fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  葵-徳川三代

徳川の立場

まず、先日の「真田丸-45」で、赤備えの軍を目にする信繁、井伊の軍であると言う内記といった記述になっていましたが、実際は逆でした。失礼いたしました。

それから、ご存知の方も多いでしょうが、直江兼続を演じる村上新悟さんの「直江状」朗読バージョンが公式サイトにアップされています。

直江状完全朗読版(原文)
直江状完全朗読版(現代語訳)

(現代語の方がやや長めです)

さて、あれこれに入る前に、徳川家康の立ち位置について。大河でも映画でも、徳川家康をよく描く作品は少数派です。大河では、1983年放送の『徳川家康』が、徳川家康を善人として描いたといわれています。
なぜ徳川家康のイメージはそのようになっているのか。いくつか説があるようですが、前の時代の施政者は、あまりよく描かれないということもあります。日本も明治以後、何度か変動を得て現在に至っていますが、江戸時代は今なお一つ前の時代といえるので、それが一因としてあるのかもしれません。また、秀吉死後の豊臣家を家康が乗っ取った、あるいは正室を置かず、側室をやたらに置いたなどというのもあるでしょうし、これらは連動しているともいえます。

その豊臣を家臣である家康が乗っ取ったことで、関ヶ原の戦いのきっかけを作り、そして家康は勝ちます。さらに江戸幕府を開き、豊臣を追い詰めたというのが、何か尊大で許せないという人もいるかもしれません。しかしそもそも家康は、豊臣の家臣だったのでしょうか。
まず家康は、織田信長と同盟関係にありました。つまり織田の家臣ではなかったわけです。信長の横死後は、羽柴秀吉が一番乗りで明智光秀を倒し、清須会議を開催して、自分に有利なようにことを運びます。これに憤った柴田勝家は、その後賤ヶ岳の戦いで果て、秀吉は大坂城を建てて関白となり、ついには上洛するように命じます。しかし家康にしてみれば、同盟関係にあった信長の臣下、しかも元は足軽である秀吉に、いい思いは抱かなかったでしょう。

上洛を引っ張った末、やっと秀吉に刃向う意志のないことを示した家康は、その後は秀吉に協力的になり、小田原征伐にも馳せ参じます。しかしこの時も、家臣であったかどうかは微妙ですし、その後の天下人の座を狙っていたとしても不思議ではありません。秀吉に子供がいなかったことも、次期天下人としての家康の存在感を大きくしたといえます。秀吉が最も家康を恐れた理由もそこにあります。
しかも秀吉の家臣は、死後内部争いを始め、加藤清正や福島正則は、石田三成憎しで自分の側に転がり込んで来ました。かてて加えて、家康の最大のライバルともいえる上杉景勝ですが、上杉家は先代の謙信が他国の領地を奪わなかったこと、そして子供がいなかったこともネックとなりました。
恐らく謙信が東海道に至るまでの領地を手に入れ、景勝に3人か4人の子供がいたら、だいぶ状況は変わったでしょう。どうも上杉主従は、子供に関しては恵まれていたとはいえなかったようです。景勝は50近くになってやっと嫡男ができ、直江兼続は子供たちに先立たれたため、のちに直江家は断絶となっています。

家康にしてみれば、豊臣子飼いの武将は自分の側につく、秀吉の遺児秀頼はまだ子供とあれば、その秀頼を錦の御旗にして、色々工作をすることに異存はなかったはずです。実際秀吉も似たようなことをやってはいます。そして家康の最大のメリット、つまり多くの子供たちと豊臣恩顧の武将たちを縁組みさせることにより、強固なバックアップ体制を築けたわけです。
それを考えると大坂の陣の豊臣方は、家臣や謀略の不足を、牢人たちに資金を提供することで解消しようとしたのもうなずけます。一度はこれも実を結びかけたものの、結局は滅亡への道をたどることになります。正に超高速で天下人になった人物の家は、没落するまでにもそう長期間を要しませんでした。仮に秀頼が国替えになったとしても、幕末まで持ったかどうかは不明です。
また『葵 徳川三代』などを観ると、無論こちらは徳川が主人公ということもあり、豊臣方や牢人たちも、結構あこぎなところがあります。両方の主張をチェックする場合には、『真田丸』とこれとを合わせて観ると、それぞれに対して、より客観的な見方ができそうです。

飲み物-コーヒー

スポンサーサイト



[ 2016/11/15 02:00 ] 日本史 | TB(-) | CM(0)

山手殿と石田三成

先日も書いた『葵-徳川三代』ですが、この中で江守徹さん演じる石田三成が、子供たちを前に、「おじの真田昌幸様」と口にするシーンがあります。石田三成の子供たちのおじが真田昌幸、つまり石田三成は真田昌幸と義理の兄弟ということになります。なぜそうなるのかといいますと、これは昌幸の妻山手殿(『真田丸』では薫)の出自が関係して来ます。

山手殿の出自には、いくつか説があります。京の公家に連なる血筋の女性という説が有力で、『真田太平記』そして『真田丸』ではこの説が採られているようです。その証拠に、昌幸をはじめ他の家族は麻の着物、あるいは絹であっても地味な物を身に着けているのに、母上の薫だけはいつも艶やかな絹の衣装をまとい、扇子を飾っています。無論これは、昌幸がそうすることを許しているわけですから、結構昌幸も公家に連なる女性を娶ったことを、誇らしく思っているのかもしれません。

しかしそれとは別に、宇多頼忠の娘という説もあります。宇多頼忠も豊臣家の家臣でしたが、兄の改易により自分の領地を返上し、娘皎月院の夫である、石田三成の元に身を寄せたといわれています。この皎月院の姉が、山手殿であるともいわれており、『葵-徳川三代』では、こちらの説が採られているようです。ただしこれも確たる証拠はなさそうです。また、石田三成が直江兼続と懇意であったことや、いわゆる直江状についても異論があるようです。

それから『真田丸』のあらすじは改めて書きたいと思いますが、しかしあそこまでやるか?と思うようなことを次々やってしまうのが何とも意表を突いています。上杉についたことは、上田合戦への布石となっていますね。布石といえば、昌幸は碁石を使った戦略を練ることには長けていますが、囲碁そのものの腕は家臣の高梨内記の方が上に見えます。

それと、梅が信繁の子を宿したと告げ、信繁の側室となります。この先はネタバレですが、実はこれには裏があるようです。結局女の子が生まれるわけですが、この子の存在が、『真田太平記』の昌幸の側室の子と多少だぶります。
飲み物-コーヒーとキャンドル
[ 2016/03/14 01:00 ] 大河ドラマ 真田丸 | TB(-) | CM(0)

葵-徳川三代の大坂の陣

2000年放送の大河ドラマ『葵-徳川三代』の大坂の陣のエピソードを観ました。これは今まで観た中で、一番本格的に描いてあります。真田丸の戦いも出て来ます-というか、真田丸の構想まできちんと語られていて、この辺りはジェームズ三木氏も、かなり脚本を練り上げたのでしょう。また大坂方に関して、津川雅彦さん演じる家康があれこれ策謀を巡らすのも、如何にも「らしい」感じです。新・大型時代劇(大河が現代劇の3年間、平日に放送された時代劇)も含めると、『真田太平記』に続いてよく描かれているようにも思えます。

ところでこの『葵-徳川三代』で真田幸村(信繁)を演じているのは、西郷輝彦さんです。この配役は、齢四十九の幸村ということを考えてでしょう。こちらもどちらかといえばワイルド、ちょっと武張った感じです。ただ最期が、相手方の銃の標的になって落命するという設定で、ちょっと呆気なかったのが残念。追い詰めるところまで家康を追い詰めてほしかったのですが、やはり徳川三代が主人公ということもあったのでしょうか。いや、家康もかなり追い詰められて逃げ出してはいたのですが、両者が差しで向かい合うところがあってもよかったかと。やはりあれは『真田太平記』だから可能だったのでしょうか。

ところで、この中で伊達政宗を演じているのがすまけいさんですが、この政宗が如何にも豪快な印象でいい。個人的には渡辺謙さんと同じか、むしろしのぐほどであるとも思えます。この当時の政宗は既に数えの50、真田幸村と同年代で、既にそこそこの風格のある武将であったと思われます。『天地人』の松田龍平さんは、若い頃の政宗であればよかったのですが、この年代を演じるにはやはりちょっと線が細い印象があったのが残念です。

天王寺・岡山合戦、つまり真田、毛利勝永、大野治房たちが徳川方に突撃した戦いの様子も、かなり丁寧に描かれていました。この作品では関ヶ原の戦いも、かなり大がかりに丁寧に撮影されているため、その後の大河でもこのシーンが一部使われたともいわれています。また出演者もそこそこベテランの俳優さんが多く、オールスターキャスト的な側面もあったようです。この『葵-徳川三代』は、確か西田敏行さん演じる秀忠が、関ヶ原に向かう途中で中山道を通り、そこで真田昌幸の妨害に遭い(第二次上田合戦)、関ヶ原に遅れて駆けつけるところから始まります。真田氏が2度目に徳川氏に勝利した戦いです。

大坂夏の陣での大坂城落城により、豊臣氏は滅びますが、秀頼には側室との間に何人かの子がいました。大坂方により、その子たちは逃がされますが、長男国松丸は捕らえられて処刑され、長女は尼となります。この辺りを描いているのも評価できます。

カプチーノ
[ 2016/03/12 01:20 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud