FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ピーナツ

母の日

5月の第2日曜日は母の日です。この日のスポーツの試合では母をイメージして、部分的にピンクのアイテムを使った競技もありました。ところでこの母の日は、20世紀にアメリカで作られたものです。

1832年に、牧師の娘として生まれたアンナ・マリア・ジャーヴィスは、すべての母親を讃える日の制定を望み、その前身とも言うべき組織を作ったものの、母の日の実現を果たせないまま亡くなり、その遺志は娘のアンナに引き継がれます。1908年5月10日に、すべての母親に感謝する礼拝が、ウエストバージニア州のアンドルーズ・メソジスト監督協会で行われ、この時アンナは母が愛した白いカーネーションを500本教会に贈っています。これがもとで、カーネーションは母の日を象徴する花となり、1914年には国民の記念日となりました。

『ピーナツ』では、女の子たちが一緒に遊びながら、母の日にお母さんに贈ったカードについて話す場面が登場します。彼女たちも工夫して作ったようで、お母さんたちは喜んだと言うその一方で、その日が父の日だったことを思い出します。でもだからと言って、特に何もするようにも見えないのですが…何となく温度差がありますね。ところでアメリカ、そして日本も含めて、この日に母の日を祝う国もある一方で、イギリスでは四旬節(受難節、レント)の第4日曜が、マザリング・サンデーと呼ばれる「母の日」となっています。

飲み物-華やかなティーカップと紅茶
スポンサーサイト



[ 2021/05/10 01:00 ] その他 | TB(-) | CM(0)

『ピーナツ』あれこれ

先日の復活祭の投稿でも触れましたが、ピーナツに関してちょっと書いてみます。

このピーナツとは、登場人物たちが住む村の名前ですが、村と言っても学校を始め、映画館ありショッピングセンターありです。その一方で自然も豊富にあり、冬には結氷する大きな池があり、野球の為のグラウンドももちろんあります。尚、凧を食べてしまう不思議な木も存在しています。凧揚げが得意でないチャーリー・ブラウンは、いつもこの木に凧を狙われているようです。

ピーナツ村の春のシーズンと言えば、復活祭と野球が、最早2大テーマと言っていいほどです。この2つは如何にもアメリカ的です。野球チームの愛称もピーナツで、監督はチャーリー・ブラウンです。実はこのチームは常敗チームなのですが、一度チャーリーが夏休みのキャンプに行っていた時に、初めて試合に勝ったという手紙をライナスから貰って、しょげる様子が描かれています。

ある時は、ピッチャーでもあるチャーリーがマウンドに向かったところ、マウンドがタンポポだらけで、しかもルーシーたち女性外野手がタンポポに触るなと言い出し、当惑する場面がありました-最終的には刈ってしまいましたが。

ところで前出の池に関してですが、ここはペパーミント・パティが冬場にスケートの練習をする池でもあります。彼女はオリンピックのフィギュア代表になりたがっているというのを、ピーナツ関連本で読んだことがありますが、今はどうかはわかりませんが、アメリカで女子フィギュア代表というのは、憧れの的だったのでしょうか。

フィギュアといえば先日、競技自体はさほど興味ないと書いていますが、多少関心のある選手が1名います。しかしこう言ってはファンの方に悪いのですが、男子の場合、そろそろポスト羽生・宇野の時代が来るのではないかとも思っています。

飲み物-コーヒーとチョコレート
[ 2021/04/15 00:30 ] その他 | TB(-) | CM(0)

復活祭

2021年4月4日は復活祭です。クリスマス、ペンテコステと並ぶ3大祝日というのは前にも書きましたが、今も東方教会に属する正教会では、この日を復活大祭として盛大に祝っています。但し西方教会とは異なり、東方教会の復活祭はもう少し後の時期、今年は5月2日となります。

欧米でイースター(英)、オースターン(独)などは、元々は春の祭りの意味があり、さらにフランス語のパックは、ユダヤ教の「過越」の祭りから来ています。日本語の場合は、「復活」をそのまま使っているのでわかりやすいと言えばわかりやすいです。

昔『ピーナツ』の漫画で、スヌーピーがウサギのように耳を立ててイースターバニーに扮し、イースターエッグをヴァンペルト家(ルーシー、ライナス、リランの家)の庭に隠して行くのを読んだ記憶があります。この時は、TVを観ているルーシーを尻目に、ライナスがエッグハンティングを行い、卵をいっぱい抱えて戻って来て、TV観ていたら色々損するねとルーシーに話しかける場面が出て来ます。一方、チャーリーとサリーのブラウン家にもスヌーピーはやって来るのですが、この時は卵がなくなってしまい、私に卵をちょうだいとサリーに言われたスヌーピーはやむを得ず、空のバスケットを彼女の頭に被せてしまいます。

イースターエッグ

[ 2021/04/04 11:15 ] その他 | TB(-) | CM(0)

まんぷくとバレンタイン

まず『まんぷく』関連です。萬平のラーメンが完成し、皆大喜びで早速売り出しの準備を始めます。この朝ドラの放送は、チキンラーメン発売60周年だからとも考えられますが、一部スーパーなどでは、そのチキンラーメンをまんぷく絡みで展開しているようです。流石に朝ドラの影響は大きいものです。それから『シュプール』という女性誌がありますが、2019年3月号の表紙のそれも真ん中に「"まんぷく"春靴ジャーナル77」とあります。試しにこの雑誌の公式HPでチェックしたところ、”まんぷく”感に満ちた春靴ニュースということのようで、別に安藤サクラさんが登場しているわけではなさそうです。しかしこういうキャッチに使われているのですね。

昨日はバレンタインデーでした。この日にチョコレートを贈るのは日本発祥で、某製菓会社が仕掛けたとされています。元々は聖バレンタインの殉教日で、男女の区別なくカードを贈ったり、あるいは男性が女性に贈り物をしたりする習慣がありました。ポーランドでは花を贈る習慣があるようですが、実はこれも花屋さんが仕掛けたのだそうです。『ピーナツ』でチャーリー・ブラウンが、片思いの赤毛の女の子のカードを待ちわびて届かないというのは、この季節のお約束です。バレンタイン自身は司教という伝説がありますが、伝説の域を出ないため、カトリック教会ではこの日を祝日としなくなっています。むしろ俗世間の方で盛り上がっているといえそうです。

飲み物-ホットカフェオレ
[ 2019/02/15 01:00 ] その他 | TB(-) | CM(0)

ハロウィン/Halloween

ハロウィンに関しては、既にカボチャ大王とハロウィンで書いていますが改めて。これはキリスト教の祭ではなく、異教徒であるケルト人の収穫祭で、魔除けのために火を焚いたり、魔除けの木を家畜小屋にあしらったりする習慣がありました。この火を焚くという習慣が、今ではジャック・オー・ランタン、お化けカボチャの提灯に受け継がれています。カボチャが一般化する前は、カブが使われていました。ケルト系の国や地域では、本来の形でのハロウィンが今なお残されています。

キリスト教会は国や教派により、許可するしないを決めています。カトリック教会の場合は、このハロウィンが「諸聖人の日」に吸収される形となりましたが、英語圏をはじめプロテスタント諸派は、この諸聖人の日を祝わないため、ハロウィンが逆に盛り上がるようになっています。(ちなみに同じ10月31日に宗教改革記念日という日があり、こちらはプロテスタント諸派、特にルーテル教会の記念日です)日本の場合は元々ヨーロッパにおけるハロウィンの伝統がないこともあり、コスプレ大会という印象が強くなっています。またお馴染みのトリック・オア・トリートは、本来はクリスマスの時期に行われており、今でも北欧の一部ではその習慣があります。尚前出の投稿に書いていますが、『ピーナツ』のライナスは、カボチャ大王の存在を信じています。

ハロウィン

Halloween is coming. In Japan, Halloween is accepted as the popular culture of the US and regarded as a cosplay event. So the Japanese, especially young people disguise themselves as witch, characters of anime etc. and parade the street on the day. The event is held in Tokyo Disneyland also. Halloween reminds me of the Great Pumpkin. It's the imaginary figure that Linus in "Peanuts" believes in. I have learned the details of Halloween by the comic.

[ 2018/10/25 22:45 ] その他/others | TB(-) | CM(0)

セキュリティと安心毛布

『真田丸』とはあまり関係なさそうなタイトルで恐縮ですが、「安心毛布」とか「ライナスの毛布」という言葉があります。これは『ピーナッツ』で、いつもくちゃくちゃの毛布を引きずって歩いている、ルーシーの弟ライナスに由来しています。

彼にとってこの毛布は心のよりどころであり、毛布がないと途端に元気がなくなります。そんな弟をどうにかしようと、ルーシーが強制的に毛布を取り上げたりしたこともありますし、スヌーピーに至っては、毛布をスポーツジャケットに仕立ててしまったこともあります。実はこの時は、彼が毛布離れするいい機会でもあったのですが、チャーリー・ブラウンが責任を感じて、新しい毛布を与えたため、元の木阿弥になってしまいました。

さて第23回は、小田原征伐ということもあって、上杉主従が久々に登場した回でもありました。この上杉家においては、行政全般のみならず、安全管理、いわばセキュリティも直江兼続に一任されているようで、そのため兼続はネット上では「セコム」の異名でも親しまれています。真田信繁に対しても、景勝は扱いが穏やかで、しかもかなり心を開くのに対し、兼続はこの真田の倅を、どこか冷ややかな目で見ています。

同時にこの兼続は、お屋形様である景勝にとっては、このうえなく頼れる相手、家臣中の家臣でもあり、むしろ兼続がいないと困る部分もあるようです。彼はセキュリティの要であると同時に、お屋形様にとっては安心毛布なのかもしれません。無論上杉家のみならず、徳川家康にとっての爪噛みとか、真田昌幸にとっての胡桃などもある意味そうであるように見えます。そういえば家康の爪噛み、復活させてほしいです。

一方でライナスは、この毛布を武器のように使って木の枝を折ったりしていますし、毛布そのものが意志のある人間のように、何かと口を挟むルーシーめがけて襲いかかったりもしています。つまるところ安心毛布は、自分を守ってくれる存在という意味では、セキュリティの要であるともいえそうです。それを考えると、家康にとってのダブル本多も一種の安心毛布といえるのかもしれません。しかし真田昌幸の場合に限り、息子や家臣がいるものの、自分自身がセキュリティの要であるように見えて仕方ありません。

飲み物-アイスコーヒーブラック
[ 2016/06/16 01:30 ] 大河ドラマ 真田丸 | TB(-) | CM(0)

カボチャ大王とハロウィン

カボチャ大王というのをご存知でしょうか。『ピーナツ』が好きな人なら、あるいは知っているかも。ライナスがその存在を信じて、10月31日、ハロウィンの夜にカボチャ畑で待ちわびる人物?なのですが、ライナス本人も、もちろんそれ以外の人も姿を見たことはありません(スヌーピーがそれであると見間違えた経験はあり)。一度チャーリー・ブラウンの妹サリーをカボチャ畑にまで連れて行ったものの、結局現れず、サリーは「トリック・オア・トリート」ができなかったと言って怒ります。また、生徒会会長の選挙にライナスが立候補し、姉のルーシーが奔走して、どうにか当選確実となった矢先、全校生徒の前で「カボチャ大王」について演説を行い、当選の可能性もふいになって、ルーシーを怒らせてしまいます。

このカボチャで作った提灯(ジャック・オー・ランタン)、今のハロウィンには不可欠なものとなっています。日本ではこの提灯とコスプレが特に有名ですが、これもクリスマス同様、アメリカで出来上がったハロウィンのイメージが輸入されたものです。 元々ハロウィンというのはケルト民族の習慣ともいわれ、この日を境に彼岸と此岸の境目があいまいになり、妖怪や魔物が跋扈する季節となるわけです。このため、ヨーロッパでは秋から冬がお化けが出る季節となっています。いわゆるワイルドハントなどはその代表でしょう。それゆえに、魔物やお化けのコスプレが普及したともいえます。この日は、特にイギリスの各地では家畜小屋などに魔よけの植物を張り巡らし、魔物たちに牛乳が盗まれるのを防ぐという習慣もあります。

日本の場合、ハロウィンもクリスマスも表面的といわれてもいるようですが、元々その土台となる習慣がないところに持ち込まれたのですから、それは致し方ないといえます。クリスマスの場合は教会などで、きちんと礼拝が行われてもいますが。あとハロウィンの翌日にゴミが散らかるのは、どうにかするべきでしょう。そして日本の場合は、先述のワイルドハントに匹敵する「百鬼夜行」があり、この百鬼夜行の妖怪たちに扮して練り歩くイベントもあるようです。これこそ日本版ハロウィンなのではないかと思いますし、これは『応天の門』の鬼の伝説(菅三殿=道真君が解明してしまいましたが)ともつながって来ます。尚、日本の民間伝承とケルト民族、特にスコットランドやアイルランドのそれは共通する点も多く、ケルト神話の中には「こぶとり爺さん」そっくりな物もあります。 

ハロウィン
[ 2015/10/23 00:25 ] その他 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud