fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  鎌倉殿の13人

三谷幸喜氏とジェームス三木氏の違いとは

今まで、三谷大河はなぜ批判されるのか-1三谷大河の問題点でいくらか触れてはいますが、三谷幸喜氏とジェームス三木氏の大河の描き方について、改めて。

まず前者の投稿の方では、このように書いています。

いずれにしてもこの人(注・三谷氏)の場合、たとえばジェームス三木氏などよりも、「個人的な趣味嗜好」が反映される部分は大きいでしょう。ちょっとばかりこだわり過ぎかなと思われるところもありますが、それと物足りなさとがうまく補完し合うというわけでもなさそうです。

また後者でも

また三谷色が強く、王道大河にならないということは、大河の視聴にある程度制約がかかるということでもあります-これに関してはやはり独自性が強いものの、ジェームス三木氏の方がまだ王道的な部分もありました。

と書いています(いずれも原文ママ)。特に今回、英語のサブタイトルをつけたりしている点などもそうですが、三谷氏の場合、「視聴者がどう考えているか」よりも、「自分がやりたいこと」を優先しているのではないか、そのようにも取れます-英語に関しては、『真田丸』の時に英文サイトなどを作っていましたが、正直疑問も感じました。

ジェームス氏の場合、近代三部作で数字が多少落ちたこともあり、それまでとは違った(と思われる)路線で、しかも大河の主人公としては初めての伊達政宗を描くことで、成功したと言えるでしょう。無論これは今よりTVの視聴者数が多く、裏番組も今ほどではなかった時代の話ではありますが。

その後『八代将軍吉宗』(これも90年代前半のフォーマット変更が軌道に乗らず、再び脚本を依頼されたと思われます)でナビゲーターを使い、多少独自色を出すようになります。そしてハイビジョン放送を迎えた年は、集大成というべき『葵 徳川三代』でした。従来の大河の路線も踏まえつつ、しかも独自色を出せた、今までの脚本家の中でも珍しい存在です。

無論これは、大河が昔のそれではなく、より新しいものを目指す方向に向かうという時代の要望に、うまく応えたからとも言えそうです。しかし単にラッキーだっただけとも言えないでしょう。ジェームス氏は元々TVドラマを書いており、戦国物の場合は、戦闘シーンなどもきちんと描かれていました。

この点、三谷氏は明らかに「舞台関係者としての」本人がやりたいことを前面に押し出していると取れます。確かに三谷氏はファンサービスは旺盛であるかと思います。この辺りが、三谷氏はファンに取っては受けがいいと言えますし、どちらかと言えば三谷大河は、ファンに向けられたものであると言えるでしょう。

しかしこう言っては何ですが、そのやり方を通す限りアンチもまた存在し続けるかと思います。どの作家にもファン、アンチはそれぞれいるものですが、この人の場合特にはっきりしている感もあります。(ちなみに私はどちらでもありません)

『いだてん』の時もそうでしたが、舞台関係者の場合、舞台を見に来てくれる人、特に常連客が対象になりがちです。ただTVの視聴者は不特定多数で、舞台とは明らかに違っており、中にはその独自色を好ましく思わず、途中で視聴を止める人も出て来ることになります。大河が1年物を今後も続ける-個人的にその必要はないと思いますが-のであれば特に、舞台の脚本家を今後使うべきかどうか、検討する必要もあるようです。無論これは、『鎌倉殿の13人』の総合的な評価が出てからの話になるとは思いますが。

飲み物-黄金色のビール
スポンサーサイト



[ 2021/10/22 01:00 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)

『黄金の日日』「起死回生」と疑問点少々

『黄金の日日』第29回「起死回生」です。信長亡き後の山崎の合戦で明智光秀は敗退、そして農民から竹槍で刺殺されます。その後の天下を誰が統べるのかで、清須会議が開かれるという、これまたお約束の展開です。もちろん三谷さんの『清須会議』とは違いますので、皆が走ったりするようなことはありません。ただこの大河らしく、やはりここでも助左の出番があり、南蛮の珍しい物を持参するようにと言われた助左は、
オルゴール
ビスケット
金平糖
を携えて、石田左吉の許を訪れます。これで信長の孫、三法師をいわば手なずけた秀吉は、三法師を擁して自分が後見人となるものの、最早誰の目にも、秀吉が次の天下人であることは明らかでした。

結局柴田勝家との間で、賤ケ岳の戦いとなり、その一方で助左は再び呂宋へ向かいます。この辺りは武将が主人公でない分、かなりシンプルに描かれています。そんな助左に秀吉は、もう宗久はいない、自分に仕えないかと言うのですが…この時期、秀吉を取るか呂宋へ向かうかで迷いつつ、助左は旅立って、呂宋に残して来た美緒と会います。美緒さん、すっかり呂宋の女性のようになっています。そして自分が不在の間の様々なことを聞かされ、堺へ戻ることを決意します。

しかし堺が近づいた時海がしけ、助左は自分の体を帆柱に括りつけます。その目には宗久の姿が映ります。恐らく、呂宋へ向かう途中に船の難破か何かで亡くなったであろう宗久が、しきりに助左を呼ぶのですが、美緒は行ってはならぬと、助左に縋り付きます。このシーンといい、また呂宋での生活といい、どう見ても助左と美緒が夫婦のように見えてしまいます。

一方で雪深い味土野にいるたまの許を訪れた武士がいます。その人物は表から上がろうとせず、庭に片膝をつき、しかもキリシタン関連の書物をたまに届けていました。訝るたまに、その武士は笠を取り、かつて近江で出会った若武者であったことを告げます。思わぬ再会ですが、いくら何でも創作でしょうね。しかし『功名が辻』のたまと侍女は、もっとつましい暮らしをしていたはずなのですが、この中のたまと左吉はまるで、『風林火山』の由布姫と勘助のようです。あと、この侍女を演じていたのが塩沢ときさんとは驚きでした。

ところで前出オルゴールですが、あの当時まだああいう形のオルゴールはなかったとされています。そもそもまだ、その原型も出て来ていなかったかも知れません。それからビスケットですが、これも元々は平戸に伝えられたのが最初と言われています。それにしてもあのキリシタン関連書物、どうやって手に入れたのでしょうか。また三法師の後見人的存在の秀吉を、執権となった北条義時のようだと柴田勝家が口にしますが、何やら来年の大河を連想させます。


飲み物-ボトルとコルクとワイン


[ 2021/10/21 00:45 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)

『青天を衝け』新キャスト発表と来年大河の弁慶その他

『青天を衝け』の新キャスト(恐らくこれが最後)発表です。

渋沢栄一、最後の変身!
(NHK ONLINE)

正直言ってあまり知らない俳優さんもいますし、名前は知っていても、出演作を観たことがない人もいます。ただ泉澤祐希さんと忍成修吾さんは、『西郷どん』に出演していましたね。あと菅野莉央さんも、『風林火山』の海ノ口城主の娘で、後に小山田信有の側室となる美瑠姫の少女時代を演じています。
それにしても「最後の変身」とは何ぞや。まるで特撮物のようです-確かに、吉沢亮さんは『仮面ライダーフォーゼ』に出演していましたが。

それから先日、緒形拳さんと大河について書いていますが、この方は『源義経』と『新・平家物語』の、2つの源平物にも出演しています。特に『源義経』では武蔵坊弁慶という、準主役的な役どころで2年連続での大河出演でした。

ところで弁慶と言えば、未だに来年の『鎌倉殿の13人』の弁慶役が発表されていないようですが、弁慶抜きで行くのでしょうか。過去にも『草燃える』などは、確か弁慶は出ていませんでしたが、出さないのであれば
奥州藤原氏の登場するシーン、特に衣川の戦いが描かれない
義経主従が藤原氏を訪ねて落ち延びるシーンがない
といった、明らかに弁慶が出て来てしかるべきシーンを出さないのが前提になります。

三谷さんのことですから、色々それなりにひねっては来るのでしょう。しかし今までの大河は、幕末や戦国といった、多くの視聴者がいくらか予備知識のある時代が舞台でした。今回はそこまで時代背景や人物、とりわけ坂東武者たちが多くの人々に周知されているかと言えば、必ずしもそうではありません。

まして、弁慶が出てこないのは何故だと思う人も少なくないでしょう。その疑問に十分答えられますかどうか。

10月ももう半ばです。前出の『鎌倉殿の13人』のキャスト発表は11月16日から行われましたが、『どうする家康』の出演者のオファー、そしてキャスト発表の準備は、着々と進んでいるのでしょうか。

飲み物-グラスに入ったビール

[ 2021/10/18 23:45 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)

『青天を衝け』徒然その14

『青天を衝け』、第29回と30回を観て感じたことをざっと書いてみます。この両方で印象に残ったのは、やはりと言うか血洗島の両親、そして尾高惇忠でした。この大河の原点はやはりここなのだなと、改めて思った次第です。父市郎右衛門が、篤太夫から栄一に戻った息子の家を訪れるも、分不相応なことはしたくないと、絹の夜具を使うわずに帰るシーン、また惇忠が、富岡製糸場での養蚕指導に当初は難色を示しつつも、最終的には受け入れるシーンなどは、やはり心に響くものがありました。

その市郎右衛門も、その後血洗島で生涯を閉じます。この父親なくして、後の渋沢栄一はなかっただろうと思われるほど、この人の影響は大きかったと思われます(少なくとも、この作品ではそう描かれています)。それだけに、栄一に取って心に穴が空いたように感じられもしたでしょう。やはりこの家は農家であり、家族総出で仕事に励むことに加えて、それぞれの家の結びつきの固さなどもあり、特に家族との接点の描写は、ドラマの中で大きな意味を持っているし、それが視聴を止めずに続けている一因でもあります。

一方で、新政府の土台作りに栄一たち、かつての幕臣たちがあくせくするシーン。この辺りが何やらお定まりといったイメージで、ある程度予想はしていましたが、どこかスペシャルドラマ的でます。元々、近代以降というのはそういったところがあるのですが、特にこの大河は政治より商い、実務の部分が表に出て来ているせいか、よけいにスペシャルドラマといった印象を与えている感があります。内容も設定もかなり違いますが、同じ明治後の近代を描いた『獅子の時代』、これはオリキャラが主人公でしたが、時代の変遷という点では、こちらの方が力強いものを感じました。

それから薩長方の描写にも多少難ありです。薩長と旧幕臣の対立、あるいは薩長と土肥の間の対立にしても、無論理由があってのことですが、それがあまり描かれておらず、ひたすらそれぞれの対立構図が目につくような気がします。それと西郷隆盛の描き方も、ちょっと単純ではないでしょうか。またあの軍服、これは華丸さんも一生懸命演じているので、あまりこう言うのも何ですが、やはり増量した鈴木亮平さんの方が恰幅がよく、あの服も似合っていたかと思います。

そして家康公、2週続けて登場です。2週目にはタブレット?を持っての登場で、この部分がこの大河の中で一番攻めたシーンと言えますし、どうせなら、この部分をもう少し長くしてほしいとさえ思います。それと、新政府がなかなか前に進まないというセリフに関しては、戦国→安土桃山→江戸への意向とはまるで事情が違うのだから、致し方ありませんね。江戸時代の幕藩体制も、新政府の足かせの一つになってはいるわけですし。

ところで『鎌倉殿の13人』で、弁慶のキャストがなかなか決まらないと何度か書いていますが、その弁慶の主人の義経に関して。元々小柄で優男といったイメージに描かれることが多いのですが、一度義経を女性という設定にしてはどうかと思います。無論これは大河より土曜時代ドラマ的発想ではありますが。なお『新・平家物語』の原作では、この義経、正確には牛若丸が鞍馬を脱出した後、しばらく身を隠すために女装して、その時静と知り合うということになっています。何やら、漫画の題材になりそうです。

飲み物-ビールと夜景

[ 2021/10/16 00:45 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)

堀内敬子さんと寮母のハドソン夫人

来年の大河『鎌倉殿の13人』で、堀内敬子さんが比企能員の妻、道を演じるというのを、『鎌倉殿の13人』新キャスト発表 続きという投稿でご紹介しています。

堀内さんと言えば、色々な作品に出演していますが、やはり思い出すのはパペットホームズです。この中で堀内さんは、寮母のハドソン夫人(画像)の声を担当しています。
MrsHudson 2

このハドソン夫人、明るく快活で面倒見がよく、クッキーを焼くのが大好きというか、ほぼ日課となっている女性です。しかし少々おせっかいで、しかも、猫を撫でた手でそのままクッキーを焼いたりもするようです。また生徒たちの食事を考えたり、部屋の掃除(恐らくこれは、221Bがあまりに散らかっているので、見るに見かねて掃除したとも取れます)をしたり、またある事件がきっかけで、ある生徒にクッションを作ってあげるたりもしています。

ホームズの最初の事件は(原作・緋色の研究)は、このハドソン夫人が生徒の食中毒の容疑者となり、謹慎させられたのが発端になっています。また最後の事件(原作・最後の事件)も、元々はハドソン夫人が、近くで殺人事件が起こったことをホームズに話したため、夜中だというのにホームズがワトソンを連れて現場へ行ってしまい、2人が、モリアーティ教頭からこれまた謹慎処分を受けたことから始まります。

その後ホームズは教頭先生の目をかいくぐって、オルムシュタイン校長が窮地に陥った事件を解決しますが、謹慎中に出歩いたことから、教頭から退学を命じられることになります。しかし元々教頭は、ホームズを退学させようとしていたというのが真相のようです。しかしハドソン夫人、殺人のことなど言おうものなら、ホームズが校則など無視して飛びつくであろうことは、わかっていたはずのですが…。

ともあれ、来年の大河とは直接は関係ありませんが、三谷さんの作品の堀内さんということで、今回、久々にパペットホームズのハドソン夫人についてちょっと触れてみました。

飲み物-ブロンドのエール

[ 2021/10/06 01:00 ] パペットホームズ | TB(-) | CM(0)

『鎌倉殿の13人』に出演しないであろう常連さんたち

またも『鎌倉殿の13人』というか、三谷幸喜氏の大河関連です。元々三谷大河のテーマは敗者で、しかもキャストには必ず堺雅人さんや、小日向文世さんが名を連ねていました。しかし『鎌倉殿の13人』で、それに終止符が打たれることになります。

終止符が打たれるとは少々大げさかも知れませんが、ともかく、それまでとは違う路線を歩むことになり、従ってその意味では、『真田丸』までの大河とは違った意味を持つことになります。無論三谷さんが絡む以上、構成、展開、あるいは小ネタの多さなどは変わらないとは思いますが、集大成であるこの作品で、今までの2作品よりも「大河らしさ」を意識しているのかなとも思われます。

堺さんや小日向さん、特に堺さんが今に至るまでキャストに名前がないのは、無論様々な理由があるでしょうが、あるいはそういった点も関係しているのでしょうか。それに草刈正雄さんの名前もありません。『真田丸』の主人公が、実質的に真田昌幸であったことを考えると、これはちょっと解せない部分もあります。

草刈さんが後白河法皇の役かなと、当初は思っていたのですが、西田敏行さんは、『新・平家物語』で義時を演じている俳優さんでもあるだけに、やはり出したかったのかも知れません。いずれにしても三谷さんの場合、普通の大河の後白河法皇とは違った描き方になるでしょうから。

ただ三谷さんの場合、いわば「三谷劇団」的な、ある程度決まった俳優さんをどの大河にも出演させることで、話題を作って来たとも言えるわけですから、今回のこのキャスティングには、ちょっと納得が行かないという人もあるいはいるでしょう。今後まだ発表は行われるでしょうが、私も『真田丸』に出た人がもう少し出るかと思ってはいました。

あくまでも個人的な予想ですが、意外と堺さんとか小日向さんは、『どうする家康』に出演する可能性もあります。小日向さんの場合、『平清盛』にも出演していたし、別に三谷大河でなくても、役をこなして行けるでしょう。というわけで、この後↑は『どうする家康』はじめ戦国大河について書きたいと思います。

飲み物-アイスコーヒーブラック

[ 2021/09/24 00:30 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)

『どうする家康』キャスト予想

『鎌倉殿の13人』のキャストの大部分が発表され、収録も行われる一方で、2023年の大河『どうする家康』のキャスト発表も、もし昨年同様11月に行われるのであれば、あとひと月ほどに迫っています。

今のところ、松本潤さんしかまだ正式には発表されていませんが、恐らく様々な事務所へオファーが行っているのではないでしょうか。私としては、鈴木亮平さん(来年の弁慶役も予想してはいますが)と香川照之さんに出演してほしいと思っています。

ちなみにこの大河は、家康と信長の関係がメインではないかということで、信長を誰が演じるのか、占い師による予想も行われたらしいです。

木村拓哉、玉木宏…松本潤主演『どうする家康』で織田信長役を演じるのは誰?占い師らがガチ予想
(ABEMA TIMES)

この記事中の候補者で見る限り、私は玉木宏さんかなと思います。キムタクはどうでしょうね。この人も昔から、大河の主演候補としてマスコミが騒いだことがありますが…キムタクは誰を演じてもキムタクになる感じがするし、また最近やせたせいか、何だか老けたなという印象があります。そう言えば最近やけにキムタクが出て来るなと思ってたら、映画のPRだったのですね。

あと松岡昌宏さんとか、東山紀之さんという予想もあるようです。来年のメインキャストが、三谷さん好みの人たちで収まりそうで、しかも大部分が決まってしまっていますが、こちらは殆どが未定であるため、あれこれ考える余地がかなり残されています。

やはり信長を誰が演じるかが焦点になりそうですが、秀吉とか、家康自身の家臣団もメインになるでしょう。あとはやはり築山殿、そして側室たちでしょうか。

それとジャニーズ関連の人たちの出演ですが、やたらに入れてくることはないかなと思います。岡田准一さんがあるいは久々に登場するでしょうか。

飲み物-コーヒーカクテル
[ 2021/09/22 01:30 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)

三谷大河はなぜ批判されるのか-3

三谷幸喜氏の大河がなぜ批判されるのかについて、先日、先々日と投稿して来ました。これに関しては、以前「三谷大河の問題点」というタイトルで書いたこともあり、内容的には重複している部分もあると思います。しかし、『鎌倉殿の13人』まであと4か月を切り、期待したいとは思うものの、現場から入ってくるコメントに、もやっとしたものを感じたため、改めて書かせていただきました。

それから先日の分で、栗塚旭さんが土方歳三、島田順司さんが沖田総司を演じた作品を、1970年の『燃えよ剣』としていますが、1965年の『新選組血風録』でも、それぞれが同じ役を演じていますので、その旨書き添えています。

本題に戻ります。とどのつまり批判される点としては、
  • 三谷さんのこだわりはわかるが、それが舞台的なコント、大河という言葉の持つ重みに、どこか欠けるのではないかと思われる点の補完とはなりえていない
  • 史実の新解釈を入れたいのはわかるが、それと、ドラマを通して感じられる今風な乗りとはどこかミスマッチである
  • これも舞台出身だからと思われるが、戦闘シーンがよくない。『真田丸』で改善されるかと思ったが、特に天王寺口の戦いのシーンは、戦闘につきものの緊張感が感じられなかった
こうなるかと思います。

『鎌倉殿の13人』でも、恐らくこの路線は基本的に変わらないと思います。「黙れ小童」のように、かつて自分が観た大河の気に入ったセリフを持ってくるかも知れないし、レアなキャスティングをするかも知れない。これはもう三谷さんの独自路線であるため、後はその人に合うか合わないかの問題となるでしょう。

実際『鎌倉殿の13人』の制作発表時の「面白くします」には、それまでの大河2作のように、「暗い世の中を勇気づける」云々といった調子ではないこともあって、期待が持てたのは事実です。ただ三谷さんの「面白くします」には、やはり前出のような舞台的乗り、現代風の雰囲気がつきまとうことにもなります。あと当時の庶民目線も三谷大河の売りですが、たとえば『風林火山』なども雰囲気は全く異なるものの、当時の庶民の生活(勘助とミツの生活など)を描いてもいるわけですし、これはこれでまた、三谷さんの作品にはない面白さもありました。

それに関することでもう一つ。三谷大河の常連と言える山本耕史さん、そして小日向文世さんが『平清盛』に出演していたことを、ご存知の方も多いでしょう。山本さんが悪左府こと藤原頼長で、小日向さんが源為義でしたが、三谷大河を離れ、違った脚本の大河でのお二人の、また異なる一面を観られたのは新たな発見と言っていいでしょうね。

それと来年に限りませんが、TVを観ない、ネットが中心の若年層に対してのアピールをどうすべきかを、NHKは考えているのでしょうか。これはポスト三谷大河の課題となるかも知れません。無論、若者受けする出演者を出せばそれでいいというわけでもないわけですし、またTVに比べるとネットはもっとシビアな世界です。これについてはまた書ければと思っていますが、ネット中心の若者には今までのノウハウでは通じにくい部分があり、それが今の大河の、数字の上での苦戦の一因となっているかとも思われます。

余談ながら、『TOKYO MER ~走る緊急救命室~』が12日に最終回を迎えました。このドラマは割と好きでしたので、近日中に、関連投稿ができたらと考えています。

飲み物-アイスコーヒーブラック

[ 2021/09/14 00:00 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)

三谷大河はなぜ批判されるのか-2

先日の投稿の続きです。あれやこれやと書いていますが、あくまでも私の視点で捉えているものであり、無論三谷さんの脚本をどうとらえるかはその人次第です。見方を変えれば、結局のところ映像作品と言うのは、誰が脚本を書くのか、出ている俳優さんは誰なのか、どのようなテーマなのかといった諸々のことを始め、主観が大きく影響するものです。ですから人によって面白い面白くないかの評価の違いは当然あるわけで、高評価を得た作品であっても、すべての人がそれに賛同しているわけではありません。

ところで1つ前の投稿では

「個人的な趣味嗜好」が反映される部分は大きいでしょう。ちょっとばかりこだわり過ぎかなと思われるところもありますが、それと物足りなさとがうまく補完し合うというわけでもなさそうです。

と書いています。『鎌倉殿の13人』で、大河好きがニヤリとするキャスティングもあるといったコメントが紹介されています。無論これがどのような形のキャスティングになるのか、こちらは勝手に予想するしかないのですが、かつて『『新選組!』で、『新選組血風録』(1965年の時代劇)及び『燃えよ剣』(岡田准一さん主演の映画ではなく、1970年制作の時代劇)で、土方と沖田を演じた栗塚旭さん、島田順司さんをそれぞれ、別の役でゲスト的に出演させていたのを思い起こさせたりもします。

こういうのは確かにこだわりを感じさせるのですが、妙にマニアックで、何もそこまでやらなくてもいい、何か空回りしているといった一面もあります。そう言えば『真田丸』のラストシーンも、クランクアップ時はまだ未公開ですなどと言われていて、これも一種のこだわりとも取れますが、今となっては、やはりあれは未公開でいた方がよかったかと思っています。安居神社の信繁終焉のシーンがよくなかったので。

逆にこういうのにこだわるよりも、残された人々のその後の生活を描いてもよかったのではないかと思うのですが、やはり三谷さんの大河にそれは望めないでしょうか。

それと主人公の描き方について。確かに新選組や真田信繁に対し、新しい見方で描きました、史実も再考証をしましたというのはいいでしょう。ただそれにこだわりすぎるあまり、人物の描写が、どこかおちゃらけた感じになってしまってもいるわけです。細かい部分にこだわるのはともかく、その当時の人々にしては、妙に現代劇的な設定になりがちで、こうなるとやはり時代劇としての旨味は失われ、この点が、三谷さんの脚本が小劇場的だと批判される一因ともなってはいるでしょう。

私も『真田丸』の放送前まではかなり期待もしたのですが、実際あの大河の終盤は如何にも物足りなさを覚えました。大坂の陣もですが、小野お通の描き方も、あれはないだろうとは思いましたね。そもそも信之がお通のところに通うのに、奥さんがついて来たりはまずしないでしょうし。ただパペットホームズとの共通点がかなり見られたのは、面白かったと言えます。これに関しての投稿は「真田丸とホームズ」でまとめています。

上記三谷大河もそうかも知れませんが、平成の頃は面白いともてはやされたものが、そろそろ節目を迎えている感もあります。『鎌倉殿』も最初の一月二月は観るかも知れません。しかし観ていてあまり面白くないと、視聴を止める可能性もあるでしょう。始まる前からこう言うのも何ですが、最近大河の視聴と言うのにそこまで情熱を傾けられなくなっているせいもあります。現時点で、すべてを完走したのは『西郷どん』が最後ですから。意外と『どうする家康』が面白くなるかも知れません、断言はできませんが。

それと余談になりますが、今年は水曜の21時にグラナダ版ホームズが放送されていることもあり、『相棒』の視聴はお休みしようかと思っています。数年前からいくらかその傾向はあったのですが、スペシャルに多少違和感を覚えるようになりましたので。このシリーズもやはり、平成に隆盛を極めた作品ですね。一方で、『刑事7人』が割と面白く感じられたので、こちらを最初から観てみようと思います。刑事ものでは、京都府警が舞台の作品も結構好きです。


飲み物-ブロンドのエール


[ 2021/09/13 01:15 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)

今後の大河の舞台予想と主演俳優の出演CM

ここのところ『鎌倉殿の13人』関連でいくつか投稿をして来ましたが、その翌年放送予定の『どうする家康』も、そろそろメインキャストが決まるのではないかと思います。しかし年明けと同時に2年後の作品を発表するというのは、この後も続くのでしょうか。私としては、その前年の年明けか、2年前の秋頃で十分かと思うのですが。

『青天を衝け』と『鎌倉殿の13人』が関東、そして『どうする家康』は東海メインになると考えられますので、2024年以降は、そろそろまた西日本か東北が舞台となるのではないでしょうか。それこそ南北朝なんて、近畿地方が主な舞台となるわけですし。また個人的に、東北か九州が舞台のを観てみたいものです。東北だと『八重の桜』以来、九州だと『軍師官兵衛』以来です。

ところで吉沢亮さんが、ロッテガーナのCMに出ているのはご存知でしょう。また来年の主演の小栗旬さんが味の素、再来年の主演の松本潤さんが、キッコーマンのCMにそれぞれ出演しているというのは、前にお知らせしていますが、チョコレートに関して言えば、松本さんも明治のCMに出演していますね。こうなると、吉沢さんか松本さんが、小栗さんのプレモルに対抗する形で、ビールのCMに出ても不思議ではありません。

と言うより、『龍馬伝』後に限れば、男性主人公の大河の主役を演じた俳優さんで、ビールのCMに出演した人は結構います。岡田准一さんと堺雅人さんは発泡酒ですが、あとは福山雅治さんも鈴木亮平さんも、そして長谷川博己さんも、出演中または出演後の違いこそあれ、ビールのCMに出ています。しかし吉沢さんとか松本さんの場合、あまりビールの印象ではないのですよね-松本さんは以前、嵐のメンバーとして出演したことはありましたが。

しかしこうなればなおさらのこと、受信料を使うのではなく、彼らが出演中のCMの企業に頭を下げて、スポンサー付きで大河を作るべきかとも思ってしまいます。問題は、人に頭を下げられるだけの腰の低さと交渉力とを、NHKが持ち合わせているか否かですが-難しいでしょうかね。


飲み物ーアイスカフェオレ


[ 2021/09/11 00:30 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud