fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  アニメ

『はたらく細胞フレンド』第1巻その1

先日に引き続き、今回はキラーT細胞班長のプライベートの行動を主に描いた、『はたらく細胞フレンド』第1巻の内容について。

<おひとりさま>
元々小心であるのに、職業柄強面な雰囲気のキラーT細胞の班長彼は、免疫細胞として立派に仕事をこなすものの、そのキャラゆえになかなか友人を作れず、一人でカラオケを楽しむ。そんなある日、自分への新年会招待メッセージが来て大喜びするが、その後取り消されて落ち込んでしまう。さらにその後風呂で髪を染めている途中で、ウイルスが侵入したため出動命令が来る。ウイルスに襲われている中には、送信を取り消した部下や、カラオケであわやすれ違いそうになった一般細胞もいた。皆都合のいい時だけ自分を頼りやがってと思いはするものの、彼らのためにもウイルスを根絶した班長に、部下たちが新年会でなく、班長会を開いてもっと話を聞きたいと言って来る。思わず彼の口元がほころぶ。

<鍋パ>
他の細胞たちが、鍋パーティーについて話しているのに班長は気づくが、仲間に入れてくれとなかなか言えない。所詮自分はダークヒーローと割り切るが、それにしても部下たちや他の細胞が自分を敬遠しているのが気になる。実は彼らは、その班長のためにサプライズパーティーを計画していたのだった。当日とある店で鍋パーティーが行われ、彼自身をかたどったケーキまであり、しかもバカンス中だったヘルパーT細胞からのお土産も届いていた。ただその翌日部下たちが、一般細胞たちが話題にしているアプリになんか、班長は興味ないよと言うのを聞いて愕然とする。実は彼も、それをちゃんとスマホに入れていたのだが、自分もそれを入れているよの一言が言えなかったのである。

<ランサムウエア>
班長はスマホを落としてしまい、ホーム画面や保存画像を見られないかひどく気にする。そのスマホをうっかり踏んでしまった赤血球が、彼の部下からの電話に出たため、女性の声を聞いた部下たちは、彼が恋人と一緒にいると思い込む。その頃赤血球は白血球に、班長にスマホを渡してくれと頼んでいた。その後再び部下からの電話がかかり、今度はスマホを預かった白血球が出たため、班長-恋人-白血球の三角関係かと部下たちは誤解する。折悪しく体内に細菌が侵入し、白血球が出動の際にスマホを落としてしまう。あろうことかその菌がスマホを拾って、ランサムウエアが作動するぞと班長を脅すが、彼は何のことやらわからず、逆に菌をやっつけてしまう。やっとスマホが戻ってくるが、三角関係だと思い込んでいる部下たちに対し、彼は「(細菌を)殺しちまったよ」と言う。この一言で、部下たちは班長が恋人を殺したのかと思い込み、しかも彼と白血球が一緒に歩いていたため、その後しばらくあらぬ噂が流れた。

<お花見>
班長は赤血球から花見に誘われるが、花粉症持ちだった。あれこれ迷った末に行く約束をしてしまうが、
*赤血球お手製の激辛フライドチキン
*アイスクリーム
の両方が花粉症にはよくないため、ヘルパーT細胞が持参した甜茶をほしがり赤血球を驚かせる。しかし結局周囲から(花粉症によくない)ビールを勧められ、しかもビールで酔っ払った赤血球が、こともあろうにスギ花粉のアレルゲンを連れて来てしまい、彼はこれを何とか退治する。退治し終えたものの、服に花粉がついたのに耐えられず、眠ってしまった赤血球に上着をかけてその場を立ち去るが、これがもとで、赤血球に好意を持たれてしまう。

一応1巻につき8編あるのですが、すべてを紹介すると長くなるので、まず前半のみです。

実はこの班長のキャラ、私は割と好きです。一見怖そうで近寄りがたい雰囲気なのですが、実は気が小さく、友達を欲しがっているものの、素直にそれが出せずいささか割を食っている感もあります。あれこれ、一人で悩むタイプなのでしょう。しかしその悩みが実は大したものでなかったり、意外なところで好意を持たれたりもしているのですが…。無論、彼が望むような好意の持たれ方とはまた違うのかも知れません。

しかしキラーT細胞といえば、やはり免疫細胞を代表する細胞の一つで、かのips細胞とも関連があります。白血球が細菌類を退治するのに比べ、ウイルス感染した細胞を退治することが多いのですが、このウイルスは自前の細胞を持たず、宿主の細胞を次々感染させるのでかなり厄介です。原作やアニメでも、一般細胞たちが次々と襲われて感染させられてしまっていますね。そう言えば風邪症候群の回で、ライノウイルスと一緒に他の細胞に悪戯をしていたものの、自分も感染させられそうになった一般細胞君は、あの後ひどく叱られたようです。


飲み物-アイスコーヒー

[ 2021/04/21 23:45 ] 漫画・アニメ | TB(-) | CM(0)

大河ドラマ雑考-52(今後の大河の時代設定に関して)

三谷幸喜氏の大河について何度か投稿して来ました。過去の2作品は、三谷さんらしいなと思われる展開もある反面、大河ドラマとして観た場合にもどかしく感じる、あるいは物足りなさを覚えると言う点も往々にしてあるものです。特に来年は今までの路線とは違い、所謂敗者が主人公にならない分、これまでとは異なったアプローチを求められそうです。

また敗者が去った後の新しい時代が描かれないのは、それはそれで潔くもありますが、その後の時代に彼らがどう評価され、あるいは彼らが残した物を、誰がどのように受け止めたのか、それもまたあっていいかとも思われます。実際『新選組!』で描かれなかった分は、『八重の桜』で補完したようなものです。

ところで今後の大河は

2021年-幕末~明治(大正以降がどの位描かれるのか現時点では不明)
2022年-平安~鎌倉
2023年-戦国~江戸初期

このような時代設定になっています。
仮にこの先も大河を制作すると考えた場合、2024年はどの時代が舞台になるのでしょうか。

2年連続でもし戦国大河を作るのであれば、かつての『毛利元就』のように、三英傑が登場せず、しかも時代的に戦国初期から中期辺りの設定になると思われます。たとえば、応仁の乱から戦国初期→前期を舞台に伊勢宗瑞(北条早雲)を描くというやり方もあるかも知れません。ただお馴染みの顔があまり出て来ないと、数字の点では厳しくなりそうです。

そうでなければ幕末物でしょうか。しかしあまり戦国と幕末のヘビーローテーションだと、視聴者離れ-というか、若年層の多くは既に地上波を離れていると思われます-を起こすでしょう。とは言うものの今の時代、江戸時代である赤穂義士物や、戦国期でも三英傑の比重が大きくない川中島大河を、1年かけてやる必要があるかどうかは疑問でもあります-無論2クールで描くのならそれもありです。本当はもう一度直江兼続を見たいのですが。

こういった点から考えて行くと、舞台となる時代はかなり狭まって来ているのが現状で、同じ時代で、異なる地域や時期の人物を描くことになりそうです。それを考えると、同時代が複数年続くのもやむなしでしょうか。

それとこれも何度か言っていますが、スポンサーを付けることも検討するべきでしょう。受信料だけで賄おうとすると、とてつもない金額になりますし、何より大河という娯楽作品がそもそも公共放送に必要なのかどうか、考えてみてほしいものです。大河は他の時代劇と違うとNHKは言いたいのかも知れませんが、最終的にはこれはやはり娯楽作品です。

その一方で、女性主人公の大河が姿を消したことについては、私は評価しています。どう考えても、1年をかけて描くだけの内容ではなかった物もありますし、知名度も功績もある男性主人公と無名に近い女性主人公、それぞれの作品を一年交代で制作するのはやはり無理があったと思います。それにしても、どうして隔年にしたのでしょうね。

ところで大河とは関係ありませんが、現在読んでいる『はたらく細胞フレンド』及び『はたらく細胞』本編、さらに『はたらく細胞BLACK』、今後折に触れて投稿してみようかと思います。しかしこのブログは元々ホームズブログなのに、ホームズ関連がやけに少なくなっています。多少の関連性があるという点で、コナン絡みの投稿も考えています。
(しかし三谷さん、パペットホームズの第2弾書いていただけないでしょうか…)


飲み物-白いカップの紅茶

[ 2021/04/20 00:00 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)

ワクチンとキラーT細胞と『はたらく細胞フレンド』

とあるツイに「キラーT細胞」のタグがあるのを偶然見つけました。新型コロナウイルスのワクチン絡みで、数日前にこの言葉がトレンドに入ったらしいのですが、このキラーT細胞は免疫細胞で、白血球の一種です-と言うか、『はたらく細胞』を観て、あるいは読んでいる方なら当然ご存知でしょう。

この作品中では強面で鬼軍曹的な班長と、彼に率いられる殺し屋(キラー)集団という設定で描かれています。白血球(好中球)やNK(ナチュラルキラー)細胞などの、自分で抗原を発見して退治する細胞とは異なり、彼らは出動命令がないと動けません。出動命令を出すのはヘルパーT細胞ですが、このヘルパーT細胞は、樹状細胞から抗原を提示されて初めて命令を下します。つまり指揮系統のトップが樹状細胞、そして司令官ヘルパーT細胞、さらに実動隊のキラーT細胞となるわけです。白血球即ち好中球というイメージがありますが、これらのT細胞や抗体を作る係であるB細胞、好酸球、好塩基球や単球、好塩基球等はすべて白血球に含まれます。

本編の『はたらく細胞』では彼らの活躍が登場しますが、スピンオフの『はたらく細胞フレンド』になると、班長のプライベートな面や胸腺学校時代のこと、ヘルパーT細胞や彼の秘書的存在である制御性T細胞、さらに白血球との関係が描かれて行きます。ネタバレになりますが、一人カラオケしていたり、髪の毛は実は染めていたり、花粉症持ちだったり、乳酸菌の着ぐるみ姿で焼きそばを作ったり、胸腺学校時代は茶道部だったりと、ちょっと意外でなおかつ憎めない人物であることを窺わせるエピソードも出て来ます。物語が進むに連れて、白血球と一緒に旅行までするようになるのですが、最終巻(今年の夏発売予定)ではさてどうなるのでしょうか。


飲み物-お洒落なランプとウイスキーグラス
[ 2021/04/18 00:00 ] その他 | TB(-) | CM(0)

コナンとホームズとアニメ作品

『名探偵コナン』の劇場版が16日金曜日に公開ですね。タイトルは『緋色の弾丸』で、オリンピックを目前に控えた東京で、次々と企業のトップの拉致事件が起こるという異常事態となり、過去にアメリカで起きた事件との関連性があるようです。ちなみに「オリンピック」という名称は使えまないため、大会名はWSG(ワールド・スポーツ・ゲームズ)となっています。以前『相棒』の劇場版で、オリンピックのメダリストのパレードが行われるという設定のがありましたが、この時ももちろんオリンピックではなく、「世界スポーツ大会」となっていました。

しかし何かしらホームズと関連する作品で「緋色」というと、やはりあの『緋色の研究』を思い出します。それと同時に、結局制作されなかった、グラナダ版ホームズの『緋色の研究』を思い出してしまいます。あのシリーズに物足りない点があるとすれば、この作品が映像化されなかったことでしょう。尚BBC版では「ピンク色」となっています。また『相棒』の「ストレイシープ」(2015年正月スペシャル)に登場する飛城雄一が、このなかのジェファーソン・ホープのように、動脈瘤であることを新井亮一に告げ、彼が練炭自殺した後は、新井が飛城を名乗っていました。

あと『エレメンタリー』を全巻観ようと思いつつ、まだ一部しか観ていません。そもそもこの作品は、ホームズが薬物依存でアメリカに行かされてしまい、元心臓外科医で「付添人」であるジョーン・ワトソンと同居することになります。ジョーンという名からわかるように女性で中国系であり、それまでのホームズ路線といささか趣を異にしています。そういえば、ホームズ、ワトソン、レストレードの3名がすべて女性という作品もありましたね。彼女も最終的には探偵となり、さらにイギリスに住むようになります。

しかし『エレメンタリー』は、あくまでもアメリカのドラマではあります。かの国の刑事ドラマシリーズに見られる独特の雰囲気、展開をこの作品も持ち合わせていると言っていいでしょう。たとえば『ミス・シャーロック』が基本的に日本のドラマであるように。こちらは主役の2人が女性で、それが新鮮ではありました。この作品も、パペットホームズ同様続編があればと思うのですが、何せ主演の竹内結子さんが亡くなられたこともあり、キャスティングのやり直しが難しいのかも知れません。

実は私はコナンをあまり観ている方ではないので、この作品についての詳しいことは、さほど知らないと言っていいでしょう。今からでもDVDを観ようかなとも考えています。尚少し前に書いた『はたらく細胞』ですが、こちらは本編とBLACKは、あらかた原作は読み終わって、本編のDVDも観てしまっています。BLACKのDVDをそろそろ観ようかと思いますが、ただもう本編第2期のも出ているのですよね。どうしようかと考えつつ、目下キラーT細胞の班長が主人公の『はたらく細胞フレンド』を読んでいます。しかしあの班長も、見た目と中身のギャップが大きい人物の様です。


飲み物-注がれる紅茶
[ 2021/04/11 12:45 ] その他 | TB(-) | CM(0)

『武将ジャパン』と今年の大河 続き

『武将ジャパン』の、『青天を衝け』第6回のレビューに関しての第2弾です。

木刀で殴り合う道場破りは恐ろしいものがありました。

から始まり、危険だから竹刀が発明されただの、あんな殺人じみた稽古を放送して問題はないのかだの。それでは、戦国大河の戦闘シーンなど、皆アウトになるのではないでしょうか。

そもそも、木刀を使う剣道の稽古というものは存在します。ですからこの場合特に問題はありません。そして当然ですが、指導の人がちゃんと付いていますよね。あと長七郎の前髪についても言及していますが、そこまで髪が邪魔になるようには見えませんでした。

そして美賀君が短刀を振り回すシーン、

あんな短刀の持ち方では相手は死なない。殺意がない。狂言見え見えでどうしたものでしょう。

などと書かれていますが、美賀君はこのシーンで、人を殺すなどとは一言も言っていません。慶喜か徳信院か、あるいはその両者への恨みがあるのはわかりますが。あとあのシーンでの短刀を逆手に持つ方法、人を狙うのは難しいのですが、組み伏せた相手を突くのにはああいう持ち方が有利です(その方が殺傷能力も高いです)。『はたらく細胞』の白血球(好中球)が、ダガーをあんな感じで持っていたと思います。

あとハリスの牛乳に関するセリフ、ここでも出て来ています。先日書いたように、徳川斉昭が牛乳を飲んでいたというエピソードに引っ掛けたという可能性もあるでしょう。なのにそういう考察もなく、

船から降りた直後に牛乳を飲みたいと思います?
(中略)
船に揺られたショックがまだ残っていて、気持ち悪くなりかねません。

だそうですが、ハリスはそこまで気持ちが悪そうでもありませんでした。これとの比較なのでしょうか、成田に降り立ったアメリカのビジネスマンが、ミルクを飲みたいなどと言うかといった意味のことが書かれていますが、その当時と今では事情が違い過ぎて比較にならないでしょう。日本で食料が確保できるかと訊きたかったのかも知れません。

そしてここで『西郷どん』を引き合いに出して、

「人と人が出会わないと歴史イベントが盛り上がらない」という思考に陥っている
映像にしない部分を如何に表現するか-という視点が肝要になる

とあります。しかし武者さんの好きな『麒麟がくる』にしても、『おんな城主 直虎』にしても、人と人が会ってばかりだったし、余談ですが、この2作品の奇妙な点として、無位無官の人物が将軍なり大名なりに差しで会ったりしているのですが、こういう点はおかしいとは思わないのでしょうか。

それから

お国言葉は必須

とのことで、美賀君は京都の言葉でないと不自然とありますが、この当時の大河で将軍家や御三卿の家へ入った奥方は、割と普通の言葉を使っているようです。また篤君(篤姫)も島津斉彬の養女ではありますが、それ以前に近衛家の養女としての輿入れである以上、薩摩弁丸出しというのはちょっと不可解です。

ちなみにこの美賀君もこの当時は延君と呼ばれており、関白一条忠香の養女でした。あと美賀君が慶喜より年上ということが、これから理解できたかなどともありますが、それがこのドラマ的にどれほど重要なのでしょうか。その説明がまるでありません。

さらに

『麒麟がくる』は最初から普通の言葉で一貫していた、でも栄一たちは訛っているのに京の公家出身者が京言葉を使っていない

これも戦国物は最初から普通の言葉でやり、幕末の諸藩の藩士や農民は方言を使うのが当たり前になっているからなのですけどね。
そして栄一はステータスが低い、徳川家定はオヤツむしゃむしゃでステータスが低い(『西郷どん』の慶福=家茂にも同じようなことを言っていました)、麒麟には仁政があったなどなど。何のことはない、『麒麟』に比べると『青天』は駄作だという印象を植え付けたくて、必死になっているようにしか見えません。こういうのを大河レビューと呼ぶべきなのでしょうか。

その次のページ、

栄一は武士と百姓の中間層である

とのことですが、その当時の身分制度は士農工商であり、いくら豪農でも栄一は百姓です。だからこそ、御用金を払った時に、言いようのない空しさを覚えたわけでしょう。そしてその次はと言えば、『三国志~趙雲伝~』との比較とか、果ては、自分の役割は中国の諫議大夫(天子を諫める役)であるとか何とか。
要はNHK大河にダメ出しをする人物が必要だ、自分はそうであると言いたいのでしょうが、ならば昨年の大河についても、ダメ出しをするべきところはきちんとしていただきたいものです。嫌いな作品でのダメ出しなど、小学生にでもできるでしょう。

しかしそんなに中国が好きならば、中国ドラマのレビューでもなさった方がいいのではないでしょうか。相変わらず『ゲーム・オブ・スローンズ』の話も出て来ますし。それにしても文章、特になぜここでこれなのかと言うのがわかりづらく、○○の裏にでも書いてほしいと思うほどです。つまるところ、この大河が何を言いたいかというのを理解しようともせず、批判らしきことを言い、他の大河だの外国物だのと比較するだけの姿勢が、またも証明されたようです。


飲み物-ランプと水とウイスキー



[ 2021/03/29 00:45 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)

『はたらく細胞』

実は、読みかつ観ております。

今のところ本編とBLACKを読んだきりなので、そろそろBLACK以外のスピンオフに行こうかと考えています。このスピンオフにも
はたらく細菌
はたらかない細胞
はたらく細胞フレンド
はたらく血小板ちゃん
はたらく細胞BABY
はたらく細胞LADY
はたらく細胞WHITE
などなどあるため、どれから読み始めるか迷っています。まず『はたらかない細胞』か『フレンド』から行きますか。

キャラの中で血小板ちゃんが人気ではありますが、個人的には乳酸菌も萌えキャラだと思います。あの造形も可愛いし、言葉を「にゅー」としか発しないところ、4色の菌がいるところなどなど。確かこれ、一般細胞が偶然見つけたところついて来てしまい、部屋にこっそり匿っていたら、白血球に見つかるという展開になっていました。何だかんだで、一般細胞も結構活躍していますね。

あと、ナイーブT細胞のキャラ、これもなかなか印象的でした。と言うか、エフェクターになった時とのギャップがあり過ぎでしょう。
それから同じ免疫関連でありながら、凄腕のお姐さん的NK細胞と、メイドスタイルのマクロファージの第一印象が正反対なのも興味を惹かれています。マクロファージは育児と教育の担当でもあるから、見た目ああいう雰囲気と思われますが、その外見と、いざ外敵を殺す時のギャップがまたいいです、キラーT細胞と白血球は似たようなところがありますが。というかあの白血球、主人公の赤血球が子供の頃助けてあげようとした、あの子が成長した姿ではないかとやはり思います。

医学監修の面でもしっかりしていると言われているようで、実際読んでいても読みごたえはあります。一部のウイルスや菌はなかなかグロテスク(で、しかも特徴をとらえている)だし、免疫を描く以上、血しぶきが飛び散るアクションシーンも多いのですが、個人的に全くそういう描写は気にならないし、寧ろそれが醍醐味だと思って楽しんでいます。


飲み物-白いカップの紅茶
[ 2021/03/22 01:00 ] その他 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud