fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  真田丸その他

『どうする家康』第48回に関しての武将ジャパンの記事について-2

第48回に関する『武将ジャパン』大河コラムについてその2です。


誤魔化すためのスモークがもうもうと立ち込めていますが、本作スタッフは、現実世界の物理を思い出していただきたい。
剥き出しの刀身で切り掛かる連中。鎧に当たったら折れます。
甲冑の重さを意識しないで駆け巡る兵士。関節の動きもおかしい。ナンバ走りなんてできるわけもない。

まず「誤魔化すためのスモーク」て何ですか?土埃のことですか?
そして、鎧に刀が当たったら折れるだのなんだの。これももう何度目でしょうね。あの戦闘シーンを見ていたら、鎧をつけていない部分を狙っているのは明らかなのですが。

以前ご紹介したこの記事、もう一度リンクを貼っておきます。

Stone Washer’s Journal
日本武士と西洋騎士の強さを徹底比較(2):鎧・甲冑の防御力と重量と動きやすさ

当該箇所を一部コピペしておきます。次の投稿で画像を貼った方がいいかも知れませんね。

見れば分かりますが、結構隙間があるので比較的攻撃は通ります。兜と胴に関しては鉄壁ですが、局所的に装甲が薄い部分があり、首周りや脇は致命的な弱点になるでしょう。首周りへの斬撃や脇への刺突が効果的です。また、垂れで覆われているものの上腕部と太腿には装甲がなく、斬撃も十分通ります。

ちなみに甲冑の重さに関してもこうあります。

最も高い防御力を誇る胴当ての下に数枚の金属板を組み合わせた垂れがついており、太腿を保護しつつ足の動きを妨げないようになっています。また、同様の構造で肩にも装甲がついており、肩や上腕を保護しつつ自由に腕が動くようになっています。

信繁が下馬して戦うとは何事ですか。機動力が落ちて自殺行為ですから、武将はそうそう下馬しないでしょ。
なのに馬から落ちて叫ぶってなんなのか……知略の底が完全に抜けている。

まずあの徳川陣の防御柵、あれを馬で乗り越えられるでしょうか。仮に馬で乗り越えたとしても、他の歩兵たちが邪魔になってうまく行かないはずです。逆に馬を槍で突かれて落馬することもありえます。それを考えると、あそこは馬でなく徒歩で向かうという方法を採ったわけでしょう。

だが、家康もどうかしていた
徳川家康がぬぼーっと座っている。
(中略)
年老いた総大将が一人で座っているのに、チンタラとしている真田信繁はなんなのか。
馬上疾走して切り掛かればいいのに、信繁役は乗馬ができないのでしょうか?

一旦乗り捨てた馬を、どうやってあそこまで連れてくるのですか?柵は越えられますか?
そして家康は、寧ろこの「乱世の亡霊」がやって来るのを待ち構えていたわけですから、ぬぼーとではなく、覚悟を決めてあそこに座っていたわけですね。

ちなみに秀忠は、大坂の陣で奇襲に遭い、危うく討ち取られかけています。柳生宗矩が敵を即座に斬り捨てた。

先日の投稿に書いていますが、貴方ここでは宗矩の名前を出しながら、なぜ、家光の剣術指南を十兵衛であるかのように書いたのですか?よくわかりませんね。

敵に囲まれても動じず、むしろ乱世の亡霊たちと一緒に死のうではないか!とカッコつけているわけですね。

武者さんは「カッコつけている」と見たがっているのでしょうが、かなり気迫のこもったセリフであると思われます。ここまで敵、しかも武田の遺臣とも言うべきあの真田の息子が来ていて、これだけのセリフそう吐けるものではないかと。

馬も乗らずに歩いて向かってくるなら、何か信繁に決めゼリフでもあると、まだ画面がピリッとしそうなものですが、そうはならない。
この家康は、何より若いイケメンが目立つことを嫌いますからね。
そういやダリ髭の井伊直政は最終回欠席でしたね。別に見たいワケではないですが、なぜいなかったのか?という点は気になる。徳川四天王が不在な方が不自然でしょう。

武者さんらしい書き方ですね。
「この家康は、何より若いイケメンが目立つことを嫌いますからね」
それ、誰かから直接聞いたのですか?単なる僻目ではありませんか?

「そういやダリ髭の井伊直政は最終回欠席でしたね。(中略)徳川四天王が不在な方が不自然でしょう」
徳川四天王と言うより、あそこで出て来たのは三河以来の家臣ですからね。信康の婚礼時には彼はいないし、大坂の陣でも彼はいない。逆に出てきたらそちらの方が不自然です。

岡田信長が、しょうもないボーイズラブ要員で史上最低ならば、もこもこ衣装の阿部信玄も、単なるチンピラ風情にしか見えなかったムロ秀吉も、できれば思い出したくなかった。

また随分と失礼な書き方ですね。だったら思い出さないようにすればいいだけの話です。どうすれば思い出さないようにするかは、自分で考えてください。

それにしても、家康の奇妙な手の動き、ポーズは何なのか?
NHKプラスでトップ画像に持ってきていることから(→link)、お気に入りのカットではありそうです。ジョジョ辺りでも意識しているんですかね?
いや、乱世の亡霊たちとチャネリングして、あの世に送るための儀式かな。
全てはマザーセナの教え……儀式の後、六文銭マスコットが落ちて、死体がゴロゴロで、スピリチュアルパワーは永遠に不滅です。

あの手の動き、ちょっと武田信玄を思い出しました。
そしてここでも、武者さんは「マザーセナ」(これもしつこい)と関連付けたがっているようですが、ここのシーンと瀬名と直接関係があるのでしょうか。まして六文銭と瀬名など、ほぼ無縁でしょう。穴山梅雪とか千代があれを持っていたならまだしも。

相も変わらぬムカつく口調で「生き延びちゃった〜」と舐め腐ったことを言う正信。松山ケンイチさんご本人が考えた口調のようですが、制作陣の皆さんも納得されていたんですかね?
理論立てて戦略や戦術を語れるならば、言葉で知謀を見せられるなら、下手な小細工は不要だと思うのです。今更ながら、彼らの首が取られなかったことが不思議です。

「また生き延びてしまいましたなあ」
つまり我ら2人は、なかなか死ねないのですなと言いたいのかと思われます。これが「舐め腐った」セリフでしょうか。もちろんオンエアされている以上、制作スタッフも承認済みでしょう。小手伸也さんがそう言っていたように。
そしてこれがなぜ「下手な小細工」なのでしょうね。

そしてここで唐突に出て来る
「理論立てて戦略や戦術を語れるならば」
「言葉で知謀を見せられるなら」
とは一体何ですか?理論立った説明をお願いします。

そして気がつけば、大坂城が一気に燃え盛っとる!
あんだけ燃えるには相当な時間がかかりそうですけど!

これは台所頭の大角与左衛門(『真田丸』に登場しています)が徳川に寝返り、火をつけたという説があります。武者さん『真田丸』観ていたはずなのにもう忘れましたか?

正信が変な呪文を唱えていて、もはや合戦というより、カルトの教義対決。
城内では凄まじいまでの説明セリフが続きますし、何より秀頼さん、結局あなたは出陣しないんですか!!
あれだけ戦いを煽っておいて、結局、自分はメイクを濃くして、ダイナミック拡大自殺宣言をしただけじゃないですか。

正信の呪文なんてあるから何かと思ったら、
「とうとう終わるんですな…長い長い乱世が」
で、この状況をずばり言い当てているとしか思えませんが、武者さんて本当に嫌いなことはカルトに持ち込みたがりますね。

そして秀頼たちが山里曲輪に逃げ込んでいる、大野治長(修理)が千姫を返すと言って来たことが伝えられ、それを裏付けるようなシーンが登場します。これのどこが「説明セリフ」なのでしょうね。
あと、この大河は秀頼の出陣よりも、この山里曲輪での描写に尺を取っているわけです。千姫と家康の確執を描くうえでは、この場でのやり取りがあった方がいいからでしょう。

千姫もどうかしていると思います。
茶々と共に鉢金つきの鉢巻を巻いていますが、いかにも銀紙を貼り付けたようで格好よろしくない。

「鉢金つきの鉢巻」は「額当て」と言います。

そんな千姫まで洗脳宣言じみたことを言い出しました。
秀頼は棒読みで何かしゃべっている。大坂城が落ちる場面で、ここまで空虚なセリフと演出とは……。

貴方本当にカルトだの洗脳だの好きですね。

そして千姫は、前回豊臣の妻であると断言しており、この場で秀頼と茶々を残して行くわけに行かないと思ったから、ああ言っているわけでしょう。どこが洗脳宣言なのでしょうね。

ここで千姫が秀頼の手を取る。
マザーセナ&家康といい、何度このポーズを使い回すつもりなのでしょう。ロマンチックなポーズはいつも同じ。

この時代人前でキスするという習慣はありません。頬を寄せ合うようなしぐさも限られるでしょう。あれが、男女の愛情を示すための、精一杯の表現だったのではないでしょうか。
使い回しているわけではないと思いますけどね。『麒麟がくる』の光秀も、煕子の手を取っていませんでしたか。

そしてお初が千姫をなんだかんだで連れ出した、と。これだけ派手に火が回っているのに随分と余裕を感じさせます。
坂崎直盛もいないのに、千姫があっさり家康のもとへ。
必死な命乞いを始めますが、あれだけ啖呵切っておいて、全てが遅い、遅すぎる。もう死んでいるのでは?

山里曲輪のシーン、まだそこまで火が回っていませんよ。
火が回っていたら危険で初を連れて入れないでしょう。
それから「坂崎直盛もいないのに」
まあ『真田丸』も坂崎直盛は登場してなくて、きりが千姫を連れて行きましたし、何だか唐突にこの人を出して来ますね。ならば大坂城に火をつけたのは大角与左衛門である、これをアピールした方がいいのでは。

家康が千姫を助け起こすセリフも演出も、祖父と孫娘というより、イケメンと美少女なんですよね。
しかも、千姫が助命を頼む理由が「秀頼まじイケメン! 推してる人多いし、ファンがいるから貶さないで!」というような趣旨のようで、彼女の必死さが無駄になっている。

言っては何ですが、武者さんの妄想のようにしか見えません。
原菜乃華さん演じる千姫は
「我が夫と義母をご助命くださいますよう、何とぞお願い申し上げまする」
「豊臣にはもう戦う力はありませぬ。この期に及んで、お二人を死なせる意味がどこにありましょう!」
とまず言い、秀頼を慕っておるのじゃなと家康に言われて、多くの方があの方を慕っておりますと答えています。秀頼の人徳や、寺院の建立などもあってのことでしょう。
さらにその後、前途ある若い才をお救いくださいと言っているわけで、武者さんが言っているのとかなり違いますが。

それに対して家康がボソボソと意味がわからないことをいうと、秀忠が泥を被ると言い出す。
その際、父の言葉を遮るのが見ていられません。あまりに無礼ではありませんか。まぁ、今回に限ったことではなく、本作の脚本家って、人の言葉をぶった斬るのが本当に好きですよね。

家康のあの言葉がわからないのなら、どうぞ字幕を出して観てください。前からよく聞こえないだのなんだのとかなり書かれていますが、ちゃんと字幕を出して観たのでしょうか。そして秀忠は、父の言葉を遮った際
「最後くらい、私に背負わせてくだされ」と言っています。無礼は承知のうえでしょうし、現役の将軍としてのプライドもあるでしょう。

秀忠の理由にしても、ただカッコつけたいからのようで、千姫は「父上もおじじ様も鬼!」とか言い出す。そして豊臣の天下を盗み取った化け物だとキンキン喚いています。
お初からも雑なフォローが入り、いつものしょーもないピアノが流れ、家康がカッコつけて手を合わせる。マザーセナの位牌の前で祈る場面もなかったのに、急にどうしたのでしょう。

「カッコつけたい」だの「雑なフォロー」だの、貴方一体何を観ているのですか。録画を一度早送りしただけでこのコラムを書いていやしないか、どうもそう思えて仕方ないのですけど。
まず秀忠は自分が責めを負うと言い、初は
「これは姉と秀頼様がお選びになったこと」
と言っています。
つまり秀頼も茶々も、自分から望んで滅ぶ道を選んだと言うわけですが、まだ年若い千姫は、到底納得はできなかったでしょう。夫と義母を見殺しにするように言われたも同然ですし。

そして「しょーもない」ピアノ。思うのですが、武者さんは自分が理解できないことは、それから学ぶのではなく、常に否定的に見ているだけではないでしょうか。そして家康ですが、これまた『真田丸』で、秀吉が死んだ時に手を合わせるシーンがありましたが、今回は燃え盛る大坂城に手を合わせているのでしょう。

そして位牌に手を合わせるようになったのは、1630年代以降に檀家制度が普及して仏壇を置くようになってからの話で、この時代はまだそうではありません。

株式会社まつたに様のサイトより

位牌の知恵ブログ


飲み物-暖炉の前のウイスキー
[ 2023/12/21 03:00 ] 大河ドラマ どうする家康 | TB(-) | CM(0)

『どうする家康』第48回に関しての武将ジャパンの記事について-1

第48回に関する『武将ジャパン』大河コラムについてその1です。
本題に入る前に、この画像をアップしておきたいと思います。

葵徳川三代秀忠の兜 葵徳川三代椎野道季

『葵 徳川三代』の徳川秀忠、そして椎野道季(安国寺恵瓊家臣)それぞれの兜で、どちらも光が反射しているのが窺えます。画質が今一つで申し訳ないのですが、特に秀忠の場合はあまり天候がいい状態ではなく、道季の場合も吉川広家陣に赴いた時のものです。この2つは屋外撮影ですが、屋内の照明がある状況でなく天候があまりよくない中でも、兜の材質や形状によってはこのように反射することを、ここで書いておきます。


今回は、絶望感で頭を抱えたくなる、主役による子供時代の回想シーンから始まりました。
いい大人が人形を持って走り回るって、どう見てもバカっぽくて……なぜ子役を使わなかったのか、しみじみと切なくなります。

あれはローティーンの頃の家康でしょうし、その年代は子役を使うかどうかは微妙でしょう。『真田丸』でもその年頃の信繁を堺雅人さんが演じていますし、『鎌倉殿の13人』で、魚を手に持って食べていた、恐らく箸で身をせせるのが難しかったと思われる少年時代の義時は、小栗旬さんが演じています。

そして字幕が入る。
人の一生は重荷を負て遠き道を行くが如し――。
最近は、後世の創作として知られますが、
◆ 家康の遺訓「人の一生は重荷を負て遠き道を行くが如し」は後世の創作だった!(→link)
むしろ家康の偉業を出さなくて正解だったかもしれませんね。穢されてしまいそうなので。

何をもって家康の偉業とするかですが、浜松城普請、江戸の町作り、秀頼の後見、関ケ原の勝利そして大坂の陣、すべてこの大河で描かれていますが。

援軍というのは、強い軍勢が味方をしてくれるからこそ意味がある。
こんな視聴率ワースト2位の大駄作に応援されたって、足を引っ張られるだけでしょう。燃え盛った船が自軍に近づいてくるようなもの。全力で追い返しましょう!
特に来年は「穢れ」を気にする平安時代の人々ですから、追い返すための祈祷でもするのではないでしょうか。

「神の君へ」が来年へのエールということですが、案の定武者さんは気に入らないようです。
しかし
「視聴率ワースト2位」
これで何度目でしょうね。昨年あれだけ言っていたNHKプラスの再生回数はどうしたのですか?U-NEXTでも配信されていたはずですよ。そして、総合視聴率がそこそこ高いのは無視ですか?

これ、もう一度置いておきますね。昨年のこのコラムで書かれていた分です(一部ゴシック)。

ネット配信が普及した現在は、記録も容易なことから、特にその傾向が強く、海外ドラマの宣伝を見ていると「驚異的な視聴回数を記録!」といったコピーがついています。
ではなぜ日本では、未だ古めかしい基準に頼っているのか?
メディアや読者の感覚がアップデートされてないというのが大きな理由の一つ。
もう一つ、視聴者数と視聴回数が公表されていないことも確かですが、例えば大河についてNHK側が把握していないわけがありません。
例えばNHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』は、視聴率は低いものの、NHKプラスの視聴回数がかなり高かったため、NHKとしては成功とされているようです。
『鎌倉殿の13人』も、視聴回数は公開されておりませんが、かなり高いとか。

女を三つ重ねて書くと「姦(かしま)しい」となります。
性差別的ではあるものの、今回は使いたい。
女が集団でいることが「姦しい」のではありません。女、女、女……と、そういう話ばかりをしている男が「姦しい」のです。

これですが、この漢字は後から作られたもので、本来は「囂(かまびす)しい」、つまりやかましいとか、騒々しいという意味で、男女を問わず用いられるようです。尚「男」を3つ重ねると、「たばかる」になるとの由。

かしましいとはどんな意味?男性も使える?語源の古語、使い方例文、類語、英語も解説!

この作品の家康は「姦しい」英雄でした。
最終回でも、自称“男勝り”な阿茶の前でカッコつけています。
晩年の死を覚悟した演技がこれ?
本当にいつもいつも女といる場面ばかりですね。阿茶に塩対応をされながら、あの話を聞かせて欲しいと言われます。
鯉――どうでもええ……心の底からどうでもええ……。

この家康のどこが騒々しいのか不明ですし、どこがカッコつけているのかもわかりません。また武者さんの一人決めでしょうか。そしてこれが最後かもと言う家康に、自分はそう思っていない(生きて戻ると信じている)と答えることが塩対応でしょうか?阿茶局の性格もあるでしょう。

「いつもいつも女といる」
なぜそうなるのでしょうね。関ケ原とか、小山評定のシーンに女性はいたのでしょうか?
また鯉がどうでもいいなどとありますが、最後の最後でちゃんと出て来ますね。

そして大坂の陣。

本作はゴチャゴチャと時系列をいじくるのが大好きで、それが全く効果的でないのが特徴ですね。
セリフ処理で説明されるばかりの大坂方の苦戦。
真田信繁は、無駄に父・真田昌幸の言葉を思い出していますが、2人の部屋が違和感ある。
なぜこんなにも灯りをつけているのでしょう。当時の油代は、まだ高いものですよね。

「時系列をいじくる」と言うより、信繁の回想(恐らく九度山の)シーンが挟まれただけですが。
そしてセリフ処理も何も、戦場でなく大坂城内にいるわけですから、戦死や行方不明の知らせが伝令によってもたらされているわけでしょう。
そして信繁と昌幸の部屋ですが、多少時代は下るものの、江戸時代の物価を現在のそれに換算したものです。油は決して安くはありませんが、ローソクよりは安いものでした。

江戸の物価・現在価値では幾ら?
(地域防災web)

今年の大河ドラマと認定したい『大奥』では、綱吉時代から夜間の娯楽が増えてゆきます。油代を贅沢に使えるようになるほど泰平の世になった証といえる。
そういうことすら、この名ばかり大河は表現できない。

私はこれ観ていないから何とも言えませんが、ロウソクが普及し始めたせいもあったのでは?庶民には高価でも遊郭などでは使われており、藩によってはハゼの栽培に取り組んでいて、それが需要を後押ししたとされています。

和蝋燭が普及したのは江戸時代に各藩が経済振興策として漆や櫨を栽培して蝋燭が普及していった。蝋燭は、持ち運び可能のため、燭台、提灯、がんどう、ぼんぼりなどの新しい照明器具を生んだ。

江戸のあかり展 II
(太田宿中山道会館)

本作の特徴に“恥ずかしげもなくネタパクリ”というのがあります。
「愉快な乱世を泳ぎ続けよ」
これは要するに、乱世を渡っていく様を船・真田丸にたとえた“パクリ”ですね。
三谷さんの足元にも及ばないのは明白すぎるのに、よくもこういうことをしますよね。
そうやって狡猾に大河ファンに目配せするのがたまらなく嫌だ。

これ全然パクリじゃないじゃないですか。
そもそも船は「泳ぐ」ものでしょうか?一般的に船は進むとか、走ると表現するかと思います。
泳ぐとは人間を始め生物が、手足を動かして水をかいて進むことでしょう。昌幸も乱世という海(信濃だと川でしょうか)を泳いで渡りたいという意味でこう言った可能性もあります。

あと「愉快な乱世を泳ぎ続けよ」は別にこの回でなく、第33回「裏切り者」で既に登場しています。
なぜこの期に及んでこれを出して来たのでしょうか。

それにしても、このドラマのヘアメイクはどうなりましたか?
無駄に汚らしい信繁。
やりすぎアイラインの秀頼。
厚化粧の茶々。
秀頼の甲冑の質感もおかしい。
こんなペナペナした甲冑はみとうなかった。

無駄に汚らしいと言うより、信繁のキャラ設定が多少乱暴者で、戦に飢えているような設定だからこうなっているのでしょう。秀頼のメークは、隈取をちょっと思わせますが、もちろんあそこまでくっきりしておらず、シャドーのような感じで色を入れているかと思われます。元々隈取は表情を強く見せる意味があります。
茶々のメークに関しても、もう3度目か4度目でしょうか。少しは自分で調べてはどうかと思います。

扮装やヘアメイクについてもスタッフの方とご相談を重ね、一から作り上げていきました。扮装部の皆さんは大河ドラマ『葵 徳川三代』で小川眞由美さんが演じられていた茶々を意識していると伺っていたので、私も小川さんのような迫力ある茶々を演じられたらと思いながら取り組みました。

お市の方、茶々…二役を熱演した北川景子さん。意識したのは小川眞由美さんだった【どうする家康 満喫リポート】秘話発信編
(serai.jp)

あと秀頼の甲冑の質感がおかしいのなら、画像を貼って目に見える形で説明して貰えませんか。いや私はおかしいとは思いませんでしたが。

兜に映り込む白い斑点(スタジオの天井照明)は、もう紋様と思うことにしましょう!
最終回まで映り込み続けたこの白い斑点については、さすがにNHKへご意見申してもよろしいかもしれません。
◆NHK みなさまの声(→link)

これに関しては、冒頭で少し触れています。兜に光が反射するのは、兜の材質や形状にもよりますし、屋外撮影でも見られます。

どうかしているぞ! このVFXは!
相変わらず青空がないVFX。

大坂の陣の後、雲が切れていますね。これは何を表しているのでしょうか。

どうする家康第48回予告

視聴者をバカにしているとも思えてくるし、以下の記事のような
◆「大奥」ラストシーン制作秘話!VFXチームが届けたかった“未来”のこと(→link)
◆ 『どうする家康』新技術“バーチャルプロダクション”本格導入でロケ最小限に 背景に働き方&つくり方“改革”(→link)
小賢しい言い訳にも虫唾が走ります。ここは結果が全ての世界ではないんですか?

貴方のいう「結果」とは、一体何ですか?
視聴率のことですか?昨年正反対のことを書いていたのを、上の方で紹介しています。

そして『大奥』のVFXもこれで見る限り、武者さんに取っては虫唾が走る言い訳だったようですね。武者さんの『大奥』批判はこれが初めてです。

あと加藤チーフディレクターは
「現状でやれる範囲のことはやれたと思う」
と言っており、将来的にまだ進化するという含みを持たせています。そしてこの記事には、大規模ロケの難しさも書かれていますが、それも武者さんは気に入らないようですね。だったら自分ですべて手配して、大河の大規模ロケを実現してみてはどうでしょうか。

そして見ていて気になった部分があるので、これよりかなり後ですがご紹介しておきます。

家光の登場シーンですが、

まともな大河ならば、主役の子役を使い回すところ。それをこのマヌケ駄作は、初っ端からデカすぎる竹千代として本役が走り回ったから、それすらできない。
無計画の極みです。
もう、この時点で柳生十兵衛を呼んできて欲しい。竹千代相手に剣術指導をビシバシとして欲しい。

マヌケ駄作呼ばわりもどうかと思いますが、「まともな大河ならば、主役の子役を使い回すところ」と決めつけるのもどうかと思います。別にこの家光は子役が演じているわけですし、それはそれでいいかと思いますが。子役を使い回せないから「無計画」も乱暴ではないかと。

それと家光の剣術指南ですが、柳生十兵衛ではなくて父の柳生宗矩では?元々この宗矩は、黒田長政の紹介で家康の剣術指南(新陰流)となっています。十兵衛も、剣術の稽古に相伴したとは言われていますが、元々は家光の小姓であって年下であり、一時家光から蟄居を命じられてもいますね。

蟄居中十兵衛は、兵法の研鑽に努めていたとされていますが、この間諸国を遍歴したという説もあり、講談や小説、映画などの題材となっています。

飲み物-注がれるワイン
[ 2023/12/20 02:30 ] 大河ドラマ どうする家康 | TB(-) | CM(0)

『どうする家康』第47回に関しての武将ジャパンの記事について-5

第47回に関する『武将ジャパン』大河コラムについてその5です。
しかしいつも思うのですが、この5ページ目の文字量がとにかく多い、1ページ目の2倍以上はあるでしょう。そして持論展開とそれを裏付ける記事のリンクがやたら目立ちます、こんなの大河コラムでやる必要があるのでしょうか。


『どうする家康』なんて大駄作を看板として放送してしまった2023年。
NHKの放送倫理に向けられる目はこの上なく厳しくなっています。

この放送倫理ですが、暴力とか俗悪なものを排除し、社会に受け入れられる放送を行うための指針を意味すると思われます。しかし『どうする家康』は、暴力でも俗悪でもないと思いますが。

先日、クローズアップ現代のジャニーズ性加害問題特集を見ました。
NHKの建物内でも加害は行われてた。しかし、NHKはジャニーズに任せきりで、何が起きているかすら把握していなかったとのこと。
NHKでまさかそんなはずがないだろう。そう思い、被害に遭われた方。そのご家族。どれほど辛い思いをしたのでしょうか。

では、今年の大河に出演した元ジャニーズの俳優さんたちは、全員加害者なのでしょうか。こういうのは、誹謗中傷の類になりかねないのでは?
そして朝ドラをまた叩いていますが、こういうのは朝ドラのnoteでやってくれないでしょうか。何度も言うけどここ大河コラムなのですけど。
その朝ドラで

なぜ歌唱力と演技力があるキャスティングにしなかったのか?
どうして歌がテーマなのに、朝から耳に悪いドラマになっているのか?
疑念が募るばかりです。

『どうする家康』でもそうですが、嫌いな作品は「耳に悪い作品」ということでしょうか。武者さんに取っては。

そして「七実三虚」の必要条件なる見出しで、

本作の脚本家はインプットが圧倒的に足りない。
ドラマ10『大奥』脚本家の森下佳子さんと再び比較させていただきますと、彼女の『大奥』は、原作の尺を切り詰めながら、時代劇愛にあふれた要素が追加されています。

とありますが、大河とドラマ10をなぜ単純比較するのか、そっちの方が疑問です。叩き棒にしたくてたまらないのだろうなと思いますが、『大奥』にしてみれば迷惑なのではないかと。

で、『大奥』は「七実三虚」(『三国志演義』に代表されるような、七割が実際に起こったことで、三割がフィクションである構成のこと)で、これは歴史をきちんと踏まえていないと書けない、『どうする家康』はその点が脆弱だとか何とか。
そしてまた阿月の話だのマザーセナだの、数年間空砲を撃ち合うことが現実的なのかだの、果てはまた北半球で南に虹は出ないだの。この虹の話はもう3度目かと思います。少しは自分で調べてはどうですか?

しかし、私がくどくど指摘したところで、「へっ」と鼻で笑って屁理屈でもこねくり回すのでしょう。
「そーゆー真面目な歴オタ、史実至上主義、原理主義がつまらないんですよww」
「負けて悔しいんですかwww」
「偉そーなこと言いますけど、あんた勘違いしていたことありますよねwww」
といったような論点ずらしばかりで本質とは向き合わない。

まず「くどくど指摘」されることに抵抗を覚える人はいるかと思います。
そして「本質とは向き合わない」などとありますが、武者さんの場合、歴史系ライターでありながら史料もろくに出さないし、1つ前のページの家康の最期だって、ちゃんと史料を基にした記述にはなっていないのですが。

そして真面目な歴オタとか史実至上主義と書く(自分のことでしょうか)割に、平山優氏の「森乱」などにはあれこれ言うのですね。実際一次史料には森乱としか出て来ません。それでどこが「史実至上主義」なのかと正直思います。
尤もこの場合史実と言うより、
「一次史料に記載されていること」
と言った方が正しいですが。

はっきり書く人が少ないようですが、あえて指摘しますと……。
『どうする家康』から伝わってくる制作者の人間性が、あまりに幼稚です。中学生あたりで人間性の成長が止まっていて、頭にあるのはエロとマウンティングだけ。
そしてお決まりの言葉が出てきます。
「それってあなたの感想ですよねw」
「はい、論破www」
まぁ、その通りでいいですよ。
しかし、それで済むと思っているのであれば、武士としてのメンタリティ不足ではありませんか。

そして気に入らない相手には必ず
「エロとマウンティング」
こういう決めつけもどうにかなりませんか。すごく安っぽさを感じさせるのですけど。

そして
「しかし、それで済むと思っているのであれば、武士としてのメンタリティ不足ではありませんか」
なぜここで急に「武士としてのメンタリティ」になるのかと思ったら、

非力な私ではなく、例えばの話、薩摩隼人の前でも同じことを言えるかどうか?
武士というのは、
「心せよ。相手は薩摩隼人かもしれん。ならば初太刀だけは避けよ」
という心意気があるものでしょうよ。まぁ、こういう心境も新選組好きだけかもしれませんけどね。士道不覚悟は切腹だ!

何だか強引というかひとりよがりだなと思います。
そしてなぜここでまた急に「薩摩隼人」だの「新選組」だのになるのでしょうね。これもリンクされている薩摩武士関連記事に誘導したいからですか?

「シン・大河」――このわけのわからないフレーズに何が期待されていたのか?
迷う弱気なプリンスという描き方に、どういうわけか期待を寄せた人はそれなりにいたようです。

この「シン・大河」なる表現、これも何度も書きますが、一部メディアは使っても公式は全く使っていないわけですが、武者さんは公式が使っていることにしたいのでしょうか。そして実際この家康は
「迷う弱気なプリンス」
であり、様々な場面で決断を強いられて、家臣や家族の助けで乗り切って来ているわけですね。

そして今度は脚本家叩きです。彼ら世代は司馬遼太郎を愛読していた親に反発していたとあり、

気合を入れて、あえてメインストリームから外れた血みどろ武士道、伝奇路線をこよなく愛する。これも少数派ながら、歴史への愛はあるでしょう。
小説ならば隆慶一郎、山田風太郎。漫画ならば『シグルイ』を熟読するようなタイプですね。
この脚本家の場合は、それすらないとみた。
司馬遼太郎を読み、大河を見てきた親をおちょくりたいだけ。高校生あたりで卒業して欲しいそうした精神性でもって、大河に乗り込んできたと。
そんなインプット不足で、面白い歴史劇が描けるわけがありません。

これもまた強引な話ではあります。
「それすらないとみた」
「司馬遼太郎を読み、大河を見てきた親をおちょくりたい」
その根拠はどこですか?
そもそもなぜ古沢氏に「歴史への愛」がないと言い切れるのかそれも疑問です。そしてこのコラムの場合、なぜ自分がそう思うかに対して、明確な根拠が示された例がどれほどあったでしょうか。

尚前編のガイドブックでは、磯CPのコメントとして
「古沢さんは時代考証の先生方がうなるほど歴史資料や取材資料と格闘しながら、キャラクターを生み出しています」
とありますね。

そしてこのことに関する記述が実に長々と続きますので、一部だけ残しておきます。

脚本家のインタビューを読むと、論点をずらします。
批判されている箇所はそのくだらなさ、つまらなさがあるのに、認めようとしない。言い訳や自己満足、ナルシシズムを語るよりも大事なことはあるのに、そうしない。
ワースト2という不名誉に関する弁解があってもいいだろうに、現実逃避して軽薄なことをしゃべるだけ。
『レジェンド&バタフライ』でも同じように絶賛し、ノベライズを担当した、そんな半分身内のような相手に滔々としゃべるだけで終わります。

「脚本家のインタビューを読むと、論点をずらします」
何か意味が通りにくいのですが、
「脚本家はインタビューで、論点をずらして答えています」
と書きたいのでしょうか。
そしてリンク先の記事のひとつ、

◆大坂の陣。でも今、戦う武将をヒーローとして描けるだろうか。「どうする家康」古沢良太の選択 (→link)

きわめて納得が行くものです。
武者さんがこの大河が好きであれば、嬉々として紹介しているでしょう。
そしてこちらですが、

◆ ドラマは「脚本家」で見るともっとおもしろい! なかはら・ももたさん×木俣冬さん「私たちがあの脚本家を推す理由」(→link)

私にはまるで劉禅と黄皓に見えます。もたれあいの精神に驚くしかありません。

貴方また劉禅ネタですか。これで3度目では。

聖人は天を体し、賢人は地に法(のっと)り、智者は古を師とす。『三略』
聖人は天を手本とし、賢者は地を手本とし、智者は古を手本とする。

この後に
「驕る者は毀りを招き、妄りにする者は災いを稔み、語多き者は信寡く…」と続くわけですが、それはともかくとして。

『どうする家康』とその周辺に漂うくだらなさを彷彿とさせる、こんな記事がありました。
◆ 「自分こそ正しい」というバトル そのツールになった「エビデンス」(→link)
小豆袋の逸話はあるだの。森蘭丸をあえて森乱丸にするだの。なじみのある呼び方ではなく、最新の説に応じた呼び方とする。
そのうえで、そんなことも知らんのかとマウントをとるあたりが、このドラマのいやしさの根源にあると思い当たった。
このドラマは歴史に対して敬愛がない。体系立てた筋道すら学んでいない。そのくせ、小ネタだけは仕込んでくる。

「最新の説に応じた呼び方とする」
何度も言うようですが、これが好きな大河だったら武者さんは大喜びなのでしょうね。真田幸村が『真田丸』で信繁となったのと、相通じるものがあると思いますが。
それにこの少し前でも書いていますが、森乱は一次史料では乱、または乱法師という表記のされ方をしています。それに則っただけの話だと思いますし、史実を重視したいのなら、それをもまた受け入れるべきかと思われますが、なぜか武者さんの場合
「そんなことも知らんのかとマウントをとるあたりが、このドラマのいやしさの根源にある」
「歴史に対して敬愛がない」
こうなるようですね。

その後も、かなり嫌悪感に満ちた記述が並んでいますがここでは省きます。
そして家康と氏真。

しかし、キッチリと覚えている視聴者もいます。氏真がマザーセナ相手に、未遂であろうと性的暴行をやらかしたことを。
そんなことを綺麗さっぱり忘れて、瞬間的な感動だけを狙う。どこまで浅ましいのでしょう。

これに関しても少し前にありましたね。関ケ原の前の回でしたか。
この場合氏真は元康、のちの家康に裏切られたと思い、瀬名を利用して圧力をかけようとしています。そして、もちろん今の感覚ではほめられたことではありませんが、この当時、敵の人質同然の女性に関係を迫るなどということもあったでしょう。

それにあれは瞬間的な感動を狙うと言うより、かつて兄同然に慕っていた氏真との再会の喜び、そしてまだ表舞台から降りることのできない家康のつらさや悲しさも含まれていると思います。あの回のサブタイ「二人のプリンス」は、この両名のことをも意味しているはずですが。

『どうする家康』とはそんな論破芸を大河ドラマで一年間流し続けたようなものだと思います。
批判があれば、
「でもその史実って誰か見てきたのw」
「史実至上主義w 歴史絶対主義ww」
「勝者が作り上げた理屈でしょw」
とでも言って、小賢しく立ち回る。この言い分は制作チームで共有して使いまわしていますが、誰かがそんなシナリオを作り上げているんですかね。

ここまで嫌いになれるものですかね。
それとここは武者さんの憂さ晴らしの場ではないのですけど。
そして歴代大河、もちろん武者さんの好きな大河もまた史実をアレンジして台本ができあがっているのですが、そういうのはやはり無視ですか。
あと
「制作チームで共有して使いまわしています」
その具体例をお願いします。

『どうする家康』は最低大河の持つ要素を全て持ち合わせています。
今回はスイーツを無駄に出してきて『江』を彷彿とさせました。
さらには出演者が大麻所持で逮捕されました。『花燃ゆ』以来のことです。あの作品は放送後、今回は最終回目前という違いがありますね。
◆俳優の村杉蝉之介容疑者、大麻をレターパックで受け取った容疑で逮捕…「どうする家康」にも出演(→link)

「スイーツを無駄に出してきて」
このスイーツがどういう人物で、どう無駄に出して来ているのですか。いつも思うのですが、ひとにわからせる書き方になっていないようですね。
あと出演者が逮捕された件ですが、『花燃ゆ』以来ではありません。
『いだてん』のピエール瀧さん、『麒麟がくる』の沢尻エリカさん、どちらも麻薬で逮捕されています。沢尻さんの場合は既に10話ほどを収録した後発覚し、代役として川口春奈さんがキャスティングされ、収録がやり直されたため、放送開始が遅れています。
また来年の『光る君へ』に出演予定だった永山絢斗さんも、大麻で降板せざるを得なくなっています。

それと、麻薬や大麻関連ではありませんが、『真田丸』に出演が決まっていた高畑裕太さんも、女性への暴行が原因で降板せざるを得なくなったことがありました。三谷さんが『鎌倉殿の13人』で、やましいところがある人はオファーを受けないようにといったコメントをしたのは、このこととも関係があったのでしょうか。

それのみならず、歴史好きや大河好きなんて嘘っぱちなのではないか、人格修養ができていないのではないかという疑念まで振り撒き、新境地の駄作に突入しています。
これぞ「シン・大河」ならぬ、「惨・大河」だというのだれば、賛同しかありません。

武者さんが嘘っぱちだ、人格修養ができていない、新境地の駄作だと考えるのはそれは自由ですが、報酬が発生しているコラムで書くべきことではないと思います。プロとして批判するのなら、もう少し客観的に物事を見てください。
そして公式が使ってもいない(と言うか、文春が最初に使った)「シン・大河」なる表現にいつまでもこだわるのもどうかなとは思います。それと「だれば」は「であれば」でしょうか。

あと例によってメールフォームのリンクがあります。私は先日、最終回が楽しみですと書いて送っておきました。また武者さん、(世帯視聴率で)歴代大河ワースト2位と何かにつけて書いていますが、第46回の総合視聴率は17.7パーセントありますよ。

飲み物-パブのビール2
[ 2023/12/16 01:45 ] 大河ドラマ どうする家康 | TB(-) | CM(0)

『どうする家康』第46回「大坂の陣」あらすじと感想-1

第46回の前半部分です。


家康は大坂での戦に備え、布陣図を描いていた。阿茶局が面白き道具ですなとのぞき込む。家康は三浦按針から貰った「ぺんすう」鉛筆で図を描いていたのである。墨が要らん筆じゃと言う家康に、絵を描くのも面白そうと阿茶局。家康はその言葉に、絵を描くのが好きな千姫を思い出し、あの子にくれてやったら喜ぶだろうと、図の端にお千と書きしるす。

一方大坂城では、大野治長が秀頼と碁を打ちながら、そろそろ騒ぎ始める頃かも知れませぬと口にする。どう出てくるかを気にする秀頼に、どう出るにせよ我らが望むところと答える治長。さらに治長は、もしそうなったらこの時を待っていたと、多くの者が秀頼様のもとへ集いますると言う。側で見ていた千姫は何の話であるか尋ね、やはり側にいた茶々がこう答える。
「もうすぐ豊臣の世がよみがえるという話じゃ、お千」

秀頼は豊臣の威信をかけて大仏殿を建立するが、その時梵鐘に刻まれた文字「国家安康」「君臣豊楽」を徳川は問題視する。儒学者の林羅山は駿府城に呼ばれ、国家安康は家康を首と胴に切り分け、君臣豊楽は、豊臣を主君とする世を楽しむ意味で、明らかに呪詛の言葉である、徳川を憎む者たちはこれに快哉を叫び、豊臣の世を更に望むことであろうと断言する。

一方金地院崇伝は、豊臣方は文字通り国家の安康と、君臣共に豊楽なる世を目指すものであり、他意はないと豊臣は申すだろうと言い、それに羅山は、大御所様の名に気づかないわけがないと反論する。しかし崇伝はまたも、豊臣は大御所様を祝う意図で刻んだと申すであろうと言い、お前はどちらの味方かと秀忠に問いただされる。いずれにせよ、これを見逃せば幕府の権威は失墜すると本多正信。

正信はさらに、豊臣はますます力を増大させる、しかし処罰すれば卑劣な言いがかりをつけて来たとみなされ、世の中を敵に回すことになる、うーん実に見事な一手と例の口調で話し、褒めてる場合ではござらぬと息子正純に注意されるも、腹をくくられるしかないでしょうなとこともなげに答える。豊臣のこの態度に、阿茶局はおとなしくしていれば安泰であろうにと言い、秀忠も天下を取り戻そうと強気なのを疑問視する。

家康は言う。
「倒したいんじゃろう、このわしを」
家康最後の戦が近づいていた。既に加藤清正ら、豊臣恩顧の古参家臣たちも次々と世を去り、今や豊臣と徳川の間を取り持つのは、片桐且元だけになっていた。且元は平謝りに謝るが、本多正純は度重なる挑発は看過できないとして、秀頼の大坂退去と国替え、もしくは他の大名同様に江戸屋敷を持っての参勤、あるいは茶々を人質として江戸へ下らせるか、いずれかを選び取らせる。

且元は穏やかに収めたい、千姫様もお心を痛めておられる、秀頼様とも仲むつまじくと言いかけるが、家康は3つの求めの内、いずれかを飲むよう説き聞かせるよう且元に命じる。しかし当然ながら茶々は反発し、治長は祝いの言葉を呪いであると言いがかりをつけ、豊臣を潰す企てに他ならぬと言う。古狸の悪辣な仕打ちとまで言う治長に、且元は食ってかかる。
「修理、こうなると分かってあの文字を刻んだな!」

治長は、片桐殿が頼りにならんのでと言い返すが、且元は戦をして豊臣を危うくする気かと反論する。その且元に治長は、手をひらひらさせてこういう。
「徳川に尻尾を振って、豊臣を危うくしておるのはお手前であろう」
治長の家臣も一斉に同調し、治長と且元は互いの家臣も巻き込んでの口論となる。

茶々は彼らに控えよと命じ、且元は引き続き自分を交渉役にしてくれと秀頼に頼み、千姫は心配そうにその様子を見守る。無論頼りにしておると秀頼は言うが、ひとまずは屋敷にて十分に休むがよいと言い渡し、且元を下がらせる。治長は、あれはもう狸に絡め取られておる、害しようという者も現れますでしょうと言い、茶々は一言面白くないのうと口にする。

千姫はその夜寝所で、秀頼に尋ねる。
「あれは、片桐殿を亡き者にすると…」
さらに千姫は戦になるのですねと言い、秀頼は妻に対してこう答える。
「余は徳川から天下を取り戻さねばならぬ。それが正しきことなのだ、わかってほしい」

秀頼と千姫は互いに床の上に起き上がり、秀頼は千姫を安心させるように言う。
「案ずるな。そなたのおじじ様や父上がそなたに手出しできようか?」
そなたは安全じゃと言う夫に千姫は尋ねる。あなた様は本当に戦をしたいのですかと。本当のお気持ちですかと重ねて尋ねる千姫に、秀頼は、余は豊臣秀頼なのじゃと答える。

一方江戸では、その千姫の父秀忠が正室お江や子供たちと共にいて、戦になっても兵力の差は歴然じゃ、少し懲らしめてやれば、向こうもこちらの求めを受け入れるじゃろうと楽観的だった。お江はならば大御所様にはお休みいただき、殿が総大将となられてはどうかと促す。そのお江に秀忠は、お千のことを案じておるのかと尋ねる。

お江は秀忠に、(千姫を)見捨てる覚悟はしていると言うものの、どこかためらっていた。秀忠は、父上は孫を殊の外可愛がってくださる、ひどい仕打ちはしないとも安心させるが、戦となれば鬼となれるお方ではとお江は言い、姉茶々も一歩も引かぬたちであって何が起きても不思議ではない、あなたがお指図なされませと厳しい口調になる。その千姫は、豊臣家が呼び寄せたかつての武将たちに酌をしていた。

彼らは大軍を率いた経験がある者たちばかりだった。関ケ原の生き残りである長宗我部盛親や毛利吉政、そして今は出家して常真(じょうしん)と名乗る織田信雄も加わっていた。常真は小牧長久手の戦いの自慢話をし、太閤殿下にあれほど見事に勝ったのは、後にも先にもわしくらいと得意満面だった。あん時は徳川もようやったが、総大将はわしであったわとの常真の言に千姫はいたたまれなくなり、その場を立ち去る。

1人廊下ですすり泣く千姫に、常真が厠に行くふりをして近づき、すれちがいざま千姫に言う。
「戦は避けましょう」
「あなたのおじい様には世話になった。ハハ…やりとうない」
さらに自分が最も得意とする兵法は和睦であると言って笑い、わしと片桐で何とかすると、千姫を安堵させる。

その常真に千姫は、治長が恐らくその翌日、且元を手に掛けるであろうと教え、且元は姿をくらます。この失敗に治長は怒るが、駿府にもこの知らせはもたらされていた。且元は騙し討ちされそうになり、常真が危機を知らせて間一髪で助かったのである。京にいる五徳の手助けで、常真、且元とも今は伏見にいると阿茶局。これで徳川と話ができる人物が豊臣にはいなくなった。

これが豊臣の返答と言う正純は、大坂の町はおよそ3万人もの牢人で埋め尽くされており、これに秀頼の兵と、金で雇った兵を加えると10万にも及ぶと言われていると家康に伝える。とうとう始まるのですねと阿茶局。家康は正純に、諸国の大名に大坂攻めの触れを出し、大筒の用意もするように命じる。そして家康は、関ケ原の時の甲冑を前に座る。その時正信がやって来る。家康は正信に話しかける。
「年寄がこんなものを着けて笑われんかのう」

重さで腰が折れんよう気をつけなされと、正信は無遠慮に言う。お前も出るんじゃぞと家康、正信は体の節々が痛み、気乗りがしないようだった。そんな正信に家康は言う、わしとてあちこち痛いわと。


まず家康の鉛筆からです。ご存知の方もいるでしょうが、実際に家康は鉛筆を使っており、硯箱に入った状態の物が久能山東照宮で発見されています。黒鉛を使う鉛筆は、16世紀に博物学者コンラート・ゲスナーが使っていたとされています。その当時は黒鉛がなくなると、新しい物を軸木に詰めて使う物であり、家康が使っているのはそれより後のの軸木に黒鉛を挟み、芯を削って使うスタイルの鉛筆と言われています。家康以外に、伊達政宗も鉛筆を使っていたことが知られています。

豊臣家では、豊臣が天下を取り戻すという風潮が高まっていました。これから見るにこの場合、やはり豊臣が徳川を挑発し、戦を仕掛けていると取るべきでしょう。無論徳川方も、秀頼の国替えか参勤の義務か、あるいは茶々に人質となるか、どれかを選べと言うわけですが、当然豊臣がその内のいずれかを飲むわけもなく、且元は徳川のスパイではないかとまでみなされるに至ります。

大野治長は、この邪魔な人物を殺すつもりでいたようです。しかし千姫がそれに気づいていたようで、織田常真にそれを打ち明け、且元は間一髪で治長の刺客から逃れます。しかし信雄公、お元気だったのですね。この人は寛永の頃まで生きており、72歳で亡くなっていますから、当時としては長命と言えるでしょう。そして五徳、こちらも懐かしい名前です。彼女も信雄のもとに身を寄せ、その後信雄が改易された後は尾張に移り、その後京に居を構えるようになっていました。

そしてお江。夫秀忠に総大将を務めてはどうかと切り出します。義父家康が戦となれば鬼となること、千姫をやはり案じていることなどがその理由のようです。一方で大坂では、かつて関ケ原で西軍に与した強者やその子、また後藤又兵衛のように主家を出奔した者たちが次々と押しかけます。又兵衛の顔の刀傷が何とも言えません。そして毛利吉政、『真田丸』では毛利勝永として登場しています。そして実際この人は、大坂の陣当時は出家しています。さらに真田信繁も彼らの中にいました。

あと
「豊臣恩顧の古参家臣たちも次々と世を去り」
とありますが、その後に
「今や豊臣と徳川の間を取り持つのは、片桐且元だけになっていた」
とあるように、この家臣たちは二条城会見に立ち会い、豊臣と徳川の仲立ちをした人たちを主に指していると思われます。清正に加え、池田輝政や浅野幸長などがそれに当たります。池田輝政と言えば、黒田家を出奔した後藤又兵衛がここに仕官しようとしますが、奉公構により仕官できず、牢人の境遇となっていました。

また参勤、この当時参勤交代は義務化されていないものの、多くの大名が自発的に将軍に拝謁するようになっていました。そう言えば家康も、江戸屋敷をどうするかで頭を悩ませていましたね。


飲み物-クリスマスのホットワイン
[ 2023/12/04 02:00 ] 大河ドラマ どうする家康 | TB(-) | CM(0)

『どうする家康』第45回に関しての武将ジャパンの記事について-4

第45回に関する『武将ジャパン』大河コラムについてその4です。


しかし、茶々が「家康を倒してこそ! そうだ、嫌がらせ書き込みでもしようw」というノリで仕掛けるのは、どうにかならかったんですかね。
確かに方広寺の件は悪意ありきとされているけれども、全部茶々のせいにしてどうするのか。
天下を取り戻すといっておきながら、籠城するとはどういうことなのか?
これは『信長の野望』でも遊べばすぐわかることです。
籠城という状態は詰んでいる。家康を倒すなら城から出ていきましょう。

この場合、恐らく文英清韓が考えた銘文の案をいくつか持って来て、茶々に検討して貰い、茶々がどういうわけかあの案を選んだ。故意に戦を仕掛けたとも取れるわけです。しかしそもそもドラマの中では、彼女が銘文を考えるシーンなどありませんから、
「全部茶々のせい」
とはなりません。それから
「籠城するとはどういうことなのか」
とありますが、この『どうする家康』では、まだ籠城するかどうかは描かれていません。

それを言うのなら、まず大坂城内が籠城と、畿内を制圧して徳川を討つ考えの2つに分かれていたことに触れるべきでしょう。結果、大野治長が主張する籠城派が勝つわけですが、この後真田信繁は、大坂城の南に真田丸を築いて徳川方を迎え撃つことになります。これはもちろん『真田丸』に登場しています。

開戦の経緯が逆転というのは、大河ドラマとして一線超えていませんか?
もしかして、このドラマは、こんなヤリトリをしていませんか?
「あのさあ、俺が難癖つけてラスボス攻めるとかありえなくね?」
「いや、でも、それが史実というか」
「史実とかどーでもいいし。俺はいつも言ってんじゃん。去年みたいにしろってさあ」
「主人公が闇堕ちするようにしろ、ということでしょうか?」
「ちがうよ! 去年はさ、ラストで小栗義時が命狙われて、逆ギレして勝ったじゃん。あれでいいよ、ああいうのがいい」
「えっ……承久の乱と大坂の陣は開戦経緯がまったく一致しておらず……」
「そこをなんとかするからオファーされたんだよな? いいの? 大河のラストってああいうのが王道だよな? それでいいじゃん」

それは武者さんが勝手にそう思っているだけではないでしょうか。
しかもなぜ「一線超えていませんか」となるのでしょうか。大河が一線超える超えないの定義を聞かせてほしいと思います。

各種メディアが大河ドラマを記事にすることは自然なことです。
特に紙からWEBへと主戦場が移り変わり、誌面(紙面)に制限がなくなった以上、より多くのコンテンツを提供することは、各メディアのサバイバル戦術でもあります。
しかし、弊害も大きいものです。
NHKから素材を受け取る以上、その意に反するようなことは大々的に書けない。
いわば提灯記事が誕生する素地が整っているし、同時に、どんな荒唐無稽な内容でもウケれば……と記事化されてしまう。

で、記事がいくつかリンクされています。
しかし思うのですが
「NHKから素材を受け取る以上、その意に反するようなことは大々的に書けない」
ならば、武者さんが好きな大河でもこれは同じではありませんか?
嫌いな大河の時にはこう書きますが、好きな大河の場合に
「意に反するようなことは大々的に書けない」
と書いたことが、果たしてあったでしょうか。

そして武者さんが好きな大河であっても嫌いな人は存在し、好意的に見る記事を提灯と思っている可能性だってあるのですが。

その中に
「大河『家康』光秀?幕府参謀『天海僧正』は登場するのか 3年前「麒麟」長谷川光秀の生存回収を期待する声」
というタイトルのがあります。

『麒麟がくる』をコケにするような描写をしておいて(足利義昭・明智光秀の酷さときたら……)、こういう時だけ都合よく「天海は」と持ち出される。
長谷川博己さんにも天海にも失礼では?

『麒麟がくる』をコケにするとあるから何かと思ったら、義昭と光秀の描き方が気に入らないということですね。
好き嫌いで評価を決めたがる武者さんらしくはありますが、『どうする家康』には『どうする家康』の描き方があり、それは『麒麟がくる』とは別物です。この辺りを理解しているでしょうか。
私はあの義昭、名護屋に来た時に上に立つ者の孤独を口にしていて、なかなかいいなと思いましたが。
そしてこういう時に「天海」を持ち出すのは失礼でしょうか。あの大河での本能寺後の光秀に、天海を重ね合わせた人もいるでしょうし、それだけ長谷川さんの光秀の印象が強かった人もまたいるでしょう。

失礼なのはその大河を叩き棒にして、今年の大河を毎回のように、しかも出演者の人格否定のようなことまでして叩いている武者さんだと思います。

そもそも本作は“参謀”をまるで活かせていない。
本多正信はただのうるさいだけの腹立たしい男にすぎません。
今週は金地院崇伝と林羅山が出ましたが、何か意味がありましたか?

本多正信が「うるさいだけの腹立たしい男」にしか見えないのなら、この大河は理解できないのではないでしょうか。
金地院崇伝と林羅山は銘文の件で出ているのだから、主な活躍は次回ではないのですか。第一かなり後の方になって登場しているから、彼らが本領発揮するのは次だなと考えてもおかしくないでしょうし。

誰であろうと阿茶局より目立てないでしょ。そうそう、あの自称男勝りさんは立膝を卒業なさったようで急にどうしたのでしょう。

なぜここで「阿茶局」より目立たないとなるのでしょう。彼女はそんなに目立っていましたか?存在感はあるかと思いますが。そして袴をつけていないから、立膝でなく普通に座っていますし、髪型も変えていますね。

思い返せば、今年の仮想背景は本当に酷かった。
序盤では清洲城が紫禁城ではないかと指摘されていました。
本物の紫禁城はあんなものより遥かに壮麗であり、せいぜい紫禁城の隅にある鶏小屋だと思ったものです。

と言う割に、本物の紫禁城がどのようなものか、説明も画像もないのですね。このコラムで、ちゃんと書いてほしいです。

いずれにせよ今年の仮想背景が酷いのは確かであり、なぜ、そうなってしまったのか?と理由を考えると、スタッフの日本史知識不足にあるのではないでしょうか。
調べるべきことをせず、適当なイメージで描いたのではないかと思うほど拙い。

勝手に酷いと言い、勝手にスタッフに日本史知識がないと決めつけ、勝手に適当なイメージで描いたのではないかと、レッテル貼りをしていませんか。
そしてこの「調べるべきこと」とは、具体的にどのようなことでしょうか。

そしてこの後延々と『首』について書かれています。
そしてVFX担当者の多くは日本人ではないが、戦国時代を舞台にした背景を描いていたとか、2016年『真田丸』以来、大河ドラマとコーエーテクモゲームスは関係を保っているのに、今年はそうではないとか。

まず映画と大河ドラマでは予算が違うかと思われます。それに加えて、武者さんが今年のは酷いと先入観で決めつけているところもあり、比較として適切であるかどうかは何とも言えません。
あとコーエーですが、具体的にどの大河と関係を保っているか書いてほしいものです。

しかし、確実なことは一つあります。
もしも、今年の大河ドラマがコーエーテクモゲームスの協力を得ていたら、ここまで無様なことにはならなかったでしょう。

これも武者さんの思い込みのように見えます。
コーエーでは満足しても、脚本とかキャスティング、そして何よりも所作指導などで叩いたのではないでしょうか。
そしてこの後また『首』に絡めた『どうする家康』叩き、ゲーム関連の記述が展開されています。
これ大河コラムですよね?何を書こうとしているのでしょうか。

そしてその中で

このようにRPGといっても、個々人ごとに好きな作品は異なるんですよね。

とあります。ならば貴方と違い『どうする家康』を好きな人もいるわけですが、それはそれで受け入れるのですね?

ただ、これだけは言っておきたい。
『首』と対比となる大河ドラマは『麒麟がくる』であって『どうする家康』ではない。
制作時期からして、今年との比較は否定できます。

まず言いたいのですが、誰か『首』と大河を比較して、『どうする家康』がこの映画と対比となるとでも言ったのですか?
その後

『首』は意図的に思想や宗教を排除して、ひたすら暴力衝動に取り憑かれた人間を描いています。
儒教朱子学倫理が根底に流れる『麒麟がくる』との対比だとすればおもしろい。
(省略)
信長の装束ひとつとっても、奇抜な南蛮服はお馴染みのモチーフです。むしろそういうお馴染みのイメージを外そうとしているのは、『麒麟がくる』だと思えます。

武者さんて、要は
儒教または儒学
連歌または和歌
貞観政要または論語
このすべて、またはいずれかが入った大河でないと、大河認定しないようですね。と言うか、論語があっても自分が嫌いな設定の幕末大河だと、認定しない可能性があるし、今年も『孔子家語』(馬と取り替えてくれと、福島正則が黒田長政に迫ったあれです)が登場したりしてもいますが、そういうのには目もくれないようです。家康の愛読書だとも言われていますし、これを端緒に『貞観政要』も出版されたようなのですが。

『孔子家語』
(印刷博物館)

そしてその後で、

『どうする家康』の「シン・大河」はそうではありません。

と、例によって例の調子です。
しかも一部マスコミのみが使っている「シン・大河」なる表現を今なお使っていますが、そんな表現は公式はしていません。

「いつものあの味で」
そう注文されたとしても、調理する側は「いつものあの味」すらろくに把握していない。そのくせ新しいものを作ろうとする。

この「いつものあの味」なるものは、戦国大河で描かれる基本的な描写のことですね。
とはいえ、『どうする家康』でも、家康に取っての主要な戦をはじめ描かれてはいるのですが、自分の思う通りの描写でないから面白くないというのは察しがつきます。要は『麒麟がくる』風味でないと面白くないのでしょう。ならば先日も書きましたが、この大河に特化したコラムを書けばいい話です。
その代わり、『どうする家康』には口出ししないでいただきたい。

レアの豚肉って斬新、とてもおいしそう!

貴方「鴻門之会」の樊噲をイメージしているのですか(苦笑)。

その程度の思いつきで、とても食えたもんじゃない料理を笑顔で出してくるのです。
防腐加工のために入れる砂糖や塩を「こんなにいらないでしょw」と半量にまで減らして、健康にいいと自慢する。結果、腐敗したものを販売してしまった。そんな悲惨な事例を思い出します。

「食えたもんじゃない」かどうか、それは人により様々でしょう。これを美味しいと思っている人ももちろんいます。
あとプロが作っている大河を、防腐加工を無視した素人考えと比較するのもこれまたどうかと思いますし。『どうする家康』を腐ったものにたとえるのも大変失礼であるかと。


飲み物-暖炉の前のウイスキー
[ 2023/12/02 03:00 ] 大河ドラマ どうする家康 | TB(-) | CM(0)

『どうする家康』第45回に関しての武将ジャパンの記事について-1

遅くなりましたが、第44回に関する『武将ジャパン』大河コラムについてその1です。

先週の放送で柱の傷を用いて成長の度合いを示していましたが、11~15歳までわずかな伸びだったのに対し、17~19歳にかけて急激に伸びていた。
人間の身長が一番伸びる第二次性徴期は10代半ば、13~16歳ぐらいのはず。
むろん個人差はあり、10代後半にかけて伸びる方もいますが、本作においてはドラマの展開に無理に合わせているようで興ざめしてしまうのです。

所謂成長スパートと呼ばれるもの(急速に身長が伸びる時期)、男児の場合、18歳までは身長が伸びると言われていますし、もちろんその後も伸びる人もいます。伸びが止まるのは、軟骨細胞がある骨端線が閉鎖されるためとされていますが、これには個人差があり、それが人によって伸びる時期にばらつきがある一因となっています。

(リンクが長いのでこうしています)

それと、こちらは西新宿整形外科クリニック様のサイトです。

骨端線はいつ閉じるものなの?


それから
「11~15歳までわずかな伸びだったのに対し」
11歳から12歳(この間に多分千姫と結婚)はかなり伸びています。

どうする家康秀頼身長1

そして19歳、この時に父秀吉を追い越しています。

どうする家康秀頼身長2
(『どうする家康』第44回)

ドラマの展開に合わせてと言うと、秀頼の身長が伸びた時に大きな出来事があったことを意味していると取れますが、12歳時に色々なことで尺が取られているものの、次に身長が伸びた17歳では本多忠勝死去のみ、そしてこの19歳で父を追い越したということでしょう。しかしこれで見る限り、秀頼は、遅くに背が伸びるタイプだったのでしょうか。

北半球なのに南に虹が出るとか。VFXが物理法則すら無視しているとか。甲冑に刀で切り付けるとか。重傷を負っているのにハキハキと話すとか。還暦過ぎた女性が若々しいままとか。
そういう現実味の薄さが、場面場面でドッと押し寄せてきて、辟易とさせられるのです。

南に虹が出るのはスピリチュアルな意味合いもあるし、また実際水平環アークと言って、南に出る虹もあります。

環水平アーク
(虹図鑑)

あと
「VFXが物理法則すら無視している」
具体的に第何回の、どのようなシーンでしょうか?
そして

「甲冑に刀で斬りつける」
もう4度目くらいかと思います。もちろんこの場合は、甲冑を着けていない部分を刀で狙っています。伏見城の戦いで、千代が甲冑を着けた相手の頸動脈を狙うのはそのためです。

「重傷を負っているのにハキハキと」
井伊直政のことでしょうが、これももう3度目くらいですね。
無論あの時直政はけだるそうに起き上がり、立ち上がることはできず、肩で息をつきながら話しています。そして天下を取りましたなと言う時だけ、ややはずんだ声を上げています。

「還暦過ぎた女性が若々しいまま」
これも具体的に誰のことでしょうか。何名かいると思われますが。

現実味が薄いというより、武者さんが勝手にそう決めてかかっているだけかと。
しかし3度目とか4度目のもあり、もうネタの使い回しで文字数を稼ぐしかないのでしょうか?

民放やVODでワイワイやっていたなら、まだトンデモ歴史作品として認識できたのに、NHKの大河という枠で放送されるから辛くてたまらなくなってしまいます。

「トンデモ」も武者さんがそう思いたがっているのではないかと思います。
そしてNHKの大河がどうこうと言う割に、その背景とか舞台を、好き嫌いにかかわらず理解していないようにも思うのですが。

だからこそ「城内で舞う」というわけのわからない描写が出てくるのでしょう。
青海波を舞う光源氏でも意識したのでしょうか。それともアイドルは踊るものという意識でもあるのでしょうか。

神社仏閣などで屋内で舞うというのはありますね。あるいは父秀吉を追い越したというのもあるのでしょうか。

そして、ここでも衣装とヘアメイクが不可解です。
なぜ秀頼は頭頂部がそのままなのか。何も被らないものでしょうか。
千姫の焼き芋みたいな色の衣装も見ていられません。スイカバーの妖精・大久保忠世が終わったかと思ったら、今度は焼き芋の妖精です。

「なぜ秀頼は頭頂部がそのままなのか。何も被らないものでしょうか」
舞楽というか雅楽の場合、直面(ひためん)といって面をつけずに舞うものもありますので、恐らくその手の舞なのでしょう。

素顔のまま[直面:ひためん]で舞う舞楽曲も多いのですが、とくに裲襠装束を用いる演目では、面を着用することが多くなります。

雅楽 上演のかたち 装束と面
(文化デジタルライブラリー)

「スイカバーの妖精・大久保忠世が終わったかと思ったら、今度は焼き芋の妖精です」
さらにこの後で
「この作品の衣装は、前半はペールカラー、後半は暗くするようにしていますが、横並びでそうされても違和感ばかりが募ります。年齢は意識されていないのでしょうか」
ペールカラーなどと言わず、淡色と言ってはどうですか。そして必ずしも前半=淡色、後半=暗めとなっているとは限りません。

そしてスイカバーだの焼き芋だの、出演者もスタッフもけなしまくりですね。とりわけ今年はこれがひどいです。千姫の衣装は濃い目の紫と思われますが、好きな大河だとほめまくるのでしょう。

剛毛でギトギトメイクの茶々だけでなく、千姫のメイクも濃い。
時代劇で当時のメイクを再現するのはまず無理です。
時代ごとの流行を取り入れても、それは必要悪でしょう。例えば80年代の時代劇は眉毛がしっかりしているものです。
そういう現代トレンドメイクからも程遠いため、わけがわからなくなる。

「時代劇で当時のメイクを再現するのはまず無理です」
それはそうでしょう。第一照明との兼ね合いもありますし、その意味で白粉と紅だけでは難しく、当然鉄漿などを付けることもできません。そして今回の場合、トレンドを採り入れたら採り入れたで、また武者さんはあれこれ言うのではないでしょうか。
第一それなら、90年代後半頃のメークはすべてガングロということになるのでは。

「80年代の時代劇は眉毛がしっかりしている」
貴方10年ルールはどうなったのですか。
大河でなく時代劇なら、どの時代劇であるかを明記してください。

秀頼の所作もシャキッとしていない。
この秀頼は、たしかに俳優御本人はイケメンかもしれませんが、時代劇の“絵”として見た場合、2016年『真田丸』の中川大志さんを思い出して悲しくなるだけなんですよね。

中川さんは中川さん、作間さんは作間さん。それぞれ主人公が違うのだから、描かれ方も雰囲気も違って当然です。それがいやならおとなしく『真田丸』を観て、『どうする家康』には言及しないでください。所作が嫌なら花柳寿楽氏に言ってはどうですか。
逆に私『真田丸』の時、『軍師官兵衛』だったらああだったなと思ったことがあります。

どうする白い羽織
そしてここで家康のアップが入ります。
白い羽織がつくづく、しみじみと、残念だ。
白い服は汚れが目立つから、何か特別な意味あいでもなければ着ないもの。服の色論争は重要で、人類共通の話でもあります。

その後でナポレオンの時代は白がもてはやされただのなんだの。
なぜナポレオンの頃の価値観と、江戸時代初期の日本を同じに見るのかわかりません。

そして

大河ドラマは言うまでもなく東洋。
白は死の色となります。
婚礼衣装でも白を使う日本は特殊であり、本来、白は縁起が悪いとはみなされがちです。
何か特別な意図を示すのであればまだわかります。『大奥』シーズン2の胤篤の白い裃は素敵でした。『麒麟がくる』は五行説を取り入れた結果、秀吉のテーマカラーが白でした。
こういう白い衣装は意図があるし、きっちり模様も入っているので、理解できます。
しかし本作の家康は、白い羽織が悪目立ちばかりしている。
同じ白い服でも『陳情令』の含光君でも意識しているのでしょうか。比較になりません。

相変わらず『大奥』と『麒麟がくる』は例外なのですね。
そして家康の羽織ですが、辻が花柄ですから真っ白ではありません。これもきっちり模様が入っています。
あと私『陳情令』を観ていないからそちらはわかりません。

そして花嫁の白無垢は邪気を払う、新しく生まれ変わるという意味があります。ブライダルや着物関連のサイトに、白無垢の由来について書かれているのがありますので、参考にされてください。取りあえずこちらを置いておきます。

【保存版】白無垢の意味や由来とは?結婚式の5つのスタイルや小物・髪型まで徹底解説
(THE KIMONO SHOP)



飲み物ーホットワインとくるみ
[ 2023/11/29 18:30 ] 大河ドラマ どうする家康 | TB(-) | CM(0)

『どうする家康』第45回「二人のプリンス」あらすじと感想-1

第45回前半部分です。


茶々が家康に秀頼の「代わり」を依頼してから10年が経ち、秀頼は立派な青年に成長する。そして慶長16(1611)年の大坂城。秀頼は宴じゃと舞楽を舞う。それを見る茶々と千姫。茶々はこの天下を艱難辛苦の末、ひとつにまとめたのはどなたじゃと尋ね、千姫は亡き太閤殿下にございますと答える。そなたのおじい様は殿下のご家臣として、秀頼の代わりを任されていただけと茶々は言う。

さらに茶々は、秀頼成長の暁には天下をお返し下さる約束じゃと口にし、しかもそなたのおじい様は盗人ではあるまいと、嫌味にも取れることを言う。後ろを振り返る前方の大野治長。約束を守るおかたと存じますと千姫は答えるが、その約束をお破りになるなら、戦になっても仕方ないと意味ありげな言葉を返す。

唖然とする千姫に茶々はこう言い放つ。
「欲しいものは力で手に入れる、それが武士の世のならわしなのだから」

関ケ原。多くの武将や兵たちが交戦し、夥しい血が流された。そして駿府。阿茶局は書見をしている家康に、秀忠が江戸から着いたことを知らせる。何やら心配事がありそうな家康に、憂い事ですかと阿茶局は尋ねるが、家康は昔のことばかり思い出す、わしもそろそろかのうと口にする。

本多正信は家康に言う。大坂は関ケ原で敗れ、牢人となった連中を匿って施しを与え、武具兵糧も集めて戦に備えていると、また世間では、徳川と豊臣がぶつかるとの噂で持ちきりであると。しかし秀忠は、この10年政を行って来たのは徳川であり、父上のもと政をしかと進めることこそ世の安寧の根本と言う。本多正純も同調し、徳川が豊臣より上位であるとはっきりさせるべきと家康に直言する。

今度こそ秀頼に挨拶させるべく、3月の天子様のご譲位(後陽成天皇から後水尾天皇への譲位)に絡め、二条城に秀頼を招いて家康の前に跪かせ、臣下としての礼を取らせるのが正純の考えだった。しかし阿茶局は、秀頼がおとなしく来るとは思わなかった。もし従わぬのなら力をもってとまで言い出す正純に、それは避けたいと家康、秀吉は今なお、多くの者の心の中に生きており、その遺児に下手な仕打ちをすれば、万民の怒りは我らに向くと窘める。

ではどうすれば、よもや天下をお返しするおつもりではございますまいと秀忠。家康はうまくやらねばならんと申しておると言い、阿茶局は、力をもって跪かせては危ないと忠告する。正信は秀頼を二条城に迎え、家康と話をさせるつもりでいた。ただその場合、秀頼を上段に座らせてあがめると言ったため、豊臣を上にするのかと正純は疑問視する。正信は、武家の頭領たる徳川が敬うべきは公家であり、要は豊臣は公家であることにしてしまうつもりだった。

公家ならば城だの武力だの、持つ必要はないと例の調子で話す正信だが、正純は、父はこんな屁理屈ばかり才があると不満そうだった。おほめにあずかりましてとしらっと答える正信。寧々に間を取り持って貰うことになり、既に出家した寧々は秀頼と茶々の前でこれを伝える。茶々は言う。
「つまり天下は返さぬ、正々堂々と戦もせぬ。頭をなでてやるからおとなしくしておれということでございますな」

大野治長も情けない盗人よと言い、これに対して寧々は、そのような言い方は控えよと戒める。千姫は責任を感じて夫に詫びるが、そなたの謝ることではないと秀頼は言い、また寧々も、今天下を治めているのは徳川殿、豊臣家は徳川家の庇護の下にあるのを忘れてはなりませぬにと言い聞かせる。一方治長は、出てゆけば何をされるかわからないとあくまでも懐疑的だった。そんな中、肥後熊本城主の加藤清正が口を開く。

「恐れながら秀頼様。お出ましにならぬままなら、お心の弱い君と思われるやもしれませぬ」
無礼だと治長は言うが、清正は秀頼のそばを離れず守ること、不穏な動きがあれば、幾万の敵であろうが片っ端からなぎ倒す、再び大坂城へ連れ戻すことを誓う。秀頼は茶々に向かってうなずき、茶々はこう言う。
「そろそろ世にお披露目するかのう、そなたを」

その年の3月28日。秀頼は大坂城に移って以来、初めて民の前にその姿を現し、この貴公子を一目見んと人々が押し寄せる。二条城で待つ家康も、上方の豊臣人気のすさまじさを感じていた。そして直垂姿の秀頼と従者が到着し、家康が挨拶を述べようとすると、秀頼は駆け寄って、わざわざのお出迎え、恐悦至極に存じますと家康をねぎらって自己紹介する。

家康は秀頼を上座に通そうとするが、秀頼は大御所様からと言い、先に行くようにと勧める。では案内させていただくと家康は前方を行き、寧々が控える間へ入る。家康と寧々は秀頼に上段を勧めるが、秀頼はなかなか上座へ行こうとせず、家康はそういう取り決めであると秀頼を促し、寧々もまた上座へと促す。家康は豊臣家は関白を出す家柄、武家の棟梁である徳川家は及ばぬ、上座に座られるのがしきたりというものと、自ら下座に座る。

なかなか譲ろうとしない秀頼に、お2人とも上座にお座りになってはと寧々は持ち掛ける。畏れ多いと動かない家康の手を秀頼は取り、意地を張るのも大人げないと横並びを提案したため、家康は折れざるを得ず、上座で秀頼と向かい合わせになるように座る。しかし秀頼はその場に座ろうとしなかった。

秀頼は下座で長い間の無沙汰を詫び、一礼する。戸惑うような表情の家康と寧々。そして秀頼は家康に、武家として手を携え、ともによを支えて参りましょうと述べるが、これには徳川と豊臣の従者、そして清正も予想外だった。その知らせを受け取った秀忠は、秀頼が父に跪いたこと、徳川が上であると知らしめたことを喜ぶが、お江はこれに疑問を抱く。正信に同意を促す秀忠だが、正信は一言えらいことだと言う。

案の定、徳川が秀頼を跪かせたことは広く知れ渡り、家康は傲慢であるという評判が立ち、このことが牢人たちを大坂城へ向かわせるもととなる。この噂を、山伏姿で町中に潜んでいた真田信繁も耳にしていた。そして正純は
「秀頼は慇懃、徳川は無礼。秀頼はご立派、徳川は恥知らず」
と世間が沸き立ち、牢人たちが以前にも増して大坂城を目指すようになったのを憂えていた。

秀頼にしてやられたのは明らかだった。阿茶局は、秀頼がどのような人物であるのかを家康に尋ねる。家康は答える。
「涼やかで様子のいい…秀吉じゃ」


何やら、茶々が戦をする気満々になっています。彼女にしてみれば、政をゆだねたはずの家康が自分の息子にその職務を譲っており、秀頼を閉め出した格好になっているわけで、そう思うのも無理からぬ話ではありますが、千姫にまでかなり棘のある言い方をする辺り、かつて母お市を助けに来なかったこととがないまぜになっている感もあります。

尚、前回「宴じゃ」と秀頼が言っていた件、本当に「宴」であったようです。しかし茶々がそれを見ながら、天下を返さなければ戦も辞さぬ構えでいる辺り、彼女に取っての「宴」は、牢人たちを使い、徳川に対して目にもの見せることこそであったのかとも考えてしまいます。

家康にしてみれば秀頼に挨拶をさせ、徳川こそが天下人であることを示す必要がありました。しかしその場合、力で秀頼を従わせるのは逆効果で、表向きはあくまでもへりくだり、豊臣家を公家として認める方針を取るはずでした。しかし当の秀頼がそれを受け入れず、自分が下であるかの如き姿勢を貫いたため、大坂での秀頼はますます株が上がり、逆に家康は傲慢な人物と受け入れられるに至ります。

そしてこれは、牢人たちが大坂を目指すもとともなり、九度山を抜け出した真田信繁もその1人でした。この意味では、秀頼も父秀吉同様の「人たらし」であったと言えます。しかしその雰囲気は秀吉とは似ても似つかぬ、若者らしい涼やかさで感じのいいものでした。

ところでこの第45回で、寧々が出家しています。出家後は高台院を名乗るようになっていましたが、秀吉の正室であったこともあり、今なお彼女の力は大きなものでした。今回の会見で両者の間を取り持つことになり、何かと家康に敵意を抱きがちな豊臣方を鎮める役割も果たしていました。そして加藤清正ですが、この会見後の帰路の途中で発病し、その後亡くなります。『真田丸』では二代目服部半蔵が、何か毒物らしきものを体内に入れるという描写になっていました。

そしてこの清正を演じた淵上泰史さん、無論他にも色々なドラマに出演していますが、私は『ミス・シャーロック』第5話に出演していたのを思い出しました。『花嫁失踪事件(消えた花嫁)』ベースのこの回、結婚式の最中に新婦がいなくなるジュエリーデザイナー、冴木を演じていましたが、シャーロックからいじられていましたね。これには、大岡弥四郎を演じた毎熊克哉さんも出演しています。


飲み物-アイリッシュコーヒー2
[ 2023/11/27 05:00 ] 大河ドラマ どうする家康 | TB(-) | CM(0)

『どうする家康』第44回に関しての武将ジャパンの記事について-5

第44回に関する『武将ジャパン』大河コラムについてその5です。


毛利家のご子孫が激怒?
茶々のように、間違った強い女路線は、女性を小馬鹿にするだけでなく、別の激しい怒りも呼び覚まします。
大坂城で平手打ちを喰らった毛利輝元。
その子孫の方が激怒して以下の動画をあげられました。
(中略)
じゃっどん、島津も酷い扱いをされとりもす。『西郷どん』も島津家当主が苦言を呈していました。

まずこの動画、私も見ました。すべて賛同とは行きませんが、ご子孫の方であれば、こう言われることもあるだろうとは思いました。
ただこのドラマでは、このような描き方になってはいます。
ですから武者さんがこのコラムのライターであれば、このご子孫の方の意見を汲みつつ、ドラマとしてはどのように描かれているか、その両方をすり合わせるべきでした。しかしこの場合、だからこの大河はダメなのだという叩き棒にしかなっておらず、その点でまたかと思わざるを得ません。

そして『西郷どん』、こういう子孫の方の苦情を持ち出すのは、嫌いな作品のみのようで、だからこそ叩き棒に持ってこいなのでしょうか、そういう利用の仕方もどうかと思います。
あと「酷い」ではなく「酷か」の方がよくないでしょうか。

それとちょっと前後する形になりますが、

ここのところNHKは長州に冷たいのではないか?
長州メインの大河ドラマ『花燃ゆ』という時点で何もかもが終わっていた――それから10年も経たないうちに、この仕打ちではさすがに怒りたくもなる。

『花燃ゆ』をあれだけディスっていた武者さんにこんなこと言われたくありません。
あの大河、主人公サイドは馴染めないものもありました。ただ吉田松陰が松下村塾生に狂えと言い、急進的な姿勢を取ろうとした時、兄民治がそれを諭すシーンなどはよかったし、長州藩士の描写などでは、功山寺決起などは見るべき部分もあったかと思います。

そして武者さん自身も『花燃ゆ』を丁寧に分析したとは思えず。ただ長州というだけでネガティブ路線に持って行ったふしがあります、そして今年は長州大河ではないし、ただ輝元の描写について色々言われているだけであり、それとこれは切り離して考えうべきでしょう。
たとえば過去の戦国大河の輝元を比較するというのであれば、まだわかりますが。

何よりも『花神』をまず観てほしいのですけどね。

まぁ『花燃ゆ』は、長州をよく描こうと思って失敗しただけの話でしょうけど、今回の毛利輝元はあまりに侮辱的ですよね。

それよりも吉田松陰の妹をヒロインにしてアピールしようとしたものの、創作をかなり入れなければならず、それでちょっと滑ったかと思いますが。そしてこの文(美和)的キャラ、長州でなければ寧ろ武者さんは好きな方ではないのでしょうか。

ただし『らんまん』や『大奥』では、良い薩摩隼人が登場しているのでまだ救いはある。
『大奥』の島津胤篤は素晴らしい。美形だけが魅力ではなく、郷中教育が育んだ柔軟性と聡明さが表現され『薩摩はやはりよいな』と感じたものです。
土佐についても『らんまん』でその魅力が描かれていました。

朝ドラ、そして10時のドラマと大河ではやはり違いますからね。
そもそも「良い薩摩隼人」と「悪い薩摩隼人」の違いは何であるかと思われますし、「郷中教育がはぐくんだ柔軟性と聡明さ」も具体的にどういうものなのか、説明して貰えないでしょうか。
そしてこれらは、あくまでも武者さんが好きな番組での描写であり、恐らくこれが彼らを主人公にした大河であれば、容赦なく叩くのではないかと思われます。

◆「印象に残っている大河の主演」ランキング!5位「岡田准一」「福山雅治」、3位「堺雅人」、2位「綾瀬はるか」を抑えた「意外な1位」の名前(→link)
このドラマの往生際の悪さは、事ここに至ってまで『チコちゃんに叱られる』とコラボをするあたりでしょう。
なりふり構わぬ番宣にはうんざり。
トークショーまで開催されるようです。
◆松本潤さんが大河「家康」最終日に静岡市でトークショー&PV 12月17日開催の来場者募集(→link)
静岡市の市民文化会館に松本潤さんを呼び、最終回のPV(パブリック・ビューイング)が実施され、1,800人の観客が無料で招待されるようです。

「往生際の悪さ」余計なお世話です。
もう『どうする家康』に関心がないのなら、トークショー云々黙っていて貰えないでしょうか。本当はこのコラムを書くのをやめてほしいと思ってはいますが。
こういうイベントは、この大河を好きな人、出演者を応援している人が行くものであり、武者さんのようにネガティブな突っ込みを入れる人が行くものでもありません。言っては何ですが、もう少しものがわかるライターであれば、ただ紹介だけで済ませておくでしょうね。

そして

そう考えると、一体どうしたことよ……とは思ってしまいますが、結局、袁術は玉璽を手にしても袁術なのですよ。って、『パリピ孔明』じみた話をして申し訳ありません。
袁術という名門出であることを鼻にかけたしょうもない男がいて、たまたま皇帝の証となる玉璽を手にしました。
そして皇帝を僭称してウダウダするものの、最後は滅亡するという話です。

ここでまた『パリピ孔明』、この番組も何かPRしなければならない理由があるのでしょうか。

大河主演という玉璽も、場合によっては重石になる。井上真央さんはもう克服しましたが、果たして今回はどうなるのか。

今回も同じような形で責めを負わせたいのですか。井上さんに対しても失礼だと思いますね。

でこの後
「何度も申していますが、このドラマは何かとおかしい要素に溢れている。
出演者同士の友情協調や、主演を褒める言葉がスピリチュアルなんです」
武者さんがそのように決めつけている、あるいはそのように見られてほしいと思っているようにしか見えませんのでここでは省きます。

あと

子、怪力乱神を語らず。『論語』「述而」
オカルトトークをすると、信頼性が落ちるぞ。まっとうな大人ならやめようか。

なととありますが、
「君子は、人智で計り知れないようなミステリアスなこと、説明がつかないようなことについては語らない」
という意味です。基本的に論理的でないものについては、みだりに口にしないとも取れます。憶測でものを言うのもこれに含まれるでしょうか。

そして

文春砲で「暴君」であると指摘された主演に忖度してのことなのか。
だとしても言葉選びが過剰で、不気味にすら思えてきます。まるでドラマの舞台から降りても、マザーセナ信徒になってしまったかのようだ。
いくらキラキラワードで飾ったところで、文春砲が出れば、夢は醒めます。

また文春砲ですか。マザーセナがどうこうより、武者さん自身が文春信徒であるように見えます。そしてまた松本さん関連のことであれこれ。

私は今年の大河を面白いと思えないことが、幸いなだと感じています。
人気事務所の主演を絶賛すれば、全国に数多いるファンから果実が得られるかもしれません。
しかし、渇すれども盗泉の水を飲まず――今回ばかりは誰かを傷つけることに加担することへ繋がりますので、そこに加担するのだけは勘弁。

面白いと思えないことは幸い=だからどんなことでも書いていいし、どんな形で叩いてもいいと言う論理すり替えのようにも見えてしまうのですが。
そして「盗泉」呼ばわりするその根拠は何ですか。今更ですが、非常に失礼な物言いですね。

「今回ばかりは誰かを傷つけることに加担することへ繋がりますので、そこに加担するのだけは勘弁」
文春砲も誰かを傷つけているかもしれないというのは、前にも書きました。その辺りの配慮は全くなしというか、特定の存在を信じ切ってしまえば、他に目が行かなくなってしまうのでしょうか。

遠慮無ければ近憂あり。『論語』「衛霊公」
遠い未来まで見通せず、「ネット大受けw」みたいなことばかり気にしているととんでもないことになるぞ。
まさにこの言葉通りの事態になった。
それが干し柿カットです。
端的に説明しますと、石田三成の見せ所となる「干し柿のシーン」が松本潤さんの意向で取り止めになったというもので、文春砲で指摘されていました。

これ前も書いていましたね、しつこいんですけど。
あと遠慮なければの意味ですが、遠い将来のことを考えることなく、目先のことばかりに囚われていると、問題や心配事が起こるという意味ですが、それとネット大うけとどう関係があるのでしょうか。

そして干し柿の問題、ドラマの中では伏線まであってそれが放送されないのはおかしいとか、『真田丸』の干し柿はこうだった、『麒麟がくる』はこうだっただのなんだの。それぞれの作品の描き方があるのは構いませんが、それを『どうする家康』でも繰り返す必要は全くないと思いますね。
しかもその『麒麟がくる』での風間俊介さんの家康について、

その後、金ケ崎での引き戦の最中で、「戦のない世を作るために、いまは戦をせねばならぬ時。いまは戦を重ねるしかない」と悟るシーンへとつながっていった。
上記のインタビューで風間俊介さんが「戦のない国にしたい家康」について語っています。そのテーマは『麒麟がくる』で既に描かれていた。

1983年の『徳川家康』でも似たような感じではなかったでしょうか。
さらに

それが『どうする家康』では、あまりに現実味のない、妄想のようなマザーセナの慈愛の国構想で強引に展開。描き方が雑すぎたから視聴者から疑念が噴出しました。
このドラマの家康像は何も新しくない。要はお粗末なだけだったのです。

また「マザーセナ」、そして
「視聴者から疑念」
では、具体的にどのようなものか書いてください。

「このドラマの家康像は新しくもない」
前にも書いていますが、戦国時代の東海地方を舞台にした作品は多く、脚本のもととなる史料などもいくらか似て来ます。
そして1つ前に書いているように、作品によって描き方は異なります。『どうする家康』が『麒麟がくる』を逐一踏まえなければならない理由はありません。

小人は水に溺れ、君子は口に溺れ、大人は民に溺れる。『礼記』
凡人は水に溺れる。ドラマ通はSNSやプロパガンダに溺れる。インフルエンサーは支持者に溺れる。

これなのですが、その最後に
「皆その褻なるる所ところに在あり」
と続きます。つまり人は失敗する理由がそのレベルによって違うが、その失敗はいずれも慣れから来る油断であるということです。

そしてその後『大奥』は素晴らしいが、井伊直弼を表す「チャカポン」に、『青天を衝け』の残した負の遺産を感じるなどとあります。そのうえで、一橋慶喜の渾名は言わないとか何とか。
このチャカポン、「茶歌ぽん」のことで、茶道、歌道、そして謡曲(『ぽん』は鼓の音から)と言われています。これはいずれも、埋木舎時代の渾名で、直弼の風流を愛する様を表したものでもあるのですが。

ある先生が著書で「幕末大河を信じて語られても困る」と毒を吐いていましたが、確かにその通りではないでしょうか。

幕末のみならず、大河はすべて創作が入っています。だから当然それを事実とすることはできません。
古沢氏も歴史は勝者の記録であり、いくらでも解釈できると話していましたね。

大河そのものだけでなく、昨今はファンダムもおかしい。推しをいかに激しくプッシュできるか。それを仲間同士で語り合うことが重要であり、どんなにバグだらけのシステムだろうが、萌えキャラがいればいい。そういう一点突破になっている。
作品として面白いか面白くないか? コンテンツ全体を見渡して評価することが邪道扱いされているようにすら感じます。

そしてまたファンダム叩きですが、ファン同士がやっている分には別に構いません。推しをプッシュしてもよし、作品として面白いか面白くないかは、ずばりその人次第だと思います。これは武者さんも、好きな作品ではやっていないでしょうか。
そして武者さんの言う「コンテンツ全体を見渡して評価する」とは、具体的にどのようなことなのでしょうか。ちょっと曖昧な表現に見えるのですが。

なぜ、こんなことを申し上げるか、というと次の記事が気になったからです。
◆《『どうする家康』も視聴率苦戦中》「つまらなかった大河ドラマ」ランキング…4位『平清盛』、3位『江』、2位『おんな城主 直虎』…納得の1位は?(→link)
2000年以降の大河ドラマで何がつまらなかったか?
視聴率ではなくアンケートで評価したもので、ランクインした作品のうち大河ファンに納得されるのは『江』と『武蔵』だけでは?とも感じます。
他の『青天を衝け』『平清盛』『おんな城主 直虎』『いだてん』は、むしろ高評価を掲げるファンも一定数いるはず。

『江』や『武蔵』を評価する人ももちろんいるかと思いますよ。人の好みは様々ですから。

またその中で、特に気になるのが1位の『いだてん』と5位の『青天を衝け』であり、東京五輪と新札の顔という、政治色のかなり強い要素があったとか、都合の良いところだけを見せて、ファンの気持ちを高ぶらせるのは、危険なことだと感じるなどと書かれています。
さらに「今までオリンピックに興味がなかったけど、このドラマのおかげで興味がでた!」というのは、かなり誘導されていませんかね?とか、主人公の、テロを是とする姿勢や愛人問題などはほぼ伏せられ、綺麗事ばかりが羅列されていたともあります。

別に『いだてん』でオリンピックに興味が持てたなら、それはそれでいいと思います。渋沢栄一しかりでしょう。それを楽しんでいる人に向かって、あれこれ言う必要はないと思います。ただ大河は、その主人公のすべてを描いているわけではないし、それが視聴者に共有されていれば、それはそれでいいのではないでしょうか。
そのうえ

今年の『どうする家康』は、旧ジャニーズが全面に押し出された結果、これまでの大河ファンが離れてしまったとも指摘されています。

逆に言えば、これまでの大河ファンが離れるような、それまでとは違った描き方を敢えてやっているとも言えるでしょう。これは先日分ご紹介した、日刊ゲンダイの記事にもあります。武者さんはお気に召さなかったようですが。
そして全面(前面でしょうか)に押し出すとあっても、放送開始時は松本さんと岡田さんのみで、その後旧ジャニーズから2人キャスティングされています。確かに松本さんは主役、岡田さんは信長役で、目立つポジションではありますが、そう多くの人が出ているわけではありません。

実際、来年になったら、見向きもしない視聴者が一定数いるでしょう。
大河ドラマが、自らそんな状況を作り出してどうするのか。
2024年『光る君へ』や2025年『べらぼう』については、今のところ懸念要素は見られませんが、以降の作品で、いつどこで偏向した姿勢が出てこないか?という心配は尽きない。

「実際、来年になったら、見向きもしない視聴者が一定数いるでしょう」

その根拠は何でしょうか。

そして「大河ドラマが、自らそんな状況を作り出してどうするのか」
などとありますが、武者さんて「本当に」大河枠の作品に興味があるのですか?
好きであろうが嫌いであろうが、ドラマをちゃんと観ているようには見えない、実際にはなかったシーンやセリフが出て来る、漢籍を持ち出したがる割に日本史の史料を持ち出そうとしない、海外ドラマや他の作品のPRばかりする(こちらが本業?)、考証担当の意見は否定する。
こういう点を考えると、どうも疑わしく感じられます。それと昨年の大河のコラムでも「脳みそが溶ける」といった表現がありましたが、こういう表現が好きですね。

あとまたメールフォームがあります、大坂の陣が楽しみですとでも送っておきますか。

そして最後になりましたが、三谷さん関係で『真田丸』、『鎌倉殿の13人』で共演した山本耕史さんと矢柴俊博さんに関する記事(2021年の記事です)がありました。私はこのお2人、同時に『きのう何食べた?』の小日向さんと富永さんを思い出すと書いておきます。

キャスト【ドラマ24】きのう何食べた?season2
(テレビ東京・BSテレ東公式サイト)


飲み物-ウイスキーロック
[ 2023/11/25 21:15 ] 大河ドラマ どうする家康 | TB(-) | CM(0)

福島正則と六条河原と茶々の病気

今回もまず福島正則関連で。
ひとつ前の『武将ジャパン』大河コラム関連投稿で書いてもいますが、この人物は家康にも、そして豊臣家をも主筋と立てており、家康と秀頼の会見でも尽力しています。但し酒のうえでの失態がいくつかあり、日本号を飲み取られたのみならず、酔った勢いで家臣に切腹を申し付けたり、また妾との問題で、正室に薙刀を持って追い回されたりもしています。恐らく、酒がなければ愛すべきキャラであったのかも知れません。

その後大坂の陣では、江戸留守居役(嫡男は徳川方として出陣)となっており、その代わり大坂方に兵糧を送っています。『真田丸』でもこの時真田信之を訪れ、この大坂へ兵糧を送りたい、太閤殿下への恩返しじゃと言い、さらに大坂城内へ入れるには信繁の協力が必要とまで言っています。これで信之は困ってしまい、小野お通を訪れます。この大河でのお通は、カウンセラーのような役割ですね。

真田丸福島正則
(『真田丸』第45回)

この正則ですが、大坂の陣の後、広島城の修理を発端に秀忠から減転封を言い渡され、高井野藩の藩主となります。嫡男に先立たれ、自身も寛永元(1624)年に世を去ることになります。その後福島家は取り潰しとなるものの、子孫により再建されるに至ります。

それから『どうする家康』、なぜ六条河原のシーンがなかったのか。無論家康と三成のやり取りを入れたせいもありますが、六条河原のシーンは、三成、行長そして安国寺恵瓊の3人が揃うものというイメージがあるせいかも知れません。今回安国寺恵瓊が出ていないということもあり、敢えて描かなかったとも考えられます。そして、関ケ原が登場する戦国大河では、この六条河原のシーンがあまりにも一般的になっており、それで外したとも考えられます。こういう例は他にもありそうです。

あと、茶々(淀殿)がうつ病であったという説があります。
こちらは大阪大学大学院の先進融合医学共同研究講座のサイトです。

上方漢方の歴史

曲直瀬道三の養子、曲直瀬玄朔によれば、「秀頼公御母 御気鬱滞食眩暈」(気うつから食事が滞り、めまいも出ている)とあります。慶長8(1603)年のことですが、彼女がこの病気を抱えていたとすれば、その後の徳川家との関係の決定に、いくらか影響があったのではないかと言えそうです。
その一方で、更年期説もあります。

【識者の眼】「淀の方の更年期障害」早川 智
(Web医事新報)

これによると、漢方では精神不安や苛立ちに効果がある、加味逍遙散がいいと記されています。西洋医学では安定剤(抗不安剤)とホルモン補充療法とありますね。

いずれにしても、彼女が絶えざるプレッシャーを受けていたとは考えられますし、家康が将軍職を秀忠に譲り、秀頼に挨拶するように言って来た時にひどく怒り、秀頼を殺して自殺するとまで言い出したことは、いくらか追い詰められていたのではないかとも思われます。
しかし、あの時距離を置いていた(と思われる)黒田、加藤2人の大名は何を思っていたのでしょうか。


飲み物-ホットラム
[ 2023/11/24 05:00 ] 大河ドラマ どうする家康 | TB(-) | CM(0)

『どうする家康』第44回に関しての武将ジャパンの記事について-3

第44回に関する『武将ジャパン』大河コラムについてその3です。

このページでは例によってと言うべきか、『大奥』と『麒麟がくる』を叩き棒にしまくっています。ワンパターンだなと思うと同時に、叩き棒にされているドラマに失礼だと思いますけどね…武者さんがこれらの作品を本当に好きなのか、疑ってしまう所以です。

千姫がわざとらしく走ってきて、江が追いかけてくる。
いったい乳母はどうしたんですか。こんな大事な存在を放置して、一体なんなんでしょうか。

まず「わざとらしく」走って来るも何も、あの年頃の女の子としては普通に走っていると思いますが。逆に「わざとらしくない」走り方とは、具体的にどういう走り方なのかと思います。この「わざとらしい」も、嫌いな作品を叩くうえで武者さんはよく使いますね。

そしてこういうところまで乳母が来るでしょうか。千姫は、身内である「おじじ様」の所へ行こうとしているのです。たとえばどこか危険な所へ行こうとしているのであれば、監視役としての乳母は必要でしょうが。

家族関係の描き方がせいぜい昭和なんですよね。
乳幼児死亡率や危険性もふまえていない。本作の作り手は根本的に育児への関心がないのでしょう。
高齢者への敬意もないし、精神状態が中高生程度で止まった妄想ばかりにも思えてきます。

これもちょっと意味不明ですが、まず
「本作の作り手は根本的に育児への関心がないのでしょう」
こう書くからには、武者さんは育児経験がおありなのでしょうか。ならば、自身の育児経験と照らし合わせて、何がどのように違うのかを説明してほしいです。

そして乳幼児死亡率だの危険性だの書かれていますが、1つ前に書いているように、千姫は特に危険な所へ行こうとしているのではないし、また重篤な病気に罹っているわけでもありません。

それから高齢者への敬意ですが、これは先日分の於大に関してでしょう。あの時家康は、お前にはつらいことも言ったと後悔する於大に、体を労わるようにと薬湯を煎じて飲ませています。一体、どこが「敬意がない」のでしょうか。

何よりもここで唐突に
「家族関係の描き方がせいぜい昭和」
「精神状態が中高生程度で止まった妄想」
などと出て来ます。
「せいぜい昭和」とは、昭和の頃の大河で子供や高齢者を虐待する作品でもあったのでしょうか。ならばどの作品か教えてほしいものです。
あと「精神状態が中高生程度」、さっぱり意味がわかりません。叩こうとしてあれもこれも詰め込んだ結果、よくわけがわからない文章になっていませんか。

千姫があそこまで怯えているのは、嫁ぎ先が嫌だからのようです。しかも、江が子どもの前でペラペラと語っていたようなんですね。
秀頼の母である茶々は、江の姉です。まだ幼い江を庇ったことだってあった、そんな大事な姉です。
その姉の悪口を我が子に吹き込むって、性格が歪んでいませんか?

ここで千姫の言葉をもう一度。
「母上がいつも茶々お姉様は怖い怖いと、何を考えているかわからぬと」

恐らくは、子供の頃から気が強い姉の茶々を見て育ったこと、そして今も豊臣家の女あるじとして振舞っていることを考えれば、彼女に取っては及ばない相手でもあり、そのため恐ろしい人であることよ程度は言ったかも知れないでしょう。それを耳にした千姫が、話を膨らませて解釈した可能性はあります。

そしてお江は、初(後の常高院)が同行してくれることもちゃんと話していますね。ただ千姫はおじじ様の側にいたいようです。

思えばこのドラマはそんな家族ばかりでした。市も娘の前で「本当は家康さんが好きだったの」とかペラペラ喋っていた設定でしたもんね。
歴史人物への敬意が全く感じられないのです。

「本当は家康さんが好きだったの」
なんて言っていませんけどね。
第30回で母上はよう昔話をしてくださいましたと茶々が言い、その昔話の内容とは、胴をつけて泳ぐ稽古をしていて、溺れた自分を竹千代が助けてくれたことだったわけです。

「歴史人物への敬意が全く感じられないのです」
ブーメランですか?

思えばあのマザーセナからして両親が死んだ後もケロッとしていましたし、そのマザーセナのことすら家康は忘却の彼方。
あれだけベタベタといちゃついておきながら、仏壇の前で手を合わせる場面すらありません。
打掛で走ってくる江の所作にしても、『大奥』と比較するとあまりに厳しい。
茶々の打掛の翻し方も、全く美しくないんですよね。輝元をひっぱたくし、メイクはギトギトだし、これのどこが貴婦人なのでしょう。

また「マザーセナ」ですか。
そしてこれ、忘却の彼方ではないのですね。於大とのシーンの中で、この瀬名のことを示唆するようなセリフがありますし。
それから仏壇と言いますが、全国的に仏壇が普及したのは江戸時代ですよ。これは檀家制度とも関係がありますが。寧ろ貴方が何かにつけて揶揄する、石川数正の押し花と正信念仏偈に、瀬名への思いが込められていたとは言えます。

また茶々は身分が高いからこそ、輝元を打ち据えることができたのですが。
そして所作が『大奥』と比べてひどいと言うのなら、画像を貼るなりして比較できるようにしてください。

秀頼と千姫の婚礼描写も、『大奥』の家定・胤篤と比べたら、ただの手抜きにしか見えません。
時代劇ファンの皆様は『100カメ 大奥』もご覧になられたかもしれませんが、「神は細部に宿る」とはまさにこのことで、本作と比較して驚くばかりだったでしょう。

「秀頼と千姫の婚礼描写」
そんなシーンありましたか?
慶長9(1604)年に秀頼の背丈を測った時、既に千姫と結婚していたというシーンならありますが。
要は、千姫が大坂に行くのを嫌がるも家康に窘められる→秀頼と結婚して背丈を測る場に立ち会う→秀忠が千姫のことを真っ先に家康に尋ねて叱られる。
こういう流れでしょう。

それと私100カメ観ていないから何とも言えません。

『大奥』にできて『どうする家康』にできない、そんな言い訳は通用しないはずです。

元々描かれる時代も人々も違うから、一概に比較はできないと思うのですけどね。

家康って、他社への親切な接し方が女性相手だといつも同じ。
キザでスカしたイケメンプリンスしかありません。
年上の母親相手だと「ババアかw」となるし、茶々は悪役なので「このバカ女がw」と感じさせます。
年下かつ好感度を見せなければいけないとなると、「俺に惚れんなよ」スイッチが入る。

「他社」は他者のことだと思いますが、完全に武者さんの主観でしかありません。
要はこれも、家康はこのように見られてほしいという、武者さん自身の「願望」なのでしょう。

しかし、千姫相手にそのスイッチを入れてしまうと、とてつもなく恐ろしいことになります。
この二人の場面は、祖父と孫娘には見えない。不気味な下心のあるおじさんと少女に見えてしまいました。
怖すぎます。

どこをどう見たらそのように見えるのか、皆目不明です。
私の場合、家康が千姫に取ってちょっと甘いおじいさんであること、千姫もこのおじじ様を頼っていたいということはわかりますが。

関ヶ原本戦の描写は、どう逆立ちしたって本線がBBC『ウォリアーズ』の圧勝であることは予想通りでした。
まぁ覆せるわけもないし、そこは最初から諦めていました。
しかし、親子の情愛の描き方まで完全敗北とはどうしたことでしょうか。
『ウォリアーズ』では、秀忠遅参のあと、家康は我が子・信康の死を思い出し、秀忠を助命する決意を固めます。そこには揺るぎない親子愛がありました。

この『ウォリアーズ』もここのところかなり紹介されていますが、何か紹介しなければならない理由でもあるのでしょうか。それにこのコラムで内容をきちんと説明するわけでもなく、どのような方法で見られるかも明記されていません。
第一武者さんが一方的に圧勝だ親子愛だと言っても、こちらは全然観ていないのですけど。

あとこの作品、別に関ケ原だけを採り上げているのではないのですけどね。

一方でこちらはどうか。
秀忠をネチネチネチネチ責める家康は、圧倒的なパワハラ感があって胸が苦しくなりました。
老母にも冷たい。息子には横暴。孫には気持ち悪い。
一体この家康は何を表現したいのか。彼が日本の近世を構築するなんて、冗談でも止めて欲しい。

「秀忠をネチネチネチネチ責める」
言っては何ですが、私にしてみれば武者さんこそが、オンエアされてもいないシーンを持ち出したり、好きな作品を叩き棒にしたりして、この大河を
「ネチネチネチネチ責めて」いるようにしか見えません。
老母にはちゃんと薬湯を煎じていますし、孫は可愛いのでしょうね。
そういう家康なら、日本の近世を構築しても納得が行きます。

家康メインの水色羽織はなんなんですかね。
年齢を踏まえて欲しい。
しかも配色センスが濁っていて、東洋の伝統色とは異なり、とにかくセンスが感じられない。

武者さん、以前日本の伝統色と書いていましたが、東洋の伝統色にシフトしていますね。
そして水色の羽織ですが、あれは藍の薄いやつで、れっきとした伝統色のはずです。
そして年齢を踏まえてほしいとありますが、『葵 徳川三代』の家康は、晩年でも白を着ていますし、

葵徳川三代家康
(『葵 徳川三代』より)

年齢を重ねたから、薄い色を着ていけないという決まりはないでしょう。
まして家康公のような人の場合、着衣が残っているから、それを参考にして作ることもあります。

人物デザインの創作現場から vol.10 ~ 辻ヶ花への道 ~
(『どうする家康』公式サイト)

ただ武者さん、公式サイトを見ているようには見えないのですね。

そして『大奥』の場合、

美を作り上げるためにここまで気を使うのか。
見ているだけでうっとりしてしまうような凝り方で、カメラで映るとどうなるか、きっちり妥協のない現場の様子が映し出されていました。
ただただ圧倒される。

『大奥』を見ていると、幕末の錦絵が動き出したのではないかと思えます。
原作はモノクロが基本ですので、色彩感覚はドラマで作り上げていくしかない。そうする過程で、当時の色彩感覚や美意識を再現しようとしていることが伝わってきました。

まあこの人の場合要は表裏一体で、好きなものにはこれでもかと賛辞を送る一方で、嫌いなものには、その反動としてあることないことつき交ぜて叩きまくるわけですね。
無論『どうする家康』もまた、当時の色彩感覚や美意識が再現されているわけですが、武者さんにはそれが見えていないのだろうと思われます。

その美術部トップは『麒麟がくる』と同じ大原拓さんとのこと。
◆「麒麟がくる」チーフ監督が語る“カラフル大河”の裏側 衣装はサッカー代表も参考に 光秀はフランス?(→link)
納得です。あの作品は衣装に五行説を取り入れていて、とにかく画面そのものが美しかった。

その大原拓氏、美術部トップというかチーフディレクターでしょうか。
そして五行説(五行思想)なら、『どうする家康』衣装デザインの柘植氏がこれに言及しています。武者さんが好きな作品だけではないということです。

古代中国で生まれた自然哲学の思想で、万物を形づくっているのは5種類の元素「木・火・土・金・水」だという考え方だそうです。それぞれに「青(緑)・赤・黄・白・黒(紫)」の5色が当てられているんですね。五色幕など日本文化にも影響の片りんがあります。今回は、特に五行思想にのっとって色彩構成をしているわけではありませんが、家康と彼を取り囲む戦国大名たちに対して、カラーチャートを作って色を振り分けて分類しようとすると、自然とその5色が意識されているかのように見えるので不思議です。

人物デザインの創作現場から vol.1 ~ 家康ブルーに込めた思い ~
(『どうする家康』公式サイト)

「衣装が色鮮やかすぎる」とクレームが入りましたが、再現性へのこだわりが理解されないか、ピーキー過ぎたのでしょう。
センスが尖り過ぎていただけで、序盤に修正するとすぐに批判は止んでいます。

実際放送開始から1か月ほど経っても、「今回の大河ドラマの衣装は、昭和に登場した化学染料の色」というコメントもありましたし、10月頃まではあれはおかしいという指摘もありましたね。そして身分が高い人ならまだしも、庶民レベルであの色遣いはちょっと抵抗がありました。

そして武者さん、「ピーキー」て、他人のこと言えないと思いますよ。
これ「限られたワードや事象に対して、過剰に反応し、テンションが高くなる」意味ですよね?

そして美しさはますます磨きがかかってゆきました。
役者の美貌だけではなく、それをさらに輝かせる工夫が随所にあり、あの美は、大原さんがいてこそなのかと納得。
眼福とは、まさに彼の作り上げた映像を見ているときのためにある言葉でしょう。

ちなみに大原氏は、武者さんが嫌いな『軍師官兵衛』でもディレクターを務めていますが、もちろん『軍師官兵衛』の映像も、貴方に取っては眼福なのですね?
岡田准一さんの素襖姿を置いておきます。

軍師官兵衛素襖
(『軍師官兵衛』より)

『どうする家康』の衣装や美術とは、比べることすら失礼かもしれません。本作の合戦シーンでは「兜に照明が入り込んでそのまま流す」なんてことがまかり通っていて、美醜以前の問題と思えます。

「兜に照明が入り込んでいる」の裏付けをお願いします。

衣装のことについて私が意見を申し上げていると、こんな反論も見られました。
「武者は『どうする家康』の衣装を貶すが、『麒麟がくる』だって批判されていたのに、そうしなかった! ダブルスタンダードだ!」
ダブルスタンダードも何も、その発想すら思い浮かびませんでした。
『麒麟がくる』は癖が強いだけで、ずっと美しいと私は感動していました。それが伝わらなかったようで残念です。

「その発想すら思い浮かびませんでした」
自分を守るための否定という心理関係の言葉を、ちょっと思い出しました。
そして
「癖が強いだけ」
先ほども「センスが尖り過ぎていた」とありましたが、そういう部分に抵抗を覚える人もいるでしょう。

そして好きな作品はほめにほめまくるのに、ここからまた『どうする家康』叩き。
つまるところこのコラムの場合、ほめるのも叩くのも、何かおおげさなのですね。

美術へのこだわりが全く感じられない本作。
大坂城でパリピしている場面が入りました。
成長期の秀頼すら同じ、茶々も同じ着物です。『大奥』の貧乏公家より粗末な暮らしでは?

茶々は金と黒がメインの打掛が多いのですが、その時々で違う柄のを羽織っています。そして秀頼が着ている、緑の絹の亀甲文様が入った水干は、幼い頃のとは違いますね。

宴だと言いますが、酒を飲むだけで食卓も映りません。作る手間すら惜しんだのか、あるいはスケジュールが厳しくてスタッフが対応しきれなかったか。

嫌いな作品だと悪い方向に取りたがりますね。
あれは年始の挨拶に訪れた大名たちが、余興として飲みくらべをやっているわけでしょう。そもそもこの当時「食卓」はなくて「膳」ではないかと思いますが。

でこの時に勝った福島正則が褒美を受け取っているわけですが、このシーン、正則が豊臣家にも忠誠を誓っていたことを裏付けてもいます。そして何よりもこれは、かつて茶々が正月に「(家康がいる)西の丸が賑やか」と言ったこと、あれを踏まえているかと思われます。

「打倒家康!」
そんな『戦国BASARA』シリーズじみた掛け声をあげながら、九度山で特訓する真田信繁(真田幸村)って何を考えているのでしょうか。
あれほどまでに家康へ敵意を燃やして叫んでしまったら、周囲にバレバレ。
さっさと真田信之に対して「弟は何を考えてるの? 軍事訓練しているって報告が上がってきているけど」と問い合わせればよいだけの話ですよね。

あの、如何にも武田家式の鍛錬方法ですね。
ただし、あれが家康の想像の範囲内なのか、実際にそうなのかはこの時点では定かではありません。

そして信之に問い合わせるより、こういう流人の目付け役のような人物はいるでしょうから、そちらに訊いた方が早いのではないでしょうか。

真田信之と本多忠勝の必死の助命嘆願を平気で足蹴りにしてしまう信繁。
本作の作り手は『真田丸』すら無視するようで、見ているだけで脳みそが溶けそうです。

まず、こちらでは助命嘆願のシーンはありません。
そして、『真田丸』と必ずしも同じ描き方をしなければならないものでもありません。
自分が好きな作品を叩き棒にするのはもうやめませんか。

さらにまた「脳みそが溶けそう」
この間は脳みそが削られるでした、色々と大変なことで。


飲み物-2つの赤いカクテル
[ 2023/11/24 01:15 ] 大河ドラマ どうする家康 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

TopNTagCloud