fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  翔ぶが如く

おんな城主直虎まとめ3 OPその他とスタッフの思惑

まとめその3です。この大河のOPは「戦う花」をイメージしたということで、花や植物のCGが使われていました。井伊家の没落と再興を表現したと思われます。ただ女性だから花というのもステレオタイプですし、真ん中あたりの椿と矢が飛び交うシーンは、ちょっとどうかと思いました。それとOPテーマも、かなり凝った印象はありましたが、その反面、『風林火山』や『真田丸』のような力強さや素朴さはなく、すぐに覚えられるメロディーでもありませんでした。女性が主人公の大河で、テーマも含めたOPが一番工夫されていたのは、やはり『花燃ゆ』でしょう。あの点は評価できます。

それから衣装やセット関連です。直虎のおかっぱとパッチワーク打掛、出家のまま後見人となったにしては、どこかそぐわないものがありました。尼頭巾と法衣姿でよかったと思います。それと今川家のメタリック裃と胴着、今川家の家臣をわかりやすくする目的だったのでしょうが、殊更にメタリックにする必要はなかったかもしれません。これも「竜宮小僧」同様、後になるにつれて影が薄くなって行きました。それとおとわが打掛を持ち運んで出先で羽織るシーン、あれもおかしいし、井伊直盛のような国衆クラスなら、甲冑の下に鎧直垂を着ていてもよかったかと思います。

セットに関していえば、長篠の戦いが一応ロケをやっていたのに、伊賀越えがセットだったのもどうかと思います。尤もこの大河の場合、明智に追われていないわけですから、伊賀越えそのものに必然性がなかったともいえますが。それと竜宮小僧の井戸も、もう少しそれらしさを出してほしかったものです。あれでは単なる待ち合わせ場所です。それから猫と鶏が多く登場していましたが、これは『平清盛』を連想させました。あの大河の猫の多さは前代未聞でした。今回はそれより少ないにせよ、恐らくは人間よりも、猫の方がインパクトが大きかったかもしれません。

全体として戦シーンがないこともあり、最初の方をのぞけばこじんまりした、別の見方をすれば、終始狭い世界の中で展開した大河でした。井伊谷以外では、せいぜい気賀が出て来た程度でしょう。無名の女性であるため、そうならざるをえないのでしょうが、やはりこういう人物を主人公にしたことには不満があります。しかもベルばらだのスカーレット・オハラだの、殆ど、岡本Pの個人的趣味と思われる発想をベースにした制作方針だったようですが、そういうのを大河でやるべきではありませんでした。またその割にはせせこましくて、辛気くさく感じられました。

それから森下佳子さんの脚本も、キャラ設定がかなりぶれた印象がありました。やはり史料の殆どない人物はあれこれ手を入れられる分、ぶれやすいと思われます。それと森下さんのコメントで、史実から解放する云々もさることながら、オノマトペ、つまり擬声語の使用が多いなと思います。パーッと終わるとかガチャンとか。無論場合によっては、こういう表現が功を奏することもあるのですが、特に必要もないのにやたらに入れまくるというのは、文章を書く職業の人としては、何か無神経だなと思います。

ちなみに『西郷どん』のガイドブックを読んでみましたが、流石に今回は、このようなコメントはありませんでした。来年もどうなるかはわかりませんが、まず観ないことには何ともいえませんし、私は中園さん脚本の作品を殆ど観ておらず、具体的なイメージが掴みにくいせいもあります。恐らく『翔ぶが如く』よりもややソフトで、奔放な雰囲気の作品になるのではないでしょうか。ただ来年の方がベテランの俳優さんが多く、その点では今回よりももう少し締まるかと思います。というか、締まってほしいです。

しかし大河は原作付きの方がやはりいいでしょう。ここ20年ほどでオリジナルが主流になりましたが、脚本家のカラーが強く出やすいこと、また主人公によっては、ありえない創作中心になりがちなことから、原作をもう一度見直す時期に来ているのかもしれません。今『炎立つ』を観ていますが、この作品の第三部は原作の出版が間に合わず、中島丈博氏のオリジナル脚本になっています。案の定、それ以前とではやはり差がありますし、全体としては男性の物語ですが、ちょっとスイーツ的な描写もあります。

今回の『おんな城主 直虎』は、『花燃ゆ』よりもあくが強い部分もあり、その部分をどう解釈するかで評価が分かれるように思います。ただ私としては、生首だの処刑だのが如何にもアリバイ的で、このドラマの基本的な部分、つまり「おとわと男たち」の部分と馴染みにくいなと思いました。また本来は感動するべきなのでしょうが、どこかベタで、観ている方が気恥ずかしくなるようなシーンもありました。要は訴求対象が非常に限られており、そのコミュニティの中では受けたけれど、それ以外はそうでもなかった、そういう大河であったともいえます。

飲み物-キャンドルとワイングラス
[ 2017/12/27 23:30 ] 大河ドラマ おんな城主 直虎 | TB(-) | CM(0)

『おんな城主 直虎』クランクアップと『西郷どん』

昨日も触れていましたが、『おんな城主 直虎』が10月11日、ロケ先の浜松市でクランクアップとのことです。

柴咲コウさん「体力が有り余ってまだ1年できそう」 大河「直虎」撮影終了
(産経WEST)

クランクインが昨年9月半ばで、10月11日にクランクアップですから、収録期間は意外と短かったことになります。しかし柴咲さんのこのコメント、どうも微妙な感じです。まず「まだ1年できそう」ですが、少なくとも私としては、こういう大河をあと1年続けられてはたまったものではありません。それと「体力が有り余って」というのも、見方によっては、この大河に全力投球していなかったという意味にも取れてしまいます。

ちなみに『花燃ゆ』であれだけ矢面に立たされた井上真央さんは、「すべてに感謝」でした。『真田丸』の堺雅人さんは「長い旅でしか見えない景色を見せてくれた」とコメントしていました。実際堺さんは、長丁場でやれるのを喜んでいるように見えましたし、少なくともこの2つは、ドラマを振り返ってのコメントですが、それに比べると今回は明らかに異色と取れます。なぜドラマを振り返ったものではなかったのでしょう。あるいは、振り返るべきものがなかったのでしょうか。一応「最後までやり遂げられて幸せ」とも語っているのですから、それだけでよかったようにも思います。

『花燃ゆ』といえば、この大河のクランクアップについて、このように書いています。

『花燃ゆ』クランクアップとプロデューサーのコメントについて

この中で、不振の元凶であるはずのプロデューサーが、視聴率のことだの、イケメン大河と呼ばれたことについて、何か他人事のように語っているのに違和感を覚えたことについて書いています。『直虎』の場合は、クランクイン当時、「まんたんウェブ」にこうありました。

一般的な知名度があまり高くないヒロインを描くことから視聴率を懸念する声もあるが、柴咲は「そういった声も全て肥やしにして、本来の負けず嫌いを発揮していきたい」と意欲満々だ。
隣にいた制作統括の岡本幸江チーフ・プロデューサーから「頑張りましょう」と声を掛けられると「頑張ります!」と力強く答えた。

柴咲さんは相当頑張っていたようですが、結局この岡本Pはじめ制作陣が、かなり混乱させてしまったとしか言いようがありません。おまけに「そういった声も肥やしにして、負けず嫌いを云々」も、具体的にどう肥やしにしたいのかよくわからずに、1年以上経ってしまいました。しかも「本来の負けず嫌い」どころか、出会った男に簡単になびくような印象があったり、あるいは家康はじめ武将たちが妙な描き方をされたり、そういうことばかりのように見えるのですが…むしろ新井美羽さんの頃の方が、負けず嫌いだったように感じられます。

結局今年もある意味イケメン大河でした。直虎が直親、政次、龍雲丸、そして直政の耳を引っ張ったり、頭をなでであげたりしているポスターを作った方が、それなりに説得力があったのかもしれません。

一方『西郷どん』の方ですが、幾島役の女優さんが何人か候補に挙がっているという記事もあります。結構ドラマに重要な役割を果たす人物なので、それなりの女優さんをキャスティングしてほしいです。しかし未だに、『翔ぶが如く』の樹木希林さんの幾島の存在感は大きいです。
一方こちらの大河の経済効果は、300億超らしい。明治維新150年で、NHKもかなり気合が入っているとのことなので、あまり変に視聴者に媚びてほしくないものです。しかし著名な男性を主人公に置く方が、やはり経済効果もそれなりというのは事実のようです。この意味からも、無名の女性を主人公にという無謀は終わりにしてほしいです。

飲み物-キルシュビア
[ 2017/10/14 00:00 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)

『西郷どん』新キャスト発表

まず、『おんな城主 直虎』の明智光秀役が、光石研さんに決まったそうです。光石さんといえば、私としては『風林火山』の勘助の兄、山本貞久を思い出してしまいます。無論『ひよっこ』の福田さんを思い出す人もいるでしょう。

さて、『西郷どん』の新しい出演者が発表されました。

大河ドラマ「西郷どん」江戸、そして島へ 豪華キャスト11名をどーんと発表!
(NHK ONLINE)

このページの出演者を順に見ていると、最後の三人の存在感が伝わって来ます。特に竜雷太さん、今再放送されている『風林火山』で、武田家家臣の甘利虎泰を重厚に演じていますが、かつて『翔ぶが如く』で、川口雪篷という書家の役を演じていました。そして佐野さん、この方も記事中にあるように、『翔ぶが如く』で有村俊斎の役を演じています。このお二人以外にも、『翔ぶが如く』で大久保一蔵を演じた鹿賀丈史さんも、島津斉興役で登場です。恐らく、あと何人か『翔ぶが如く』あるいは『篤姫』の出演者が出て来るのではないかと思っています。

しかし佐野さん、今年の『直虎』では太原雪斎でしたが、一回きりの登場でしたね。ご本人のコメントに、井伊に尽力した人間が井伊家の当主となるとありますが、今年の最終回は佐野さんが直弼の扮装で出て来て、来年につなげる方法もありかと思います。そして太原雪斎といえば、『風林火山』の雪斎役の伊武雅刀さんが、今回は徳川斉昭役で登場です。この伊武さんの雪斎がまたいいというか、『風林火山』の今川家が実にいい。どんな水戸藩主を演じることになるのでしょうか。

今回の『西郷どん』ですが、現時点ではやはり、『翔ぶが如く』より甘口な印象を受けます。大河を観ない視聴者にアピールする狙いはあるにせよ、度を過ぎないように注意してほしいものです。でないと、昔からの視聴者を失うことになりかねません。大河とは基本重めに描いてこそのものでしょう。特にこちらは維新150年ということもあり、そこそこの俳優さんを揃えている以上、失敗してほしくはないのですが…。

それから、既にツイッター、フェイスブック、インスタグラムといったSNSも紹介されています。今回はどうも、いつもより早い印象を受けます。そういえば、今年はフェイスブックの大河独自のアカウントがなかったのですね。

しかし『西郷どん』だから「どーん」「どんどん」ですか(笑)。今後、この表現がかなり使われそうです。

飲み物-ホットココア
[ 2017/10/04 01:00 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)

直虎と女性大河-11

「あれこれ」で書いていますが、『直虎』はここに来てやっつけ感というか、時間が押して来て、あたふたと動いている印象があります。方久とあやめの結婚も、要は残っている者同士をくっつけたという感じですね。そして直虎が堺に行くと言い出す一方で、今度は領民がどうのこうの。今の領主は近藤康用なのに、なぜこういう時だけ領主面をしたがるのでしょう。しかも甲冑を付けたりしていますが、野良着のままでは何か不都合なのでしょうか。

こういうのを見ていると、『花燃ゆ』で群馬に行った美和が、地元の女性たちに文字を教えたり、アイスクリームを作っていたりしたのを思い出します。何か「自分は特別」という気持ちがちらついてしまっている。無論、制作側が主人公上げをしたがるからなのですが、こうしないと話が作れないような人物を、主人公に持って来たのが間違いでしょう。今川、織田メインで、準主役レベルならあり得たかもしれませんが。

しかも主人公の母親である祐椿尼が、孫が見たいなどと平然として言い出す。これも、二人で新生活を始めることにでもしないと、尺が稼げないのかもしれませんが、尺の大いなる無駄遣いという感じです。その割には、松下家の養子になった虎松がちっとも描かれない。片手落ちですね。井伊のことを描くのであれば、虎松のこと、しののことなどもっと描くべきでしょう。それから虎松の成人後に家臣となる亥之助なども、もっと細かく描くべきなのに、その辺りもまるで無視されています。

三方ヶ原の戦いもあの体たらくでしたし、これも『花燃ゆ』の鳥羽伏見や戊辰戦争に通じるものがあります。一応形だけなぞりましたという感じですね。なのに脱糞のように、受けそうなシーンだけはしっかり流して、わざわざしかみ像のポーズを取らせている。本当はあの粗相は、一言坂の戦いの後だったという説もあるのですが、それはともかく、今後長篠の戦いなどもあまり期待しない方がよさそうです。延暦寺や足利義昭追放も描かれないでしょうね。

先ほど尺の無駄遣いと書きましたが、特に『花燃ゆ』と『直虎』はそれ以前に、大いなる受信料の無駄遣いです。『翔ぶが如く』などは原作付きのせいか、女性脚本家であっても、かなり骨太で芯が通った部分があります。この作品も、当初はもっと他の大名と絡むと思っていたし、中世的な部分もあったのですが、結局上っ面だけの「らしさ」で終わり、後は『天地人』同様のなんちゃって戦国ドラマです。「やっと」あと13回になったかと思っています。

飲み物-ローズヒップティー
[ 2017/09/20 00:30 ] 大河ドラマ おんな城主 直虎 | TB(-) | CM(0)

直虎と女性大河-9

どの大河でもそうですが、プロデューサーや脚本家、場合によっては原作者によって確立された主人公の考え、生き方を中心にしてその1年のエピが作られて行きます。『江』では「戦はいやじゃ」がかなりその比重を占めていました。『花燃ゆ』も、無論今回の『直虎』にもやはりそれが窺えます。ただし直虎の場合、それをベースにしながら、一方で殺戮とか生首とかは平気で出て来ますし、政次を手に掛けるシーンでは、ネット上でかなりの批判もあったようですが、無理からぬ話です。

この場合無理してやった感が半端ないからです。大胆とか愛情表現という意見もあったようですが、同意しかねます。それをやっておきながら、今回は引き籠る。しかも但馬但馬とうるさい(正直そう思いました)。自分で手に掛けるのなら、それ相当の覚悟をしておけばいいのに、感情で突っ走っている感じがあり、子供のようにすべての尻ぬぐいを他人にやってもらっているように映ります。こういうご都合主義的な主人公であれば、観ていて面白くないのもむべなるかなです。

逆に少々鬱陶しい、面倒くさい女性キャラであっても、主人公ではなければそれなりに観られるところはあります。たとえば『真田丸』のきりにしても、『風林火山』の由布姫にしてもしかりです。由布姫も、お屋形様を独占したいから御首(みしるし)がほしいなど、結構凄まじい発想をしたりするのですが、それを勘助に説教されることである程度のバランスは保たれるわけです。しかし直虎の場合はこの発想で突っ走るから、正直きついのは事実です。

そして過日『翔ぶが如く』を観ていたのですが、後に西郷吉之助の妻になるいとが登場します。彼女もこの中では当初は男装で、山本八重よろしく鉄砲の指導などをしていますが、薩摩の男たちに取っては、はねっかえりな人物として登場します。そこで大久保一蔵が、女には男にある物がないと戒めますが、ならば男にない物を見せると言って、着物を脱ごうとするシーンがあったと思います。あれも相当思い切ったシーンだし、仮に彼女が主人公であれば結構えぐくなったでしょう。

女性大河をそれでも続けたいとNHKが考えるのであれば、こういうとっぴな発想、風変わりな発想のヒロインを持って来るのは、一時的に視聴者を惹きつけはするでしょうが、実はかなりのマイナスです。史料がないからそうしているのでしょうが、まず話が続かない、飽きられる、その当時にそぐわない等々で批判の対象になるだけです。今まで3作作って来てこの有様では、もういい加減わかっているだろうとは思うのですが…。

飲み物-アイスコーヒー
[ 2017/08/29 01:15 ] 大河ドラマ おんな城主 直虎 | TB(-) | CM(0)

『翔ぶが如く』と『篤姫』と『西郷どん』

来年の予習を兼ねて、『翔ぶが如く』と『篤姫』を不定期で観ています。『西郷どん』もどうなるか、ちょっと予測がつきかねますが、制作発表段階でのボーイズラブ云々、NHK ONLINEのキャスト発表のコメントでは、流石にというか触れられていないようです。

2018(平成30)年大河ドラマ「西郷どん」出演者発表!
(NHK ONLINE)

『翔ぶが如く』は西郷、大久保両名が主人公で、当時の薩摩の情勢や藩上層部のもつれがあり、結構楽しめます。西郷絡みで、『風林火山』の甘利さんと勘助のお兄さんが出ていますね。しかもこの時の久光公、三郎どんが高橋英樹さんなのですが、高橋さんは『篤姫』では斉彬公、『花燃ゆ』では井伊直弼なので、イメージがダブってしまいます。
原作は司馬遼太郎氏ですが、如何にもこの方の作品に出て来そうな人物が登場します。来年は久々に原作付きですが、読んでおいた方がいいでしょうか。無論司馬さんと林真理子さんとでは、かなり作品の印象は違うとは思います。

一方『篤姫』は、結構評価された作品ですが、個人的には最初の方が学園ドラマ的なので、さほど好きではありません。彼女が天璋院になって以後くらいが、面白くなっては来るのですが…。この『篤姫』の視聴率がよかったことが、後の隔年女性大河につながったことを考えると、何やら複雑でもあり、だから女性大河を増やして創作だらけにしたことは、短絡的だなとも思わずにはいられません。隔年女性大河は、やはり見直すべきですね。
『篤姫』でもう一つ、この大河のOPは、実はこれもあまり好きではありません。やけに女性と花を前面に押し出した感があるので、特に前年の『風林火山』のOPが好きだった人には、違和感があったかと思います。ちなみに女性大河の中で、OPが一番よかったのは『花燃ゆ』です。本編は散々にいわれていましたが、OPは結構工夫されていました。『留魂録』も絡められていましたし。ただ、今年もそうですが、女性だから花というのはステレオタイプに思えます。

飲み物-エスプレッソ
[ 2017/06/14 01:00 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)

『翔ぶが如く』

そろそろ5月も下旬ということで、来年の予習を始めようと思い、『翔ぶが如く』のDVDを観ています。この作品で大久保一蔵(正助、利通)を演じている鹿賀丈史さん、『西郷どん』では島津斎興役です。ところで西郷吉之助役の西田敏行さん、『八重の桜』では、会津藩士の西郷頼母の役ですが、薩摩の方は肥後西郷氏、会津の方は三河西郷氏の流れを汲んでいます。西田さんと言えば、三英傑で織田信長を除く2名、そして徳川秀忠を演じたことでも有名です。
(*西郷氏関連の記述で誤りがありましたので、訂正しています)

この『翔ぶが如く』は、司馬遼太郎氏の原作で、それ以外の幕末関連作品も原作に含まれています。ちなみに脚本は、小山内美江子さんです。薩摩といえば、文久2年の寺田屋事件や、蛤御門の変、薩長同盟や鳥羽伏見の戦いなどが有名ですが、かの桜田門外の変にも薩摩は絡んでいます。大老井伊直弼の行列に斬り込んだ浪士は、水戸浪士だけではなく、薩摩藩士有村俊斎(海江田信義)の弟治左衛門も、その中に含まれていました。

今年の主役の末裔の暗殺に、来年の登場人物の弟が絡むわけです。尤も、政治関係がどこまで描かれるのか、心もとなくはあります。あまり描かないのも面白みに欠けるのですが…。しかし井伊直弼といえば、『翔ぶが如く』で三郎どん、つまり島津久光を演じた高橋英樹さんは、『花燃ゆ』でこの役を演じています。また『篤姫』では、斉彬公の役です。結構幕末絡みの出演が多いですね。これは松坂慶子さん(来年西郷満佐子役で出演)もしかりですが。

飲み物-お洒落なランプとウイスキーグラス
[ 2017/05/27 01:00 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud