FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  西洋文化

復活祭

2021年4月4日は復活祭です。クリスマス、ペンテコステと並ぶ3大祝日というのは前にも書きましたが、今も東方教会に属する正教会では、この日を復活大祭として盛大に祝っています。但し西方教会とは異なり、東方教会の復活祭はもう少し後の時期、今年は5月2日となります。

欧米でイースター(英)、オースターン(独)などは、元々は春の祭りの意味があり、さらにフランス語のパックは、ユダヤ教の「過越」の祭りから来ています。日本語の場合は、「復活」をそのまま使っているのでわかりやすいと言えばわかりやすいです。

昔『ピーナツ』の漫画で、スヌーピーがウサギのように耳を立ててイースターバニーに扮し、イースターエッグをヴァンペルト家(ルーシー、ライナス、リランの家)の庭に隠して行くのを読んだ記憶があります。この時は、TVを観ているルーシーを尻目に、ライナスがエッグハンティングを行い、卵をいっぱい抱えて戻って来て、TV観ていたら色々損するねとルーシーに話しかける場面が出て来ます。一方、チャーリーとサリーのブラウン家にもスヌーピーはやって来るのですが、この時は卵がなくなってしまい、私に卵をちょうだいとサリーに言われたスヌーピーはやむを得ず、空のバスケットを彼女の頭に被せてしまいます。

イースターエッグ

スポンサーサイト



[ 2021/04/04 11:15 ] その他 | TB(-) | CM(0)

受難週

3月28日は満月です。春分の日の後初めての満月になりますが、この満月の次の日曜日が復活祭なのはご存知の方も多いでしょう。

この受難週というのは、復活祭の前の日曜からの週のことで、プロテスタント諸派では受難週、カトリックでは聖週間と呼びます。今年は3月28日から4月4日までの期間がこれに当たります。日曜日(棕櫚の主日、枝の主日)と呼ばれるエルサレム入城の日に始まり、ユダの裏切りや最後の晩餐を経て、金曜日に磔刑、そして次の日曜日の復活まで、様々な出来事がある週で、この時期はかなり古くから重要視されて来ました。

この時期、信者がパレードを行う国もあります。またキリスト教圏の多くでは、金曜日から日曜日、または月曜日まで休みということが多く、この連休を利用して旅行する人もいますが、今年はさてどうなるでしょうか。ともあれこの復活祭の時期、クリスマス、そしてこれはあまり馴染みがないのですが、復活祭と関連のあるペンテコステ(復活祭から50日目の日曜日)は、キリスト教の3大祝日と言われています。

飲み物-ワインのデキャンタとグラス



[ 2021/03/29 01:30 ] その他 | TB(-) | CM(0)

聖パトリックの日

3月17日は聖パトリックの日(命日)、アイルランドの祝日です。この日はダブリンをはじめ、アイルランド系が多いアメリカの都市、たとえばNYやシカゴなどではパレードが行われ、シカゴでは川が緑に染まるので有名です。しかし今年は、パレードやイベントははやはり制約がかかるのでしょうか。

元々この聖パトリックは、アイルランドにキリスト教を伝えた伝道者で、三位一体説を、シャムロックの3枚の葉を使って説いたとされています。シャムロックがアイリッシュのシンボルとなるのもうなずけます。またこの聖人は緑の司教服をまとっており、足元に蛇がいる姿で描かれたりもしています。なぜ蛇なのか、それはアイルランドから蛇を追い払ったという伝説があるからで、確かにキリスト教に於ける蛇は、エバをたぶらかした邪悪な動物ではあります。

ではなぜ緑の衣なのか、それはアイルランドの自然のためとも言われます。アイルランド付近は暖流が流れており、緯度の割に温暖な気候だからです。この緑はナショナルカラーでもあり、この色のビールもありますし、さらにアイルランドの伝説に登場するレプラコーン(レプラカーン)は緑の服をまとっています。実際聖パトリックの日には、この妖精のコスプレをする人も多く、黒のベルトが付いた緑の大きな帽子は、ひときわ目立つ存在です。

飲み物-グリーンビール
[ 2021/03/17 11:30 ] その他 | TB(-) | CM(0)

聖デイビッドの日とイギリスの中の4か国

3月1日はウェールズの守護聖人、聖デイビッド(St. David)の記念日です。この日はウェールズでは、リーキ(西洋ニラネギ)を身に着ける日となっています。ウェールズといえば他にも黄水仙、旗にも描かれているドラゴンなどが「国」の象徴として連想されます。そして何と言ってもラグビー。実は現在行われているシックスネーションズで、そのウェールズがイングランドを破り、3連勝でトリプルクラウンを達成しています。


北半球のラグビーを観ていると、4か国に分かれて国際試合を行うと言うのは、かなり当然のこととして頭に入って来ます(サッカーも同じですが、こちらは南北それぞれのアイルランドの代表がいるため、5か国となります)。またそれぞれの国というか、地域の特色も何となく理解できるようになります。聖デイビッドの日にちなみ、ここで4か国の守護聖人の祭日についてリストアップしておきます。


  • ウェールズ(聖デイビッドの日)3月1日
  • アイルランド(聖パトリックの日)3月17日
  • イングランド(聖ジョージの日)4月23日
  • スコットランド(聖アンドリューの日)11月30日


スコットランドを除けば、早春から春の時期に集中しています。


そして今年は、この「4か国」の精鋭を集めたブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズと日本が対戦します。トップリーグが終わって間もない頃ですが、さてどのように準備を進めているのでしょうか。


飲み物-パブのビール

[ 2021/03/01 00:15 ] その他 | TB(-) | CM(0)

バレンタインデーとレント

2月14日はバレンタインデーです。元々この日はその名が示すように、聖バレンタインの殉教日です。しかし聖人の殉教の日ではあるものの、現在は教会の祝日とはなっていません。

しかしこの日は「愛」にまつわる様々な言い伝えがあるため、現在はコマーシャリズムに先導された、贈り物やカードをやり取りする、イベントとしての盛り上がりが見られます。日本に於けるバレンタインの普及もその一例でしょう。その他には小鳥がつがいになるとか、自分の名前を書いたくじを引いた異性と、1年間恋人になるなどという伝承もあります。

ところで今年は、この14日の次の日である15日がコロップ・マンデーに当たります、この日はシュローブ・マンデーともいわれ、薄切りの肉(通常ハムかベーコン)と卵を食べる日です。その翌日はシュローブ・チューズデイ(懺悔火曜日)で、四旬節(受難節、レント)を前に、様々な動物性の食べ物、お菓子などを食べる日とされています。イギリスではパンケーキを作る家庭が多く、パンケーキ・チューズデイとも呼ばれています。

その次の水曜日はアッシュ・ウェンズデイ(灰の水曜日)で、この日から、復活祭前の物忌みであるレントの時期に入ります。つまり懺悔火曜日のご馳走は、節制の時期を前に、大いに飲み食いをしておこうという意味があるのです。物忌みであるため、節制、自らの信仰生活の振り返り、ひいては結婚式を控えるなどの慣習があり、その意味では待降節、つまりクリスマス前の1か月と似たような意味合いがありますし、教派にもよりますが、礼拝にも共通した点が見られます。

この火曜日は、ベネチアやリオなどのカーニバル(これも物忌み前のどんちゃん騒ぎの1つ)の終盤に当たりますが、今年は観光客不在で行われたり、またカーニバルそのものを中止したりと、かなりコロナ禍の影響も出ているようです。


飲み物-コーヒーとチョコレート
[ 2021/02/13 23:45 ] その他 | TB(-) | CM(0)

聖燭祭とクレープ

今年は2月2日が節分ですね。3日が節分で4日が立春というのに慣れていますから、今年のように1日ずれるというのは、ちょっと不思議な気分です。あと、大河ドラマがバレンタインデーに始まるのも。

ところでこの2月2日はキャンドルマス(聖燭祭)でもあることは、前にキリスト教の祭と日本の祭、そして聖燭祭と告解火曜日とフットボールという投稿で書いています。後者の方では、フランスでクレープを焼くこと、さらにアイルランドでもインボルクという立春の祭りがあり、こちらもやはりクレープを食べることについて触れています。インボルクの場合のクレープは、丸い太陽の形をイメージしてのものですが、聖燭祭のクレープにも、同じように太陽をかたどったという説もあり、元々は聖燭祭も立春の祭りであったとも言われています。洋の東西を問わず、この時期には何らかの言い伝えがあるようです。

さてそのクレープに関して。ここのところ頻繁に投稿している『きのう何食べた?』の第10回にもクレープが登場します。原作だと第3巻に登場する「おかずクレープとおやつクレープ」です。原作では夏休み(盆休み)の初日であること、ドラマでは、賢二の勤務先の美容院が改装工事で、しばらく臨時休業となって、史朗と同じ週末に休めることから、史朗が張り切ってクレープのブランチの準備をします。その間賢二は部屋の掃除をするのですが、史朗の部屋からポスターと思しきものが見つかり、わざわざそれを本人に見せに来ます。このポスターは、史朗が大好きなかのアイドルの若い頃の物なのですが、それに関しては上記↑の投稿をどうぞ。

飲み物-エスプレッソ2
[ 2021/02/02 23:45 ] その他 | TB(-) | CM(0)

クリスマスについて少々

クリスマスも近いのでそれにちなんだ話を。この時期、プレゼントを受け取るためのクリスマス・ストッキングというのがあります。靴下を下げておいたら、中にサンタクロースがプレゼントを入れてくれているというあれですね。この由来は色々で、ミュラの聖ニコラウスが、身売りされそうになった3人の娘のために、干してあった靴下に金貨を入れておいたという説もあります。聖ニコラウスは、ドイツを始めとするヨーロッパ各地で有名な聖人であり、オランダ語の聖ニコラウス(シンター・クラアス)が訛ってサンタ・クロースになったようです。

一方で北欧では、オーディンの愛馬スレイプニル絡みの説があります。この時期オーディンは、亡くなった人々の精霊を連れてやって来るということで、これが後のワイルドハントのもとになったとされています。日本でもかつては、冬至の頃は祖霊が帰って来ると言われていました。要は冬のお盆ですが、北欧ではユールと呼ばれています。さて、オーディンを乗せてやってくる8本足のスレイプニルのために、子供たちは干し草をブーツに詰めて用意しておき、翌日そのお礼としてお菓子が入っていたという謂れもあります。こういう昔のヨーロッパの素朴な話を、コマーシャリズムに乗せ、赤と白のサンタスーツを考案したのはアメリカです。

またかつてこの時期は、今のようなツリーではなくヤドリギを飾っていました。このヤドリギは、古代のケルト民族に取って聖なる木でしたが、そのせいもあってかなり昔は異教徒的などと言われたようです。ツリーが一般化するのは19世紀に入ってからで、ヴィクトリア女王の夫君で、ドイツ出身のアルバート公が広めました。これも元々ゲルマンの樹木信仰(同じような信仰は、日本の御神木などにも見られます)に端を発しています。以前18世紀を舞台にした映画でツリーが飾られていたのを観ましたが、あれはちょっとおかしなものでしたね。さてキリスト教圏では斎日でもあるクリスマス、この日は色々と怪談も多いと言われています。

飲み物-クリスマスのホットワイン
[ 2020/12/23 23:00 ] その他 | TB(-) | CM(0)

今年もアドベントの季節

さて、今年も29日からアドベント(待降節、降臨節)です。
コロナ禍に揺れた2020年もいよいよクリスマスの時期、そして師走を迎えるのですね。ちなみに正教会ではアドベントの概念はなく、代わりにピリポ(フィリポス、フィリポ)の斎が行われます。元々この時期は悔い改めの時期でもあり、昔は断食をしたり酒を断ったりしたと言われています。この点、今の正教会のレント(四旬節)中の行事に近いものがあります。尚このブログも、背景の色を変える予定です。

行事-アドベント
[ 2020/11/29 00:00 ] その他 | TB(-) | CM(0)

『少女レベッカ』という物語その3

『少女レベッカ』その3です。アダム・ラッドからの話を聞いたレベッカは、彼が母を早く亡くしていたこと、ハルダーをあまりよく思っていないことを知ります。レベッカはひとまず安心したものの、今度はミランダ伯母さんが倒れたことを知ります。その頃帰省していたレベッカは、伯母さんの言葉にいつもに増して棘があるのに気づき、ジェーン伯母さんにこのことを打ち明けますが、実は体の具合を悪くしていたのが原因でした。

ミランダ伯母さんの病気は、銀行の経営破綻によるものでした。このためレベッカは、伯母さんのお下がりの服を着るようになり、ジェーン伯母さんも、ミランダ伯母さんにレベッカを退学させようかと持ち掛けます。しかしミランダ伯母さんは、自分たちが進学させるという目的で預かったのだから、それはできないときっぱり言います。日頃厳しいミランダ伯母さんですが、こういう時はきちんと責任を取る人物でした。

やがてレベッカが、高等学院を卒業する日がやって来ます。しかし伯母さんたちに卒業式のドレスをねだることはとてもできず、エンマの家で布地を探し、自分たちで服を作ります。卒業式には姉のハンナとその夫、それからコブさん夫妻もやって来ますが、自分の母親だけは見つけることはできませんでした。この卒業式の際に、レベッカは他の卒業生と共に、花で飾った馬車でパレードを行い、卒業式のプレゼントを持ってやって来たアダム・ラッドを驚嘆させます。

ただエンマはまだ卒業できなかったため、一人で学校に残ることになり、そのパレードを喜びつつも涙を流します。レベッカはこの時、教師の資格を取っていました。また彼女の理解者であるマックスウェル先生は、休暇を一緒に過ごそうと言ってくれ、その準備にいそしんでいました。しかし今度は家から、母親がケガをしたとの知らせが届き、レベッカは旅行ではなく実家に行って、母の面倒を見ることになります。

レベッカは内心かなりの不満を抱えていました。その後母親は回復するのですが、今度はミランダ伯母さんの訃報が届きます。レベッカはコブさんの馬車で、伯母さんの家へ戻ることになりました。その頃家族が経営していたサニーブルック農場は、鉄道敷設のため買い取られることが決まっていました。このためレベッカの家族は伯母さんの家に住むことになり、レベッカはそっと、祈りの言葉をつぶやくのでした。
(完)

先日も書いたように、何せうろ覚えということもあり、かなり飛ばしている部分もあるかも知れません。またやはり『赤毛のアン』と比べると、身内に束縛される個所も出て来ますし、アンよりもその意味で自由度は低いなという印象があります。無論その身内の存在がプラスになることもあるのですが、主人公レベッカもかなりの個性の持ち主であるにもかかわらず、異質さゆえの魅力という点ではアンの方が優ってはいます。

飲み物-ラテアート
[ 2020/11/12 23:45 ] その他 | TB(-) | CM(0)

『少女レベッカ』という物語その2

先日の続きです。シンプソン家にランプは来たものの、肝心の油が問題でした。しかし誰かが匿名で油を送ってくれたようです。それはあの石鹸を買ってくれた青年、レベッカがアラジンさんと呼ぶアダム・ラッド氏でした。そして感謝祭は終わり、クリスマスを迎えます。レベッカは伯母さんたちにティーコージーと針刺しをそれぞれ贈り、レベッカもまた伯母さんたちから、毛皮の防寒着と緑のドレスのプレゼントを貰います。さらにラッド氏から、レベッカとエンマに珊瑚のネックレスのプレゼントが届きます。

ラッド氏はレベッカの家を訪ね、レベッカは新しいドレスにネックレスをかけて出迎えた後、エンマも一緒にそりに乗って楽しい一時を過ごします。しかしその一方で、実家から悲報が届きます。レベッカの一番下の妹が急死したのでした。一旦家に戻ったレベッカは、姉のハンナに自分と代わって伯母さんたちと住むように言いますが、ハンナはそれを断り、自分はここを愛していると言います。レベッカがその意味を悟るまでには、もう少しかかりそうでした。

(ここからちょっとうろ覚えなので、話が飛ぶかも知れません)
レベッカは高等学院の試験に合格し、進学することになります。エンマももちろん一緒でした。エンマ自身はそこまで勉強好きではなく、両親も上の学校に進むことに乗り気ではなかったのですが、レベッカが行くのなら行きたいと両親を説得します。ただ試験の一部しか合格せず、予科に入ることになります。

高等学院での授業で、レベッカは偶然にも、ラッド氏が学校の理事であることを知ります。またこの学校には、かつて同じ小学校で学んだハルダーも在学していました。しかしハルダーは自分が美人であることを鼻にかけ、レベッカたちを見下すような姿勢を取り、さらに女子学生らしからぬヒールの高い靴をはき、ちょっと崩れたような雰囲気がありました。レベッカとエンマは、冬の間は寮生活を送っていましたが、その部屋にもやって来て、カメオのタイピンをした男性が自分のことを何度も見たと言います。

レベッカは、そのタイピンの男性がラッド氏であることを知っていました。その日は週末を控えており、レベッカは詩の先生の家で何時間か読書をしてから、エンマと駅で落ち合って伯母さんたちの家に帰ることになっていました。しかしその日、外にラッド氏と思しき男性とハルダーが、一緒に歩いてきいるのを見たレベッカは、内心穏やかではありません。そのレベッカをラッド氏が尋ねて来て、自分の過去について話し始めます。
(続く)

飲み物-ホットココア
[ 2020/11/11 00:00 ] その他 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud