fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  今昔物語

胡桃と真田虫と今昔物語集 続き

先日の「胡桃と真田虫と今昔物語集」の続きです。『真田丸』で真田昌幸が肌身離さず持っている胡桃ですが、今昔物語では、寸白(すぱく、サナダムシ)の生まれ変わりという信濃守が、任地で胡桃料理を勧められて居心地悪そうにします。それを見て、もしやこの信濃守は寸白ではないかと誰かが疑い、胡桃をけずって酒に入れたのを飲ませます。すると信濃守は消えてしまったという話ですが、実は胡桃の中でも黒クルミ(ブラック・ウォルナット)には、寄生虫を駆逐するという説もあるようです。黒クルミは日本原産ではなく、長野県を中心に植栽されていますが、日本ではむしろ木材の方が有名です。

また「クルミ 効能」などというキーワードで検索してみると、生活習慣病やメタボを予防するとか、ダイエットにいいといったサイトが沢山ヒットします。実際胡桃は、動脈硬化抑制効果のあるアルファリノレン酸を含んでいて、これが結構体にいいということらしい。そしていくらかお腹にたまりがちなので、食事の前に食べておくとダイエット効果がある由。ただ油や塩を使って加工されているのものは、それなりにカロリーや塩分も多いので気をつけましょうということのようです。 
スポンサーサイト



[ 2016/01/22 00:39 ] 大河ドラマ 真田丸 | TB(-) | CM(0)

胡桃と真田虫と今昔物語集

まず、『真田丸』第2回の視聴率が20.1パーセントで、『八重の桜』以来3年ぶりの20パーセント超えになりました。おめでとうございます。

この『真田丸』の真田昌幸の居室には胡桃があります。『真田太平記』で昌幸を演じた丹波哲郎さんが、常に胡桃をそばに置いていたため、それへのオマージュと取れますが、如何にも山国の豪族真田氏らしい演出です。ちなみに外国の胡桃は殻が固いため、胡桃割りを使わないと割れないらしいのですが、日本のシナノグルミやヒメグルミは手で割れるらしい。シナノグルミは日本にもたらされたペルシャグルミを改良したといわれ、時期的には明治以降ともいわれていて、戦国時代にはまだ無かったようです。

だとすれば、昌幸が常にそばに置いていたのは、既に縄文時代に存在していたオニグルミかヒメグルミと思われます。オニグルミはそれこそ、胡桃割りを使わないと割れないほど硬いようですが、ヒメグルミは比較的簡単に割れるようです。昌幸の胡桃はどちらなのでしょう、もしオニグルミを手で割っていたとすればかなりの怪力といえます。

ところで真田紐というのがあります。平織りの紐で、現在は帯締めなどに利用されていますが、この名の由来の一つに、九度山に蟄居させられていた真田家の人々がこれを作り、堺の商人が真田の紐と称して売ったという説があります。他にも色々な説がありますが、この紐が戦国時代末期に、茶道具を納める桐箱の紐として使われるようになり、甲冑にも用いられたとされることから、真田家発祥というのも何となくうなずけます。

ここでちょっと尾籠な話になりますが、サナダムシという寄生虫がいます。かつては日本人に多い寄生虫といわれていましたが、この名の由来は真田紐に由来しています。つまり真田紐のように平たくて長いというわけです。なぜこのような話を持ち出したかといいますと、『今昔物語集』第二十八巻第三十九話に「寸白信濃守に任じて解け失する語」という話があるからです。

寸白というのはサナダムシのことです。今昔物語集の部隊となった平安時代には、もちろんまだそのような名前はありませんでした。この話は、サナダムシが腹の中にいた女性が産んだ子が、長じて信濃守に任ぜられ、任地に赴くと、料理に胡桃が多用されていました。信濃守はそれを見て気分が悪くなりましたが、国人、つまり地元の人々はそれを見て怪しく思い、酒に胡桃のすりつぶしたのを入れて飲ませたところ、実はサナダムシの生まれ変わりであった信濃守は、たちどころに消えてしまったということです。そこで人々は、胡桃を恐れるので怪しいと思っていたが、やはり寸白であったのかと悟ったわけです。

思わぬところで真田と胡桃の関係があるものです。ところで胡桃といえば、現在はシナノグルミが、その名にたがわず長野県で栽培されていて、特に東御(とうみ)市では日本一の生産量を誇っています。ちなみにここは上田市に隣接していて、正に真田の郷といえる地域です。

飲み物-ラテアート
[ 2016/01/19 01:25 ] 大河ドラマ 真田丸 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud