

『鎌倉殿の13人』に関しての武将ジャパンの記事について思うこと 82その2

『武将ジャパン』大河コラム、第44回後半部分関連記述への疑問点です。


鎌倉殿の13人感想あらすじレビュー第44回「審判の日」 - BUSHOO!JAPAN
(武将ジャパン)
https://bushoojapan.com/taiga/kamakura13/2022/11/21/172147

1.空々しく公暁が反論しても、八幡宮の別棟として、鎌倉殿を支えることが天から与えられた道だと諭します。

些細なことではありますが、「別棟」ではなく「別当」ですね。昨日の「馬を用意している」(実際は「蓑を用意している」)もそうですが、この手のミスが今回もいくつかありますね。

2.圧倒的な北香那さんの演技。感動が押し寄せてきてたまりません。
彼女は、権力などどうでもいい。我が子を愛したい。そんな母親です。実衣やりくとは違う。

出演者の評価ならここでやるのではなく、後の総評の方でやってもいいかと思います。それとつつじの場合、権力を持とうにも持たせてもらえなかったのも事実で、だからこそ息子への愛を貫くことができたのでしょう。

3.当初の薄緑色の衣装を着て、ニッコリ笑っていた義時はもう遠い。
誰が見ても悪くなったからこそ、こんなやりとりに説得力があります。脚本を書く側と、演じる側。その双方に信頼関係がなければこうはいかないと思います。
義時は悪いけど、三谷さんと小栗さんの関係はとても善いと思います。

「脚本を書く側と、演じる側。その双方に信頼関係がなければこうはいかないと思います。義時は悪いけど、三谷さんと小栗さんの関係はとても善いと思います」
どの大河でも脚本と主演とは、大体こういう関係ではないのでしょうか。それと、こういうのもあらすじの途中で書くべきなのか、どうか。

4.雪の朝。
義時が政子と対峙しています。

この1月27日、朝はまだ雪は降っていないはずです。警備担当の時房が空を仰いで、降らなければいいのだがと心配しているシーンがあり、午後、政子と実衣が出かけようと言う時になって雪が降り始めていますね。しかもこの後で、
「夕方に降り始めた雪が積もり始めています」
ともあり、何か矛盾しているように見えます。

5.「正しいと思った道を選んでここまでやって来た。そうではないのですか。今さら誰に何を言われようとひるんではなりません。私たちは正しかった。いつだって」
闇そのものがうずくまっているような義時の顔。存在感。
言葉とは裏腹にまっすぐな気持ちがまるで感じられないのは、先ほどの実朝と比べてみるとよりわかるでしょう。

「まっすぐな気持ちがまるで感じられない」
だから何なのだ、と思うのですが…。この時代まっすぐに生きていたら生き残れないからこそ、幼なじみの御家人をも騙し討ちにし、北条の地位をゆるぎないものにしたわけであり、そして政子も本意か不本意かは別として、そのやり方を認めざるを得なかったからこそ、今の尼御台としての彼女があるわけでしょう。公式がそう言うのならまだしも、あまり闇闇言うのもどうかと思いますし、実朝はそれができず、なのに鎌倉殿という高い位置にいたからこそ、狙われるもととなったのですが。

6.なんせトウは、頼家暗殺の当事者です。仲章に口を割られたら一巻の終わりとなるかもしれない――そうした状況を踏まえ、必ず吐かせてみせると勝ち誇る仲章。

これ「口を割る」のは仲章でなく、トウではないかと思うのですが。それと仲章は、義時が頼家暗殺の黒幕と気づいてはいたでしょうが、トウが関わっていたことを知っていたでしょうか、恐らく刺客が自分を狙いにくることはわかってはいたでしょう。

7.これまで目立ってきた母親像が、損得ありきのりく、実衣、のえだったせいか、あまりに真っ直ぐな彼女たちには胸が痛くなるばかり。

別に損得ありきの母親でもそれはそれでいいのです。彼女たちもまた、のえ以外は夫とはそこそこ円満な関係であったはずです。逆に真っすぐでないからこそできたこともあるのですが、なぜか彼女たちのそういった部分を評価しませんね。それと実衣は、本当に権力好きなのか迷うところです、言ってはなんですがその割に才覚というものをあまり感じず、身内に守られて生きて来た感がありますので。

8.一方、北条義時は空っぽだ。
前半は散々「全部大泉のせい=頼朝が悪い」と言われていましたが、後半になると「主役は泰時ではない」と言われてしまう。

この後に新聞記事のリンクがありますが、その見出しには
「NHK大河「鎌倉殿の13人」いつの間にか主人公交代…小栗旬「義時」→坂口健太郎「泰時」へ」
とあり、「主役は義時ではない」が正しいようです。これもケアレスミスなのかも知れませんが。

9.便宜上、大河には主役がいますが、実際には群像劇であることも往々にしてある。

群像劇だから主役がいないわけではなく、それぞれのパートの核になる人物がちゃんといます。
群像劇大河の典型と言うべき『国盗り物語』(多分武者さんは観ていないでしょうが)には、
斎藤道三→織田信長
葛籠重蔵
雑賀孫市
といった感じで、異なったいくつかのパートで、メインとなる登場人物がいました。

10.そしてもうひとつ。義時には思想がない。
空っぽゆえに歴史上、果たすべき役割が入り込んでくる。ゆえに本人は空洞。

思想がないからこそ、ここまであれこれと策を弄することができたのでしょう。無論まだ思想も学問も不在ではありましたが、義時が体を張って世の中を安定させた後に、嫡子泰時がその部分を埋めることになったとも言えます。

11.それに反して泰時は、思想がある光秀と同系統の人物といえる。

それとこれとはちょっと違いますね。光秀は結局は主君を殺して墓穴を掘ったとも言えますし。『麒麟がくる』を出したいのだなとは思いますが。

そしてバーナード・コーンウェルの『神の敵アーサー: アーサー王物語』の説明、これが承久の乱につながるものがあるとして、やけに長々と書かれています。正直に言って、比較するにはちょっと…と思われるのですが、ここでは省きます。そしてここで気になったのが

12.アーサー王はイギリス人の国民的英雄なのに、神の敵とは何ごとか?
要するにキリスト教の上陸前、ケルト民族の神を信じているから「神の敵」なのです。

アーサー王は、元々はアングロサクソンではありません。ケルト民族の一派であるブリトン人とされています。ただアーサー王物語には、キリスト教の王として描かれていたりもします。

13.ゆえに、こういう心を掘り下げる作品は、今後、増えると思います。
役者さんは演じるにあたり、脚本を受け取って、この役はどういう心なのか考えて、水の中に飛び込むように入り込んで演じるのだと思います。
(中略)
そうして脚本の中に描かれた心と、演じる役者の心と、見る者の心が触れ合って、ハーモニーとなってずっと響いている。
そういう次元に、このドラマは到達していると思えます。だから面白くないわけがない。

私としては面白い部分もあればそうでない部分もあるし、殆どの大河、ひいては映像作品とは、観る人によって評価が別れると思います。武者さんがこう書くのは、三谷さんの作品だからと言うのも多分にあるでしょうね。

14.でも、そもそも戌の神様って?
今週でてきた十二神将像を調べていたら、困惑したので書きますね。
十二支とは?
中国の戦国時代以来のもの。
十二神将とは?
仏教由来で、干支と組み合わせた。
ちなみに中国と日本では異なります。
つまり、インド生まれの仏教と、中国生まれの十二支と、組み合わせたもの。それを日本人が独自解釈して敬っている。

十二神将は中国大陸伝来で、かの地では十二支と結び付けて信仰されており、日本でもそれにちなんで、十二支を採り入れた姿で表現されています。この十二神は、元々はインドの神話に登場する魔物で、中国大陸に仏教が入った際に十二支と結びついたという説もあります。いわでもですが薬師如来の守護神です。

で、その後
「もうこれだけ神がいるなら、義時もなんとかなりますって!」
前回の分では、酷い最期を期待と書かれていたのですが…。

飲み物-レッドビール
スポンサーサイト



[ 2022/11/25 01:45 ] 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 | TB(-) | CM(2)

『鎌倉殿の13人』に関しての武将ジャパンの記事について思うこと 82その1

『武将ジャパン』大河コラム、第44回前半に関する記述への疑問点です。


鎌倉殿の13人感想あらすじレビュー第44回「審判の日」 - BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)


1.当人が設計図を描き、実際に造るのは弟子。早く作ったほうが喜ばれるし、次の依頼をこなせると打ち明けています。
古今東西、チームで作ったものが代表者一人の名義になっていることはよくある話ですね。

鎌倉初期、あるいは平安時代の像は、誰が作ったかがきちんとわかっている物もあるのですが。

2.政子は義時が信心深くなったと感慨深げです。
なんでも半年前、義時の夢に白い犬が出てきて、妙に心に引っかかっていたとか。夢のお告げは信じない。そう言いつつも、どこか気にはなるのでしょう。

政子は「信心深くなった」と言っているのではなく、
「変わるものね、大して信心深くなかったあなたが薬師堂を建てるなんて」
と言っていますね。

3.行事に金を費やすことは、鎌倉という幕府を作る上でも大事なこと。ゆえにそこは「気にしい」でよいのです。

「行事に金を費やす」というセリフはこのシーンで登場しないのですが。

4.官位の話は、日本史において避けられないものですね。
伝統的に日本人を縛るものであり、江戸時代の大名だって「あの家よりも高い官位が欲しい!」と贈賄をしてまで買いました。
そうかと思えば、天皇の飼い猫が昇殿のため従五位下とされたり、江戸時代には天皇に謁見するため従四位を与えられた象もいたり、妙なことが起きるものです。

官位官職と言うのはその人物が昇殿できるか、帝に拝謁できるかを決めるためのシステムでした。「日本人を縛る」は如何なものかと思います。動物への官位贈与は、帝にお目にかけるためのものとして必要だったのでしょうね。

5.こうした思考回路は、2020年『麒麟がくる』の織田信長が体現しておりました。
彼は天皇から与えられるこういった恩恵に対し、途中から無頓着になるという描写でした。

武者さんは『麒麟が来る』絶対だからこうなるのでしょうが、それ以外の戦国大河でも、信長が官位を欲しがらないシーンはあります。無論これは、彼が日本の支配者を夢見ていたからとも受け取れます。

6.八幡宮の僧侶に列の並びを聞かれた朝時があっさり教えたと教えられ、泰時が愕然とします。
平盛綱も硬直。
朝時は教えたら駄目なのか?といささか狼狽していますが、こやつに警備担当をさせたら駄目すぎますね。機密が全く守れていない。

このシーンですが、八幡宮の僧たちだからと言うことで、朝時も気を許したのではないでしょうか。無論朝時が「駄目?」と訊いているだけで、他はいいとも悪いとも言ってはいません。ただ泰時はそれでいいのかといった表情ですが。

7.ドラマ本編では描かれてませんでしたが、実は次の鎌倉殿の妻には、源頼家の娘である竹御所とされていました。女系では血が繋がるという意識があるわけです。
中世は、女系継承の重要性を理解しておくと、理解しやすくなるかもしれませんし、ここでの政子の指摘は重要かもしれません。

中世というか鎌倉時代の女系継承は、前の時代の名残りもあったでしょうし、女性が土地分配の対象であったのも、土地が沢山あったからと言えます。これが室町時代になると変わって来ます。

8.義時の妻・のえが、源仲章と貝合わせをしています。
つくづくいやらしい大河ですなぁ。貝合わせは夫婦和合の遊びでしょ。

貝合わせはその貝の美しさをめで、優劣を決めるのがそもそもの遊び方でした。それぞれの貝を合わせるのは、元々貝覆いと呼ばれていたようです。夫婦の和合の象徴となるのは江戸時代以降で、その頃は貝の大きさも大ぶりになりました。この大河の貝もいくらか大き目ですね。

9.貝合わせをしたいのだと彼女が答えても、魂胆あって近づいたことがなぜわからないのか!と苛立つばかり。
おおかた仲章は、京都から取り寄せた高級品でも貝合わせに使ったんでしょうね。京都の雅で釣ればホイホイ引っかかると踏んだか。

その前の回で、既に仲章はのえに近づいていて、のえも遠江の生まれだが坂東が合わないと言っていますね。こういうことを踏まえての、今回の貝合わせでしょう。

10.嗚呼、義時よ……。かわいげがない、愛嬌不足の男です。この点、源頼朝や父の北条時政とは大違いだ。
のみならず、色気もないと証明してしまったこの夫婦のやりとり。艶っぽさがまるでありません。
まだ八重や比奈と一緒にいる時は引き出されていたけれど、もうゼロを通り越してマイナス。
仲章は、自分の色香を把握していた上で、それをふんだんに使いながら彼女に迫った。
それと比べると、なんと無惨なことでしょうか。

「嗚呼、義時よ」て武者さん、この前もこの表現を使っていますね。よほど使いたいのでしょうか。
別に私は、この夫婦の会話にロマンスを感じようとは思わないし、義時もお前はあいつに利用されていると言いたいだけでしょう。八重とか比奈とのえとでは、置かれた境遇も、義時と結ばれた動機も異なっています。また義時と仲章も、両者の立場が正反対である以上比較はできないでしょう。なぜ無惨なのでしょうか。

11.八幡宮では北条時房が警備の準備を進めていました。
なんでも公暁に関して、怪しい情報が届けられているとか。馬を用意しているうえに、そばにいる駒王丸はあの三浦平六義村の息子である。

ここの部分ですが、まず公暁に関しての怪しい情報について。盛綱が泰時に話した、蓑が八幡宮に運び入れられた件でしょうね。なぜ参篭の最中で出かけるわけでもないのに、蓑を運び入れるのかと泰時が怪しむわけです。
それから「馬を用意している」ですが、このシーンを何度見ても馬など出て来ません。
あとそばにいる「駒王丸」は、「駒若丸」ですね。駒王丸は木曾義仲の幼名です。

12.そもそも実朝は、公暁が鎌倉を狙う行為を理解できません。挙句の果てには、親王がくだることを喜んでいるのではないか?とまで言い出します。
これには実朝のバイアスも感じます。西から東に来れば喜ぶという先入観がある。

公暁も京で修行をした以上、朝廷の権威と言うものは分かっているから、実朝のバイアスとは一概に言えません。ただそれ以前に、なぜ自分が冷遇されるとも思っていたはずで、この喜ぶと言うのは、あくまでも「喜ぶ素振り」であったかとも考えられます。

13.鎌倉から離れようとする源実朝に対し、激しい動揺を感じた北条義時について少し考察を。
本作はなかなか難解なところがあります。
義時は武士の世の終焉について考えているようにすら思える。
武士の政治権力が天皇のいる京都に向かうと危うい。
これは幕末の懸念でもありました。

「武士の世の終焉」とありますが、まだその武士の世ができて日が浅いこの当時、鎌倉を中心とした御家人たちの政権が終わるのを危惧していたと思います。

でその後「一会桑政権」が登場し、
「2021年『青天を衝け』の冒頭には徳川家康が出てきて、こうした武家政権の構造を表面的にはなぞりますが、どんな行為が江戸幕府にとって致命傷になるか?という情報は得られませんでした」
とありますが、『青天を衝け』の主人公は渋沢栄一であり、また家康公はナビゲーターなのだから当然です。ちなみにあの家康公は好きでした。
そして
「その家康ができなかったことを義時が説明しているようで、超絶技巧にもほどがある。勉強になります」
何やら意味不明な文章ですが、結局は青天は駄目で鎌倉殿はいいと言う、今まで通りの武者さんの論調のようです。

そしてまた、
「それと同時に、不思議なことも。
明治維新で【王政復古】だというけれども、京都が首都になるどころか、武士が作り上げた江戸を東京として、そこに天皇と御所を移した。
これは一体どういうことか。鎌倉時代草創から明治維新まですっ飛ぶような、そんな発想をしてしまうのです」
とあります。諸説あるとは思いますが、やはり帝と公家を切り離したかった、江戸のインフラを活かしたかったというのも理由としてあげられるでしょう。新政府にも、多くの幕臣が取り立てられていましたし、特に『西郷どん』では、明治天皇に東京に移っていただくことについての描写もありますが、どちらも武者さんは好きでない大河だから、ちゃんと観ていないのでしょうか。

14.文官たちは武士に対する「文士」とされましたが、子孫の代となると武士に吸収されていきます。
文士と誇りを持っていられた時代は長くありません。弓すらまともにできないとからかわれ、奮起する文士の子孫たちがいます。
一方で武士も教養を身につけていく。
両者融合して、文官武官の区別があいまいな日本の武士はできあがるのです。

鎌倉幕府というのは武家政権です。中国のように文官が優勢であるわけがないし、また文官と武官にはっきり分かれていたわけでもありません。寧ろ僧侶が、文官として政権の補佐をしていたことはあります。

15.そんな大江広元に、義時が本音を打ち明けます。
「今にして思えば、頼朝が望んだ鎌倉は、頼朝の死と共に終わった」
しんみりとするようで、嫌な開き直りにも聞こえますが、広元はどう反応するか。
頼朝の建てた鎌倉を放り出すことはできないはずだと語りながら、義時の背中を押します。
「臆することはございません。それがこの鎌倉の流儀。仲章には死んでもらいましょう」
そう言い切る広元は、すっかり精神が武士に染まっています。
京都の貴族は流血を嫌います。ゆえに呪詛が好き。仲章が「血で穢れた」と言っていたように、そんな発想があります。
一方で広元にはありませんね。

「今にして思えば、頼朝が望んだ鎌倉は、頼朝の死と共に終わった」
ではなく
「今にして思えば私の望んだ鎌倉は、頼朝様が亡くなられた時に終わったのだ」
ですね。頼朝のためであったからこそ、彼もまた骨身を惜しまず働いたのでしょう。それと広元ですが、頼朝という武人に仕えている以上、このような発想になってもおかしくはありません。
「あなたの前に立ちはだかる者は、みな同じ道をたどる」
とも言っているわけですし、義時に賛同しているのがこれでわかります。
また仲章の「血で汚れた」の表現は、頼家の殺害という意味も込められているでしょう。

16.いい歳して派手すぎかと言い訳しながら、実衣が真っ赤な衣装を着ています。
今さら、と返す政子の頭巾はかわいらしいピンク色。
実衣が尼御台も化粧をしたらと言うと、政子は顔を見せてきます。
きれいにお化粧をしています。ちょっと赤を使っているとか。

実衣は「真っ赤な」ではなく、赤地に花柄が入った袿ですね。政子の頭巾がピンクかどうかは、照明の具合にもよるかと思いますが、目元と唇に紅を使っているのは確かです。


飲み物-ホットラム
[ 2022/11/24 00:00 ] 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 | TB(-) | CM(0)

『鎌倉殿の13人』に関しての武将ジャパンの記事について思うこと 81その3

『武将ジャパン』大河コラム、第43回関連記述への疑問点その3です。

鎌倉殿の13人感想あらすじレビュー第43回「資格と死角」 - BUSHOO!JAPAN
(武将ジャパン)
https://bushoojapan.com/taiga/kamakura13/2022/11/14/172015

さて、北条泰時は自宅でぼやきタイムです。
弟の北条朝時から讃岐守はすごいと言われ、妻の初からまさか断らないだろうと念押しされますが、表情は浮かない。朝時は断ったら俺がなるってよ。今週もダメな弟だな。
と、そこへ闇の物体そのもののような義時がやってきます。
初が、また夫が何かやらかしたのかと心配していると、朝時が「ちぐさ」という女と揉めたことを詫び出している。いや、だから、お前は本当にダメな奴か。

「弟の北条朝時から讃岐守はすごいと言われ、妻の初からまさか断らないだろうと念押しされますが、表情は浮かない」
初の言葉の後に、気乗りしないとつぶやくように言って酒に手を伸ばして、初から止められていますね。で、朝時の
「断ったら俺がなる」
ジョークですよね。兄貴がならないなら俺がなろうかなあと言う軽いノリで、この人らしいと言えます。あと女性に手が早いのもこの人の特徴ですが、だから駄目な奴とも言えないわけで、承久の乱ではかなりの活躍をしていますね。それと時政の名越邸を受け継いでいます。

義時は無言のままでしたが、答えはおおよそ浮かんできます。
義時は「守成の英雄」になりたかったはず。
創業の英雄は、乱世の奸雄として悪事に手を染めねばならず、義時は自分がそうではないと思いたかった。頼朝の悪辣さに憤る側の人間だと思いたかった。
しかし、思った以上に乱世が長い。
清廉潔白であれば畠山重忠のように滅びてしまう。生き延びるために汚く染まってしまった自分が悲しくなる。
でも泰時はそうではない生き方ができる。よりよい世を作れるはずだ。

「守成は創業より難し」とでも武者さんは言いたいのでしょうか。
伊豆の領主の子に生まれ、図らずも頼朝の一番弟子的な存在となり、様々な形で師匠頼朝のやることを引き継ぐことになった以上、果てはその頼朝の子供たちをも手に掛けるような、汚い仕事にも手を染めざるを得ませんでした。そして
「思った以上に乱世が長い」
と言うよりは、時代の変わり目というのはとかく不穏なものであると言うことでしょう。江戸幕府でさえも安定したのは三代目からです。

実衣が、桜の花見からうきうきした顔で御所に戻っています。
姉がいないだけでこんなに伸び伸びできるなんて!
そう言い、のえに話しかける。
実衣は夫・阿野全成の言葉を忘れたのかもしれない。権力に酔いしれ、あわよくば時元を次の鎌倉殿にしようと企み、迷走しているように思えます。
そしてこれまた危険なのえ。

実衣が権力に酔いしれているかどうかは疑問です。鬼のいぬ間の洗濯といった感もあります。第一彼女も次の鎌倉殿は公暁推しで、時元はその次の候補ではあるのですが。それにこのシーン、どちらかと言えばのえを出すのが目的ですね。

二人は桜を見ています。何がけしからんって、のえはこんなロマンチックな時間を義時とは一切過ごしたように思えないところですよ。
彼女は「永福寺が素敵だった」とか語り始める。
仲章は「嵐山の桜も見頃かもしれない」などと言い出す。
向こうにずっといたのか?と、ときめくのえ。仲章はここだけの話と言いつつ、未だに坂東の水が合わないと打ち明けると、私もそうだとのえ。

けしからんかそうでないかはともかく、このような話を振ってくること自体、仲章が彼女を利用しているようには見えますね。

いつでもつきあうと言い残し、去っていく仲章……って、一体なんなんだよ、きみたち本当になんなんだよ!
三谷さんは腕を上げられたと思うところがあって、それはいやらしい会話術の気がします。ここの二人の会話は実にいやらしい。
のえの浅はかな見栄っ張りぶりよ。本物の京都育ちである千世にはないワナビー感が痛々しい。
そういう背伸びした女を転がすなんて、仲輝からすれば簡単コロリ。実質的に不貞としか言いようがない目線をビシビシと送っていて、これはあんまりだと唸ってしまいましたね。

だから仲章が義時の妻であるのえを、自分の側に取り込もうとしているわけですよね。そしてのえも、仲章に話を聞いて貰ったこと、ほめて貰ったことで満更でもないと思っているのでしょう。しかし前にも書いていますあが、武者さんは人物描写を、やけにこういう男女関係、色事の視点から見たがるし、またその手の記述にスペースを取りたがる傾向がありますが、これドラマのレビューですよね?
何だか軽いなと思ってしまいます。嫌いな大河でこんなシーンがあったら叩くのでしょうけどね。

それと「仲輝」て誰ですか?

そして仲章は、平賀朝雅に毒薬を渡した前科があるわけでして。
仲章経由でのえが毒を手に入れられるのではないか?という期待すら抱いてしまいます。
まぁ、そんな期待をされる北条義時も、一体どういう主人公なのかと思いますけれども……。

こういうのはこれからのお楽しみであるにも関わらず、勝手に妄想するのもどうかと思いますが。このコラム、ひいては朝ドラ記事にも言えることで、特に好きな作品の場合、勝手にあれこれ予想したがるように見えますが、別に予想コラムじゃないのですけどね。
しかし流石に後鳥羽上皇が毒を渡したとは書かなくなりましたね。あのシーン、はっきりそうとはわかりませんから。

仲章との会話で、かえって義時には伊豆に戻って穏やかに過ごす時政ルートはないと示されたようなものでしょう。
どんな酷い最期になるのか、本当に期待です。

時政はのんびり暮らしていましたが、実の息子義時から追放されていますし、しかもりくは京に戻ってしまうし。少なくとも義時にはそのような老後はないと言うか、そもそもこの人に「老後」があるのかどうかは疑問です。生涯現役の見本のような人でしょう。それと
「どんな酷い最期になるのか、本当に期待です」
言っちゃなんですが、大きなお世話だと思います。ひとつ前にも書いていますが、ここは武者さんの個人ブログでもなく、またドラマの結末を予想する場でもないのですが。

義村はさらに畳み掛けます。北条は貴方の家族を殺した。わずか6歳の兄上も殺された。北条を許してはならない。北条の助けで鎌倉殿となった実朝もまた、真の鎌倉殿にあらず。
そう吹き込むと「許せぬ!」と怒り心頭の公暁。
さて、この場面からして、今後の惨劇の黒幕を三浦義村とみなすことはできるのか?
難しいところです。
これは『麒麟がくる』の正親町天皇と光秀の関係もそうでしたが、動機を煽っただけで黒幕とみなすことには少々無理があります。
あくまで決めるのは公暁の意志。

公暁に義村が「事実」を打ち明けるシーンですが、実朝暗殺は義時の案とも、他の御家人を巻き込んだとも言われています。後者であれば、義村も暗殺を煽ったことにはなるでしょう。しかし途中で急に北条絡みの話をする辺り、何ともうさん臭く、公暁を焚き付けようとしている感があるのですが、公暁本人はそれには気づいていないようですね。

そしてそこで『麒麟が来る』。本当に好きですね(苦笑)。ただしここでの義村は公暁の乳母夫でもある以上、自らに火の粉がかからず、しかも目的を達成させる必要があります。どのような手を使うのでしょうか。

義村にせよ。実衣にせよ。藤原兼子にせよ。
自分が権力を得るチャンスに鼻をひくつかせている――そういう軽薄さがあるといえばそう。一直線に目標に向かう公暁とは違う軽さがあって、実にいやらしい。

義村に取って公暁は駒である以上仕方のないことでした。実衣については何とも言えません。そして兼子の場合ですが、この人は既に権力の座にいる人で、寧ろ頼仁親王を鎌倉に遣ることで、自らの影響力を強めようとした、鎌倉の覚えめでたき存在になろうとしたかも知れません。あと公暁の場合権力と言うか、まずは親の仇である北条と実朝を討ち取り、しかる後に義村の力を得て、鎌倉殿となりたかったのではないでしょうか。

日本中世において女性がどう権力を持ち、行使できたか。そこを語る上で大事な場面に思えました。
男性同士である後鳥羽院と時房の場面とも対照的に思えます。
むしろ感情的で気まぐれ、思いつきで進めるのは後鳥羽院の方に見えます。

「むしろ感情的で気まぐれ、思いつきで進めるのは後鳥羽院の方に見えます」
この書き方はどうかと思いますね。見方によっては、
「本来は女性は感情的で気まぐれ、思いつきで進めるのだが、この場合は寧ろ男性の後鳥羽院の方がそう振舞っている」
と言っているように取れますし、それは武者さんの主張と相いれないのではないでしょうか。そして時房との蹴鞠ですが、別に上皇は感情的でも気まぐれでも、ましてや思いつきでことを進めているようにも見えず、頼仁親王の派遣を命じて時房の耳にも届かせた辺り、なかなか強かだなとは思います。

女性の飲酒というのは、儒教文化圏ではタブーです。韓流ドラマや小説だと、女性が酒を飲むことがいかに大変であるかがじっくりと描かれることがあります。
これは日本でもそうで、女性が堂々と酒を飲めるようになるまでいろいろ乗り越えるべき壁がありました。
男性相手にお酌をしつつ。男性と差しつ差されつつ。
そういう局面ではなく、女性同士が親睦を深めるために飲酒する。
大河で描くのは画期的に思えます。飲むところまでは入りませんでしたが、果敢な挑戦が見られました。

そもそも儒教圏では、目上の人の前で差し向かいで酒を飲むことができませんね。それとこれも先日の投稿で、『風林火山』の三条夫人と由布姫が、甘酒を酌み交わすと言うよりは、酌み交わそうとするシーンがあると書いています。探せば、もう少し女性同士の飲酒シーンもあるかも知れません。

それと「いろいろ乗り越えるべき壁」があったのなら、それについて書いてほしいですね。

奇妙な仕上がりになってきています。
義時は主人公なのにセリフと動きが少ない。最終章突入後その傾向はありましたが、今回は特にそうでした。

義時は完結編では黒幕に徹している感があります。そういう場合はできるだけ、今後を悟られないように大げさに動かさないのではないでしょうか。

干し蛸を貶された政子は、かつてだったら引っ込めていたかもしれない。
それが民衆の暮らしを考えるべきではないかと提示するようなもっていき方で反論。
こういう言い方は、「あなたとちがって私たちは民衆の生活を見ている」という確信なしではそうそう言えないことでしょう。

「あなたとちがって私たちは民衆の生活を見ている」
何だかこれもマウントぽく響きますね、それとこのシーン、民衆の暮らしへの言及など出て来ませんし、その前のシーンも政子はそう言ってはいませんが。自分で勝手にシーンを作らないでほしいです。

一方で、後鳥羽院から「東夷」と呼ばれたのが時房であり、ここで坂東武者の属性が再度確認される。
坂東武者の政とは?
「撫民」であり、それを成し遂げるのであれば華も夷も関係ない。そんな政治思想を持ち込む北条には義があると。

これも先日書いてはいますが、この当時まだまだ東夷と呼ばれることもあったでしょう。そして民のどうこう、そういうのはこのシーンには出て来ません。ましてや北条に義があるなどと誰も言っていません。ある意味、政子の「田舎アピール」とも言える干しダコで、ここまでストーリーを膨らませられるのもすごいと言えばすごいです、武者さん。

このドラマの北条義時は確かに悪どくて、のえに一服毒を盛られて苦しみ抜くのが相応にも思えます。
しかし、そんな悪党というだけでも仕方ない。
ゆえに、北条氏の歴史における役割や、政の意義をきちんと見せるようにまとめてきている気がします。
最終章はみどころが実に多いと感じるのです。

私は義時のその悪どさ、この時代を生き抜くにはやらなければならないこと、それに苦悩する姿勢などなどを観たいから、これを観ているわけで、今のところ後添いに毒を盛られろなどと思ったことはないですね。と言うか、のえの存在意義が今に至るまで、あまり描かれていない感じです。歴代の義時の妻の中でも地味な印象ですし、この妻にそこまでの情を抱かないからこそ、義時もここまでやれたのでしょう。

それと
「しかし、そんな悪党というだけでも仕方ない。
ゆえに、北条氏の歴史における役割や、政の意義をきちんと見せるようにまとめてきている気がします。
最終章はみどころが実に多いと感じるのです」
具体的に北条氏の役割や、政の意義とはどのようなものでしょうか。それを書いてこそのものだと思います。


飲み物-ビールと夜景
[ 2022/11/19 01:00 ] 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 | TB(-) | CM(0)

『鎌倉殿の13人』に関しての武将ジャパンの記事について思うこと 79その2

『武将ジャパン』大河コラム、第41回後半部分に関する記述への疑問点です。


鎌倉殿の13人感想あらすじレビュー第41回「義盛、お前に罪はない」 - BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)
https://bushoojapan.com/taiga/kamakura13/2022/10/31/171793


1.大河によって明かされる、本当は怖かった鎌倉。なんだか気分が悪くなるから絶対に行きたくないという意見も耳に入りますわな。

だったら行かなければいいだけの話ですが…。ただ武者さんはこの『鎌倉殿の13人』のコラムを報酬を貰って書いているわけで、そういう人が口にすべきことなのかとは思いますが。

2.しかし、義盛が鎌倉殿になった場合、ウリンはどうなるのか。
鎌倉殿の上、大鎌倉殿だと言い出します。
義盛は、何も考えていないようで、重要かもしれません。
義時は鎌倉殿という権威を傀儡化することで権力を握ろうとする。大鎌倉殿なんて発想にはならない。

そもそもこの義盛の「大鎌倉殿」なる発想自体非現実的だし、政治的にはどこか大雑把で、それゆえどこか愛すべき存在でもある義盛らしいとは言えます。それでなくても朝廷→鎌倉殿→執権という多重構造ですから、政治家の素質があれば、どこかでそれをスリム化しようとするでしょう。北条という権力側の人物と、有力ではあるが一介の御家人との違いとも言えます。

3.と、ここで弟の朝時が、矢に当たって負傷したフリをして、軍列から離れます。何処へ向かうのか。
義盛は、西相模の援軍が寝返ったと義直から聞き愕然とするしかありません。
鎌倉殿の命令だと言われても、北条の策に決まっていると義盛。
力攻めしてウリンを奪い返すのみだと言い切る。
泰時は段葛(だんかずら・鶴岡八幡宮の参道)を越えたい。といっても無闇矢鱈と突撃しては、和田軍の矢で狙い撃ちにされてしまう。
と、ここで泰時は民家を壊し、塀や板を集めるように言い出します。
隣にいた平盛綱はギョッとしています。民に迷惑をかけるとは泰時らしくない。しかし……。
「仕方ないだろう。これは戦だ」
そう割り切ります。かくして作戦決行!

この中での朝時と泰時の行動に関しておかしな点が見られるため、敢えて長めに引用しています。
まず
「ここで弟の朝時が、矢に当たって負傷したフリをして、軍列から離れます」
とあり、その後この引用部分では触れられていません。しかし実際は朝時は、恐らく矢を如何にして除けるかを考えていたと思われ、何か板切れのようなものを頭上にかざして戻って来ます。板切れには既に矢が刺さっています。泰時はこれを見て、民家の板戸を外して自分たちを守る方法を思いついたと考えられます。しかし朝時が板切れを探して頭上にかかげる部分が抜け落ちているため、泰時自身のオリジナルのような印象を与えています。

4.「もったいのうございます! そのお言葉を着方だけで満足です! みんなここまでじゃ。聞いたか。これほどまでに鎌倉殿心が通じああった御家人が他にいたか? 我こそは、鎌倉随一の忠臣じゃ! みんな胸を張れ!」

「聞けただけで」なのですが「着方だけで」になっていますね。私も時々変換ミスや入力ミスをやりますが、一応報酬を得て書いているわけですよね武者さんは。コラムをアップする前に、文章校正ツールのような物は使わないのでしょうか。

5.義時が目配せすると、それに応じた義村が矢を一斉に放たせるのです。
利で結びついた二人は、忠の象徴ともなった義盛を容赦なく殺す。

利で結びついたとありますが、この場合「利」が必ずしも悪いことであるかどうかは何とも言えません。彼らの行動は結果的に、鎌倉幕府という公的存在を利する方向に働いたとも言えそうです。そして義村がどうこうと言うのなら、一味神水までやりながら和田を裏切ったことにも言及するべきかと。

6.「お分かりか! これが鎌倉殿に取り入ろうとするものの末路にござる!」
忠などない義時がそう宣言すると、義村たちが和田勢に襲いかかってゆきます。
忠臣の死に涙するしかない実朝。

義時の忠は己自身にあるかと思われます。鎌倉殿に取り入ろうとするというのは建前で、自分に盾突こうとするものの末路と本当は言いたかったのかも知れません。それに義盛も意識していたかどうかはともかく、実朝を自分の館に呼んだりしているのは、ある種越権行為だったかも知れません。

7.戦死者の妻が泣いていて、屍がいくつも並ぶ。こうした生々しい遺体映像は近年の大河では珍しいと思います。

武者さんの好きな『麒麟がくる』でも、戦ではないものの、飢えた人々が食事を求めて都大路をさまようシーンがあり、あれも生々しいと言えるのではないでしょうか。

8.義時はさらに
「人を束ねていくのにもっとも大事なものは、力にございます」
と結論づけます。
あの歩き巫女がその様子をジッと目にしている。

ここですが、歩き巫女が見ているのは戦死した人々の遺体で、しかも時間的に日没前です。そして義時が実朝と話しているのは夜の時間帯です。第一歩き巫女が、この2人が話している様子を間近で目にできるわけなどありません。つまり、歩き巫女のシーンに、義時と実朝の会話をかぶせているわけですが、それが分かっておられないようです。

9.義時の前に、泰時、盛綱、そして朝時がいます。
義時は言いたいことがあれば申せと話しながら、勝手に戻っている朝時に「許した覚えはない」と冷たく言い放ちます。
と、ここで泰時が、和田合戦で板を盾とするアイデアを出したのは次郎であり、役に立つ男だと言葉を添えます。
「今の話、まことか」
「まことにございます」
義時の問いかけに応じ、即答する平盛綱。
「これよりまた私に仕えよ」
「ありがとうございます!」
この一件で、とりあえず朝時は許されました。しかし、朝時は知っている。その策は泰時のものだと。
「兄上……」
「役に立つ男になってくれ」

ここも疑問に感じる点が複数あるので長めです。
まず
「勝手に戻っている朝時に「許した覚えはない」と冷たく言い放ちます」
勝手に戻っているのもさることながら、泰時に話せと言ったのに朝時が話そうとしたのも、義時がこう言った一因ではあるでしょう。そして前にも書いているように、板を盾にするヒントを出したのは朝時であり、泰時がこのように言ったのも、単に弟に花を持たせるためだけではなく、それなりの理由があったからではないでしょうか。

10.望みがかなったとはとんでもない。実朝は頼家どころか頼朝を超える強さがあるとのこと。

義時は
「鎌倉殿は頼家様どころか、頼朝様をも超えようとされています」
と言っています。実朝が朝廷と直に結びつこうとしているためこう言っているわけですが、「超える強さがある」とは言っていませんね。

11.「ちぎれるほどに尻尾を振っている」と笑みを含んだ声で言うのは藤原兼子。
京都にしてみれば、鎌倉は野犬の群れに過ぎないのでしょう。

しいて犬に例えれば、少なくとも実朝は野犬ではなく、よくしつけられた血統正しき忠犬と呼ぶべきでしょうか。

それとMVPはやはり義盛と巴ですが。私ならこれに義村を加えます。

12.思えば源頼朝は、これからは「忠義」を大事にすると言いました。
源頼家は梶原景時に怒っています。
景時は結城朝光の引いた「忠臣は二君に仕えず」を責め立てておきながら、後鳥羽院に仕えようとした。
その梶原景時ならば、漢籍を読みこなし、「忠臣」がどういうものかくらい説明できたでしょう。概念は頭に入っている。
けれども「忠臣」という言葉に血を通わせ、鎌倉殿とこうも通じあい、響き合えたのは義盛が最初の気がします。
和田義盛もまた、武士道の一歩を刻んだ人物です。

梶原景時は頼家を見限って失敗し、義盛は実朝に取り入り過ぎて墓穴を掘った、そのようにも取れます。無論実朝と通じ合ったのも事実でしょうが、通じ合い過ぎて痛くもない腹を探られたと言うか、有力御家人に警戒の念を強める義時に、格好の口実を与えましたね。それとこの当時の「武士道」と、江戸時代の儒学の影響を受けた武士道は同じでしょうか。

13.しかし、義盛が成長していたこともあり、きれいな散り方に思えました。
作中でもあまり賢くない部類に入っていたはずが、あの策士の義村を上回るようなところまでみせる。
難しい言葉もテキパキと語り引き締めながら、大事な人には優しく熱く語りかける。
どうにも幼稚で子供っぽかったはずが、最終話で急激に成長したように思えます。大きくなり過ぎたからこそ、義時は卑劣な手を使うしかなかったとも思える。

武者さんやけに「義盛が成長した」と書いていますが、ライバルたちがいなくなって抜きんでた存在になり、しかも実朝と懇意になっていたわけですから、それ以前とは違って見えるということだろうと思います。根本的な部分は同じで、逆にそれがまずかったとも言えるでしょう。それと策士の義村を上回ると言いながら、結局はその義村の策に討ち取られましたね。

14.そんな中、主役である義時は完全に黒くなった。
しかもそれをやりすぎて実朝が上皇を頼るという想定外の選択をした。
策士が策に溺れている。あれだけ汚い手を使ったくせに目標を達成できない。そう自虐的に笑ってしまう。
こうも主役にいいところがないというのは、すごいことだと思えます。

主役とは最後に笑う(あるいは最後に散る)ものだと思うし、寧ろ後の得宗体制を築くために、今なお道半ばの状態であり、私としては「いいところがない」とは思えないのです。まだまだ苦労しているな、今後朝廷との一戦も控えているなとは思いますが。逆に実朝が朝廷の方を向くのも、ある意味義時の策略ではないかと思います。あらすじと感想でも書きましたが、実朝が本当にこう思っているのなら、滅ぶべくして滅んだ感もあります。

あと例によって、総評関係で色々書かれていますが省きます。ただひとつ、また『青天を衝け』がどうのこうの。本当に鬱陶しいなと思います。もう放送が終わった大河に、ここまであれこれ言うでしょうか。尤も朝ドラ関連、特に、なにわバードマンへの攻撃もかなりすさまじくなっているようです。

15.土方の「忠」は徳川慶喜や松平容保ではなく、近藤勇に捧げられていたとされます。
近藤の死後、どうすれば己の命で報いることができるのかと口にしていた。そんな近藤への「忠」が碧血になったと思えます。
そういう意味では、山本耕史さんが三谷大河で演じているのに、土方歳三と三浦義村がまるで正反対にも思えてきます。
もしも近藤への「忠」がなければ、そんな土方は単なるコスプレイヤーであり、中身がない、魂がない存在だと思います。
何の話か?って、『青天を衝け』のことです。
あの土方はセリフで近藤への思いを語ることすらない。
実際に面識があったかどうかも曖昧な渋沢栄一への目配せばかり。あの土方が流した血は、碧玉にはならないでしょう。
そういう魂が入っていない人物像を大河で見たくはありません。

まず碧血とは強い忠誠心の例えのことです。そして
「セリフで近藤への思いを語ることすらない」
セリフで思いを語らないから忠誠心がないと言い切れるのでしょうか。それにあの大河の主人公は渋沢栄一であって、近藤勇ではないのです。なぜ描き方が違う大河を同列に論じたがるのでしょうね。寧ろこの場合は、栄一がこの人物に出会ったこと、話を交わしたことこそが重視されるべきでしょう。それとも土方を演じた町田啓太さんが、『西郷どん』の小松帯刀だったのがお気に召さないのでしょうか。

それとツイッターでも指摘されていましたが、最後にサザンオールスターズの曲のを捩った歌詞があります。しかしどうも受け入れかねます。それにここのところで
「サザンオールスターズの『SEA SIDE WADA BLUES』という曲をご存知でしょうか?」
とありますが、本来のタイトルは『SEA SIDE WOMAN BLUES』です。『舞いあがれ!』の五島の谷先生こと前川清さんもカバーしています。

飲み物-ブロンドのエール
[ 2022/11/05 00:45 ] 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 | TB(-) | CM(0)

『鎌倉殿の13人』に関しての武将ジャパンの記事について思うこと 79その1

『武将ジャパン』大河コラム、第41回前半部分の記述への疑問点です。

鎌倉殿の13人感想あらすじレビュー第41回「義盛、お前に罪はない」 - BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)


1.瞬間、怒りで我を抑えられなくなったのでしょう。義時は、無言で双六の盤面をひっくり返します。

冒頭のシーンですが、特にこの部分は、その前の回から観た方がよさそうですね。第40回の終盤で、義時は義盛といわば和解するものの、どこか浮かない表情をしています。本当は和田を滅ぼしてしまいたいわけですから
「怒りで我を抑えられなくなった」と言うよりは、
「その時が来たか」
こう思ったのではないでしょうか。

2.「お許しが出た。北条につく」
と、和田邸を後にしようとすると、弟の三浦胤義は困惑しています。起請文をどうするのか。
解決手段は吐き出すことでした。原始的です。
何の意味があるのか?と疑念を感じつつも、やらないよりはマシだと言い合っている。
吐こうとしても全く出てこず焦る長沼宗政に対しては、八田知家が俺の指を使えと言い出します。
噛まれるおそれがあるのに、優しいといえば優しいけれど、ちょっとおかしい。なんて味のある人なんだ。

原始的だ何だと言っても、一旦胃の腑に納めたものをなかったことにするには、それしかないでしょう。しかもこの後に
「義時も起請文を破って比奈と離縁していましたしね」
とありますが、それとこれとはまるで違います。義村たちは一味神水をやらされたわけで、こちらは約束を破れば神罰が当たるとまで言われており、あの約束を反故にするにはこれしかなかったわけです。

それと焦る長沼宗政に対して、八田知家が俺の指を使えと言い出すところ、
「噛まれるおそれがあるのに」
などとありますが、宗政がひとの指を噛んだシーンというのはあったでしょうか?以前にそういう描写があってこそ、「噛まれる恐れがある」という言葉が意味を持つのですが…。

3.愛する人に別れを告げ、義盛は宣言します。
「目指すは将軍御所! 奸賊・北条義時に鎌倉殿を奪われてはならん!」
今回の義盛はかなり賢くなっていて、かつ、語彙力も格段にあがっていると思えます。
彼も学び成長していました。
どうしてこのような人物が破滅せねばならないのか。

そうでしょうか、私にはいつもの義盛に見えます。絶滅危惧種に以前例えたことがありますが、数少なくなった典型的な坂東武者ですね。そして
「どうしてこのような人物が破滅せねばならないのか」
も何も、義時(鎌倉殿ではない)に刃向かうとこうなると言う、その典型ではないかと思います。

3.と、そこへ危機一髪で襲撃をかわした大江広元がやってきました。
彼は、政所に行って、頼朝以来の文書記録を八幡宮に移すと言い出します。なにより文書管理を大事に考えるとは、これぞ文士の鑑でしょう。

広元は文官ですから無理からぬ話です。何より頼朝以来の文書がないと、自分達の仕事ができなくなると言う、ある意味現実的な理由も絡んでいたのではないでしょうか。

そしてこれが武者さんらしいと言いましょうか、こうあります。

「ちなみに明治維新のあと、新政府から派遣された役人は、藩政時代の記録をどんどん破棄してしまったこともあったんですね」

ではその新政府の役人が誰で、藩政時代の記録がどの藩のどういう記録であるか、それをはっきりさせてほしいものです。

5.彼女は夫のことを“太郎”と呼んでいますが、この言い方は2022年視聴者との信頼もあるのではないでしょうか。
妻を過剰なまでにへりくだらせるとなると、考証を無視して「おまえさま」なんて言わせているかもしれません。

ここでまた「2022年視聴者との信頼」、この信頼とは何でしょうね。今の視聴者向けにそうしたと言うことなのでしょうか。それにこの当時、妻が夫を通称で呼ぶということはあったのでしょうか。
それと「おまえさま」、これは再放送中の『おんな太閤記』を意識してのことでしょうか。しかし江戸時代までの「お前」とはもっと親愛の情が込められており、その意味で、このシーンで初が使っても不自然ではなかったはずです。

6.和田が御所を襲うと言われても、不貞腐れている泰時。
平盛綱が苛立ったように叩いても動きません。西門を守れと義時が言っているというのに、これはまずい。
西門を泰時に守らせると指示が出た時、北条時房は「きっと喜ぶ」と返していましたが、戦うつもりはないと頑固になっている。これでは駄目だと盛綱が呆れていると、初が立ち上がって何処かへ。
なんでもいつも酒を飲むと潰れるんですって。
隣にいた弟の北条朝時は、真面目一徹の兄にこんな一面があるのかと驚いています。
「私にだって悩みくらいある。なぜ父は私に指揮を……」

まず「不貞腐れている」と言うより、「酔いつぶれて何もする気がなくなっている」が正しいでしょうか。それと
「西門を泰時に守らせると指示が出た時、北条時房は「きっと喜ぶ」と返していましたが」
と言うより、ここは朝時の「急がなくていいんですか」を入れた方がいいのではないのでしょうか。これが後々の泰時への
「俺の気持ちがわかってたまるか」
と言う意味のセリフをぶちまけるシーンにつながってくるわけですし。そしてこの場合、とにかくその気にさせようとする盛綱と、どこか第三者的な朝時の対比が面白いのですけどね。

7.酒色というのは古来から並列されてきた「堕落の象徴」ですが、兄(泰時)は酒、弟(朝時)は色に逃げたことになりますね。
これじゃあ義時が育児に失敗したみたいだ――まぁ、ある意味そうなんですけどね。

酒にしろ女にしろ、この兄弟に取っては一時的なものであって、それでこの2人が身を持ち崩したわけではないのですが。

8.日本には中国大陸由来のものがたくさんあるわけですが、攻城兵器はそうでもありません。
お隣・中国では、『三国志』ファンならピンとくる「衝車(しょうしゃ)」や投石車がありましたが、城壁がそこまで堅牢ではない日本では発達してきませんでした。
「城」というと、現代人は天守閣を思い浮かべることでしょう。
昭和時代の映像作品は、時代考証を抜きにして、城跡に犬山城を模した天守閣をやたらと建てていたこともあり、観光資源にはなる一方、歴史理解の妨げになっていました。
そういうイメージが漠然がどうしても頭にあるため、鎌倉時代の城跡や古戦場を知ると、なんだか原始的でギャップがあるかもしれません。
義盛と義村の戦いも、原始的な戦場で展開されます。

まず
「城壁がそこまで堅牢ではない日本では発達してきませんでした」
とありますが、元々日本は城郭都市がありません。そこが中国ともヨーロッパとも違う点であり、それによっていつでも城下への出入りが可能で、人や物の流れを容易にして来たとも言えます。

それから犬山城を模した天守閣が出て来る映像作品とは、具体的にどういう作品でしょうか。一部の時代劇は、姫路城でロケを行っていたこともありましたが。

あと江戸時代の城と鎌倉時代の砦のような城では、違って当然だと思います。

9.『麒麟がくる』でも序盤のうちに兵士が燃えていて、これはよい作品だと思えました。別に人間が燃える様が際立って好きというわけではありません。

この前に「火がついて燃えて、水溜まりに転がり込む」とあり、大体どのシーンか想像がつきます。しかし「兵士が燃えていて、これはよい作品だと思えました」は、そのシーンの説明がないから、何を言いたいのかちょっと不明なのですが-リアリティがあるからいいということなのでしょうか。

10.『鎌倉殿の13人』は、高度なアクションが出てきます。
こういうことは負傷させないだけの丁寧な作りをしていなければなかなかできません。そこまで気配りしているとわかって、信じられるのです。

鎌倉殿に限らず、大河の戦闘シーンなどというのは多かれ少なかれそういうものだと思います。それが武者さんが嫌いな作品であったとしても。

11.勝てるのか?と聞かれると、和田についた御家人は皆離れたと義時。
戦っているのは和田義盛の身内ばかりだから勝てる――そう核心をこめて言います。
今回の合戦はなかなか単純な構造と言えます。
戦場が鎌倉だけに、両者が地形を把握している市街地戦ですし、相手の戦い方も理解しているでしょう。兵糧や兵器も大差はない。

その和田にもし他の誰かが味方すれば、当然和田勢の数は膨らみます。ここでトウが出て来たのは、この後の描写から考えるに、西相模の勢力で誰が和田に付くかを伝えに来たとも取れます。ただ、それに関する武者さんの考察は、ここでは書かれていません。

飲み物-グラスに入ったビール
[ 2022/11/04 01:45 ] 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 | TB(-) | CM(0)

『鎌倉殿の13人』に関しての武将ジャパンの記事について思うこと 76その2

『武将ジャパン』大河コラムの「全退場者」関連記述への疑問点その2です。なお先日リンクを貼っていませんでしたので、今回の分共々貼っておきます。

鎌倉殿の13人「全退場者」まとめました~残酷な粛清や謀殺ほぼ毎回 - BUSHOO!JAPAN
(武将ジャパン)

第10回「根拠なき自信」
死亡者:佐竹義政
死因:上総広常による斬殺
義政にちょっと挑発されただけで、キレやすい坂東武者である広常が殺してしまいました。
謀略や粛清だらけの後になって振り返ると、まだ牧歌的な殺戮でしたね。

第10回の続きです。「老けたな」と言われて広常が相手を斬ったのですね。しかし
「謀略や粛清だらけの後になって振り返ると、まだ牧歌的な殺戮でしたね」
牧歌的でしょうか。この時も確か広常が、佐竹義季と内通したのではなかったのでしょうか。それに、粛清などはある程度体制が固まってから後の内部抗争によるものですが、その体制を固めるまではそれはそれで大変だと思います。

あとこの回、カメラを持った人物が映り込んでいたのを思い出します(再放送ではカットされていました)。

第11回「許されざる嘘」
死亡者:平清盛
死因:自然死
部屋の中がまるでサウナの如く熱くなる熱病だった……とか、何かと大仰に強調されがちな清盛の死。
本作はそこまでアツアツ演出でもありませんでした。

このコラム、放送回の後に主要な退場者が記されていますが、必ずしもその退場者が優先されているわけではないので、以後割愛します。この清盛の死ですが、今まで私が観た中でも、そこまで大げさな演出はなかったと思います。サウナと言うより、水をかけたら蒸気になったとか、水風呂に入れたら湯になったといったものだったかと思いますが。

死亡者:義円
死因:【墨俣川の戦い】で討死
討死は史実通りながら、そこに至る過程が重要。
弟である義経が義円を騙し、無謀な源行家の挙兵に送り込み、死へ追いやったようなものです。
ちなみに父母を同じくする源義朝と常盤御前の子である阿野全成・義円・義経が、成人してから揃い踏みする大河ドラマは今作が唯一にして初となります。

義円を騙した義経も悪いですが、義円もこの時功を焦って結局平家の軍に討ち取られましたね。そして義経は、義円の文を破ったわけですが、景時がそれを見つけ、シュレッダーで処理した文書を復元するかのように、元通りにしていたのを思い出します。

それと
「父母を同じくする源義朝と常盤御前の子である阿野全成・義円・義経が、成人してから揃い踏みする大河ドラマは今作が唯一にして初となります」
確かにそうだと思いますが、源氏の比重を大きくした結果、平家の人物の登場回数が少なかったのはちょっと残念です。

死亡者:伊東祐親、伊東祐清
死因:善児による殺害
牢の外にいる八重と運命は別れたようで、生きる希望を取り戻し、頼朝に頭を下げてでも新たな道を歩もうとしていた祐親。
しかし、全成が「千鶴丸の殺害を示唆した人物を殺した方がよい」と頼朝に告げてしまいます。
結果、伊東家から梶原景時の配下になっていた善児が始末することに……。
なお、史実では伊東祐親は自害、祐清は史実ではこの後、生きています。

全成が「殺した方がいい」と言うのは、政子の子が男児であるために、千鶴丸を成仏させなければならない、そのためには千鶴丸殺しを指示した祐親を殺す必要があったからです。しかし実際に手を下した善児が生きている限り、生まれて来る子の命は短いというのが占いの結果でした。
ちなみにこの子が万寿、後の頼家ですが確かに命は短く、しかもその命を奪ったのは善児でした。そして、頼家を呪詛した件で全成は処刑されています。

第14回「都の義仲」
12~14回放送にかけては、珍しく誰も死んでいません。
しかし、ここから登場した大江広元により、鎌倉が変貌してゆきます。
劇中では誰も死なないようで、義仲快進撃の結果、流血は起きていました。
兵乱に巻き込まれた京都人が恐れ慄いています。

「劇中では誰も死なないようで、義仲快進撃の結果、流血は起きていました」
とありますが、名前のある登場人物が死なないのであれば、特にこの回を挙げる必要はないかと思いますが。

第15回「足固めの儀式」
死亡者:上総広常
死因:梶原景時による殺害
12~14回放送で比較的穏やかな内容が続き、15回放送で作中屈指の酷い殺人場面が出てきました。
頼朝に忠誠を誓い、心の底から逆らう気もなかった広常。
それが謀反を企んだとして、御家人たちに前で惨殺されたのです
止めるに止められず、凍りついている義時が印象的で、以降、義時の顔色も段々と悪くなっていきます。
梶原景時も御家人から反発されることに。
義時は八重との間に長男が生まれていました。

「酷い殺人場面」も何も、『吾妻鏡』にも誅殺とあるのですが。
そして頼朝に忠誠を誓ったとて、その力が強ければ警戒されることにもなるわけで、まだ若輩の義時にそれを止めることはできませんでした。何となく、畠山重忠の乱を思い起こさせます。

第16回「伝説の幕開け」
死亡者:木曽義仲、今井兼平、他
死因:源義経に敗死
義仲の使者を殺して挑発。卑劣な手段を連発し、ついに義仲軍を滅ぼしたのが義経でした。
名のある将のみならず、義仲軍も平家も、それに巻き込まれた民も、大勢死んでいます。屍山血河(しざんけつが)です。
義仲は顔面に矢が当たる瞬間が映像化されていて、迫力がありました。

「卑劣な手段」とありますが、自分の兵の数をわざと少なく伝えて油断させたわけで、こうでもしなければ自軍も全滅しかねないし、また義経の軍のみならず、近江に入った義仲の行く手には範頼軍もいました。それに武者さんが好きな『麒麟がくる』の戦国時代であれば、敵を欺くこともあったでしょう。何かと戦国時代と比較することが多い割には、こう言うのはすべて欺く方が悪いとなるようです。あと義仲が矢を額に受けたと言うのは有名ですね。

第17回「助命と宿命」
死亡者:源義高
死因:斬首
義高殺害にまつわる悲劇をじっくり描きました。
許嫁助命のために幼い大姫が懐剣を喉に突きつける場面は、頼朝や政子だけでなく、視聴者も参ったことでしょう。
頼朝は、大姫の心まで殺してしまったのです……。

この義高のシーン、悲劇と言うよりは寧ろ、逃亡計画と義高のそれへの反発の描写に重点が置かれていたと思います。それと大姫の刀は懐剣にしては小さいような気もしますし、何よりもああいう場合、まず冠者殿はどこへ行ったのかと、母や侍女に尋ねるのではないかと思いますが…。しかも誓紙まで書かせていますしね。
あと「視聴者も参った」と言うのは何でしょうか。視聴者もいたたまれない気持ちになったとか、そういう意味なのでしょうか。

死亡者:藤内光澄
死因:斬首刑
義高の首を笑顔で持ち帰った藤内光澄は、理不尽にも斬首されてしまいます。
死ぬ理由がわからず叫び続け、その理不尽さもこれまた辛い。
死を見届けた義時の目は真っ暗でした。

この「死ぬ理由」なのですが、政子が「許せない」と言ったのがかなり大きいと思われます。言葉に気を付けるようにと義時が諫めていましたね。

死亡者:一条忠頼
死因:暗殺
宴会に招かれたと思ったら死ぬ……そんな鎌倉の狂気を体現したのが武田信義の子・一条忠頼でしょう。
源義高に続き、河内源氏二人を一気に抹殺する頼朝は効率的といえばそうだけど、いやいや違うでしょ!

この忠頼の場合は、義高と密かに接していたということが露見したわけですから、これは怪しまれても仕方のないことでした。

第18回「壇ノ浦で舞った男」
死亡者:安徳天皇
死因:溺死
あまりに幼い天皇が入水。
日本史のミステリとして、天皇を水に落とす義経が英雄視されていることがあるのかもしれない。やりすぎだ。
義経が舞うと、天皇が入水。恐ろしい。

「天皇を水に落とす義経が英雄視されている」
とありますが、別に義経は安徳天皇を殺めようとしたわけではありません。帝と神器は守らなければならないと言われていたはずです。

それと、義経とウサギを奪い合った武者も退場者としてカウントするのであれば、位尼も名を挙げていいでしょう。下記のように↓「その他大勢」で済ませるのではなく。

死亡者:平宗盛はじめ平氏一門多数
死因:一族滅亡
本作の平宗盛は非常に真っ当な方。
その反動もあってか、源氏の異常性が際立つようになりました。平知盛の奮戦と入水はもうちょっと見たかったかな。
ちなみに平家は全滅したわけでも、全員が逃げ散ったわけでもありません。
実は出家した者も結構います。これも重要です。

と言うより、先ほども書きましたが平家の描写が少なく、従って知盛の奮戦を入れようにも、どのような人物であるかがつかみにくいと思われます。この人の最期は、『義経』のそれが圧巻でした。あと源氏の異常性と言うより、源氏を中心に据えればこのようなもので、彼らもまた勝つために、それぞれができることを遂行したわけです。


飲み物-パブのビール2
[ 2022/10/12 01:00 ] 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 | TB(-) | CM(0)

『鎌倉殿の13人』に関しての武将ジャパンの記事について思うこと 74その2

『武将ジャパン』大河コラム、後半部分の記述への疑問点です。

鎌倉殿の13人感想あらすじレビュー第37回「オンベレブンビンバ」
 - BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) 
https://bushoojapan.com/taiga/kamakura13/2022/09/26/171052


1.本作は、誰かが一つ間違えた瞬間がハッキリとわかります。
前回の稲毛重成も、その瞬間がありました。畠山重忠の惣検校職を与えると時政に持ちかけられ、一瞬乗り気になった。顔がパッと明るくなった。
ああいう反応をしたからには、稲毛重成が清廉潔白にも思えなくなる。罪に対して処罰が重いことは確かですが。

稲毛重成は、元々これに加担していた疑いありという説もありますし、何よりも重成でなくても、ああいう役職を与えると言われたらそれは乗り気になるでしょう。別に本作だけではなく、他の作品、仮に武者さんが批判している作品であっても、そういうシーンは少なからず出て来ます。

2.尼御台に知らせるか?と尋ねられると、「しゃしゃり出てくるからそれはいい」と憎々し気に返す実衣です。
彼女はどうにも尼御台こと政子の権力を軽視しています。いつまでも姉と妹でもないのに、どうにも危うい。

実衣は実朝の乳母ですから、その辺りの権限は強いのではないでしょうか。後に出て来る時元の不満(自分と実朝の待遇に差があり過ぎる)も、恐らくは、こういうところに端を発しているように見えます。

3.そのころ鎌倉では、のえが泰時の妻・初にマウンティングしていました。
なんでもどこかで京都の話をするようです、初が一生縁のない話だと返せば、まだ若いのに、と意外そうに答えるのえ。
彼女は夫に出世して貰いたくてたまらない。高い官職についてもらって、向こうで雅に暮らしたいようで、りくそっくりですね。
本作では、源頼朝や大江広元のように京都を捨てたらよいのですが、そうでないと危険であり……。

のえとりくとは違いますね。りくは伊豆の領主時代に結婚している以上、夫にはっぱをかけて出世させて来たところがあります。一方のえは、既に地位を得ている義時と結婚しており、それによって自分もそれなりの待遇をと目論んでいるふしがあります。

あと「京都を捨てる」と言うより、「如何に京都(朝廷)と距離を置くか」でしょうか、この場合は。

4.そしてここで注目したいのが、飲食物と食器です。
茶碗で茶を飲んでいると思われ、高坏には「点心」が盛られています。
点心というと、現代日本だと飲茶で楽しむ軽食としておなじみですが、この時代は、抹茶と共に中国から伝わった茶菓子を「点心」と呼びました。
(中略)
亀屋清永の「清浄歓喜団」は、香りが強烈ではあるものの、一度は味わう価値があるお菓子であり、『平清盛』に続いての大河出演と思われます。
義時が八重に片想いしていた頃は、軽食はせいぜい餅かドライフルーツでした。それがこんな茶と点心を楽しめるなんて、凄い進歩じゃないですか。
手にしている茶碗も、薄くて軽い、宋の白磁でしょう。

これが茶であれば、茶の話題がもう少し登場してもよさそうなものですが…。それはともかく、
「義時が八重に片想いしていた頃は、軽食はせいぜい餅かドライフルーツでした。それがこんな茶と点心を楽しめるなんて、凄い進歩じゃないですか」
時代が進歩したと言うよりは、そういうのを楽しめる身分になったということでしょう。庶民はやはり干し果物などを食べていたと思われます。この間の、政子が高価な紙を取り寄せる描写しかりです、一方で時政と時房は餅を食べていますし。

あと点心云々。元々点心とは、ここに出て来る茶菓子(私はあらすじと感想で揚げ菓子と書いています)のことで、
「亀屋清永の「清浄歓喜団」は、香りが強烈ではあるものの、一度は味わう価値があるお菓子であり、『平清盛』に続いての大河出演と思われます」
とも書かれていますが、ここの商品、以前やはりこのコラムに、坂東の食物との比較で出て来た覚えがあります。しかしその時は、比較としてあまり適切ではありませんでした。またこういうのを書きたいのであれば、あらすじとはまた別の記事で詳しく書くべきかとも思います。
ちなみに「清浄歓喜団」のURLです。

https://www.kameyakiyonaga.co.jp/year01.html
(亀屋清永サイト)

5.時元も、もう終わりましたね。悪い方向へ踏み出した。
人はなぜ教訓を間違えて学ぶのか?
時元は、父・阿野全成が頼朝生前に粛清されなかったことを教訓とすべきでした。彼は無欲であり、それで生き延びた。

この回で初登場の人に、「もう終わった」もないかと思いますが…実際乳母子である自分なら、もっと出世してもいいはず、そういう野心はあったでしょう。

6.彼女(注・実衣)はことあるごとに自分と政子の違いをわきまえず、軽んじるようなことを言ってきました。そんな母から政子とその子を軽んじる態度を学んだら危険でしかありません。
実衣はむしろ率先して政子親子を重んじる姿勢を、やりすぎと思えるぐらいに徹底すべきでした。
今となってはもう手遅れで……よりにもよって義村の前で本心を語ったことが、後々響いてくるでしょう。

既に前にも書いていますが、実衣は実朝の乳母です。頼朝に取っての比企尼、頼家に取っての比企能員と道の関係を思えば、大体察しがつきます。そして時元の実朝への待遇の不満が、後々響くとありますが、実際彼は実朝暗殺後挙兵して討伐されています。ただこれはあくまでも北条の視点であり、逆に北条は既にこの時、朝廷から将軍を迎える手筈を調えており、源氏の血を引く者たちは、その企てに邪魔であると言う理由で滅ぼしたという説もあります。

7.それにしても……義村は裏切ったのでしょうか?
彼はなんだかんだで、いつも義時についていることを踏まえれば、ある意味忠実といえます。
義村は美味しい立場にいます。
有力御家人として突出しているだけに、陰謀の助力を頼まれ、それを義時に売り飛ばせばうまい汁だけが待っている。
実によい位置を手に入れました。
頼朝生前は不満があったけれども、義時がそうなりつつある今は楽しくて仕方ないでしょうね。

この場合「裏切った」には
時政を裏切った
義時を裏切って時政につくが、その時政の言を裏切って義時に洩らした
の2つの意味がありそうですが、この場合は後者にも取れると思います。
そして有力御家人として突出しているということは、敵を作りやすく、その本人も時と場合によっては裏切り者として狙われやすいため、うまく世渡りをして行かなければ、生き残ることはできません。ですから、ただ単に「よい位置を手に入れた」とは言えないでしょうね。

8.時政が謎の掛け声を言い出します。
「オンベレブンビンバ~オンベレブンビンバ~」
どうしちゃったのかと実衣。ついに頭にきちゃったのかと声をひそめていると、なんでも「大姫のおまじない」だそうです。
これを唱えればいいことがあるとかで、政子も覚えていると自信満々。
「ウンダラホンダラゲー」
そして義時もまた覚えていると言い出し、真面目な顔で。
「ピンタラホンチンガー」
こうなると一同黙っていられないのでしょう。時房が「プルップルッ」と続き、政子が「ちょっと!」と止める。
実衣が集中して思い出そうとしています。
「ウンタラブーポンパー……違う。ああ、全成殿がいてくれたら」
「がんばって!」
「ウンタラプーソワカー」
「近くなったんじゃない!」
「プルップ!」
時房、プルプルはもういいから。
「ウンタラ……ウンタラクーソワカー」
それだ! それよ!
そう言い合いながら、義時はそれでいいと言い出します。
「ボンタラ! ボンタラよ!」
「ボンタラクーソワカー」
一同はそれだということで、何度も笑いながら繰り返しますが、正しくは「オンタラクソワカ」だとナレーションでツッコミが入ります。

ここの部分、かなり長いのですが、要は時政の「オンベレブンビンバ」が元々大姫が教えたまじないであり、本当は何であったかということで、その場にいた一同が、めいめい自分が考え出したまじないを出し合う場面です。尚、この後にナスの畑の話も登場します。恐らくこれが、最後の父と子の団欒であろうと時政も思っているわけで、楽しくもちょっと切ないシーンでもあります。
しかしその後の部分なのですが、

9.楽しいようで、決裂している北条家。
同じ言葉を聞いていても誰一人一致せず、間違った結論を出す。
これは感動的なのかどうか。
私にはあまりに酷いと思えます。

うーむ、どこをどう解釈したらこうなるのでしょうか。
「一致しない」「間違った結論」などと言われても、別にこれは北条が今度どうあるべきなのかといったシリアスな話題でもなく、あのまじないは何だったかな、これかあれかとみんなで談笑し合っているわけでしょう。

10.そして課題も見えてきた。
先程の会話で、のえが『源氏物語』を話題にしました。共通の認識としての教養があれば、話は通じ易くなる。
『麒麟がくる』では、駒、駒に伝えた光秀の父、駒の話を聞いた光秀が“麒麟”が何であるか共通認識があるから、話が進んでいました。
当時の北条一家にはそれがない。
だからこうして楽しそうに酒を飲んで浮かれはしゃいでいても、同床異夢に陥ってしまうのではないでしょうか。

さてこれもどうでしょうか。
互いが互いの意見を、さほどシリアスでない場で述べ合うのは別に悪いことでもないと思いますが。それとのえは、あの場で源氏物語や京都のことを話題に出そうとして、全然相手に受けていませんでした。あの場での共通の話題は、寧ろ実朝のことだったのではないでしょうか。

それとここでも『麒麟がくる』。もうこれは武者さんの病気と言うか、これこそ唯一無二の理想と言った作品であり、ことあるごとに、これを引っ張り出さないと気が済まないようですね。そしてその後で

11.人は、同じ血を引いているとか、愛があればわかりあえるほど単純でもありません。
教養、宗教の教義、そして法律など。人ではない“基準”を用いて頭の上に置くことで、意見の一致ができ、秩序が保たれます。

「人ではない“基準”を用いて頭の上に置く」て、具体的にどういうことでしょうか。要は一族だけという理由だけでは、寧ろしがらみもあって意外とばらけやすく、そのため、組織をまとめるための方針なり、法的基準なりが必要と言いたいのでしょうか。

12.源実朝が義盛の館から帰ろうとしています。
そのとき義盛が、鎌倉殿を「武衛」と呼びたいと言い出しました。唐の国では親しい仲を武衛と呼ぶと。誰から吹き込まれたのだと時元が言っています。
「そうだそうだ、みんな武衛だ」
そこへ三浦義村がやって来て、執権殿が心配していると実朝を連れ出します。
この場面では、哀しいかな義盛も悪い方へ踏み出しました。
義盛は勘違いした。
鎌倉殿という権力者と距離が近づきすぎた。鎌倉殿なら俺にいいようにしてくれるんじゃねえか。そう勘違いするようになりました。

まずここですが
「誰から吹き込まれたのだ」と言っているのは八田知家ですね。
そして、「そうだそうだ、みんな武衛だ」は、ここの部分だけ見ると義盛のセリフに見えますが、実は義村のセリフで、こう言いながら和田館に入って来て、実朝を連れて行くわけです。そもそも上総広常に「武衛」呼びを勧めたのはこの義村ですからね。しかしこういうの、原稿にする前にもう一度チェックして貰えないものでしょうか。
あと義盛は、登場シーンを観る限りそこまで色気を出していたと言うよりは、寧ろこの人の地の部分が出ていたように思います。

そしてこれより少し後の部分では、

13.そもそもが、あの「武衛」呼びだって義村のでまかせ由来です。
並の神経の持ち主ならば、罪悪感からか、やってやった満足感から自分が発信源だとこぼしていてもよさそうなものですが、それを義村はしません。

とあります。
ならば尚更義村がこのセリフを言ったことをきちんと書き、それに関連付けるべきでしょう。

14.たとえば今週のサブタイトル「オンベレブンビンバ」が出た時点で、推理合戦が始まりました。
検索をして何も出てこなかった時点で、私は放棄しました。イタリア語由来もありますが、これはありえないとわかります。
時代がもっとあと、戦国時代末期で、かつスペイン語、ポルトガル語、ラテン語由来ならあるかもしれない。
外国語の知識があるからには、登場人物の頭に浮かんでもおかしくはありません。
しかしこのドラマの人物では誰一人としてイタリア語を知らない。
ゆえに候補から外せます。
それでもこうした現象が起きるのはなぜか。
SNSでそういうことを呟き、誰かにハマれば拡散され、自己承認されたようで気持ちがよいでしょう。
しかし、そこが危険な気がするのです。
「オンベレブンビンバ」は、話の中身を理解するうえでさして役に立ちませんよね。
SNSではドラマをネタにしたハッシュタグも多く、画面写真を貼り付けた大喜利状態にもなっています。

このサブタイ、確かにネット上で色々詮索されてもいたようですが、皆も遊びでやっていたこともあり、そこまで目くじらを立てる必要もないかと思います。私は話題に上っていたオランダ語とイタリア語の組み合わせかと思いましたが、何だか不自然だから、あるいは仏教関係の言葉かなと思いました。それにこの言葉、放送前は何も登場人物が使っていると決まっていたわけではありません。そこまで突き詰めて考える必要もないでしょう。
それに皆楽しみながらやっているのですから、それをSNSでつぶやくなと言う必要もないと思うし、話の中身を理解するうえで役に立たないなどと言うのも、武者さんがそう思っているわけで、時政の心情が現れているなと受け止める人もいるのではないでしょうか。

そしてこちらは前半部分ですが、こういう記述もありました。
「義時が、今までで最も輝いているのではないでしょうか。
彼には邪悪な喜びも味わって欲しい」

一方で、これは一度過去の投稿で引用したものですが、武者さんは小檜山氏名義でこういうツイをしています。

https://twitter.com/Sei_Kobeee/status/1562261701617397760
「義時のなんちゃら」系のお菓子、一体何を味わえというのか!と怒りながらひっくり返したくなるな…。義時の心の味なんて、むしろ食べたくない。

何だか矛盾していますね。


飲み物-グラスに入った黒ビール
[ 2022/09/30 00:30 ] 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 | TB(-) | CM(0)

『鎌倉殿の13人』に関しての武将ジャパンの記事について思うこと―持ち上げる今年そして叩く昨年

『武将ジャパン』大河コラム続きというか、まず三谷さん脱稿関係です。そしてそれに絡めるようにして、まあ例によって例の如くと言いますか、『青天を衝け』をかなり叩いています。

朗報です。
まだ8月末なのに、脱稿したそうです。
(注・関連記事リンクがありますがここでは省いています)
決定稿にするまで手を入れるから、そのせいでギリギリまでかかるのだろうけれど、プロットの仕上げそのものはそう遅くないだろうと。
これはドラマを見ていればわかります。

三谷さんにしては早い方なのだろうと思います。しかし何度も書くようですが、これがガイドブックの発売に影響している印象もありますし、早い人は、放送開始後間もなく脱稿ということもあるようです。

今回は頼家の暗殺が、風呂場でなく猿楽の舞台でした。
あの猿楽は手間と時間がかかるため、いきなり決めてできるものとは思えないのです。
本作は作りに時間がかかるような場面が多い。
小道具や衣装も手間暇かけています。時間にある程度余裕がなければできないはず。

猿楽のシーンはあらすじと感想でも書いていますが、『太平記』で、柳営(将軍-この大河では執権-の館)に招かれた猿楽衆の中に、刺客が入り込んでいたのをベースにしているように見えます。武者さんがこれを観ているかどうかはわかりませんが。しかし猿楽だけでなく、他にもある程度の時間を見て取りかかるべきシーンというのはあります。武者さんがなぜここで『麒麟がくる』の能のシーンを持ち出さないのか、それがよくわかりません。『平清盛』の舞楽のシーンなども同じでしょう。

そして、

ですので、こういういい加減な報道に私は割と苛立っていました。
「三谷幸喜の『Nキャス』MC就任に大河スタッフが顔面蒼白!脚本が間に合わない!?」(注・本文は記事へのリンクあり)
三谷さんご本人の怒りは、私どころじゃないでしょうけれど……代わりに憤りをぶつけさせていただきます。
そもそも、そこまで脚本が決定的に遅い人が、三度も大河に起用されるものでしょうか?

別に武者さんが、代わりに怒っても仕方がないと思うのですが…。しかしこれも嫌いな大河だったら、我が意を得たりとばかりに紹介するのではないのでしょうか。何せ今までがそうでしたし。それと三谷さんの起用、本人の意向もあるいはあったかも知れませんし、『真田丸』が割とよかったから、もう一度となったのかも知れません。ファンからの要望もあったでしょう。

それと好きな大河の割に、こういうツイをするのですね。歴史系ライターを名乗っていて、大河コラムを有料で書いている人が、これはどうかと思います。

小檜山氏ツイ義時関連

そして嫌いな大河に関しては、武者さんはこの通りです。

近年で脚本が遅れていると判明したのは『青天を衝け』です。脚本家が歴史に馴染みがないか、好きでなかったのだろうと感じました。
大河にはガイドブックがあり、おおまかなプロットが放送前にわかります。
そのプロットから根本的な部分が変わっているとなると、あまりに時代考証がおかしいと判定されたため、その後に修正されたと想像できます。
去年はそういう妙な変更やカットが多かったんですね。

昨年でなくても、ガイドブックと実際のドラマとのギャップは何度か見られました。嫌いな大河だから騒いでいるのでしょうが、今年もガイドブックと、実際のドラマのギャップはありますけどね。

ともあれ、まず2021年という年を考えてみたいと思います。

前年の2020年に行われるはずだった東京オリンピックとパラリンピックが1年延期され、この年の夏に行われることになりました。当然NHKも放映権を持っているわけで、中継に当たって大河ドラマの放送をいくつか削らざるを得なくなります。恐らくはそのせいで、脚本にいくらか変更を加えざるを得なくなったのも一因でしょう。かてて加えて、コロナ禍で収録と放送の休止を余儀なくされた『麒麟がくる』が、翌年にまで放送がずれ込んだため、当初の予定とはかなり違ってしまったのではないかと思われます。

事前にガイドを読んで「これをそのまま放送したらまずいだろう」と思っていると、実際の放送ではカットされて、どうでもいいシーンが追加されていた。
一例として、長州征伐の西郷隆盛です。
天狗党を大量処刑したことと比較して、流血を回避した西郷隆盛を褒めるニュアンスのプロットがありました。
しかし、戊辰戦争と西南戦争を引き起こした西郷が流血を避けるなんて、まずありえない話。
幕末史の基礎でしょう。

ちょっとわからないのですが、武者さんは、第一次長州征伐が武力衝突なしで終わったのをご存知ないのでしょうか。
『西郷どん』でもこの時は、西郷吉之助が徳川慶勝に直訴して平和的解決に持ち込んでいます。またこれに対する条件として、禁門の変を京で指揮した長州藩の三家老の切腹や、藩主父子の謝罪、さらには五卿の筑前への移転などが行われています。

そもそも武者さんは、自分が好きな大河の描写に沿っていないと気が済まないようですね。『八重の桜』、『西郷どん』そして『青天を衝け』、それぞれの西郷の描き方があるはずです。それを言うのなら『麒麟がくる』の光秀も、私は今一つ納得できないところがありました。

ゆえに、放送時はそうしたニュアンスの誘導はバッサリ消えていました。
小道具、衣装、VFXの処理もおかしかった。
店のインテリアとして「風神雷神図」の屏風があった。
本物のわけがありませんし、偽物にせよ店にあんなものは置かないでしょう。質感からして大型プリンタで印刷して貼り付けたようなのっぺりとしたものでした。
書状や書籍も、きちんと筆で書いたものではなく、印刷したのでは?と思えるものがしばしば見えた。

「そうしたニュアンスの誘導」とは何でしょうか。「これをこのまま放送したらまずい」ということでしょうか。何だか意味が通じにくいですね。

そしてあれがおかしい、これがおかしいとありますが、ならばもう少し客観的な説明をつけてほしいものです。あのパリの風景などは割とよかったと思いますし。『風神雷神図』がおかしいのなら、画像を貼ってどことどこがおかしいくらいに指摘するのなら、それはそれで納得できるのですが。あと「印刷したのでは」と言うのは、具体的にどんな書状や書物でしょうか。近代日本であれば、もう印刷された書物が出て来てもおかしくないでしょう。

そういう細部に宿る混乱で、脚本のペースは浮かんできます。
昨年は、ただの手抜きではない、不吉な予兆がいくつもありました。
そういう細部を見ていれば、今年はやはり盤石。
来週以降も期待して待っています。

「そういう細部に宿る混乱で、脚本のペースは浮かんできます」
これもどういう意味なのか不明。
そして
「ただの手抜きではない、不吉な予兆」
これも何のことやら。そしてさらにおかしいのが、
「そういう細部を見ていれば、今年はやはり盤石」
なぜ『青天を衝け』の脚本の細部を見ていれば、今年は盤石になるのでしょうか。

この部分、要は
「こういう細かい部分がおかしいと、脚本の進み方にも乱れが出て来そうです。単に手を抜いたとかでなく、もっと失敗しそうな何かを感じずにはいられません。こういう細部への詰めの点では、今年のは昨年よりまともです」
こう言いたいのでしょうか。しかしもう少しわかりやすい日本語で書いて貰えないものでしょうか。無論私は、昨年のが今年より劣っているとは思わないし、最初の方で書いたように、放送日程の急な変更でやむを得ない部分もあったかと思います。寧ろ昨年に比べた場合、今年はやはり如何にも三谷さん的展開で、やや食傷気味に感じられることもあります。

そしてこの「今年はやはり盤石」、「来週以降も期待して待っています」なのですが、ちょっと無理が感じられます。本当に面白ければ、わざわざ昨年の作品と、何かにつけて比較する必要もないわけです。『青天を衝け』を、未だにかなり意識しているのだろうとは思いますが。


飲み物-パブのビール2
[ 2022/09/03 00:45 ] 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 | TB(-) | CM(0)

小檜山青氏と大河ドラマと『ちむどんどん』

『ちむどんどん』、やっとと言うべきなのか、あと5週間となりました。

私は賢秀がハンバーガー店に乱入して、暴れ回った辺りから見始めたので、比嘉家の子供たちが幼かった頃はよく知りません。ただ後の方で、賢秀がテビチを多く貰おうとしたシーンとか、和彦のお父さんに、レストランに連れて行って貰ったシーン、暢子が沖縄そばを和彦にほめて貰って、喜ぶシーンなどは観ています。子役の頃の方がよかったと言う人もいるようです。

実際子役の時は、大人の俳優さんに代わった時、どのような展開になるのだろうと期待するせいもあるでしょう。
そう言えば前出のハンバーガー店乱入で優子と暢子が謝罪に行った時、あの時も確かサーターアンダギーを持参していたような覚えがあります。暢子(良子も)が何かにつけてサーターアンダギーを持って行くのは、この辺りにその原点があるようです。

ところで第100回に関しての小檜山青氏のnote記事から、一部抜粋します。まずフォンターナで房子が、矢作に詫びるシーンですが、

ここでなんで房子が謝るのかというのは、わかってないんですよ。謝れる人間は強いし、徳があります。悪くないもん! そう意地を張ってすねるのはガキだ、ガキ。

この部分、ブーメランになっていないでしょうか。こう書くのであれば小檜山氏=武者さんも、取りあえずは『青天を衝け』と『カムカムエヴリバディ』で、登場人物やストーリーに対し、誹謗中傷と呼ぶにふさわしい評価をしたことを謝ってほしいです。でないと小檜山氏も「ガキ」と言うことになるのですが。

それともう一つ。

そして矢作が料理人として、暢子の元で働くことになります。ここで労働条件でも。
・給料は相場通りでいい
・休みは週一、残業なし
・給与は遅延なしに払う
 なかなか。朝ドラの旧弊「お給料はどうでもいいから働きます!」「いつでもやります!」という悪しきやる気アピールはもう終わりでいい。

私はあまり朝ドラを観ていないせいか、
「お給料はどうでもいいから働きます!」
というのは、あまり記憶にありません。観ている可能性もあるかとは思いますが。

で、この労働条件ですが、これは矢作がすべて出したものです。しかし雇用主は暢子なのですから、本来は暢子が条件を提示してしかるべきでしょう。しかも矢作がこれを言い出す前、給料は矢作自身が望む額でいいといったことまで口にしているのですが、こういう大雑把な点、矢作と相談して決めないという点が、暢子が本気で店を持ちたいのか、その自覚に欠けるのではと見られるかと思われます。
それからその次の箇所ですが

そして何より、矢作はこれがしたかった。パパイヤを刻むときのうれしそうな顔。

少なくとも無料部分には、青パパイヤは妊婦には危険と言う記述がありません。そういう部分もまたきちんと書いてしかるべきでしょう。

大河関連を観る限り、小檜山氏は志半ばで果てたとか、敗北を喫した人などに共感するフシがあるようです-ただその割には吉田松陰とか、あるいは小松帯刀といった人物は好きでないようですが、これは自らが掲げるイデオロギーに合わないということもあるのでしょう。

しかしそう考えると、この『ちむどんどん』の主人公の暢子や比嘉家の子供たちは、他人を巻き添えにしてまで自分の主張を強引に押し通して、結局それがうまく行き、特に挫折しているようでもないため、小檜山氏が共感する人物像とはかなり異なるように思います。

以前沖縄差別がどうこうと書いていたこともありましたが、この朝ドラを観る限り、作品中にあまりそういう差別が存在しているようには見えず、暢子などは寧ろ順風満帆過ぎるほどだと思えるのですが。逆に『カムカム』の主人公たちの方が、別の意味で苦労しているように感じられます。

話が大河に戻りますが、小檜山氏=武者さんが、北条時政とりくを嫌いなのだなということは以前書いています。特に時政ですが、武者さんから見れば、時政のように漢籍の素養もなく、妻の言いなりになる田舎のおじさんが、鎌倉幕府の重鎮となっているのが面白くないのかも知れません。

無論時政も、最初からそうなるのを予測していたわけではないはずなのですが。一方で畠山重忠などはほめていましたが、その重忠も頼家を見捨てて北条に与するようになると、その評価がかなりトーンダウンしたようです。

それと先日分でも書いていますが、多分に江戸時代的な「忠義」の概念を、他の時代にまで当てはめるようなこともしない方がいいと思います。実はこれに関して先日書きそびれた分、私だったらこのようにするだろうなと思ったことを、ここで書いておきます。

新選組は幕府への忠義を貫こうとしたが、慶喜は幕府軍の総指揮官ではなく、彼らの忠義も空しくなってしまった。戦国時代は主君を7回変えたという藤堂高虎のような人物もいて、江戸時代的な忠義は根付いていなかった。
真田信繁は関ヶ原後隠棲していた九度山から大坂へ行き、豊臣方に加わる。ただこの時の牢人には恩賞目当ての者も多数おり、忠義を貫いたとされる信繁の人物像にも、後世の脚色はいくらか入っている。
ともあれ、三谷さんは幕末と戦国という、異なる時代の武士の在り方をこれまでの2作で描いてきたが、今回は武家政権の黎明期であり、そこには御家人たちの対立と寝返りと言う、これまでの三谷大河とはまた違った雰囲気が見て取れる。

「忠義」メインとは言えませんが、三谷大河の変遷という観点で書くのであれば、やはりこんな感じになるでしょうか。
しかし武者さんの場合、鎌倉時代を語るのに、いきなり『麒麟がくる』という別時代を舞台にした作品を持ち出して来たりしていますし、それぞれの時代の概念を尊重するという姿勢は、やはり望めないかも知れません。
(2022年8月28日加筆修正)

飲み物-アイスコーヒーとストロー
[ 2022/08/28 01:00 ] その他 | TB(-) | CM(0)

『鎌倉殿の13人』に関しての武将ジャパンの記事について思うこと 69その2

『武将ジャパン』大河コラムへの疑問点、後半部分です。

鎌倉殿の13人感想あらすじレビュー第32回「災いの種」 - BUSHOO!JAPAN
(武将ジャパン)
https://bushoojapan.com/taiga/kamakura13/2022/08/22/170435

1.「なんで頼家様は俺と仁田を呼んだのかなぁ?」
忠常と話ができなかったからか。義盛は三浦義村と畠山重忠に相談しています。
「わかる気がする。戦に強く、忠義者で、ばか……」
「ばか?」
「……場数を踏んでいる」
とっさに言い逃れる義村。言うことを聞いてくれると思ったんじゃないか、ってよ。
言いたいことはわかった。馬鹿だと思っているんだな。
でも、義村の場合、自分以外みんなバカに思えているんじゃないかな。そしてそれは「バカ」というより正直さでもある。

義盛の場合、恐らくはいつもの仲間に善後策を相談したかったのでしょう。
そして「正直さ」と言うよりはむしろ「愚直さ」ではないかと。またこのシーンは一部の映像が下からの撮影となっており、そこの部分に密談といった雰囲気が窺えます。

2.「頼家様もかわいそうな方だ。今さら息を吹き返しても、何一つよいことはないのに……」
重忠の変貌っぷりにショックです。
持ち前の正義感はもうない。義盛、義村とは従兄弟の関係であり、一方で北条の娘婿として保身に入りつつあるのでしょう。

「重忠の変貌っぷりにショックです」
そうですか、この場合至極当然なことと思いますが。
北条家の婿であることもさることながら、あそこまで比企に取り込まれてしまい、御家人から見放されつつある将軍に最早未練はないでしょう。

3.結局、義盛と重忠は時政に知らせます。
いくら頼家の命令でも時政は討てない――。
そんな風に断った一件を時政の耳に入れると、「ならばなぜ仁田忠常は来ないのか?」と不思議そうにしていたかと思えば、「まさか攻めてくるのか!」と心配している。
重忠は板挟みになって悩んでいるのだろうと同情しています。
にしても、この人たちには忠義がありませんね。
保身だけ。
自分たちの損得を抜きにしてでも、頼家に忠義を尽くそうと誰も言い出さない。生前の頼朝が「これからは忠義を重視する」と言っていた意味もわかります。

既にこの時点で、彼らは時政>頼家となっていることが窺えます。北条はやはり裏切れませんから。
それと
「『ならばなぜ仁田忠常は来ないのか?』と不思議そうにしていたかと思えば、『まさか攻めてくるのか!』と心配している」
これは正しくは
「しかし…仁田はなぜ何も言うてこん。まさか攻めてくるつもりではなかろうな」
であり、このセリフの構成から見る以上、時政に取って忠常は最早疑わしい存在となっていたとしても、おかしくはありません。

あと
「にしても、この人たちには忠義がありませんね。
保身だけ。
自分たちの損得を抜きにしてでも、頼家に忠義を尽くそうと誰も言い出さない。生前の頼朝が「これからは忠義を重視する」と言っていた意味もわかります」
とありますが、前述のように御家人たちの心は頼家から離れている、つまりそこに信頼関係はないと言ってもいい状態にあり、当然ながら忠義も最早なきに等しいでしょう。頼朝もまさか、このような事態になるとは思っていなかったでしょうし。ところでこの「忠義」ですが、

4.幕末ならば、主に殉じる忠義こそが武士の華。
近藤勇にせよ、土方歳三にせよ、あの薄情な徳川慶喜のために命を賭して戦った。
戦国時代だって一応そうです。
真田幸村は九度山で生きていく道を捨てて、我が子を巻き込んでまで、大坂城で忠義を燃やす人生を選びました。
そういう忠義のある武士を描いてきて、ついに「んなもん関係ねえ!」という時代まで、三谷幸喜さんは遡ってきました。

まず幕末。新選組だけをここで挙げていますが、西国諸藩の、あるいは奥羽の藩士たちも藩のために戦ったことが抜け落ちています。嫌いでも書くべきものは書かないと、プロのライターではありませんね。それと「薄情な徳川慶喜」などと、ここでわざわざ言うこともないでしょう。
そして戦国時代は、武士が主君を変えることは珍しくありませんでした。有名なのは藤堂高虎ですが、それ以外にも主君を変えた、あるいはその時々の形勢により主君が変わった人物は多く、1人の主君に忠義を尽くす武士は、寧ろ江戸時代以降の概念ともいえます。

5.頼朝と政子の間に生まれた待望の男児が、まさかこんなことになるとは……。
でも時政は、その孫に呪いをかけるよう、りくと共に阿野全成をけしかけたわけで。
本作の時政は自ら悪い方向に向かわず、流されているだけです。その方がより邪悪だと思える。

時系列を遡るとわかりますが、なぜ時政とりくが全成に呪詛をかけるように頼んだかは、頼家自身の暴走、そしてその背後にいる比企能員の暴走にも原因がありました。その部分を追及せず、時政のみの問題にすり替えるのも納得が行きません。

6.なんと一幡は生きているとか。父の言いつけを破り、ある場所に匿っているとか。
初は「(義時が)泰時の性分はよくわかっているはずだ」と言いながら、一幡の命を奪うことのできなかった夫を庇っています。
泰時は、頼家が健康を取り戻したため、一幡が生きていたことは不幸中の幸いだと訴えます。
それを聞いているのかいないのか。ただ「鎌倉にいるのか?」と確かめるだけの義時。

「聞いているのかいないのか」もないもので、義時自身はこれは困ったことになったと思い、なおかつ今後をどうするべきかを探っているわけで、その結果まず居所を確かめようとなり、「鎌倉におられるのか」と問いかけたわけでしょう。

7.義時は平気で嘘をつき、誓いを破る人間になりつつある。八重が亡くなった時は、罰があたったと恐れる気配はあった。それが今もあるのかどうか……。

武者さんは義時に何を求めているのでしょう。既に政権の中枢にいて、汚い仕事、大人の事情を一身に背負っている人物に、清廉潔白のみを求めようとしているのではないでしょうね。この大河には疑問もありますが、義時がこのように悩みつつも変貌し、成熟して行くところは面白いです。

8.なんでも鞦韆(ブランコ)は善児が作ったとか。義時はさりげなく一幡を殺せといいます。

ドラマ本編に「鞦韆」という言葉は出て来ません。確かに中国ではそう言いますが、ここは普通にぶらんこ(ブランコ)でいいでしょう。

9.「千鶴丸様と何がちがう?」
「わしを好いてくれる」
「似合わないことを申すな」
八重の亡き子の名を出し、そうつきつける義時。
千鶴丸もなついていなかったとは言い切れないでしょう。変わったとすれば、善児の心です。
トウを育てる過程で愛を知ったのか。加齢ゆえか。あるいは仏の教えでも学んだとか?
義時に強く言われ、殺しに向かう善児ですが……どうしてもできない。苛立ったように、義時が刀に手をかけます。
「一幡様、トウと水遊びをいたしましょう」
トウが師匠の代わりをこなします。善児は苦しげにブランコの縄を切る……そんな姿に、酷い破滅が迫っている未来が浮かんでくる。

ここで「千鶴丸」を出して来たのは、恐らくはこの後に一幡が辿るであろう運命、その伏線ではないでしょうか。無論善児の弟子であるトウが、範頼暗殺の際にいた少女であるとすれば、彼女を育てて行く中でいくらか変化があり、それが一幡への同情となって現れたとも言えます。さらに一幡は千鶴丸と異なり、この時点で既に孤児(父の頼家は存命ですが)というのもあり、その意味で情が移ったとも考えられなくもありません。

10.義時が自邸に戻ると、泰時が何か焦っています。
そこには、頸動脈を切り、息絶えた仁田忠常がいました。
なんでも不意に御所に現れ、命を捨てるといい、止める間もなく自害をしたと。

この忠常の死ですが、史実では自害ではなく、謀反の疑いをかけられて殺された、あるいは義時と一戦交えて討たれたとなっています。いずれにしても、忠義を貫いた自害と言うのは江戸時代的でもありますし、実際のところ誰かが彼をそそのかして、自害させていたとしても、それはそれで不思議ではなさそうです。

11.政子も修善寺ならばたまに会うこともできると納得しますが……ちょっと待ったぁ!
修善寺は当時から名刹で、源氏の御曹司でもよいほどの場所。鎌倉にも近く、北条の目も光らせやすい。
しかし、その条件だからこそ、範頼も幽閉後に殺されているのでは?

これも政子が本気でそう言ったかどうかは疑問です。薄々感づいてはいたと思われますし、自分を納得させるための言葉とも取れます。

12.泰時は愕然とし、父に善児のところへ行ったのかと聞きます。
「父上は、一幡様を! なぜ!」
「武士とはそういうものだ……これでよかったのだ」
「父上はおかしい!」
そう叫ぶ我が子の頬を義時が叩きます。
武士ってなんなんだい?
私もそれは思ってしまいます。こんな異常性がある集団でいいのか?というドス黒い思いが湧いてくる。

個人的には、義時の行動に納得ですね。泰時君、君はまだまだ若いし、これから大人の階段を登ることになるのだよと言いたくもなります。それとこの武者さんが言う忠義とか武士の定義ですが、これらは後世のものですし、しかもあったことをなかったことにして丸く収めるのは、この後の時代にも行われているのですが。

13.程なくして武士が「仁義礼智信」を得ていく。これぞ歴史であり、そのために義時の息子である泰時が奮闘するのだと。

これも江戸時代的ですね。泰時の時代に御成敗式目ができ、その後の武家法の規範となりますが、この御成敗式目は武士道云々より、主に裁判を重視したものでした。

14.無残な問いかけが館に響きます。
頼家は、三浦と和田が北条に滅ぼされる未来を予知しているのです。

確かにこの時頼家は
「比企の次は三浦だぞ!和田だぞ!」
と叫んでいますが、それは彼を抑え込もうとしていたのが、義村と義盛だったからではないでしょうか。実際和田はこの後滅ぼされますが、その後は畠山が滅ぼされます。三浦はもっと後ですね。

15.深紅に身を包んだ実衣が得意の絶頂にいます。

これ、やはり「深紅の袿」と書いてほしいですね。英語だと"in crimson"で「深紅の衣を着た」にはなりますが。そしてこのシーンで実衣は初めてこの姿で現れるわけで、最初の方で比奈を比企の血を引いているとなじる彼女は、まだこの格好はしていません。

それからMVPと総評ですが、その中に何かよほど面白くないことがあったのでしょうか、『麒麟がくる』の駒に関してのこのような記述があります。

『麒麟がくる』の駒のことを「ファンタジー」だと貶すSNSの意見があり、それを取り上げた記事がありました。
歴史もので駒のように非実在の人物を出し、その目線で描くことは定番の技法です。
そんなことにケチをつけたら大河になった吉川英治『宮本武蔵』は成立しません。
大河でも『三姉妹』や『獅子の時代』は実在しない人物が主役です。
駒は歴史に干渉せず、実在人物の生死を左右したことはありません。
今年の善児のほうがトリッキーな動かし方です。
駒みたいな無名の市民がうろうろすることが嫌いなら、「ファンタジーだ!」とけなすのではなく、もっと歴史通らしい言い回しはあります。
「豚に歴史がありますか?」
民百姓に語るべき歴史なんかないのだから、駒みたいな戦災孤児出身者なんて要らんということなら、ハッキリそう言えばいい。
それを自らは安全なポジションに置くような言い回しでは卑怯です。

まずここに出て来る宮本武蔵は実在の人物ですが、これはお通のことを言っているのでしょうか。
また『三姉妹』や『獅子の時代』(10年ルールはどうなっているのでしょう)ですが、『獅子の時代』の場合は、確か最初から架空の人物と制作サイドは言っていたのではないでしょうか。そして架空ではあるものの、その当時にいたとしておかしくない人物となっています。『黄金の日日』でも架空ながら、その当時いたであろうという人物が出て来ます。

また善児ですが、元々彼は主人の命を受けて動く人物であり、その後もその範疇を出ていません。彼が歴史を変えたわけではないし、今回一幡を匿ったことで多少その制約が緩んだ感はありますが、最終的には彼でなくても、トウが一幡を殺めたはずです。その意味で歴史を変えたことにはなりません。

そして駒は、無名の市民ではありません。足利義昭の側女にまでなり、当時の大名の家族にも接したりしていますし、歴史に全く干渉していないとは言い切れないでしょう。駒が終生東庵の弟子であり、薬を売って生計を立てていたのなら、それはオリキャラとして認められるでしょう。またその当時いたであろう人物と設定するにしても、あちこちに出没し過ぎだからこそ批判されているのですが。これなら伊呂波太夫の方が、まだ架空の人物であると納得できます。
で、ここですが

「駒みたいな無名の市民がうろうろすることが嫌いなら、「ファンタジーだ!」とけなすのではなく、もっと歴史通らしい言い回しはあります。
「豚に歴史がありますか?」
民百姓に語るべき歴史なんかないのだから、駒みたいな戦災孤児出身者なんて要らんということなら、ハッキリそう言えばいい。
それを自らは安全なポジションに置くような言い回しでは卑怯です」

お気に入りの駒を批判されるのが嫌なのだろうと思いますが、武者さんがよくやるストローマン話法、つまり相手の主張(例えば駒は越権行為をしている、あるいは出過ぎであるといった)を故意に曲解する、正しく引用しない、あるいは論点をすり替えるなどして反論するやり方でしょうか。

ここで問題になっているのは、駒が本来出るべきでない部分にまで首を突っ込むこと、そもそも出過ぎだということであり、無名の市民だから、戦災孤児出身だから、いくらでも出していいと言うことにはならないでしょう。出すなとは言いませんが、ただ出すのならもっと効率的というか、出番は多くないけど印象に残るやり方があるはずです。

飲み物-琥珀のエール
[ 2022/08/25 01:15 ] 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud