fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  キリスト教

ハロウィンあれやこれや

早いものでと申しましょうか、ハロウィンまであと10日ちょっとです。尚このブログでは、一部ハロウィーン表記もあります。所謂表記ゆれというやつなので、見つけ次第修正しておこうと思います。

この時期になると、ほぼ毎年のように書いているテーマですが、このハロウィンは元々ケルトの祭りで、この翌日から新年が始まると同時に、妖怪や魔物の類が人間の世界にやって来て、跳梁跋扈すると言われています。今のハロウィン関連コスプレで、お化けや魔女のコスプレが多いのも、元々はこの祭りのこういう性格が関係しています。この頃からクリスマスの時期辺りが、欧米では怪談の多い時期でもあります。

日本ではなぜか欧米の祭り=キリスト教徒の祭りと考えられちですが、ハロウィンはキリスト教が普及する前に、ケルト民族の間で行われていた祭りです。従ってクリスマスや復活祭とは異なり、キリスト教とは何の関係もなく、寧ろ邪教の祭りとして忌み嫌う教派もあります。尚この翌日は死者の日(万霊節)で、こちらはキリスト教の祭日です。

無論このハロウィンに関する怪談、都市伝説などもあります。例えばお化け提灯、ジャック・オー・ランタンのモデルになった人物は、生きている時に悪さばかりして、あまつさえ悪魔を騙してしまい、死んだ後天国にも行けず、地獄からも締め出しを食らったことから、ランタンに火を入れて、夜道をさまよい続けることになったと言われています。

もちろん『ピーナツ』で、カボチャ大王の存在を信じるライナスが、自らカボチャ畑に行くのもこのハロウィンです。一度チャーリー・ブラウンの妹サリーを連れて行った時、結局カボチャ大王が現れなかったことから、「トリック・オア・トリート」ができなかったと言って、サリーがひどく怒ってしまいます。

『ゲゲゲの鬼太郎』のEDテーマ『あるわけないのその奥に』では、お化け屋敷に迷い込む子供たちが登場しますが、何となくこのハロウィンを思わせる雰囲気があるので、その内リンクを貼ろうかと考えています。ただ鬼太郎のEDでは、枠内にまとめる意味もあり、タイトルの「あるわけないのその奥に」ではなく、その前の「そこのけのけもののけが通る」の部分が、終盤に来ています。しかしこのフレーズも、和製ハロウィンと呼ぶべき百鬼夜行の雰囲気がありますね。


飲み物-アイリッシュコーヒー

スポンサーサイト



[ 2021/10/20 01:15 ] その他 | TB(-) | CM(0)

気づいたことあれこれ 29

先日声優について書いていますが、先週土曜日から『ルパン三世』の新しいシリーズが始まっています。この中の次元は、最初は小林清志さん、その後は大塚明夫さんが演じています。ルパンの声優もこれですべて変わったわけですが、この人は『ゲゲゲの鬼太郎』第6期のぬらりひょんの声も担当していますね。
実は大塚さんのお父様の周夫さんも『ぬらりひょんの孫』というアニメ及びVOMICで、このぬらりひょんを演じていますし、初期の鬼太郎ではねずみ男も演じています。周夫さんは脇役ながらドラマ出演も多かったようですが、息子さんの方はそうでもなさそうです。ただ『麒麟がくる』の第1回に登場していましたね。

少し前になりますが、作曲家のすぎやまこういち氏が亡くなられました。ご冥福をお祈りします。保守系の論客(主張には賛同できない部分もありましたが)でもあり、歌謡曲の作曲でも有名な方ですが、何と言っても『ドラゴンクエスト』の音楽担当として知っているという人も多いでしょう。今年、1年遅れで開催された東京オリンピックの選手入場の音楽でもありました。

そのすぎやま氏とほぼ同年代である眞鍋叔郎氏の、ノーベル賞受賞が決まりました。現在プリンストン大学で研究を続けているこの眞鍋氏ですが、プリンストン大学と聞くと、大学生の頃、母校でここのグリークラブが公演をしたような記憶があります-うろ覚えですみません。
それから『あしながおじさん』で、主人公のジルーシャ(ジュディ)の友人であるサリー・マクブライドのお兄さんが、ここの学生という設定になっていました。このサリーは、マクブライドという苗字からもわかるように、スコットランドにルーツを持っていますが、プリンストン大学もプロテスタント諸派の長老派(スコットランドの国教)であり、それを考えると納得が行きます。
あと、これは少々お堅い話ですが、ノーベル賞関連になると、日本の研究者の待遇を云々する声がネットでも湧き起こります。そんな中JST(科学技術振興機構)サイトに、次世代研究者挑戦的研究プロジェクト(A日程)の採択プログラムがアップされていたので、興味のある方はどうぞ。流石に国立大が多いのですが、もちろん公立や私立も何校か入っています。


飲み物-アイスコーヒーとストロー


[ 2021/10/12 00:45 ] その他 | TB(-) | CM(0)

聖ミカエル祭

日本ではお彼岸が明けましたが、キリスト教世界では、9月29日に聖ミカエル祭を迎えます。聖ミカエル、大天使ミカエルは、サタンと戦った天軍の総帥であり、この時のサタンの仲間には、堕天使ルシファーも含まれています。またキリスト教(基本的に、聖人崇拝を認めていないプロテスタント諸派以外の教派)のみならず、ユダヤ教やイスラム教でも守護者的な立ち位置となっています。

このミカエルという名は英語ではマイケル、フランス語ではミシェルとなります。かのモン・サン・ミシェルは、聖ミカエルの山の意味で、この聖ミカエルにちなんだ聖堂が建てられたのが、後に修道院となっています。

元々は収穫を祝う日でもあり、この日には、イギリスではガチョウのローストを食べる習慣があります。その他にも、この日までにブラックベリーを摘んでしまわなければならないという言い伝えもあります、また生姜を食べる日でもあります。

しかし、キリスト教の祭日でガチョウというと、やはり思い出すのは聖マルチノの日です。そもそも聖マルチノの日にガチョウを食べるのは、聖マルチノが、トゥールの司教の就任を避けるため身を潜めていたのを、ガチョウの鳴き声で見つかったからだとされています。いずれにしてもこの季節、脂が載ったガチョウはかなりの美味でしょう。

一方で、聖マルチノの日と同じ11月にあるアメリカの感謝祭、この時はターキー(七面鳥)が食卓に上ります。とはいえ、クリスマスもターキーであることが多く、感謝祭とクリスマス、どちらにターキーを持ってくるかで悩むこともあるようです。

飲み物-黄金色のビール

[ 2021/09/27 00:30 ] その他 | TB(-) | CM(0)

『アンという名の少女』の改変

1年ほど前になりますが、『アンという名の少女』という作品について書いたことがあります。と言っても作品そのものではなく、かつて『赤毛のアン』の翻訳を手掛けたことがある松本侑子氏のツイートに、これには宗教の存在が感じられないという指摘があった点についてです。

このツイートでは、
『赤毛のアン』は、紛れもなく隣人愛をテーマとするキリスト教的作品である
孤児であるアンへの愛(アガペー)により、マシューとマリラもまた救われる
という点が主に指摘されていました。この場合のキリスト教というのは、マシューとマリラがスコットランド系であることを受け、プロテスタント諸派の中でも、スコットランドで特に信仰されている長老派(長老改革派)という設定です。

実はつい最近、この作品の再放送をやっていたので少しだけ観たのですが、やはりと言うか、宗教の存在はあまり感じられませんでした。しかも原作がかなり改変されており、アンはダイアナ以外の子からはいじめられるし、またマリラは、進歩的な母親の会への入会を勧められたりもしています。また養女となったアンは、あっさりシャーリーという苗字を捨ててしまってもいます。

何と言うか、本来よくも悪くも、キリスト教というバックボーンがあって成り立つべき欧米文学が、時代、それも所謂ポリコレに合わせる格好で、かなり方向転換をしてしまい、多少無理が感じられるような設定になったと思われます。ちなみにアンを始め出演者は、正に原作のイメージであったと言っておきます。

ところで宗教に関してですが、作者のルーシー・モード・モンゴメリは、『赤毛のアン』を発表した後、牧師と結婚することになります。この『赤毛のアン』にも新任の牧師とその夫人が出て来ますが、牧師さんの奥さんというのは、模範となるべき女性ととらえられていたふしがあります。前出松本氏によると、そのせいか第一作のアンのはつらつとした印象はその後影を潜め、平凡な妻になって行ったと指摘しています。実は私もシリーズをすべて読んではいないのですが、その変化を読み取るのも興味深いものがありそうです。


飲み物-アイスコーヒー
[ 2021/09/01 00:15 ] その他 | TB(-) | CM(0)

聖母被昇天日と『黄金の日日』

8月15日にアンコール放送された『黄金の日日』、サブタイトルは「聖母昇天」でした。実は、この8月15日というのは、実際に聖母マリアが昇天したとされる日です。

8月15日と言えば、日本人としては終戦記念日であったり、お盆の送り火であったりするものです。鎮魂、追悼または喪といった意味合いが、そこには込められています。さらにキリスト教では、聖母の死を記念する日として、特に正教会やカトリックの祭日です。

しかしながら、聖母マリアの場合は、正確には「昇天」ではなく「被昇天」です。これはなぜかと言うと、イエス・キリストの力による昇天であるためです。一部の聖公会やルター派の教会でも、この祭日を記念していますが、これらの教会では被昇天の教義は認めていません。

またこの日は、イエズス会の宣教師であるフランシスコ・ザビエルが鹿児島に上陸した日でもあったことから、ザビエルは日本をマリアに「奉献」したと言われています。

『黄金の日日』の場合は、全くの偶然と言うべきかも知れません。このアンコール放送は4月から始まっているので、15日がたまたまこの回の放送となったわけですが、元々の放送カレンダーは1月からのため、もっと早い時期に放送されているはずですので。

飲み物-ワインとワイングラス
[ 2021/08/16 01:15 ] その他 | TB(-) | CM(0)

夏至そして洗礼者聖ヨハネの誕生日

夏至ですね。1年のうちで一番日照時間が長い時期です。

この夏至の時期のキリスト教の祝日として、洗礼者ヨハネの誕生日というのがあります。この人物、バプテスマのヨハネという呼び方もありますが、イエス・キリストに洗礼を施した人物であり、6月24日が誕生日とされています。つまり、冬至の時期に当たるイエスの誕生日(クリスマス)とちょうど半年ずれるわけです。

この24日は国、あるいは自治体レベルで法定休日となっている所も多く、北欧では花や葉で飾られた柱が立てられて、踊りながら夏至を祝います。かがり火が焚かれたり、花火が打ち上げられたりもします。尚この手の祭りですが、今年は行われている国もあるようです。またこの夏至は、妖精や魔女たちが姿を現わして人間と交流する時期とされています。

実は誕生日が聖日となっている人物は限られています。この洗礼者ヨハネ、聖母マリア、そしてイエス・キリストのみです。(マリアの誕生日は9月8日)通常聖人は、殉教日が聖日となっており、この3名が如何に特別な存在であるのかが、これからも窺えます。

さてこの時期、夏のスポーツであるロードレースの中でも特に有名な、ツール・ド・フランスが開幕します。今年は26日開幕ですが、同じ日にブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズの試合が行われます。高緯度地方のスコットランド、試合が終わっても尚明るい時間帯なのでしょうね。

飲み物-ウィルトシャービール

[ 2021/06/22 00:15 ] その他 | TB(-) | CM(0)

教派と聖日と海外ドラマ

少し前に『マスター・アンド・コマンダー』で、カトリックと聖公会に関する違いについて書いていますが、この両者には共通点もあります。まず儀式が多い、さらに聖日を重んじる辺りは似ていると言っていいでしょう。プロテスタント諸派になると、聖日を祝うことはそうありません。ただしクリスマス、復活祭そしてペンテコステはどの教派でも大抵祝います。

ところで、キリスト教の聖日は、日本でいう二十四節気とだぶることがよくあります。実はイエス・キリストも元々は夏の生まれであったのに、冬至の頃に聖日が設定されてしまったと言われており、古くからの土着の行事と、聖日が近い例はこれだけにとどまりません。

まず、二十四節気で言う「立〇」の場合ですが、

立春-聖燭祭(2月2日)
立夏-メーデー(五月祭そして労働者聖ヨセフの日、5月1日)
立秋-収穫記念日(聖ペトロの鎖記念日、8月1日)
立冬-諸聖人の日(11月1日)またはハロウィン(10月31日)
(ただしハロウィンはキリスト教の記念日ではありません)

そして春分または秋分、夏至または冬至に該当するのが
春分-マリアの受胎告知の日
夏至-洗礼者聖ヨハネの日
秋分-大天使ミカエルの日
冬至-クリスマス

尚元旦は「主の命名日」または「神の母聖マリアの日」となっています。

それから少し前に、『アンという名の少女』について書いた時、今時の風潮として、宗教色があまり感じられなくなっているとの指摘があったことに触れています。しかし欧米の文学やドラマは、少なからずキリスト教の影響を受けており、元々の『赤毛のアン』も、長老派教会の影響を強く受けているため、あまり否定するのもどうかと思われます。

ちなみに長老派協会は、質素を旨としており、牧師さんも普通のスーツ姿であったりします。文学ついでに、アガサ・クリスティのミス・マープルシリーズの教会は聖公会ですが、ブラウン神父シリーズはカトリックです。

飲み物-赤ワイン

[ 2021/05/29 00:45 ] その他 | TB(-) | CM(0)

気づいたことあれこれ 24 イギリス海軍作品その続き

先日投稿した分の続きです。久々に『マスター・アンド・コマンダー』と、『ホーンブロワー 海の勇者』について書いたのでもう少し。前者はラッセル・クロウ主演の映画ですが、このマスター・アンド・コマンダーというのは、イギリス海軍の階級の1つで、映画自体はナポレオン戦争が舞台となっています。

この作品で描かれる軍艦での日常-海戦とそれによる犠牲者、私掠戦の拿捕と、それを行うための船の偽装、軍医マチュリンがガラパゴス諸島で、様々な動植物を採集したり、また自分の負傷を自ら手術するシーンなどなど、如何にもこの当時らしさが窺えます。あとこのマチュリン先生はアイルランド系でカトリックであり、戦死者を水葬する時の、聖公会及びプロテスタント諸派の「主の祈り」を唱えないなどのシーンも出て来ます。この辺は如何にもイギリスというか、当時の大英帝国らしさを感じさせます。

一方『ホーンブロワー』ですが、こちらも時代的にはほぼ同じです。全8話のドラマであるため、その時々でテーマが異なります。私が特に好きなのは、この前の投稿の第2話そして第5話です。ちなみにこの第5話と第6話は、軍法会議をテーマに一続きになっています。

第5話では、ホレイショが配属された艦の艦長が疑心暗鬼にかられ、おかしな行動を取るため、彼を始め海尉たちがそれを止めようとして、その結果艦長が負傷してしまいます。軍律違反ということで、結局その後軍法会議が開かれるのですが、この時は罰せられそうになったホレイショに代わって、重症のため余命いくばくもない親友アーチ―が、自ら罪をかぶります。

他にも第1話で所謂矯正徴募が出て来たり(尤も、いたずらに誰もかれもを連れて行ったわけではなさそうです)、ホレイショが制服をあつらえるものの、予算オーバーで靴の飾りを銀でなく銀メッキにしたり、戦争が終わって宿屋暮らしを続けていた時に、お金に困って剣を質入れしたりと、その当時の海軍士官の様々な面が出て来ます。無論これ以外にも海軍関係は色々な作品があり、観終わり次第こちらで紹介できたらと思います。


飲み物-お洒落なランプとウイスキーグラス



[ 2021/05/25 00:45 ] その他 | TB(-) | CM(0)

母の日

5月の第2日曜日は母の日です。この日のスポーツの試合では母をイメージして、部分的にピンクのアイテムを使った競技もありました。ところでこの母の日は、20世紀にアメリカで作られたものです。

1832年に、牧師の娘として生まれたアンナ・マリア・ジャーヴィスは、すべての母親を讃える日の制定を望み、その前身とも言うべき組織を作ったものの、母の日の実現を果たせないまま亡くなり、その遺志は娘のアンナに引き継がれます。1908年5月10日に、すべての母親に感謝する礼拝が、ウエストバージニア州のアンドルーズ・メソジスト監督協会で行われ、この時アンナは母が愛した白いカーネーションを500本教会に贈っています。これがもとで、カーネーションは母の日を象徴する花となり、1914年には国民の記念日となりました。

『ピーナツ』では、女の子たちが一緒に遊びながら、母の日にお母さんに贈ったカードについて話す場面が登場します。彼女たちも工夫して作ったようで、お母さんたちは喜んだと言うその一方で、その日が父の日だったことを思い出します。でもだからと言って、特に何もするようにも見えないのですが…何となく温度差がありますね。ところでアメリカ、そして日本も含めて、この日に母の日を祝う国もある一方で、イギリスでは四旬節(受難節、レント)の第4日曜が、マザリング・サンデーと呼ばれる「母の日」となっています。

飲み物-華やかなティーカップと紅茶
[ 2021/05/10 01:00 ] その他 | TB(-) | CM(0)

聖ジョージの日

4月23日は聖ジョージの日です。

元々この聖人ははゲオルキスと呼ばれる騎士で(ジョージはゲオルキスの英語読み)、ローマ帝国の軍人であると同時に、かなり敬虔なキリスト教信者でもあったようです。後にこの人物は迫害され、殉教後に後聖人となり、十字軍を勝利に導いたとされています。

しかしこの聖人で最も有名な伝説といえば、何と言っても竜退治でしょう。リビアの王がキリスト教に改宗することへの交換条件として、この地を苦しめていた竜を退治し、生贄となりかけた王女を救ったという話です。この伝説は、ゲオルキスが白馬に跨り、竜を踏み敷く姿で表現されることが多いです。

このゲオルキス、聖ジョージといえばイングランドをはじめ、カナダやギリシャ、ジョージア、ポルトガルなどの守護聖人でもあります。特にイングランド「国旗」は、白地に赤い十字のセントジョージ旗で、ラグビーやサッカーなどで、イングランド代表の応援にも使われています。またブルガリアでは、ユリウス暦のこの日はお休みで、川で水浴びをする習慣があります。

一方我が国では、この日はサン・ジョルディ(セント・ジョージのスペイン語読み)の日ですが、シェークスピアとセルバンテスの命日であることから、日本書籍商組合と日本生花商協会が考え出したものです。今では「子ども読書の日」にもなっています。

飲み物-華やかなティーカップと紅茶
[ 2021/04/23 00:30 ] その他 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud