fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  いだてん~東京オリムピック噺~

『光る君へ』第7回に関する『武将ジャパン』大河コラムについて-3

先日蛇足ではないかと書いていますが、今回の『武将ジャパン』大河コラムの終わりの方について。


先ほど、海外の反応に触れましたが、今や地上波だけの時代ではりません。
VOD、配信、海外の目線を鏡とすることも重要です。

などと書きながら、今年そして昨年の大河はリアルタイム視聴率をやけに意識しているように見えるのですが、どうも辻褄が会わないような気がします。
そして「海外の目線を鏡とする」のではないでしょう。たまたまある作品が海外で当たり、キャストやスタッフが、注目されるようになると言うのが正しいかと。『チェリまほ』が正にそれではないでしょうか。

しかし結局こう書きたいから、「三鏡の教え」を持って来たのでしょうが、それ以前に、武者さん自身が「鏡」とすべき人や物もあるのですけどね。あと「はりません」は「はありません」でしょうか。

そして『不適切にもほどがある!』批判に絡めて『いだてん』叩き。

クドカンさんのドラマが批判されています。
私はこの流れを見て思いました。既視感があるな、と。
『いだてん』でもジェンダー監修者をつけた方がよいと私は批判しました。
当時のあのドラマは低い視聴率と反比例して、批判がなくなっていきましたが、それは危ういなと感じていました。
批判が目立つようになったのは、ドラマが終了して何年か経過してからのことです。

私は『不適切…』は観ていないから何とも言えません。
そしてこの『いだてん』のジェンダー監修なるもの、これも後の方は観ていないので何とも言えませんが、具体的にどういう理由で、ジェンダー監修が必要だと思ったのでしょうか。第一あれは昔のオリンピック、そしてそれに伴う選手のトレーニングのことが出て来ているはずですが、その当時の強化方法は、今と違って当然でしょう。

そしてジェンダーがどうこうと言う一方で、今回のコラムの中では
「前回の予告で、藤原公任の脱ぐ姿が映った時、これぞ女性向け大河だと言わんばかりの反応がありました。
しかし、そんな脱ぐ公任を見て、まだときめいていられるかどうか。
ゲストークが全力で炸裂ではないですか」
何度も書くようですが、嫌いな大河ならこのシーン、叩きそうです。
こんな男の裸ばかりでしよーもない、意味がわからない、しかも女をコケにしているとか何とか書いて。

そう言えば昨年の
「このドラマの作り手にとって、女はどんな存在なのか?」で、
「自慢できるトロフィー」というのがありました。
女は家柄だなどというセリフは、武者さんの見方からすれば「トロフィーワイフ」ではないのでしょうか。

クドカンさんとその周囲は、若い頃の挑戦的で斬新なイメージが強い。けれどもそのままでいられるわけもない。ファンが人として鏡になることを怠れば、どこかで躓きます。
もし、あのとき、大河ファンが鏡になっていれば、失敗は防げたのではないか。どうしてもそう思ってしまうのです。

そして「ファンが鏡」、要はファンが批判しなかったから、だから作品がダメになるのだと言いたげです。
しかしファンはその作風をも受け入れたうえで、宮藤官九郎氏を支持したわけです。今回の『不適切…』も恐らく楽しんで観ている人はいるわけで、それは違う、やめなさい、もっと批判しなさいと武者さんが言う道理もないかと思います。
結局こういう形で、『いだてん』を支持していた人をも叩きたいのでしょうが、はっきり言って大きなお世話です。
尤も武者さん、この大河の最初の方は絶賛していましたが。

一方で武者さんは、好きな『麒麟がくる』、特に駒を叩かれてかなりむきになっていることがありますが、そういう人が嫌いな大河なら叩けと言うのも矛盾していないでしょうか。
『麒麟がくる』が面白くなかったと言う人だっているのですが。

◆「どうする家康」&静岡・浜松市「ロケーションジャパン大賞」グランプリ!大河13年ぶり快挙 CPも感激(→link)
この大賞は「浜松まつり」が理由とされています。
しかし妄信的かつ組織的な票があることも推察され、昨年の評価は歪んでいるとしか言いようがありません。
歪んだ鏡に映った像を見てはしゃいでいるようでは、立ち直ることなど望めません。

「妄信的かつ組織的な票があることも推察され」
「昨年の評価は歪んでいるとしか言いようがありません」
また武者さんの個人的願望ですか。
こういうのは裏付けをちゃんと取ってから言ってくださいね。
そして「立ち直る」とは、何がどのように「立ち直る」のですか?

要は今回のコラムの「中国でこの大河は人気がある、すごい」と書きつつ、裏付けを出して来ない、それと同じパターンだと思います。

ちなみにこの「ロケーション大賞」、『舞いあがれ!』も「部門賞 地域の変化部門」受賞だそうで、どちらもおめでとうございます。

そしてこのニュースですが。
◆『どうする家康』ロケ大賞グランプリ受賞 松本潤ら参加の「浜松まつり」には約260万人が参加(→link)
記事内容を一部引用させていただきますと、未だに「黒田官兵衛」が登場させられています。
そして、豊臣秀吉、黒田官兵衛、真田昌幸、石田三成と次々と現れる強者(つわもの)たちと対峙し、死ぬか生きるか大ピンチをいくつも乗り越えるさまを映し出した。
いったい黒田官兵衛は『どうする家康』のどこにどう出ていたというのか?
制作サイドから貰ったソースを大手メディアがそのまま垂れ流す。しかも古いデータを活用しているから、こんなことになってしまう。

あの…非常に今更感が強いのですが。
こういうのは、最終回が終わって昨年が終わるまでに2週間くらいありましたよね、ああいう時にやってください。
なぜ今年の大河が始まってもう一月半も経っているのに、記事にあったからと言って、思い出したように出してくるのですか。

そして昨年は井伊直政死去のセリフも、都合で入れられなかったわけですし、当初は入れる予定が入れられなかったと言うこともありえます。それと私、今年も武士や戦が見たいこともあり、この『どうする家康』も観ていることは前にお伝えしています。観ているうちに官兵衛の存在をつかめるようなシーン、またはセリフが登場する可能性もまたあるかとは思います。

これだけでも提灯記事の数々がいかに怪しいものなのか、理解できるはず。
今年の足を引っ張るような真似だけはして欲しくない。そう切に願います。

ここの箇所でこれまたおかしな点があります。
まず
「制作サイドから貰ったソースを大手メディアがそのまま垂れ流す」
のが
「提灯記事」
であると言わんばかりです。しかしこれこれこういうことが描かれていると言うのは、提灯記事になるのでしょうか。ならば今年の記事も、制作サイドからのソースが多いでしょうから、提灯記事ということになりますよ。

要は坊主難けりゃ何とやらで、ごく当たり前な記事であっても、『どうする家康』関連であれば、武者さんはすべて提灯記事という色眼鏡で見てしまうようです。
悪いけど、こういう人がドラマ評を書いて報酬を貰っているのが、どうにも解せません。

「今年の足を引っ張るような真似だけはして欲しくない。そう切に願います」
なぜ『どうする家康』関連記事が、『光る君へ』の足を引っ張ることになるのでしょうね。たとえば明らかに『どうする家康』寄りで、しかも『光る君へ』に難癖をつけているような記事があるのなら、「足を引っ張る」ことになるのでしょうが、この記事を見る限り、そういう印象は全く受けません。

最後になりましたが、少し前の投稿で『春秋左氏伝』と書いたつもりが、なぜか『左氏春秋伝』となっていましたので訂正しています。

飲み物-トディ2
スポンサーサイト



[ 2024/02/23 00:45 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)

『光る君へ』第7回に関する『武将ジャパン』大河コラムについて-2

第7回に関する『武将ジャパン』大河コラムについてその2です。

まず、このコラムの冒頭の部分が訂正されています。
サムネを貼っておきます。こちらが修正前です。

武将ジャパン第7回修正前

そしてこのようになっています。

武将ジャパン第7回修正分

花山天皇が、遺体に近づけなかった点に言及しているのはいいのですが、「なぜ」近づけなかったのかがありません。言うまでもなく、この当時「死は汚れ」だったからであり、昨年の終わりの方で武者さんは、やけに(『どうする家康』が)汚れだ何だと持ち出していたはずなのですが、肝心な時に、この当時の人々が考える「汚れ」について書かないのですね。

あと
「亡骸に抱きつく」
より
「亡骸に取りすがる」
などとした方がいいのではないかと。

藤原道長が、馬で街を歩いています。

この「馬で街を歩いています」も何だかなあと思います。
せめて「馬の背に揺られている」とか、「馬を進ませている」とでもしてほしいです。

それぐらい当時の恋文の遅延は命懸けのうえ、従者がアクシデントでなくすこともあったのだから、なかなか恐ろしいものです。現代人の既読スルーどころじゃない破壊力かもしれない。
それをおずおずと切り出した百舌彦はどれほど緊張していたことか。

その当時、恋文にかかわらず文が届かないというのは、情報の遮断を意味していました。
(これよりも後の関ヶ原の戦いの前に、直江兼続への西軍サイドの文が届かなくなり、情報収集ができなくなったという話もあります)
仮に既読スルーされたところで、他に選択肢のある今と同列には論じられないのではないかと、

笑わせようと思ってここまで火力が高い話を考えてしまうとは。もしかしたらこの件は、祟りに怯えている兼家が怒り狂ったためでは?ということも想像できますね。
道長はけろりと、俺たちを笑いものにする散楽なら見たかったと言います。

例の、東三条殿の武者たちがけしからんと押しかけた散楽ですが、この時道長は逃れた先で、自分が考えたと言うまひろにまず
「俺たちを笑いものにする散楽を(お前が考えたの)か」
と言い、その後自分も見たかったと言っています。道長のセリフが建前と本音とも言うべき二段階構成であることは、きちんと書いておいてください。

いとも「もう昔のような苦しい暮らしは嫌だ」として、くどくど訴えてきます。
いくらなんでも、厚かましいようにも思えますが、この邸には妻もいないし、為時にとっては妻のような存在なのかもしれません。

まずいとの服装ですが、下働きの女性と違って袿を着ています。
そしてこの前の回で、乙丸がまひろへの手紙を、いとに渡さず直接まひろに渡してしまっていること、その時、惟規様の乳母だからと乙丸が言っている件などからして、使用人の中でも身分が高いことが窺えます。妻というか、一家の主婦、使用人の長のような存在なのでしょう。

来るか来ないか、迷っていたまひろは遅れてやってきました。「漢詩の会」といい、今回といい、一人だけ地味な服装です。

左大臣家の集まりにも同じことが言えます。まひろだけ絹を着ていないからですね。他の姫君たち、さらにはききょうも絹を着ている中で、彼女のあのいでたちは、如何にも身分違いといった印象をも与えてしまいます。さらには、彼女だけ髪をそのまま垂らさず、部分的にまとめていますね。

なんでも紀元前6世紀、ペルシャが発祥とされる競技であり、イギリスのポロよりも何百年も早いとか。
起源は諸説あるようですが、日本の場合は唐由来とされます。
『三国志』の時代、地球は寒冷化していました。
寒さに追われるようにして中国北部へ騎馬民族が入り込んできて、文化を変えていった時代。
魏晋南北朝という長い乱世を経て、中国には北から訪れた異文化が根付きました。
そんな騎馬民族の風習を感じさせる競技です。

最初の行は、ドラマの中でナレで紹介されたものですね。
で騎馬民族云々ですが、それはともかく、この競技がどのようにして行われるのかが何も書かれていません。昨日も貼りましたが、公式サイトのこのコラムをもう一度貼っておきます。

をしへて! 佐多芳彦さん ~平安貴族が楽しんだ打毬ってどんな競技?
(『光る君へ』公式サイト)

紀元前6世紀のペルシャを起源とし、馬上で行うものと徒歩で行なうものの2種があって前者はポロ、後者はホッケーのようなイメージです。例えば白と赤とか、青と緑というような2つのチームに分かれて競い合うんですね。人数に決まりはないようで、ドラマでは1チーム4人で行っていますが、もっと大人数で行うこともありました。

「光る君へ」では打毬を楽しんでいた貴族の多くは武官、または、その経験者であろうと想定し、今回は近衛府(このえふ)の色の使い方を参考にしています。左近衛(さこのえ)が「青」、右近衛(うこのえ)が「緑」というような色分けがそもそもあるんですね。視聴者のみなさんに、2チームに分かれていることが一目で伝わるようにしたいという意図もありました。道長たちが着ているのは、水干(すいかん)になります。そして、馬が走るときにはね上げる泥を防ぐための行縢(むかばき)を身に付けています。

そして、ここで佐多氏のコメントにある「徒歩で行うもの」ですが、「毬杖(ぎっちょう)」のことでしょうか。これに関しては、『炎立つ』で見たことがあります。

炎立つ毬杖1
『炎立つ』より

小道具やロケも大変でしょう。ストーリーの中に「打毱を出す」と決めたことがどれだけ大変だったことか。
このドラマには、その効果が十分にあります。
カメラも良いものを使っていて、ともかく圧巻の美しさと爽快感があります。見ていてよかった。

「小道具やロケも大変でしょう」
恐らくスポーツがメインの『いだてん』なども、かなり大変だったのではないかと思うのですが、それに関しては嫌いなせいか何も書かないのですね。

実際スポーツや競技を入れるのは、通常の収録とは異なるものがあるでしょう。大河ではないけれど、日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』のラグビーのシーンなども大変だったようです。余談ながら、間接的に知っている方が、観客のエキストラで収録に参加した由。

それと
「カメラも良いものを使っていて、ともかく圧巻の美しさと爽快感があります」
その「良いもの」とは具体的にどのようなところが「良い」のですか?この間、道長の筆が高級品といったことを書き、また詮子の硯に関しても同じようなことを書いていましたが、どこがどのように良いのかを書かないと説得力不足、あるいは好きな大河だから褒めまくっているようにしか取れません。

これぞ平安ロッカールームトーク――なんて地獄みがあるのだ!
「ロッカールームトーク」は、トランプの発言で有名になりました。
「男の子同士が、更衣室で、やらかすような話で、深い意味ないヨ〜^ ^」
こういう話ですが、そんな言い訳は通じませんよ。
◆ トランプ、性的発言を「更衣室トーク」→スポーツ界で炎上加速(→link)
結局、あの打毱も、この下劣トークの前振りかと思うとおそろしいものを感じさせます。
しかも、ちゃんと当時の価値観を反映させながら、その上で、当事者は胸が傷ついてズタズタになったことを描いてくる。これぞ匠の技でしょう。

このトランプ氏の記事は2016年のですね。
そして好きな大河、それもイケメンな俳優さんが出ているからこう書いている感もあります。これが嫌いな大河なら武者さん散々に叩くでしょうね。
『どうする家康』のコラムで、こんなことを書いていたのを思い出しました。

このドラマの作り手にとって、女はどんな存在なのか?
・エロいことをさせてくれる
・自慢できるトロフィー
・小馬鹿にするBBA枠、実母だろうがうぜえw
・自分のモテモテファンタジーを満たしてくれる喜び組
・出てきたと思ったら死ぬ話題稼ぎ女、いわゆる「冷蔵庫の女」
・なんでも肯定してくれる便利な存在、いわゆる「マニックピクシードリームガール」

嫌いな大河であれば、ちやはは「冷蔵庫の女」であり、公任や斉信に取っての女は
「自分のモテモテファンタジーを満たしてくれる喜び組」
などと書きそうな気がするのですよね。

そうそう、斉信のストーキングのせいで、ききょうは元夫と絶縁するんですよね。

ここでなぜかききょうの話。ここでは省きますが、結局武者さんは、こういう色恋沙汰が好きなのだなと思います。だからこそ、上記のような↑ことを平気で書けるのでしょう。

前回の予告で、藤原公任の脱ぐ姿が映った時、これぞ女性向け大河だと言わんばかりの反応がありました。
しかし、そんな脱ぐ公任を見て、まだときめいていられるかどうか。
ゲストークが全力で炸裂ではないですか。
相対的に素朴な『鎌倉殿の13人』坂東武者がマシに思える日がくるなんて……。
ただ、このゲスさは前振りだと思いたい。

家康の浴室でのシーンは叩く、公任の裸には心ときめく。わかりすいと言いますか。
ゲストークだ何だと言うより、こういうことを平気でというか、嬉しそうに書く武者さんが、言っては何ですがかなりゲスに見えて仕方ありません。
そして『鎌倉殿』坂東武者が素朴なら、この場合比較にはならないでしょう。坂東武者もそこそこゲスだったが、平安の貴公子たちはそれを上回る、こういう感じで持って来ないと。

この点でいけば今年の大河ドラマ『光る君へ』は、とてつもなく高い可能性があるようです。
既に町田啓太さんは、中国語圏のファンからロックオンされています。
「日本からえらい時代劇美男が出てきたな!」と注目を集めているようなのです。

これですが、この間のたけたけさんのnote記事を見て、私も「町田啓太 中国 美男子 検索」でググってみたのですが、やはり『チェリまほ』が出て来ます。確かに町田さんは人気があるのでしょうが、大河でなく別のドラマで出て来るのですけど。

そして前回の「漢詩の会」で盛り上がったようです。
「貴公子たち、こんなに漢詩が好きなんだ!」
行成の筆の持ち方が素敵。
漢詩チョイスがいい。
公任の漢詩は自作なんだ。
白居易が好きなのだな!
と前のめりになりつつ、ざわついています。

「前のめりになりつつ、ざわついています」
その裏付けを見せて貰えないでしょうか。

そして
「行成の筆の持ち方が素敵。
漢詩チョイスがいい。
公任の漢詩は自作なんだ。
白居易が好きなのだな!」
こういうの、武者さん自身が好きなことでしょうーーまだ筆の持ち方にこだわっていますが。あと白居易(楽天)と李白を間違えていましたね。

今年の大河は、しっかりとアジアの熱気を掴みにいく、したたかさ、賢さがあり、緻密な作りをしています。
日本留学している方が緻密な考察をしていることもあり、こちらも身が引き締まります。
今年の大河は海外からも熱い目線が送られています。視聴率では見えてこない大きな反応を感じます。

「緻密な作り」というのは、基本的にどの大河でも変わらないと思います。ただその方向性や描写方法に、賛否両論があるわけです。そしてアジアの熱気と言うより、まずメインとなる日本人視聴者層がどのように思うかではないでしょうか。

さらに
「日本留学している方が緻密な考察をしていることもあり」
「海外からも熱い目線が送られています」
ならばその裏付けをお願いします。これだけだと、武者さんの希望的観測だと言われても仕方ありません。取りあえず、『チェリまほ』がアジアで評判なのはわかりましたが。

「視聴率では見えてこない大きな反応を感じます」
最初の方で、今年の視聴率に関しては諦めるようなことを言っていませんでしたっけ。なのにやはりリアタイ視聴率を気にしているようですね。他にも配信とか録画とか、そういう視聴手段もあるのにそれは無視ですか。

藤原公任も大好きであろう『貞観政要』から。
太宗、嘗て侍臣に謂(い)いて曰く、
夫れ銅を以て鏡と為せば、以て衣冠を正す可し。
古を以て鏡と為せば、以て興替を知る可し。
人を以て鏡と為せば、以て得失を明かにす可し。
朕常に此の三鏡を保ち、以て己が過を防ぐ。
太宗が家臣に言った。
「銅を鏡とすれば、身だしなみを整えられる。
歴史を鏡とすれば、天下興亡がわかる。
人を鏡とすれば、長所短所がわかるのだ。
私は常に三つの鏡で、身を正し、過ちを防ぐこととする」
『貞観政要』

この人を以て鏡と為せばですが、長所短所よりも、その人物を手本として、あるいはその人物の諫言によって、自分が正しいことをしているか否かがわかる、そういう意味ではないでしょうか。そして第2の古、つまり歴史を鏡とするのは、歴史に学べということですね。

そしてこの後またクドカン叩き、そして『どうする家康』叩きなので、この最後の部分だけ次に回します。こういうの、本当に蛇足ですね。

飲み物-琥珀のエール
[ 2024/02/22 02:30 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)

『光る君へ』第6回に関する『武将ジャパン』大河コラムについて-2

先日の投稿分で書きそびれた分を少し。

そう思っていると、長い袴をぞんざいに扱いながら、花山天皇が入ってきます。所作の粗っぽさで彼の個性はわかります。

「所作の荒っぽさ」て何だか今更感がありますね。花山天皇は少年時代から漢文指南の為時を足蹴にしたり、扇を足の指に挟んだりしているわけですから、荒っぽいとか一風変わっているというのは、既知の事実であるかと思うのですが。

そんな二人が、道長の様子から何かを察知し女房を下がらせ、密談モードになるところが実に素晴らしい。

道隆と貴子が女房を下がらせるシーンですが、何か道長が言いたげにしたので人払いをしたわけで、「実に素晴らしい」よりごく当たり前の対応かと。しかし平安時代は寝殿造りであちこち開放された建築様式なのに、昨年のように「オープンテラス」とは言わないのですね。

それと道長の乗馬シーン、やはり「竹林」ではなく普通の樹木のように見えます。

光る君へ第6回道長
『光る君へ』第6回

ここで左大臣の姫君サロンも様子が映し出されます。
倫子が「父の顔にほくろが増えたと思ったらハエだった」という、しょうもない話をしている。
笑い転げる姫君たち。
ひきつった笑みを浮かべる、まひろと赤染衛門でした。

「サロンも様子」でなく「サロンの様子」でしょうか。
しかし倫子の話は「しょうもない」でしょうか。この回の雅信の行動を目にしたら、かなりこの人はあれこれ悩んでおり、顔にハエが止まっても気づかないのではと思われます。今後の政もさることながら、倫子の婿のこともやはり気になるでしょう。

詮子は父が嫌いです。
しかし娘であり父に似ていると開き直っています。
円融天皇も指摘していました。為時とまひろにせよ、同族嫌悪に陥る父と娘の関係があるようです。

同族嫌悪と言うか、なまじ考え方が似ているから相容れないということもあるのではないでしょうか。彼女も性格が違うと思われる道長には、何でも話せているわけですし。
それでもまひろはまだ父に理解を示そうとしているように見えますが。

「それが殿御に関心がない、殿御が好きではないのではないか?と妻と話しているところです」
「入内して辛酸を舐めるよりはよい」
詮子は、ここでも父同様に探りを入れているのでしょう。入内してしまえば、雅信も下手に出るとは限りません。

まず倫子は22歳であり、この時懐仁親王は数えで6歳で、この当時なら親子であってもおかしくありません。一条天皇の後に即位する居貞親王も10歳です。また雅信にはもう1人娘がいるものの、こちらも入内させておらず藤原道綱の妻となっており、何らかの理由で入内させようとしなかったと考えられますし、兼家との間で、藤原と源の結婚の構想があったという説もあります。また元々は、花山天皇の后にという思いもあったとされています。

右大臣家主催だがよいのか?と為時が念押しするお、まひろの仇(道兼)はいないし、父の晴れ姿が見たいとのこと。
まひろは、なんというか、かわいくなくていいですね。いや、とてもかわいらしいところはたくさんあります。
しかし、媚びがない。
わざとらしくキュンキュンして、「父上の晴れ姿が見たいんですぅ」と甘ったるく言うとか、笑顔を見せてもいい。それをしないところが彼女の個性ですね。

先日の投稿分で、武者さんが
「まひろみたいなモヤモヤを抱えていない、かつ偏見のある人には通じないことはありえるでしょう」
と書いているのをご紹介しています。偏見があるのはよくない(確かにそうではあります)と書きつつ、ここで特定のキャラの女性に対する偏見を見せているのですが、それにはお気づきでしょうか。媚びる女性がお嫌いなのでしょうが、嫌いなタイプなら何を言ってもいいわけではありません。

ききょうという名前も、賛否両論ではあります。
しかし、孫くらいの娘が生まれた元輔が、庭に咲いていた桔梗でも見ながら命名したのかと想像すると微笑ましいものがある。

それ確か『黄金の日日』で今井宗久が、しまという女に産ませた子にそういうやり方で名前をつけていました。ちなみにこの時、このしまと桔梗(こちらでは漢字)の二役を、竹下景子さんが演じていました。昨年のお市と茶々と同じパターンです。

千年の時を経て、今も読み継がれる文学を記した紫式部と清少納言、若き日の姿だと解説されます。
なんと生々しい姿でしょうか。

これ大河ドラマですよね。
それを言うのなら江戸幕府を開いた徳川家康も、鎌倉幕府の礎というべき存在となった北条義時も、若い頃はまだ未熟で、将来そのような形で名を遺すとは思えない描き方でした。

藤原公任が筆を吹く場面は、アジア時代劇美男子・日本代表の姿そのもの。
筆を吹く美男子は絵画定番の題材です。
中国時代劇『陳情令』をはじめ、笛を吹く日本代表時代劇美男は待たれるところでした。
それがついに叶いました! おめでとうございます!

「中国時代劇『陳情令』をはじめ、笛を吹く日本代表時代劇美男」て何ですか?
これだと『陳情令』が日本の作品にように取れるのですが。そうでなくて
「『陳情令』のワンシーンに匹敵する、日本の貴公子が笛を吹く姿」とでも書いて貰えませんか?
(ちなみに『陳情令』は観ていないので、笛を吹くシーンがあるかどうかは定かではありません)

そしてここで「また」月岡芳年。藤原保昌と袴垂の絵のようですが、何もこんな後の時代の絵でなくても、『源氏物語絵巻』の「鈴虫」でちゃんと笛が登場しています。こういうのは、極力同時代のを持って来てください。

源氏物語「鈴虫」
『源氏物語絵巻』「鈴虫」(Wikimediaより)

あと袴垂は盗賊集団を結成していましたが、この大河ではあるいは直秀にこの人物をなぞらえているのでしょうか。
ちなみにこの人物、最終的に検非違使に捕まるのですが、その時腹を切って腸を引きずり出したとも言われます。武者さんのX投稿に、昨年それに似た内容のがあったことを、ちょっと思い出しました。

平安時代最凶の盗賊、袴垂(はかまだれ)
(日本の歴史を分かりやすく解説!!)

東洋文学における酒は、ウェーイと楽しく気晴らしのために飲むだけのものでもありません。
当時はまだ貴重でもあるし、憂いを解くためのものでもある。酒に託して精神の高揚を詠い上げてこそ。

漢詩と酒のことを書くのなら、陶淵明も入れてほしかったなと思います。

陶淵明飲酒二十首 
(文化遺産データベース)

そしてその後、それぞれの漢詩と何がもとになっているかが、かなりスペースを割いて紹介されています。ここまでやらなくてもよさそうな気がしますが…ここでは何がもとになっているのかだけを置いておきます。

藤原行成
李白「月華独酌」
藤原斉信
白居易「花下自ら酒を勧む」
藤原道長
白居易「禁中九日菊花酒に対し元九を憶う」

尚「花下自ら酒を勧む」は「花下自勧酒」のことと思われます。そして
「禁中九日菊花酒に対し元九を憶う」
は、
「禁中九日對菊花酒憶元九」
でしょうか。

あと藤原公任ですが、これは彼のオリジナルです。

藤原公任
一時過境無俗物 一時境を過ぎるに俗物無し
莫道醺々漫酔吟 道を醺々漫酔吟ずる莫かれ
聖明治蹟何相致 聖明治蹟何ぞ相致る
貞観遺風触眼看 貞観遺風眼を看るに触れる

ついでに当時の音の重要性にも触れておきましょう。
書道にせよ、詩にせよ、当時の芸術はリズムを乗せるようにして描かれるものでした。
漢詩は歌うことを想定していたものであるし、筆もリズミカルに動かした方が良い。そんな軽やかさまで出ていて眼福そのものの場面です。

「歌うこと」とありますが、所謂「朗詠」ですね。それと「リズムを乗せる」でなく「リズムに乗せる」でしょうか。
あと書道のリズム感というのが、ちょっとわかりづらいのですが。

一応これを置いておきます。

日本の伝統音楽歌唱編
(文化デジタルライブラリー)

行成が筆を手にとりサラサラと書きつけるというのは、厳しい目で見られます。
源義経の八艘飛びや、本多忠勝の槍捌きくらいの精度が要求されます。よくぞこなしました。

八艘飛びや蜻蛉切の捌き方とはまた違うかと思いますが…。ああいうのは肉体的な鍛錬を必要とする(義経の場合は天性のものもある)もので、筆さばきと一緒にすべきものでしょうか。

そして本多忠勝の鎗捌きについて、こんなこと書いていましたね(『どうする家康』第44回コラム)。忠勝が老いなど認めん、殿を守って死ぬのが自分の役目と言って、榊原康政に槍試合を挑むわけですが、その意味を理解しようともせず、

で、今回は、年老いたはずの家臣二名が、情けないオープニングテーマを背景に、槍をブンブン振り回している。
年を取ったら体力は低下する――なんて書いていて、あまりにバカバカしいことすらわかってないかのような振る舞いが画面の中で横行しています。

本多忠勝と榊原康政が槍を振るい合う場面。
視聴者の涙を誘いたいのか。やけに冗長で、二人が叫び声をあげるたびに寿命間近な人物には見えない……と思いましたが、背景もまた当時の状況には見えませんでした。

こんなことを書いておいて
「本多忠勝の槍捌きくらいの精度が要求されます」
ですか…。

一方で道隆と貴子は、計算通りだと笑みを浮かべている。
彼らは斉信の焦燥感と、公任の心を察知しました。
【貞観の治】をめざす公任は、政治的野心に満ち満ちています。

その貞観は、武者さんが大好きな『貞観政要』の貞観ですね。

それから道長の詩で、白楽天が元微之を思い詠んだ「禁中九日對菊花酒憶元九」の、親友を思い詠むことについて。

そして友情と愛情のハードルが低いと言いますか、区別がつきにくい。
海外の研究者からみると「これはもう恋愛関係でしょう」と言いたくなるほど切ないものが多い。
そんな詩人の交流を思い、引用した道長はなかなかのもの。
ちなみにこの詩は藤原実資が『小右記』でも言及しています。
白楽天は平安貴族の人気ナンバーワン詩人なのです。

これも恐らく嫌いな大河ならBL呼ばわりしそうな気がします。昨年散々それをやっていましたね。

そして実資の件ですが、要は下記リンクの記事にもあるこれですね。一部コピペします。

道長といえば、最も有名な逸話は「この世をば 我が世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」という歌でしょう。権力の絶頂にあったときに宴で歌ったもの。その場で返歌をしてほしい、と道長に頼まれた藤原実資(「光る君へ」では秋山竜次さんが演じています)は断ります。その理由として、白楽天の振る舞いを挙げているのです。

この時実資は返歌をせず、ただそれを吟じていたいと言い、あの白楽天だって、元微之の詩に返歌することもなくそのままにしていたと答えています。

【光る君へ】第6回「二人の才女」回想 白楽天と伊勢物語に寄せて道長 まひろへの万感の思い託す 「漢詩の会」の見事な収束、「望月」の歌も視野に
(美術展ナビ)

あとこちらの道長の歌についても、ちゃんと書かれています。

花山天皇が最愛の忯子が命を落としたことに狼狽える一方、まひろは道長の書状を抱き締めています。
ちはやぶる 神の斎垣(いがき)も越えぬべし 恋しき人の みまく欲しさに
神が囲った斉垣も超えてしまいそうだ。恋しい人に逢いたくて
『伊勢物語』より

しかし武者さん、
『伊勢物語』第71段では
「ちはやぶる 神の斎垣(いがき)も越えぬべし 大宮人の みまく欲しさに」
となっていますよ。

この大宮人を恋しき人に改変することで、道長の気持ちを表したようですね、上記記事によれば。

そしてその後ですが、

人と感受性の範囲が違うばかりに苦労して……そして大河ドラマそのもの、いやひいてはドラマ鑑賞のことも思い出してしまいました。
こんな記事を見かけました。
◆『セクシー田中さん』原作者と宮藤官九郎の“苦悩”に共通点。クドカンも被害「TV局の改悪と作品私物化」を芸能記者が解説(→link)
「いだてん~』の視聴率がにわかに怪しくなってきた時、クドカンは関係者にこんな言葉を漏らしていたといいます。
「本(脚本)が面白くないから数字(視聴率)が獲れないっていうけど、本をメチャクチャにしたのは局の方だョ。大河は時代考証とかの検閲を5回位経て台本が完成するんだけど、完成された台本には最初に書いた地の文章なんて跡形も無く消えてしまっている…これで面白くないって言われてもね…」
これを私なりに解釈すれば“脚本家・宮藤官九郎という名前が欲しかっただけで、実際の脚本は大河の優秀な演出家さんたちのもの”となります。

そしてその後、『いだてん』はセンスが悪かった、でもファンたちは宮藤官九郎氏を褒めていた。それはおかしいと来て、
「それって、彼の作風ではなく、名声やファン同士てはしゃぐことが好きなだけなのではないか。私にはそう思えてきてしまいます。推しを無闇に褒めるだけでなく、推しの状態が明らかにおかしいとか」
などと書かれています。さらに武者さんは
「抑圧されている気配があったら、見て見ぬふりをせず、どうにかできないか考えることも大事ではありませんか」
などとも書いています。

私は『いだてん』視聴を途中でやめたので、あまりどうこう言えないのですが、私に言わせれば、ファンがそれで盛り上がっているのであれば、特にこちらが口出しする必要はないと思います。なのに
「抑圧されている気配があったら、見て見ぬふりをせず、どうにかできないか考えることも大事」
というのも、言っては何ですが余計なお世話です。
それと思うのですが「抑圧される」などという言葉も武者さん好きですね。

といったところで、気のせいだの考えすぎだの言われるだけなのでしょう。

気のせいとか考えすぎ以前に、自分が好きな作品で盛り上がっているところを、それはよくないと一方的に思う人から横やりを入れられたら、武者さんはどう思いますか?

私はなるべくフラットな状態でいきたいから、特定の脚本家や役者のファンだと思わないようにしています。
魅力があると思ったとしても、その気持ちをドラマが終われば全部捨てて、やり直すくらいでないといけないと思っています。

どうもブーメランになっていますね。
昨年の『どうする家康』最終回のコラムでも、こう書いてはいました。

私はそんなことには加担できない。そんな恥ずかしいことだけは御免です。
こんな大河は忘れましょう……

しかしこう言いつつ、第5回のこのコラムで散々文春ネタを出して来て『どうする家康』叩き。全然フラットとは思えません。それともこの大河は魅力的と思わないから、覚えているということでしょうか。
結局忘れたくも捨てたくもないのでしょう。寧ろその逆で、自分の推しの大河を、これへの叩き棒にしたいからではないか、そう思えて来ます。

あと
「特定の脚本家や役者のファンだと思わないようにしています」
思わないようにしてはいても、コラムを書いているうちに出て来てしまうようですね。特定の脚本家や俳優を推すような文章は、今まで何度も見て来ました。その推しの人たちを、嫌いな脚本家や俳優へのこれまた叩き棒にしているのも。

自分に嘘をついてまで忖度することと、空気を読まずに見えたものをはっきり言うことと、どちらか疲れずに済むのでしょうか。

「空気を読まずに見えたものをはっきり言うこと」
美しい言葉かも知れませんが、それをはっきり言うことで傷ついている人もいるわけです。しかも武者さんの場合、好きな作品だけど敢えて苦言を呈するということはなく、嫌いな作品に最初からネガティブに突っ込んでいるだけですから。

はっきり言いたいのなら報酬付きコラムではなく、個人レベルでやるという方法もあるかと思いますが。

しかしこの間、マンスプレイニングがどうのこうのと言いながら、自身の知識マウントと言うか、蘊蓄語りは認めろと言ってるところ、今回も安定の武者さんだなと思いました。


飲み物-おしゃれなグラスのビール
[ 2024/02/15 01:45 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)

『どうする家康』第47回に関しての武将ジャパンの記事について-5

第47回に関する『武将ジャパン』大河コラムについてその5です。
しかしいつも思うのですが、この5ページ目の文字量がとにかく多い、1ページ目の2倍以上はあるでしょう。そして持論展開とそれを裏付ける記事のリンクがやたら目立ちます、こんなの大河コラムでやる必要があるのでしょうか。


『どうする家康』なんて大駄作を看板として放送してしまった2023年。
NHKの放送倫理に向けられる目はこの上なく厳しくなっています。

この放送倫理ですが、暴力とか俗悪なものを排除し、社会に受け入れられる放送を行うための指針を意味すると思われます。しかし『どうする家康』は、暴力でも俗悪でもないと思いますが。

先日、クローズアップ現代のジャニーズ性加害問題特集を見ました。
NHKの建物内でも加害は行われてた。しかし、NHKはジャニーズに任せきりで、何が起きているかすら把握していなかったとのこと。
NHKでまさかそんなはずがないだろう。そう思い、被害に遭われた方。そのご家族。どれほど辛い思いをしたのでしょうか。

では、今年の大河に出演した元ジャニーズの俳優さんたちは、全員加害者なのでしょうか。こういうのは、誹謗中傷の類になりかねないのでは?
そして朝ドラをまた叩いていますが、こういうのは朝ドラのnoteでやってくれないでしょうか。何度も言うけどここ大河コラムなのですけど。
その朝ドラで

なぜ歌唱力と演技力があるキャスティングにしなかったのか?
どうして歌がテーマなのに、朝から耳に悪いドラマになっているのか?
疑念が募るばかりです。

『どうする家康』でもそうですが、嫌いな作品は「耳に悪い作品」ということでしょうか。武者さんに取っては。

そして「七実三虚」の必要条件なる見出しで、

本作の脚本家はインプットが圧倒的に足りない。
ドラマ10『大奥』脚本家の森下佳子さんと再び比較させていただきますと、彼女の『大奥』は、原作の尺を切り詰めながら、時代劇愛にあふれた要素が追加されています。

とありますが、大河とドラマ10をなぜ単純比較するのか、そっちの方が疑問です。叩き棒にしたくてたまらないのだろうなと思いますが、『大奥』にしてみれば迷惑なのではないかと。

で、『大奥』は「七実三虚」(『三国志演義』に代表されるような、七割が実際に起こったことで、三割がフィクションである構成のこと)で、これは歴史をきちんと踏まえていないと書けない、『どうする家康』はその点が脆弱だとか何とか。
そしてまた阿月の話だのマザーセナだの、数年間空砲を撃ち合うことが現実的なのかだの、果てはまた北半球で南に虹は出ないだの。この虹の話はもう3度目かと思います。少しは自分で調べてはどうですか?

しかし、私がくどくど指摘したところで、「へっ」と鼻で笑って屁理屈でもこねくり回すのでしょう。
「そーゆー真面目な歴オタ、史実至上主義、原理主義がつまらないんですよww」
「負けて悔しいんですかwww」
「偉そーなこと言いますけど、あんた勘違いしていたことありますよねwww」
といったような論点ずらしばかりで本質とは向き合わない。

まず「くどくど指摘」されることに抵抗を覚える人はいるかと思います。
そして「本質とは向き合わない」などとありますが、武者さんの場合、歴史系ライターでありながら史料もろくに出さないし、1つ前のページの家康の最期だって、ちゃんと史料を基にした記述にはなっていないのですが。

そして真面目な歴オタとか史実至上主義と書く(自分のことでしょうか)割に、平山優氏の「森乱」などにはあれこれ言うのですね。実際一次史料には森乱としか出て来ません。それでどこが「史実至上主義」なのかと正直思います。
尤もこの場合史実と言うより、
「一次史料に記載されていること」
と言った方が正しいですが。

はっきり書く人が少ないようですが、あえて指摘しますと……。
『どうする家康』から伝わってくる制作者の人間性が、あまりに幼稚です。中学生あたりで人間性の成長が止まっていて、頭にあるのはエロとマウンティングだけ。
そしてお決まりの言葉が出てきます。
「それってあなたの感想ですよねw」
「はい、論破www」
まぁ、その通りでいいですよ。
しかし、それで済むと思っているのであれば、武士としてのメンタリティ不足ではありませんか。

そして気に入らない相手には必ず
「エロとマウンティング」
こういう決めつけもどうにかなりませんか。すごく安っぽさを感じさせるのですけど。

そして
「しかし、それで済むと思っているのであれば、武士としてのメンタリティ不足ではありませんか」
なぜここで急に「武士としてのメンタリティ」になるのかと思ったら、

非力な私ではなく、例えばの話、薩摩隼人の前でも同じことを言えるかどうか?
武士というのは、
「心せよ。相手は薩摩隼人かもしれん。ならば初太刀だけは避けよ」
という心意気があるものでしょうよ。まぁ、こういう心境も新選組好きだけかもしれませんけどね。士道不覚悟は切腹だ!

何だか強引というかひとりよがりだなと思います。
そしてなぜここでまた急に「薩摩隼人」だの「新選組」だのになるのでしょうね。これもリンクされている薩摩武士関連記事に誘導したいからですか?

「シン・大河」――このわけのわからないフレーズに何が期待されていたのか?
迷う弱気なプリンスという描き方に、どういうわけか期待を寄せた人はそれなりにいたようです。

この「シン・大河」なる表現、これも何度も書きますが、一部メディアは使っても公式は全く使っていないわけですが、武者さんは公式が使っていることにしたいのでしょうか。そして実際この家康は
「迷う弱気なプリンス」
であり、様々な場面で決断を強いられて、家臣や家族の助けで乗り切って来ているわけですね。

そして今度は脚本家叩きです。彼ら世代は司馬遼太郎を愛読していた親に反発していたとあり、

気合を入れて、あえてメインストリームから外れた血みどろ武士道、伝奇路線をこよなく愛する。これも少数派ながら、歴史への愛はあるでしょう。
小説ならば隆慶一郎、山田風太郎。漫画ならば『シグルイ』を熟読するようなタイプですね。
この脚本家の場合は、それすらないとみた。
司馬遼太郎を読み、大河を見てきた親をおちょくりたいだけ。高校生あたりで卒業して欲しいそうした精神性でもって、大河に乗り込んできたと。
そんなインプット不足で、面白い歴史劇が描けるわけがありません。

これもまた強引な話ではあります。
「それすらないとみた」
「司馬遼太郎を読み、大河を見てきた親をおちょくりたい」
その根拠はどこですか?
そもそもなぜ古沢氏に「歴史への愛」がないと言い切れるのかそれも疑問です。そしてこのコラムの場合、なぜ自分がそう思うかに対して、明確な根拠が示された例がどれほどあったでしょうか。

尚前編のガイドブックでは、磯CPのコメントとして
「古沢さんは時代考証の先生方がうなるほど歴史資料や取材資料と格闘しながら、キャラクターを生み出しています」
とありますね。

そしてこのことに関する記述が実に長々と続きますので、一部だけ残しておきます。

脚本家のインタビューを読むと、論点をずらします。
批判されている箇所はそのくだらなさ、つまらなさがあるのに、認めようとしない。言い訳や自己満足、ナルシシズムを語るよりも大事なことはあるのに、そうしない。
ワースト2という不名誉に関する弁解があってもいいだろうに、現実逃避して軽薄なことをしゃべるだけ。
『レジェンド&バタフライ』でも同じように絶賛し、ノベライズを担当した、そんな半分身内のような相手に滔々としゃべるだけで終わります。

「脚本家のインタビューを読むと、論点をずらします」
何か意味が通りにくいのですが、
「脚本家はインタビューで、論点をずらして答えています」
と書きたいのでしょうか。
そしてリンク先の記事のひとつ、

◆大坂の陣。でも今、戦う武将をヒーローとして描けるだろうか。「どうする家康」古沢良太の選択 (→link)

きわめて納得が行くものです。
武者さんがこの大河が好きであれば、嬉々として紹介しているでしょう。
そしてこちらですが、

◆ ドラマは「脚本家」で見るともっとおもしろい! なかはら・ももたさん×木俣冬さん「私たちがあの脚本家を推す理由」(→link)

私にはまるで劉禅と黄皓に見えます。もたれあいの精神に驚くしかありません。

貴方また劉禅ネタですか。これで3度目では。

聖人は天を体し、賢人は地に法(のっと)り、智者は古を師とす。『三略』
聖人は天を手本とし、賢者は地を手本とし、智者は古を手本とする。

この後に
「驕る者は毀りを招き、妄りにする者は災いを稔み、語多き者は信寡く…」と続くわけですが、それはともかくとして。

『どうする家康』とその周辺に漂うくだらなさを彷彿とさせる、こんな記事がありました。
◆ 「自分こそ正しい」というバトル そのツールになった「エビデンス」(→link)
小豆袋の逸話はあるだの。森蘭丸をあえて森乱丸にするだの。なじみのある呼び方ではなく、最新の説に応じた呼び方とする。
そのうえで、そんなことも知らんのかとマウントをとるあたりが、このドラマのいやしさの根源にあると思い当たった。
このドラマは歴史に対して敬愛がない。体系立てた筋道すら学んでいない。そのくせ、小ネタだけは仕込んでくる。

「最新の説に応じた呼び方とする」
何度も言うようですが、これが好きな大河だったら武者さんは大喜びなのでしょうね。真田幸村が『真田丸』で信繁となったのと、相通じるものがあると思いますが。
それにこの少し前でも書いていますが、森乱は一次史料では乱、または乱法師という表記のされ方をしています。それに則っただけの話だと思いますし、史実を重視したいのなら、それをもまた受け入れるべきかと思われますが、なぜか武者さんの場合
「そんなことも知らんのかとマウントをとるあたりが、このドラマのいやしさの根源にある」
「歴史に対して敬愛がない」
こうなるようですね。

その後も、かなり嫌悪感に満ちた記述が並んでいますがここでは省きます。
そして家康と氏真。

しかし、キッチリと覚えている視聴者もいます。氏真がマザーセナ相手に、未遂であろうと性的暴行をやらかしたことを。
そんなことを綺麗さっぱり忘れて、瞬間的な感動だけを狙う。どこまで浅ましいのでしょう。

これに関しても少し前にありましたね。関ケ原の前の回でしたか。
この場合氏真は元康、のちの家康に裏切られたと思い、瀬名を利用して圧力をかけようとしています。そして、もちろん今の感覚ではほめられたことではありませんが、この当時、敵の人質同然の女性に関係を迫るなどということもあったでしょう。

それにあれは瞬間的な感動を狙うと言うより、かつて兄同然に慕っていた氏真との再会の喜び、そしてまだ表舞台から降りることのできない家康のつらさや悲しさも含まれていると思います。あの回のサブタイ「二人のプリンス」は、この両名のことをも意味しているはずですが。

『どうする家康』とはそんな論破芸を大河ドラマで一年間流し続けたようなものだと思います。
批判があれば、
「でもその史実って誰か見てきたのw」
「史実至上主義w 歴史絶対主義ww」
「勝者が作り上げた理屈でしょw」
とでも言って、小賢しく立ち回る。この言い分は制作チームで共有して使いまわしていますが、誰かがそんなシナリオを作り上げているんですかね。

ここまで嫌いになれるものですかね。
それとここは武者さんの憂さ晴らしの場ではないのですけど。
そして歴代大河、もちろん武者さんの好きな大河もまた史実をアレンジして台本ができあがっているのですが、そういうのはやはり無視ですか。
あと
「制作チームで共有して使いまわしています」
その具体例をお願いします。

『どうする家康』は最低大河の持つ要素を全て持ち合わせています。
今回はスイーツを無駄に出してきて『江』を彷彿とさせました。
さらには出演者が大麻所持で逮捕されました。『花燃ゆ』以来のことです。あの作品は放送後、今回は最終回目前という違いがありますね。
◆俳優の村杉蝉之介容疑者、大麻をレターパックで受け取った容疑で逮捕…「どうする家康」にも出演(→link)

「スイーツを無駄に出してきて」
このスイーツがどういう人物で、どう無駄に出して来ているのですか。いつも思うのですが、ひとにわからせる書き方になっていないようですね。
あと出演者が逮捕された件ですが、『花燃ゆ』以来ではありません。
『いだてん』のピエール瀧さん、『麒麟がくる』の沢尻エリカさん、どちらも麻薬で逮捕されています。沢尻さんの場合は既に10話ほどを収録した後発覚し、代役として川口春奈さんがキャスティングされ、収録がやり直されたため、放送開始が遅れています。
また来年の『光る君へ』に出演予定だった永山絢斗さんも、大麻で降板せざるを得なくなっています。

それと、麻薬や大麻関連ではありませんが、『真田丸』に出演が決まっていた高畑裕太さんも、女性への暴行が原因で降板せざるを得なくなったことがありました。三谷さんが『鎌倉殿の13人』で、やましいところがある人はオファーを受けないようにといったコメントをしたのは、このこととも関係があったのでしょうか。

それのみならず、歴史好きや大河好きなんて嘘っぱちなのではないか、人格修養ができていないのではないかという疑念まで振り撒き、新境地の駄作に突入しています。
これぞ「シン・大河」ならぬ、「惨・大河」だというのだれば、賛同しかありません。

武者さんが嘘っぱちだ、人格修養ができていない、新境地の駄作だと考えるのはそれは自由ですが、報酬が発生しているコラムで書くべきことではないと思います。プロとして批判するのなら、もう少し客観的に物事を見てください。
そして公式が使ってもいない(と言うか、文春が最初に使った)「シン・大河」なる表現にいつまでもこだわるのもどうかなとは思います。それと「だれば」は「であれば」でしょうか。

あと例によってメールフォームのリンクがあります。私は先日、最終回が楽しみですと書いて送っておきました。また武者さん、(世帯視聴率で)歴代大河ワースト2位と何かにつけて書いていますが、第46回の総合視聴率は17.7パーセントありますよ。

飲み物-パブのビール2
[ 2023/12/16 01:45 ] 大河ドラマ どうする家康 | TB(-) | CM(0)

『どうする家康』第46回に関しての武将ジャパンの記事について-4

第46回関連の『武将ジャパン』大河コラムについてその4です。
本題に行く前に、この第46回で登場した家康の「日課念仏」。あの「南無阿弥陀仏」を書き綴って行くシーンに関して、こういう記事がありました。

NHK大河「どうする家康」家康(松本潤)の日課念仏にネット悲痛「もしかしてこれが殿の救い…」
(サンスポ)

これ、『葵 徳川三代』にも確かありましたね。


『どうする家康』は、結果的にWebメディアの問題点や信頼性も下落させることに繋がるのではありませんか?
ノベライズ担当者が毎週露骨に持ち上げている。
ジャニーズと関係の深いスポーツ新聞系メディアの提灯記事も激しい。

武者さんが嫌いだからそのように思うだけで、メディアの扱いは例年の大河とそう変わらないかと思います。そして
「ノベライズ担当者が毎週露骨に持ち上げている」
木俣冬氏のことでしょうが、確たる証拠がありますか?自分の判断だけであれこれ言わない方がいいと思いますが。

そして「ランキング系記事の信頼性低下」とかで、
◆NHK大河ドラマの歴代「徳川家康」、ハマり役だった俳優ランキング! 2位「津川雅彦」、1位は?(→link)

これも組織票が使えるランキングは当てにならないなどとありますが、ではこの手のランキング、武者さんが好きな大河であっても組織票頼みということになりますね。
そして
「『どうする家康』は視聴率が低迷している。関連書籍も少ない。NHKの番宣は激しいものの、民放は追随しようとしない」

視聴率低迷-あまり何度も言いたくありませんが、武者さんが好きな『パリピ孔明』も『大奥』も視聴率は高くありません。
関連書籍が少ない-ガイドブックと一緒のコーナーの本は、そこそこ冊数も種類もあります。
NHKの番宣は激しいものの、民放は追随しようとしない-民放のバラエティでも家康とか戦国とかかなりありますし、『どうする家康』のテーマを流した番組もありましたが?

同様の現象は『青天を衝け』でもありました。
特定俳優のファンダムが熱いだけで、歴史好きはそこまで反応していないことが、データから浮かんできます。
そういう役者のファンは歴史に興味はない。

では『青天を衝け』でどのような現象があったのか、ここで再度ちゃんと書いてください。

そもそも、こういうランキング記事で強引に『どうする家康』を捩じ込まれるところがかえって胡散臭い。
百戦百勝は善の善なる者に非ず。視聴率ワースト2位なのにランキングで上位に入り込むのは、組織票ありきと自白しているようなものでは?

今年の大河だからこれはありうると思います。こう書かないと武者さんは気がすまないのかと思いますが。
第一そんなにいやなら、こういうランキング見なければいいのに、こういうのは『どうする家康』とか大河歴代家康に興味がある人が見て楽しむものでしょう。

「百戦百勝は善の善なる者に非ず」
毎回戦って勝っても、損害が出るようでは得策ではない。戦わずして勝つことも大事。
これとそれとどういう関係が?

先憂後楽:来年以降の嵐もとい荒らしに備えておこう

この諺ですが
「支配者が民より先に国家のことを心配し、民よりも遅れて楽しむ」ですね。
先に苦労を経験しておくと、後で楽ができるという意味もあります。

そしてこの後ですが、
「一部の熱狂に頼った結果、今後、最悪のケースになることもありえます」
として、前作の熱狂的なファンが、次作を貶める。あるいは粘着質のアンチが、次作を白々しいまでに褒めちぎるなどとあります。

大河ドラマの場合は『平清盛』、『八重の桜』、『いだてん』と『麒麟がくる』でそんな現象を見かけました。
2012年から2013年、2019年から2020年の大河ファンダムは序盤で荒れました。第一話の時点でアンチがつき、SNS投稿を繰り返していたものです。
そうした過去を踏まえると、来年の序盤も相当たちの悪いアンチが生まれるかもしれません。

清盛といだてんのファンはたちの悪いアンチと決めつけている感がありますね。そして「どう康」ファンもたちが悪いと言わんばかりの書き方です。

これ何度も言いますが、大河コラムですよね。なぜ大河コラムでネット上のファンダムの話などを長々とするのでしょう。特に朝ドラなら、noteの方でやればいいだけの話です。その朝ドラ関連では、

朝ドラ発の「反省会」もおなじみ。はなから反省会ありきで来年は荒れるでしょう。
そこから距離を置くことも大事ですね。

「距離を置くことも大事ですね」
大事ですねも何も、これは自分には向かないと思ったら身を引くのが一番賢明かと思います。その割に武者さんは、ハッシュタグがどうのこうのと散々書いていたことがありますね。無理してファンダムをのぞくこともないと思います。さらにこういう場合はファンダムが悪いと騒ぐのではなく、自分でベストな方法を模索して身を処するようにしてください。

あと

“推し活”はよいことなのだろうか?
推し活が今、当然のことのようになっています。
誰しも推しはあってよいですし、そもそも本人の自由です。とはいえ、行き過ぎは警戒した方がよいのでは?

では「行き過ぎ」の基準は何であるのか、それをちゃんと書いてください。第一、ひとの趣味に首をやたらに突っ込むべきではないと思います。さらにその次に
「金を落とすことが推し活ならば、資本主義に利用されているとも思えます」
などとあり、いきなり何なんだろうなと思います。お金を落とすことが社会にお金を回しているとも言えますが。

ジャニーズ、歌舞伎、宝塚と、今年は「推し活無罪」とは言い切れぬ出来事が次から次へと起こりました。
よりにもよってその推し活ブームに、なぜ大河ドラマまで巻き込まれてしまったのか。虚しくなってきます。
推し活は、一歩間違えれば大変なことになります。

ちょっと強引に推し活と絡めているようにも見えます。
特に大河の場合、色々な俳優さんが出ているわけで、推しだから観たいという人もいるし、そういう人に対して、上から目線(のように見えてしまいます)でとやかく言うべきではないと思いますね。
それと所属事務所のトラブルと、個々の所属タレントは分けて考えるべきだと思います。

道は一つだけでなく、例えば諸葛亮の推し活ならば、『出師表』を読むとか、書写したって良いはず。
歴史ファンは元来そういうものだった気もします。

芸能人のファンの話をしていて、なぜ急に諸葛亮の話になるのですか。

学ぶにあらざれば以て才を広むるなく、志あるにあらざれば以て学を成すなし。諸葛亮『誡子書』
学ぶことで才能は開かれるのです。その志がなければ、学問が完成することはありません。

これですが、
「『学ばなければ』才能は開かれず、志がなければ学問が成就することはない」
ではないかとも思いますが。

脚本家のインタビューがどっと出てきました。
◆NHK大河「どうする家康」脚本・古沢良太氏「大きな挑戦でしたが、よやりきったなと」(→link)
大きな挑戦だのなんだの、キレイな言葉で飾られているものの、この方は「武士が何か?」ということすらじっくり思考されなかったのだな、と感じます。
先日、このドラマの過ちにあらためて気づきました。
ワンパターンでしつこい「覇道と王道」論争です。

この「覇道と王道」がしつこいですか?
毎回のように出てきたらしつこく感じるかも知れませんが、要所要所で出て来ているだけかと思います。

このドラマを見ていると、家康は王道を掲げた「王者」になるように思えます。そう誘導していますよね。
しかし、彼はどう考えても「覇者」です。
それが武士では?
武力で敵を制圧しておきながら、どうして「覇者」でないのか。
征夷大将軍とは、夷を征する将軍という意味です。天皇という徳で世を治める王者から、覇者としての位を授かっているという名目です。

この場合王道というのは、今川義元が言う「戦乱の世を終わらせ、徳をもって世を治める」ということです。
覇者としての位というのがちょっと曖昧ですが、家康はこの義元の薫陶を受け、戦無き世を作って王道の政を行うという意味に取るべきではないでしょうか。あとこの時代、帝は直接政にはかかわらず、臣である武士がそれを行うシステムでしたから、将軍が仁政を敷くという形になります。

でその後
『麒麟がくる』や『鎌倉殿の13人』、さらには『大奥』の例が挙げられています。いずれも武士は覇者で、王者は天皇(帝)であるというものです。
とありますが、義元は王者とは言っていないはずです。
あくまでも覇道、義元が言う、信長などが行おうとする武力による統治の対立概念としてとらえるべきでしょう。

このように、まっとうなドラマと日本史の認識では、武士は「覇道」を歩むものであり、その頂点である征夷大将軍は「覇者」となります。
「王道」と「覇道」の対比は、中国ならば通じる話ではありませんか?

「まっとうな」というか、武者さんが好きなドラマですね。そして中華帝国と日本は事情が異なります。
武士であっても徳をもって行う政治、仁政というのはありましたし、江戸時代は朱子学の影響もあってそれが広まったと言っていいでしょう。
武者さんが好きな会津の藩主でもあった、保科正之の政がひとつの代表例なので、刀剣ワールド様のサイトを置いておきます。

保科正之 
(刀剣ワールド)

「王道」「覇道」の話って、『鎌倉殿の13人』が渡したバトンを落とすことでもありました。
あの作品の最終回では、家康が『吾妻鏡』を読んでいます。
源頼朝の「覇業」を前例として東国武家政権を作る狙いをふまえれば、秀逸な展開。
それなのに本作はせっかくのパスを活かせない。

「バトンを落とすこと」
なぜそういう解釈になるのでしょうか。
そして江戸幕府は全国を網羅する政権であり、「東国武家政権」ではないはずですが。あと『吾妻鑑』は家康の愛読書とされており、こちらでは『新刊吾妻鏡』の刊行が紹介されています。

家康の出版事業
(国立公文書館)

そして『貞観政要』です。
英雄タイプということならば、「守成」と「創業」という『貞観政要』に出てくる分類もできた。
『貞観政要』は『鎌倉殿の13人』でも言及されていますし、今週出てきた林羅山の師匠である藤原惺窩だって、家康相手に講義しています。

この間同じようなことを書いていましたが、その時藤原惺窩には触れていませんでしたね。
ちなみにこうありました。

この年齢になって、ドスのきいた声で、見下ろすように王道と覇道の話をする。
これしか漢籍教養が身についていないって、絶望しかありません。林羅山を出して『貞観政要』すらやりませんからね。
なぜ林羅山を出したのか……理解に苦しみます。

そんな重要なこともこのドラマは活かせない。

何度も言うようですが、やはりドラマをちゃんと観ていないようですね。羅山が呼ばれたのは方広寺梵鐘の銘文関連です。なのに
「そんな重要なこともこのドラマは活かせない」
などと言ってほしくないものです。


飲み物-グラスに入った黒ビール
[ 2023/12/08 01:15 ] 大河ドラマ どうする家康 | TB(-) | CM(0)

『どうする家康』第44回に関しての武将ジャパンの記事について-5

第44回に関する『武将ジャパン』大河コラムについてその5です。


毛利家のご子孫が激怒?
茶々のように、間違った強い女路線は、女性を小馬鹿にするだけでなく、別の激しい怒りも呼び覚まします。
大坂城で平手打ちを喰らった毛利輝元。
その子孫の方が激怒して以下の動画をあげられました。
(中略)
じゃっどん、島津も酷い扱いをされとりもす。『西郷どん』も島津家当主が苦言を呈していました。

まずこの動画、私も見ました。すべて賛同とは行きませんが、ご子孫の方であれば、こう言われることもあるだろうとは思いました。
ただこのドラマでは、このような描き方になってはいます。
ですから武者さんがこのコラムのライターであれば、このご子孫の方の意見を汲みつつ、ドラマとしてはどのように描かれているか、その両方をすり合わせるべきでした。しかしこの場合、だからこの大河はダメなのだという叩き棒にしかなっておらず、その点でまたかと思わざるを得ません。

そして『西郷どん』、こういう子孫の方の苦情を持ち出すのは、嫌いな作品のみのようで、だからこそ叩き棒に持ってこいなのでしょうか、そういう利用の仕方もどうかと思います。
あと「酷い」ではなく「酷か」の方がよくないでしょうか。

それとちょっと前後する形になりますが、

ここのところNHKは長州に冷たいのではないか?
長州メインの大河ドラマ『花燃ゆ』という時点で何もかもが終わっていた――それから10年も経たないうちに、この仕打ちではさすがに怒りたくもなる。

『花燃ゆ』をあれだけディスっていた武者さんにこんなこと言われたくありません。
あの大河、主人公サイドは馴染めないものもありました。ただ吉田松陰が松下村塾生に狂えと言い、急進的な姿勢を取ろうとした時、兄民治がそれを諭すシーンなどはよかったし、長州藩士の描写などでは、功山寺決起などは見るべき部分もあったかと思います。

そして武者さん自身も『花燃ゆ』を丁寧に分析したとは思えず。ただ長州というだけでネガティブ路線に持って行ったふしがあります、そして今年は長州大河ではないし、ただ輝元の描写について色々言われているだけであり、それとこれは切り離して考えうべきでしょう。
たとえば過去の戦国大河の輝元を比較するというのであれば、まだわかりますが。

何よりも『花神』をまず観てほしいのですけどね。

まぁ『花燃ゆ』は、長州をよく描こうと思って失敗しただけの話でしょうけど、今回の毛利輝元はあまりに侮辱的ですよね。

それよりも吉田松陰の妹をヒロインにしてアピールしようとしたものの、創作をかなり入れなければならず、それでちょっと滑ったかと思いますが。そしてこの文(美和)的キャラ、長州でなければ寧ろ武者さんは好きな方ではないのでしょうか。

ただし『らんまん』や『大奥』では、良い薩摩隼人が登場しているのでまだ救いはある。
『大奥』の島津胤篤は素晴らしい。美形だけが魅力ではなく、郷中教育が育んだ柔軟性と聡明さが表現され『薩摩はやはりよいな』と感じたものです。
土佐についても『らんまん』でその魅力が描かれていました。

朝ドラ、そして10時のドラマと大河ではやはり違いますからね。
そもそも「良い薩摩隼人」と「悪い薩摩隼人」の違いは何であるかと思われますし、「郷中教育がはぐくんだ柔軟性と聡明さ」も具体的にどういうものなのか、説明して貰えないでしょうか。
そしてこれらは、あくまでも武者さんが好きな番組での描写であり、恐らくこれが彼らを主人公にした大河であれば、容赦なく叩くのではないかと思われます。

◆「印象に残っている大河の主演」ランキング!5位「岡田准一」「福山雅治」、3位「堺雅人」、2位「綾瀬はるか」を抑えた「意外な1位」の名前(→link)
このドラマの往生際の悪さは、事ここに至ってまで『チコちゃんに叱られる』とコラボをするあたりでしょう。
なりふり構わぬ番宣にはうんざり。
トークショーまで開催されるようです。
◆松本潤さんが大河「家康」最終日に静岡市でトークショー&PV 12月17日開催の来場者募集(→link)
静岡市の市民文化会館に松本潤さんを呼び、最終回のPV(パブリック・ビューイング)が実施され、1,800人の観客が無料で招待されるようです。

「往生際の悪さ」余計なお世話です。
もう『どうする家康』に関心がないのなら、トークショー云々黙っていて貰えないでしょうか。本当はこのコラムを書くのをやめてほしいと思ってはいますが。
こういうイベントは、この大河を好きな人、出演者を応援している人が行くものであり、武者さんのようにネガティブな突っ込みを入れる人が行くものでもありません。言っては何ですが、もう少しものがわかるライターであれば、ただ紹介だけで済ませておくでしょうね。

そして

そう考えると、一体どうしたことよ……とは思ってしまいますが、結局、袁術は玉璽を手にしても袁術なのですよ。って、『パリピ孔明』じみた話をして申し訳ありません。
袁術という名門出であることを鼻にかけたしょうもない男がいて、たまたま皇帝の証となる玉璽を手にしました。
そして皇帝を僭称してウダウダするものの、最後は滅亡するという話です。

ここでまた『パリピ孔明』、この番組も何かPRしなければならない理由があるのでしょうか。

大河主演という玉璽も、場合によっては重石になる。井上真央さんはもう克服しましたが、果たして今回はどうなるのか。

今回も同じような形で責めを負わせたいのですか。井上さんに対しても失礼だと思いますね。

でこの後
「何度も申していますが、このドラマは何かとおかしい要素に溢れている。
出演者同士の友情協調や、主演を褒める言葉がスピリチュアルなんです」
武者さんがそのように決めつけている、あるいはそのように見られてほしいと思っているようにしか見えませんのでここでは省きます。

あと

子、怪力乱神を語らず。『論語』「述而」
オカルトトークをすると、信頼性が落ちるぞ。まっとうな大人ならやめようか。

なととありますが、
「君子は、人智で計り知れないようなミステリアスなこと、説明がつかないようなことについては語らない」
という意味です。基本的に論理的でないものについては、みだりに口にしないとも取れます。憶測でものを言うのもこれに含まれるでしょうか。

そして

文春砲で「暴君」であると指摘された主演に忖度してのことなのか。
だとしても言葉選びが過剰で、不気味にすら思えてきます。まるでドラマの舞台から降りても、マザーセナ信徒になってしまったかのようだ。
いくらキラキラワードで飾ったところで、文春砲が出れば、夢は醒めます。

また文春砲ですか。マザーセナがどうこうより、武者さん自身が文春信徒であるように見えます。そしてまた松本さん関連のことであれこれ。

私は今年の大河を面白いと思えないことが、幸いなだと感じています。
人気事務所の主演を絶賛すれば、全国に数多いるファンから果実が得られるかもしれません。
しかし、渇すれども盗泉の水を飲まず――今回ばかりは誰かを傷つけることに加担することへ繋がりますので、そこに加担するのだけは勘弁。

面白いと思えないことは幸い=だからどんなことでも書いていいし、どんな形で叩いてもいいと言う論理すり替えのようにも見えてしまうのですが。
そして「盗泉」呼ばわりするその根拠は何ですか。今更ですが、非常に失礼な物言いですね。

「今回ばかりは誰かを傷つけることに加担することへ繋がりますので、そこに加担するのだけは勘弁」
文春砲も誰かを傷つけているかもしれないというのは、前にも書きました。その辺りの配慮は全くなしというか、特定の存在を信じ切ってしまえば、他に目が行かなくなってしまうのでしょうか。

遠慮無ければ近憂あり。『論語』「衛霊公」
遠い未来まで見通せず、「ネット大受けw」みたいなことばかり気にしているととんでもないことになるぞ。
まさにこの言葉通りの事態になった。
それが干し柿カットです。
端的に説明しますと、石田三成の見せ所となる「干し柿のシーン」が松本潤さんの意向で取り止めになったというもので、文春砲で指摘されていました。

これ前も書いていましたね、しつこいんですけど。
あと遠慮なければの意味ですが、遠い将来のことを考えることなく、目先のことばかりに囚われていると、問題や心配事が起こるという意味ですが、それとネット大うけとどう関係があるのでしょうか。

そして干し柿の問題、ドラマの中では伏線まであってそれが放送されないのはおかしいとか、『真田丸』の干し柿はこうだった、『麒麟がくる』はこうだっただのなんだの。それぞれの作品の描き方があるのは構いませんが、それを『どうする家康』でも繰り返す必要は全くないと思いますね。
しかもその『麒麟がくる』での風間俊介さんの家康について、

その後、金ケ崎での引き戦の最中で、「戦のない世を作るために、いまは戦をせねばならぬ時。いまは戦を重ねるしかない」と悟るシーンへとつながっていった。
上記のインタビューで風間俊介さんが「戦のない国にしたい家康」について語っています。そのテーマは『麒麟がくる』で既に描かれていた。

1983年の『徳川家康』でも似たような感じではなかったでしょうか。
さらに

それが『どうする家康』では、あまりに現実味のない、妄想のようなマザーセナの慈愛の国構想で強引に展開。描き方が雑すぎたから視聴者から疑念が噴出しました。
このドラマの家康像は何も新しくない。要はお粗末なだけだったのです。

また「マザーセナ」、そして
「視聴者から疑念」
では、具体的にどのようなものか書いてください。

「このドラマの家康像は新しくもない」
前にも書いていますが、戦国時代の東海地方を舞台にした作品は多く、脚本のもととなる史料などもいくらか似て来ます。
そして1つ前に書いているように、作品によって描き方は異なります。『どうする家康』が『麒麟がくる』を逐一踏まえなければならない理由はありません。

小人は水に溺れ、君子は口に溺れ、大人は民に溺れる。『礼記』
凡人は水に溺れる。ドラマ通はSNSやプロパガンダに溺れる。インフルエンサーは支持者に溺れる。

これなのですが、その最後に
「皆その褻なるる所ところに在あり」
と続きます。つまり人は失敗する理由がそのレベルによって違うが、その失敗はいずれも慣れから来る油断であるということです。

そしてその後『大奥』は素晴らしいが、井伊直弼を表す「チャカポン」に、『青天を衝け』の残した負の遺産を感じるなどとあります。そのうえで、一橋慶喜の渾名は言わないとか何とか。
このチャカポン、「茶歌ぽん」のことで、茶道、歌道、そして謡曲(『ぽん』は鼓の音から)と言われています。これはいずれも、埋木舎時代の渾名で、直弼の風流を愛する様を表したものでもあるのですが。

ある先生が著書で「幕末大河を信じて語られても困る」と毒を吐いていましたが、確かにその通りではないでしょうか。

幕末のみならず、大河はすべて創作が入っています。だから当然それを事実とすることはできません。
古沢氏も歴史は勝者の記録であり、いくらでも解釈できると話していましたね。

大河そのものだけでなく、昨今はファンダムもおかしい。推しをいかに激しくプッシュできるか。それを仲間同士で語り合うことが重要であり、どんなにバグだらけのシステムだろうが、萌えキャラがいればいい。そういう一点突破になっている。
作品として面白いか面白くないか? コンテンツ全体を見渡して評価することが邪道扱いされているようにすら感じます。

そしてまたファンダム叩きですが、ファン同士がやっている分には別に構いません。推しをプッシュしてもよし、作品として面白いか面白くないかは、ずばりその人次第だと思います。これは武者さんも、好きな作品ではやっていないでしょうか。
そして武者さんの言う「コンテンツ全体を見渡して評価する」とは、具体的にどのようなことなのでしょうか。ちょっと曖昧な表現に見えるのですが。

なぜ、こんなことを申し上げるか、というと次の記事が気になったからです。
◆《『どうする家康』も視聴率苦戦中》「つまらなかった大河ドラマ」ランキング…4位『平清盛』、3位『江』、2位『おんな城主 直虎』…納得の1位は?(→link)
2000年以降の大河ドラマで何がつまらなかったか?
視聴率ではなくアンケートで評価したもので、ランクインした作品のうち大河ファンに納得されるのは『江』と『武蔵』だけでは?とも感じます。
他の『青天を衝け』『平清盛』『おんな城主 直虎』『いだてん』は、むしろ高評価を掲げるファンも一定数いるはず。

『江』や『武蔵』を評価する人ももちろんいるかと思いますよ。人の好みは様々ですから。

またその中で、特に気になるのが1位の『いだてん』と5位の『青天を衝け』であり、東京五輪と新札の顔という、政治色のかなり強い要素があったとか、都合の良いところだけを見せて、ファンの気持ちを高ぶらせるのは、危険なことだと感じるなどと書かれています。
さらに「今までオリンピックに興味がなかったけど、このドラマのおかげで興味がでた!」というのは、かなり誘導されていませんかね?とか、主人公の、テロを是とする姿勢や愛人問題などはほぼ伏せられ、綺麗事ばかりが羅列されていたともあります。

別に『いだてん』でオリンピックに興味が持てたなら、それはそれでいいと思います。渋沢栄一しかりでしょう。それを楽しんでいる人に向かって、あれこれ言う必要はないと思います。ただ大河は、その主人公のすべてを描いているわけではないし、それが視聴者に共有されていれば、それはそれでいいのではないでしょうか。
そのうえ

今年の『どうする家康』は、旧ジャニーズが全面に押し出された結果、これまでの大河ファンが離れてしまったとも指摘されています。

逆に言えば、これまでの大河ファンが離れるような、それまでとは違った描き方を敢えてやっているとも言えるでしょう。これは先日分ご紹介した、日刊ゲンダイの記事にもあります。武者さんはお気に召さなかったようですが。
そして全面(前面でしょうか)に押し出すとあっても、放送開始時は松本さんと岡田さんのみで、その後旧ジャニーズから2人キャスティングされています。確かに松本さんは主役、岡田さんは信長役で、目立つポジションではありますが、そう多くの人が出ているわけではありません。

実際、来年になったら、見向きもしない視聴者が一定数いるでしょう。
大河ドラマが、自らそんな状況を作り出してどうするのか。
2024年『光る君へ』や2025年『べらぼう』については、今のところ懸念要素は見られませんが、以降の作品で、いつどこで偏向した姿勢が出てこないか?という心配は尽きない。

「実際、来年になったら、見向きもしない視聴者が一定数いるでしょう」

その根拠は何でしょうか。

そして「大河ドラマが、自らそんな状況を作り出してどうするのか」
などとありますが、武者さんて「本当に」大河枠の作品に興味があるのですか?
好きであろうが嫌いであろうが、ドラマをちゃんと観ているようには見えない、実際にはなかったシーンやセリフが出て来る、漢籍を持ち出したがる割に日本史の史料を持ち出そうとしない、海外ドラマや他の作品のPRばかりする(こちらが本業?)、考証担当の意見は否定する。
こういう点を考えると、どうも疑わしく感じられます。それと昨年の大河のコラムでも「脳みそが溶ける」といった表現がありましたが、こういう表現が好きですね。

あとまたメールフォームがあります、大坂の陣が楽しみですとでも送っておきますか。

そして最後になりましたが、三谷さん関係で『真田丸』、『鎌倉殿の13人』で共演した山本耕史さんと矢柴俊博さんに関する記事(2021年の記事です)がありました。私はこのお2人、同時に『きのう何食べた?』の小日向さんと富永さんを思い出すと書いておきます。

キャスト【ドラマ24】きのう何食べた?season2
(テレビ東京・BSテレ東公式サイト)


飲み物-ウイスキーロック
[ 2023/11/25 21:15 ] 大河ドラマ どうする家康 | TB(-) | CM(0)

『どうする家康』第42回に関しての武将ジャパンの記事について-5

第42回に関する『武将ジャパン』大河コラムについてその5です。

過ちて改めざる是を過ちと謂う。『論語』
「それはおかしいぞ」と指摘されても開き直って「でもでもだって!」と態度を改めないことこそ、まさしく過ちなんだよな。

この意味ですが
「間違うのは仕方ないが、即座に改めれば間違いではない。しかし改めなけば大きな過失となる」
こういうことではないかと思います。
そしてこの諺、武者さんに取ってかなり大きなブーメランになっていないでしょうか。

2023年は、大河ドラマの歴史にとって、決して消せない大きな汚点となるでしょう。
ただ単に出来が悪いとか、視聴率が低いとか、そういうことじゃない。

「単に出来が悪いとか、視聴率が低いとか、そういうことじゃない」
などとありますが、今までのこのコラムを見る限りでは、あそこが悪いここがよくないとか、視聴率の低さに言及するような記述がかなり目立ちます。
「そういうことじゃない」
とは、「どういうことじゃない」のでしょうか。

そしてこの後に
「NHKは大河ドラマや朝ドラをあまりに安売りしていて」
とあり、こういう記事のリンクが貼られています。

◆ 趣里や蒼井優の名演技に頼り過ぎ…朝ドラ「ブギウギ」に足りないものは何か(→link)
笠置シヅ子さんをモデルとした朝ドラ『ブギウギ』について指摘されていて、概ね同意します。
この朝ドラは脚本の問題だけでもなく、小道具、衣装、セットの作り、方言指導がお粗末で、やる気が全く感じられません。

デイリー新潮の記事ですね。
で、もちろんこの朝ドラに好意的な記事もあるし、本当はその両方に目を通して分析を行うべきなのですが、武者さんはどうもそういう見方はしないうようです。
そして
「脚本の問題だけでもなく、小道具、衣装、セットの作り、方言指導がお粗末で、やる気が全く感じられません」
何のことはない、『どうする家康』に向けている言葉を朝ドラにも向けているだけに過ぎません。
嫌いな作品なら十把一絡げということでしょうか。

そして大河コラムのはずなのに

なぜ朝ドラは、しつこく、しつこく、本当にしつこく、日本の芸能史をロンダリングするような気持ち悪いことを繰り返すのか?
この10年に限っても、
『あまちゃん』
『わろてんか』
『エール』
『おちょやん』
『ブギウギ』
……って、さすがに異常ではありませんか。

あの、「しつこく、しつこく、本当にしつこく」という書き方の方がしつこく感じられるのですが。
私もこれらのすべてを観たわけでない、と言うか観ていない方が実は多いのですが、こういった作品のどこが
「ロンダリング」
なのか、それをちゃんと説明してしかるべきでしょう。

確かに『あまちゃん』や『おちょやん』のような傑作もありますが、いい加減やりすぎなだけでなく、歴史修正も蔓延っています。

「傑作」としていながらやりすぎとか、歴史修正が蔓延っているとか、何を基準にしてどう言いたいのでしょうか。こういう点をはっきりさせないから、コラム自体に信用がおけなくなるのではないのですか?
そしてこういうのは、小檜山さん名義のnoteの方でやってください、朝ドラはあちらの方のはずですよね。

現在、イスラエルの歌手が兵士に向かってガザ攻撃を楽しむ動画がネットで出回っています。
戦争を煽り面白がるなんて最低だと思いますよね。
しかし、日本にもそういう歌謡関係者はいました。そういう人物を朝ドラはロンダリングして扱っています。

とかで、『エール』、『わろてんか』に関してのリンクがやけに貼られています。こういうのはコラム中で記述してしかるべきかと思います。
しかも何度も言うようですが、大河コラムでなくて朝ドラのnoteでやってください。ここは大河ドラマについて書くコラムであり、嫌いな朝ドラをアピールする場ではないと思います。

それと攻撃を楽しむ動画云々ですが、
「イスラエルの歌手が兵士に向かってガザ攻撃を楽しむ動画」
と言うのがちょっとわかりづらいのですが…。それに近いニュース記事を探したところ、
「兵士たちのもとを訪れたイスラエル人アーティストが、攻撃されたガザの人々をバカにして楽しむ動画を投稿」
とあります。これで正しいのでしょうか。

あと戦争中は、やはり戦意を高揚させるものが喜ばれたのは確かなようです。

そして、

『わろてんか』という吉本興業を徹底美化した朝ドラもありました。
どうしてそこまでプッシュするのか?

などとあり、

『どうする家康』も林羅山役が吉本所属ですね。

などとありますが、『わろてんか』のキャスティングと直接関係があるのでしょうか。
それを言うならNHKに出演している吉本所属の人なんて多いものでしょう。
『麒麟がくる』で二条晴良を演じた小藪千豊さんも、『おんな城主 直虎』で岩松という検地奉行を演じていた木村祐一さんも吉本ですが?そして、この『直虎』で小野政次を演じていた高橋一生さんは、『わろてんか』に出演していましたが。

『ブギウギ』についていえば、もうこういう報道が出てきています。
◆【ブギウギ】草なぎ剛が来週登場 服部良一さんモデル役にジャニーズ問題で「皮肉」の声も(→link)
少女歌劇団も、宝塚いじめ問題が報道されている最中に、よりにもよって今これをやるのかと愕然としてしまう。
たまたまではありません。
芸能界がそういう時限爆弾を放置しているのに、それを忘れて呑気にドラマにするから爆発するのです。

言っては何ですが、武者さんは、嫌いな作品が炎上するのを望んでいるように見えてしまいます。
だから大河だと文春絶対になるし、この記事も東スポWEBですが、こういうゴシップ的な記事を探して来て、自説補強にしているような印象しか受けないのです。

と、こういう指摘をすると、必ずのように
「でも! 私は毎朝楽しんでいます!」
「私はウキウキしながら見ているのに、それが悪いというのですか?」
という反論が出たりします。
無知で無邪気ではしゃいでいいのは子供の間だけ。社会的影響や倫理を考えず、毎朝楽しでいるからって理屈はあまりにも幼稚です。
誰がこのドラマを楽しんでいるのか?
大河についても同様のことが言えます。
私の記事だけでなく、他メディアで『どうする家康』への問題が指摘されていても、
「でも! 私は毎週楽しんでいます!」
とか
「つまらなければ見なければいい!」
といった幼稚な意見があがってくる。

「楽しで」は「楽しんで」でしょうね。
ともあれ最初から見て行きましょう。

「『でも! 私は毎朝楽しんでいます!』
『私はウキウキしながら見ているのに、それが悪いというのですか?』
という反論が出たりします。
無知で無邪気ではしゃいでいいのは子供の間だけ。社会的影響や倫理を考えず、毎朝楽しでいるからって理屈はあまりにも幼稚です」
まず朝ドラというのは娯楽番組です。
楽しんで観ても、ウキウキしながら観ても別に構わないのではないのですか?朝ドラを観ることが、一日の原動力となる人もいるでしょう。無論シリアスな目線で観てもいいのですが、要は楽しみ方は人それぞれであり、自分と違う観方をしているからと言って、それに文句を言う筋合いはないかと思います。
とどのつまり、自分と同じような問題意識(と言うか、多分に好き嫌いに基づいているかと思いますが)を持たない観方が嫌なのだろうなとは思いますが、武者さんの主張は、それぞれの楽しみ方をしている人たちに対して、家に土足で上がり込み、自分が思うような観方をしろと強要しているようなものではないでしょうか。

そして大河、これも朝ドラと同じです。
人それぞれの観方があり、自分の観方を他人に強いるものではないでしょう。それをやらないから、ネット上のタグに一々神経をとがらせることになるのではないでしょうか。
それから
「つまらなければ見なければいい!」
武者さんに言わせれば「幼稚」と言うことですが、きわめて正論だと思います。嫌なら無理して観ることはありません。
私自身あまり観る気が起きず、とうとう一度もリアルタイムで観なかった大河があります。あとでDVDで観ましたが、リアルタイムで無理に観ても精神衛生上よくないと思われる時は、観ないのもひとつの手です。
その代わり、楽しんで観ている人たちにとやかく言わないことでしょう。

以前武者さんは、『どうする家康』は若者が多く観ているという意見に対し、何らデータも裏付けも示さずに、そんなことはない、彼らは動画でも観ているということを書いていた覚えがあります。結局それなのです。データと裏付けはともかくとしても、嫌なら大河の放送時間は、自分の好きな動画でも観ていた方がいいのではないでしょうか。

では一体、どんな層がそうした意見をSNSや記事コメントに記すのか。私なりに考えてみました。
◆ 「どうする家康」官兵衛息子・黒田長政“一の谷形兜”ネット話題!薄型テレビ?ソーラーパネル?「首が…」(→link)
兜の正面につける飾りを前立(まえたて・まえだて)と言い、それぞれ意味があります。
死と隣り合わせである戦国武将の覚悟が表現されているわけですが、それをなぜ「薄型テレビ」などと笑われなければならないのか。
あまりにも程度の低いコメントで記事まで作られてしまう幼稚さに情けなくなってきます。

「あまりにも程度の低いコメント」なのだそうですが、私としてはこれらの意見、なるほどと思いました。
と言うか、戦国とか関ケ原に興味があっても、所謂変わり兜にあまり関心がなければ反応はこういうものでしょう。
ちなみに、このシーンですね。

どうする家康第40回七将2
(『どうする家康』公式サイトより)

私も先日福岡市博物館で実物を見て来ましたが、変わり兜の中でも形の独自性という点では、加藤清正公の長烏帽子形兜(画像向かって左端)同様、他の追随を許さぬものがあります。当初、これは本当に兜なのかと思ったりもしましたし。鉄板と見られても(正しくは銀箔を圧した檜板ですが)、はたまた「薄型テレビ」などと見られても、それはそれで関心を惹いているということですから。
寧ろ地元の人間としては、こういう形で黒田長政という人物を知り、さらに兜以外にも様々なことを知ってくれると嬉しいなとは思います。

ちょっと余談ですが、2019年のラグビーのワールドカップ、または今年の大会でもそうですが、ニワカでいいから、ファンになってラグビーを見てほしいと言われていたことがあります。結局それと似たようなものかも知れません。始めはさほど知らなくても、継続して関心を持つことで、知識の幅が広がることもあるわけですし、最初は皆ニワカですので。

話が戻りますが、武者さんはここで
「兜の正面につける飾りを前立(まえたて・まえだて)と言い、それぞれ意味があります」
と書いています。無論それは事実ではありますが、こういう部分でだけ、もっと言えばネットの声に対して上から目線な姿勢を取る時だけ、歴史的なことを書かれてもなと思います。
このコラム全体でどれだけ歴史的考察がなされているか、ドラマの描写に沿って文章が書かれているか、正直言って、ちょっと疑わしく感じられますので。

何よりも「だから黒田は何なんだよ」なる見出しで、

「福島と黒田が一緒に戦うよ!」って、
だから、彼らは何者なの?
NHKの日曜20時に流すドラマとして、その説明はカットしても皆がわかっているのが当然なんでしょうか。
本当に視聴者の知識に頼りすぎな作品です。

などと武者さんは書いています。複数回にわたっての武断派武将の描写があるのにこう書くのは、彼らに関心がないのだなと思われても仕方ないのですが、その一方で、長政公の兜に対してのネットの意見に対しては反応するのですね。
しかしそこまで知識を披露するのなら、一の谷兜そのものについてもっと書いていただきたいですね。

そしてこの後、長くなるので部分的に省きますが、要はこの大河を観ている層には史料とか史実などわからないだろうと言う、かなり一方的な見方のようです。

とはいえ「どんな層の人物が楽しんでいるのか」という答えは浮かんできそうです。
◆どうする家康:「あれ? TAKAHIRO先生」 直江兼続役に視聴者驚き めっちゃ長い“直江状”発動に「キターー」(→link)
直江状を読み上げることすらなくとも、「キターーー」と20年以上前のトレンドを振り翳しながら、演者に反応する。
全部がそうとは言えませんが、そういう層が盛り上がりの中心にいるんでしょう。
要するに歴史なんてどうでもよく、陰キャやヲタクの趣味でしょwとでも思っていそうな方たちです。

「要するに歴史なんてどうでもよく、陰キャやヲタクの趣味でしょwとでも思っていそうな方たちです」
何だかこれもブーメラン臭く感じられます。

そしてこの後も、

来年の大河ドラマ『光る君へ』には、日記をせっせと書いていた貴族が大勢登場することでしょう。
平安時代についてのことは、衣食住から行事、人間関係までよくわかります。
では同時代の坂東はどうか?
というと、これがわかりにくい。識字率の差が際立っているためです。
遺跡を発掘して、たくさん貝は出てくる。大きな家の跡もある。それがいつしか消え、ここにいたであろう某氏はどこへ行ったのか?
というと大仰な謎でもなく、単に記録する習慣がなかったために、わからなくなったのです。資料の意義はこういうところにあらわれると。

だそうです。
そしてこうも書かれています。

そんな基本的な歴史知識の無い人が、そういうことを気にしない人に向けてコスプレドラマ『どうする家康』を作った。
歴史に興味がないことを脚本家が明言している時点で、どうかしてます。

『レジェンド&バタフライ』のサイトによれば、別に古沢氏は歴史に興味がないのではなく、
「僕はそもそも今残っている歴史はフィクションだと思っているところがあります。いま残っている歴史は、勝者が都合のいいように語り継いだものですから、どう解釈しても自由だと思っているんです」
と言っているだけですが。

そして史料(資料でなくこちらの方かと)を重視するのであれば、平山優氏が
「森蘭丸でなく、森乱(または乱法師)」
と語っているのも当然重視されてしかるべきですが、武者さんは森蘭丸だと主張していますよね。それはなぜでしょうか。

さらに

歴史に興味もないのに徳川家康と“大河ドラマ”という名声だけは欲しがった。
そしてそれを無邪気に全面的に受け入れて楽しんでいる。
そんな層にはつきあいきれません。
互いの趣味が違うなら棲み分けていればいい。
それだけなのに、なぜかこちらを馬鹿にしてマウントをとってくるから厄介です。

「互いの趣味が違うなら棲み分けていればいい。
それだけなのに、なぜかこちらを馬鹿にしてマウントをとってくるから厄介です」
これもかなり大きなブーメランに見えるのですが。

善く戦う者は、これを勢に求めて、人に責(もと)めず。『孫子』「勢篇」

これもちゃんと意味を書いてくださいね。
戦上手は、個々人の能力や働きに過度に期待せず、組織全体の勢いを重視するということです。
個人技よりチームプレイと置き換えられるでしょうか。

で『ちむどんどん』は駄作ではなく、ネット上で作られた勢いに乗せられた人が多かったとか何とか。そして仲間由紀恵さんをはじめ、『大奥』には『ちむどんどん』の出演者が他にも出ているとあり、

むしろ『ちむどんどん』あっての『大奥』だと、スタッフのインタビューで明かされました。
◆「大奥」“サイコパス”治済に仲間由紀恵を起用した理由 底知れぬ闇を段階を経て表現(→link)

私自身、駄作とか傑作などという分け方はあまりしませんが、『ちむどんどん』にはちょっと馴染めないものがありました(飯豊まりえさんの愛、井之脇海さんの矢作はよかったと思います)。

そしてこの記事を見てみましたが、「『ちむどんどん』あっての『大奥』」というのはどこにも出て来ません。
『ちむどんどん』絡みでは、主に仲間さんとスタッフの関係について書かれていると言うべきでしょう。
「そもそも、僕(注・藤並英樹CP)は仲間由紀恵さんが俳優として大好きで『ちむどんどん』でもご一緒しまして、彼女のお芝居の奥深さや、キャラクターの表現がすごく達者で、面白い方だなと思っているので」
「『ちむどんどん』の優しいお母さん像とはまた百八十度違う、恐怖というか冷徹さみたいなもの、内面が分からない闇のようなものを表現していただく。『ちむどんどん』とのギャップも含めて、きっと面白くなるんじゃないかと」
「治済は非道なキャラクターではあるが、仲間自身は「ちむどんどん」のスタッフ(演出の木村隆文、プロデューサーの松田恭典)も多かったこともあって、「非常にいい雰囲気の中でお芝居を作っていけたと思う」と藤並」

しかしやはり思うのですが、自分が好きな作品の場合はつい好意的に見てしまいますね。
無論それが悪いとは言いません。ただ武者さんも『大奥』が推しであるように(だろうとは思いますが)、『どうする家康』や『ブギウギ』を好きな人もいるわけで、その人たちが当該作品を好意的に見るのは、自然なことではあるでしょう。

しかしこの『大奥』もそうですが、なぜ大河でもないのにこのコラムでPRまがいのことをやるのか、ならば『大奥』プロパーのコラムでも作って、そちらで書いてほしいところです。そしてこういう他作品をやたら引き合いに出して5ページを使うのなら、大河メインだけにして2ページか3ページでいいのではないでしょうか。
それでも『いだてん』までは2ページだったのですけどね。あれで十分だと思います。

そしてその後、また例によって『どうする家康』への誹謗中傷とも取れかねない悪口(と言っていいでしょう)だらけ。
さらに今週も「兵法」とかで漢語の解説があるので、この箇所だけ置いておきます。

調虎離山
兵法の時間です。
今日は「調虎離山」。 兵法三十六計の第十五計にあたります。
敵を本拠地から誘い出し、味方に有利な地形で戦うこと。『パリピ孔明』でも出てきました。

この意味ですが、
「敵を有利な本拠地から追い出し、自分たちに取って有利な態勢で戦う」
ことだと思います。

『葵 徳川三代』で野戦が得意な家康が、三成率いる西軍を大垣城から関ケ原におびき出すべく、家康が佐和山城を攻めようとしているという、嘘の噂を広めさせるところがありましたね。あれもこの調虎離山と言えるでしょうか。

あとまた松本さん関連の記事のリンクばかり貼られていますが、ここでは割愛します。
一応これだけ置いておきます。武者さん的には面白くないようで、

◆松本潤初の展覧会で岡田准一コラボ「今回の展示のためにカメラマンとして」大河ドラマ共演(→link)
特定の芸能事務所による大河ジャックは公共放送としていかがなものなのか。

タイトルにもあるように、松本さんの展覧会であって大河ジャックではありません。
そして岡田さんは近々独立予定のようです。

その後また例によってメールフォームのリンクがあります。
いよいよ終盤にかかる大河に、激励メールを送ってみるといいかも知れません。
(2023年11月12日一部加筆修正)


飲み物-テーブルのホットワイン
[ 2023/11/11 21:30 ] 大河ドラマ どうする家康 | TB(-) | CM(0)

『どうする家康』第38回に関しての武将ジャパンの記事について-4

第38回に関する『武将ジャパン』大河ドラマコラムその4です。ここから先は例によって持論展開、好きな作品推しに加えて、『どうする家康』関連記事叩きが延々と続きますので、端折ってご紹介します。


次回の予告編で、
「秀頼がお前の子のわけがない!」
と淀殿が秀吉に告げていました。
この言い方ですと「パクリ」と言われても仕方ないかもしれません。
華流ドラマ2011年『宮廷の諍い女』のオチでほぼ同じセリフがあります。

それに似た表現なら沢山ありますし、過去の大河にも似たようなのが確かありました。
『功名が辻』もそうですし、『軍師官兵衛』の茶々も、三成の子であることをほのめかすようなシーンがありましたね。

『パリピ孔明』と『大奥』には感謝しています。
歴史ドラマを見たいという欲求を叶えてくれます。
『大奥』はシーズン1の時点で出来がいいと確認できていましたが、嬉しい誤算だったのが『パリピ孔明』です。
本作、淀殿の中国語にはゲンナリさせられる一方で『パリピ孔明』はディーン・フジオカさんですから、外すわけがない。
◆「パリピ孔明」ディーン・フジオカの劉備&中国語ナレーションにSNS沸く(→link)
しかも、です。あの孔明は、たとえやることが音楽フェスでの対決であっても、いちいち兵法を踏まえているから素晴らしい。

貴方、『あさが来た』と『青天を衝け』で、ディーン・フジオカさんの五代友厚を散々に言っていたと思います。
その一方で好きな作品では「外すわけはない」ですか。
しかも北川景子さん演じる茶々は、別に中国語ナレ担当でもなく、習いたての中国語(この場合明国語でしょうか)を喋ってみせただけです。また彼女は日本人女性であり、中国人女性ではありません。なのに比較する方がおかしくないですか。

声聞情に過ぐるは 君子これを恥ず。『孟子』

「心ある立派な人は、実力以上の空評判を恥じるものである」
いつも諺を引っ張ってくる割に意味が書かれていないのですが、自分で調べろということでしょうか。

やらせレビューとか、「泣ける」連呼提灯記事量産とか。まともな神経の持ち主なら恥ずかしくてやれんだろ。
このドラマにまつわることは、何もかもが恥ずかしくなります。
例えば今週も旺盛な提灯ニュース。
◆【どうする家康】家康と家臣の絆に視聴者涙「殿と家臣団にマジほれた」「泣ける」(→link)
「マジほれた」とか「泣ける」とか、どこまで陳腐なのか。
ジャニーズ性加害問題でメディアの忖度が激しく問われているのに、相変わらず流される提灯記事にはため息しか出ません。

結局ジャニーズを叩きたいからこれですか。
そしてこれ、ネットで「マジほれた」とか「泣ける」とあり、その部分を叩いています。
ところが前出の『パリピ孔明』の記事でも、「SNS上で盛り上がりを見せている」とあるのに、こちらのファンダムについては何も触れませんね。こういうところが、ダブスタだと言われる所以でしょう。

「やらせレビューとか、「泣ける」連呼提灯記事量産」
その裏付けはありますか?
「このドラマにまつわることは、何もかもが恥ずかしくなります」
その「恥ずかしくなるドラマ」と戦っている自分はすごい、それを見せたいのでしょうか武者さんは。
そしてまた「どこまで…なのか」の、如何にも問題提起していますといった構文も相変わらずです。

ジャニーズきっての人気タレントを主役に用いながら、ドラマが洒落にならないほどコケた――そんなことは何があっても許されないとばかりに、ニュースだけではなく、イベントも開かれています。
◆ 小手伸也さん語る大河ドラマ「どうする家康」制作秘話! 大河ドラマの舞台となった小田原でトークイベント(→link)
◆神奈川 小田原 「どうする家康」パブリック・ビューイング 50席(→link)
北条氏政がマザーセナ教徒だという捏造妄想をやらかしながら小田原でイベントを開いたことにも驚きましたが、50席という会場の小ささにも驚きました。ご興味ある方はニュース映像もご覧ください。

これはもう噴飯物と言うべきなのでしょうか。
「北条氏政がマザーセナ教徒」
マザーセナなる、このコラムでしか通用しない、しかもドラマの登場人物を勝手にカルト教祖に仕立てた設定での表現を、批判材料に持ってくるというのにまず驚きです。

そして「会場の小ささ」
これ、小田原市内の地下街の、うめまる広場という場所で行われているようです。地下街であれば、イベントホールと言っても小規模でしょうし、先着順ということから考えて、最初からそう大きな規模のイベントではなかったと考えられます。その代わり、小田原城では来年1月まで大久保忠世ゆかりの展示が行われていますね。

大河ドラマ「どうする家康」パブリックビューイング in 小田原
(小田原市HP)

どうもこちら↓と比較したいようですが、会場の規模やイベントのあり方が違うのだから当然です。

◆ 松本潤さん 大河「どうする家康」初回放送前にトークショー(→link)
静岡市・岡崎市・浜松市で3,000人でした。
3,000→50人って、もう軍団崩壊じゃないですか。桶狭間あとの今川、長篠の戦いのあとの武田よりもはるかに酷い。

そしてやれ『大奥』はどうだ、『らんまん』はどうだ。
私はこの2つを観ていないし、ドラマそのものにも口出ししようとは思いません。ただ先日TVをつけた時、たまたま『大奥』をやっていました。2023年の最初の回を観た時(ちゃんと観たのはこの時だけですが)にも感じたことですが、あまり私に向かないなとは思いました。
それはともかく、ここまで叩き棒としていることで、この両作品に対するイメージが悪くなっています。マイナスイメージになることを考えていないのでしょうか。
それとも武者さんはこの2つが本当は好きではなく、『どうする家康』に対抗させるためだけに褒めているのでしょうか。何だかそうも感じられます。

それに引き換え『どうする家康』の体たらくときたら……。
どれだけ不人気でも、今はもう、とりあえずニュースを取り上げ、必死に誤魔化そうとしているとしか思えません。
もう今年の大河は終わった――。
肌でそう感じてしまうほど酷い状況になっているのに、SNSに目を向ければ、一部のファンたちが「批判する者は許さん! 異端者だ!」と言わんばかりの激烈さを見せている。
本当に今年は何なのでしょう。
大河は、来年以降も続きます。
今年はもう諦めるにせよ、将来に禍根を残すのだけはやめてほしいと願うばかりです。

「それに引き換え~と来たら」
この表現も、何となく陳腐だなと思いますね。
「もう今年の大河は終わった――」
ならばそう思っていればいいではありませんか。何度も言うようですが、その代わりこのコラムもなしですが。

SNSに目を向ければ、一部のファンたちが「批判する者は許さん! 異端者だ!」と言わんばかりの激烈さを見せている
武者さんが書いているこのコラムも、似たようなものだと思います。
「(『どうする家康』を)好意的に見る者は許さん! 異端者だ!」
となるわけですね。実際好きな作品を批判された時の武者さんの反応はこれに近いのでは。

「本当に今年は何なのでしょう。
大河は、来年以降も続きます。
今年はもう諦めるにせよ、将来に禍根を残すのだけはやめてほしいと願うばかりです」

このコラムでも何度も書いていることですが(これは、如何に武者さんが同じことばかり書いているかということでもありますが)、武者さんがそう考えているだけの話です。
あと「何なのでしょう」て、具体的にどうであるか書いて貰えませんか。武者さんのは毎度そうですが、何らはっきりした実例を示さず、はぐらかすような言い方が非常に多いのですが。
仰るように今年はもう諦めて、このコラムを書くのも諦めてください。
無論これを「禍根」と思わない視聴者もいます。

そしてまた『パリピ孔明』がどうのこうの。
大河関連コラムで、なぜここまでジャンルが違うドラマについて、延々と書くのでしょうね。
こう言っては何ですが、場合によってはステマと受け取られかねないと思います。
ちなみにステマと言えば、今月から景品表示法違反となっていますね。ちょっと関連リンクを置いておきます。

ステルスマーケティング 景品表示法で禁止の不当表示に指定 10月1日から規制対象
(NHK首都圏ナビ)

『パリピ孔明』のおかげで個人的にはノリノリ絶好調!
しかし、孔明のように兵法を用いて物事を語ろうとすると、人間関係に支障をきたします。
よほどの理解者でなければ、うざいだのキモいだの遠ざけられ、人間関係はどんどんミニマムになっていく……悲しいことですが、乱世ならばそれも致し方なし!
そんなワケで、孔明のごとく兵法で世の中を見ていきましょう。

借屍還魂――屍を借りて魂を還す。
兵法三十六計の第十四計にあたります。

だからどういう意味ですか。
それを少しも書かないのですね。
要は「すでに亡くなっている、あるいは気に留められていない存在を大義名分とし、自らの目的を達成する」です。

徳川家康の屍を振りかざし、自分たちの「承認欲求」と「自己実現」を取り戻す――それが『どうする家康』の計略でしょう。
今年の大河ドラマは話題性だけを考えている。
徳川家康の屍は利用されているだけ。
『鎌倉殿の13人』のように真っ当な大河ドラマは、北条義時以下、役者の生身を用いて歴史上の人物を甦らせることができます。
しかし今年の家康は屍のまま利用されている。
歴史はそのアリバイに過ぎない。
それが『どうする家康』です。

「今年の大河ドラマは話題性だけを考えている」
それだけで大河は作れないと思いますね。
そして今度は『鎌倉殿』を叩き棒ですか、
何だかんだ言ったところで、単に武者さんの主観、もっと言えば
「『どうする家康』は嫌いだから、真っ当な大河でない方がいい」
といった、個人的願望にしか見えないのですが。
大体「屍のまま利用されている」て、具体的にどのようなシーンがそれに該当するのですか?

それから古沢氏叩き。

彼は「歴史は勝者が語るもの」だから信頼できないとし、「そんなことよりも自分のフィーリング重視だ!バラフライエフェクトだ!」とかなんとか言い出し、「せっかくなら悪女否定から、もっと話をデカくしよう!」と思いついてしまった。
◆脚本家・古沢良太が『レジェバタ』に込めた想い「歴史に残らず、人知れず消えていく蝶の羽ばたきこそを描きたい」(→link)

バラフライエフェクトて何ですか?バタフライエフェクトですか。
『JIN-仁-』にも出て来ますよね。
また古沢氏は「フィーリング重視だ」などと言っていませんよ。
「僕はそもそもいま残っている歴史はフィクションだと思っているところがあります。いま残っている歴史は、勝者が都合のいいように語り継いだものですから、どう解釈しても自由だと思っているんです」
と言ってはいますが。

だから、兵站を無視した空撃ち数年だの。
北条氏政が「関東の隅っこで、侵さず侵されずに引きこもっていただけ」なんていうマヌケで基礎知識が欠落したプロットが通ってしまう。

武者さん、空撃ちは兵站が理由ではなく、火薬が高いからこんなことをするのは馬鹿げていると書いていませんでしたっけ。あと氏政は、秀吉と距離を置いて関東を支配したがってもいたようで、この引きこもっていたいにも、それなりの理由はありそうです。

それでも本作は止まりません。
承認欲求。
自己実現。
史実なんてものはその遥か下にあるちっぽけなものに過ぎないのでしょう。
なんせNHKの公式メディアから、こんな自己承認欲求にまみれた記事を出すほどなのです。
◆大河ドラマ「どうする家康」は「平清盛」のリベンジ作!? 初回放送で見えた!今後の注目ポイントはココだ!(→link)

自己承認欲求(承認欲求だけでもいいかと思います)ですか。ステラとしては新大河のPRとして至極まっとうな記事を書いていると思います。
言っては何ですが、承認欲求は武者さんの方ではないかと。

で、この部分が引用されており、

大森南朋演じる酒井忠次の海老すくいの3連発とか、ラストシーンで家臣たちに「どうする!」を連呼されるシーンなどはこれまでの大河ドラマにはなかった演出だった。
磯CPの意気込みが、そんなところからも伝わってくる。

意気込みが「酒井忠次の海老すくいの3連発」って……一体何をどうすればそんなことになりますかね。
求められるのは良い作品を作る気概であって「リベンジだ!」などという個人的な願望ではありません。

実際『海老すくい』はこの地に伝わっているもので、そこに目をつけているのは面白いと思います。
あと磯CPは別にリベンジだなんて言っていませんね。
そしてこの引用部分の前に

先にも書いたように、これから家康の人生は戦いの連続で、近しい人もどんどん死んでいく。去年の「鎌倉殿の13人」も辛い回が続いたが、今作もそこは負けず劣らず。その辺りは、古沢さんの脚本が小気味よく展開していて、ところどころにコメディー要素を挟み込んでいるので心配は無用か。

とありますが、この『鎌倉殿』関連の箇所は無視のようですね。

またいつもの武者さんの口癖というべきでしょうか

公共放送にあるまじき認識。
これでよく歴史を扱おうなどと思ったものです。

一体「何が」公共放送にあるまじき認識で、なぜ「歴史を扱おうなどと思っ」てはいけないのでしょうか?

と、思ったら、ノベライズ担当者が明かしていますね。これはもう歴史の二次創作だと。
◆大河ドラマ『どうする家康』が若者世代を繋ぎ止める?ドラマ評論家・木俣冬が教えるNHKの仕掛け「二次創作化の世界に入ってきている」(→link)
まぁ、ノベライズ担当者の見解がどれだけ当てになるか、なんてわかりませんよね。

これ週刊女性プライムの3月の記事なのですけど。
そして記事中にこうあります。

「家康の側室選びに、まるまる1話を使った回ですね。私も台本読んだとき驚きました(笑)。側室として選ばれたお葉が、実は男性を愛せない人だった、と。ジェンダーレスについてNHKさんも、いろいろ考えていますよ、という意思表示なのでしょうか(笑)」

こういうのも、好きな大河なら流石だとほめそやすのでしょうね。

あと

誰が何と言おうが、最低は最低では?
◆史上最低だけど最高だったNHKの大河ドラマ「いだてん」に金メダルを贈りたい(→link)

とあります。
私も『いだてん』は6回しか観ていないのでノーコメントですが、もちろん好きで見ていた人もいるでしょう。
如何にも嫌いな大河だけ世帯視聴率で判断したがる武者さんらしいです。
これを貼っておきますか。


FireShot Capture 267 - 鎌倉殿の13人感想あらすじレビュー第45回「八幡宮の階段」 - BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) 視聴率関連

ではなぜ日本では、未だ古めかしい基準に頼っているのか?
メディアや読者の感覚がアップデートされてないというのが大きな理由の一つ。
もう一つ、視聴者数と視聴回数が公表されていないことも確かですが、例えば大河についてNHK側が把握していないわけがありません。
(中略)
例えばNHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』は、視聴率は低いものの、NHKプラスの視聴回数がかなり高かったため、NHKとしては成功とされているようです。
『鎌倉殿の13人』も、視聴回数は公開されておりませんが、かなり高いとか。

ここでいう「古めかしい基準」とは(世帯)視聴率のことですが、嫌いな大河だと、その古めかしい基準をこれも叩き棒にして、作品を引っぱたく。本当にダブスタですね。


飲み物-ボトルとコルクとワイン
[ 2023/10/14 01:45 ] 大河ドラマ どうする家康 | TB(-) | CM(0)

『どうする家康』第37回に関しての武将ジャパンの記事について-5

では第37回『武将ジャパン』大河コラムについてその5です。
このコラムの後半部分にありがちなのですが、持論展開メインで、しかもジャニーズ関連で正直言ってこれでもかといった感じで書かれていますので、一部省略させていただきます。

結局のところ、自説補強のための記事集めと、それによる言われなき『どうする家康』叩きに終始している感があり、これを書かせている『武将ジャパン』にももちろん責任の一端はあるでしょう。そしてあれこれ書く割に、メディア側の態度について何も触れていないことを思えば、どう考えても公平性がある記述には見えません。まあ実際メディアに対しては、このような記事もあります。

「マナー悪すぎ」 ジャニ会見でルール無視の記者に視聴者落胆「本当に恥ずかしい」
(ENCOUNT)

武者さんが本当にこの問題について書きたいのなら、大河コラムで、しかも当該の大河の叩き棒としてこの問題を持ってくるのではなく、複数のメディアの賛否両論から問題点を分析し、極力偏らない視点で事実重視で書くべきなのですけどね。

ここまでの事態に陥っていながら、NHKでは依然として大河ドラマのポスターなども貼られているのでしょうか。
打ち切りなどないとばかりに、最終回放送日程まで発表済みです。
◆ 「どうする家康」最終回は12・17!2年連続の全48話に決定(→link)

「ここまでの事態」などとありますが、この問題と大河は本来別の存在であるはずです。
しかも
「打ち切りなどないとばかりに、最終回放送日程まで発表済みです」
との言い方もどうかと思います。実際完結編のガイドブックを見るとわかりますが、最終回は「第47・48回」となっています。つまりこのガイドブックが編集された時点では、まだ何回で終わらせるかが決まっておらず、このような形を採っているのでしょう。然る後に48回に決まったと考えられます。
しかもNHKから「打ち切り」についてなど全然発表されておらず、一部メディアがそのように考えている、あるいは考えたがっているのではないかと思うのですが。

あるいは武者さんは、昨年と同じ48回放送というのが面白くないのでしょうか。

徳川家康ほどの人物を描く上で、ジャニーズを頼るとは……それが「シン・大河」なんですかね。
◆松潤主演NHK『どうする家康』は「シン・大河」になる? 大ヒット大河ドラマ“勝利の方程式”とは(→link)

これも前に書いていますが、NHKは「シン・大河」などと言っていません。メディアがそう言っているだけのことです。
そしてこんな自説ばかり振り回さず、もう少しドラマ本編についてちゃんと触れてください。小田原評定をご存知ない(としか思えない)のに加え、甲冑は戦場で着けるものには、正直呆れました。スポーツ選手が、ロッカールームでユニフォームを着るのと間違えていないでしょうか。

釜底の薪を抽(ぬ)く。『兵法三十六計』
釜の底にある薪を引っこ抜く。相手の大義名分を引っこ抜いてやれ。

「釜底抽薪(ふていちゅうしん)」ですが、「相手の大義名分を引っこ抜く」のではなく、物事の解決のためには、根本にある原因を取り除く必要があるという意味です。

心理学実験に、こんなものがあります。
誰でも簡単に解ける問題をまず出題する。
その正答率を確認しておき、同じ問題を出すのですが、今度はグループ形式にしておき、その中に堂々とした態度で誤答を語るサクラを入れておく。
「関ヶ原の戦いが起こった年ですか? そんなの簡単、1603年でしょ!」
こんな調子ですね。すると他の参加者に迷いが生じます。
「あれ? 1600年じゃなかったっけ……。でも、この人が堂々と答えているからにはそうなのかも。それに1603でも覚えた気がする」
こうなってしまい、同じ問題でも、正答率はグッと落ちる。
要するに、人は自分の意思では案外物事を決められない。周囲を見まわし、それに合わせてしまうんですね。

同調圧力実験ですね。アッシュのでしょうか。
しかし同調したから弱い、しなかったから強いというのではなく、寧ろその場での他人への気遣いという点もまた、この同調には含まれていると言えるようです。

そしてドラマ評価でも「同じことができます」と書かれているのですが、果たして同じことがいえるでしょうか。
この後にこのような週刊誌の記事のリンクが貼られており、

◆《最終回がっかりドラマランキング2023》『VIVANT』は有終の美を飾るも終わり方に賛否両論!3位『教場』2位『silent』を抑えた1位は?(→link)

1位は『ちむどんどん』なのですが、武者さんとしては、

つまり、あの世にいる父に向かって快癒祈願をしたのです。
(中略)
要するに、スタッフは琉球信仰ありきで話を作った。それを知らない本土の和人がこういうことを言ってしまう。
しかし、NHK朝ドラの視聴者は圧倒的に和人が多いので、こういうマジョリティの傲慢さをするっと受け入れます。
多様性配慮の時代とは思えないほど酷い話でしょう。

このように書いているのですが、私があのシーンで思ったのは、聖なる場所であのように大きな声を出すのかなという点でした。さらにドラマの中でも、暢子の都合に合わせて家族を徹夜させたり、やけに反社勢力を絡ませたり、三郎が喪服姿で病院に行ったり、何よりも沖縄の農産物を日本に持ち込めないのに持ち込んだり、そういった諸々のことが何となくおかしく感じられたのです。
武者さんはここでは、沖縄差別だという点のみに話を持って行っていますが、それ以外にも不思議に感じられる点はあったわけで、そういうのをきちんと総合するべきではないでしょうか。

その後少し『ちむどんどん』関連で沖縄戦のことも出て来ますが、悪いけどここでは省きます。こういうのも別コラムを立てて、武者さんの考察がきちんと窺えるものにしてほしいです。
そして『カムカムエヴリバディ』の脚本が藤本有紀さんである件について。

ついでに言うと、『カムカムエヴリバディ』は大河ドラマ『平清盛』と脚本家が同じです。
あの脚本家自身の問題ではなくファンダムの性質なのかもしれませんが、あの大河での失敗以来、判官贔屓が激しい状態になっています。
脚本家の朝ドラ起用が決まっただけで、お祝いメッセージを投稿しバズる。そんな現象が起きていました。
しかし、こういう熱気につられていると思わぬ罠にかかります。

などとあります。
話が戻りますが、先ほど同調心理の実験についての記述がありました。この実験に使われる問題として、たとえば1+1は2なのに誰かが3と言えば、その方につられてしまうといったものがあります。この場合1+1=2というのは真実です。また武者さんが引き合いに出している、関ケ原の戦いも1600年に行われたのが史実であるとされており、正解が存在します。

ただ何度も言うようですが、ドラマに限らずエンタメには、恐らくどの作品でも賛否両論があり、その意味で正解が存在しづらいと言えます。にもかかわらず武者さんはそう思わないようで、「思わぬ罠」の例として

「石兵八陣」につっこむことになりかねません。

などとあります。この石兵八陣、関羽の弔い合戦である夷陵の戦い時に、劉備の戦法を危うく感じた諸葛孔明が、蜀軍が敗走することを見越し、巨石によって作ったもので、定期的にその陣内で突風や波が起こるようになっている仕掛けです。
実際恐るべきものですが、何もこんなのを引っ張って来なくても、きわめて危険な状態になるとでも書いておけばいいのですが。

そしてまたくどくどとジャニーズ。下記の夕刊フジの鈴木祐司氏の記事を持ち出しています。

◆若年女性の〝ジャニーズ離れ〟加速、視聴率から読み解く 頼みの綱のタレント人気、NHK「ザ少年倶楽部」が大幅減(→link)

そして本文から
「一部の熱烈なファンは、所属タレントには罪がないとSNSで発信する。
ただし、これらはラウドマイノリティーで、圧倒的多数のサイレントマジョリティーは〝ジャニーズ離れ〟を始めているのだ。
視聴率が雪崩を打つように下がり始めた以上、事務所の名称変更や株式を含めた体制の抜本的見直しはもはや避けられない」
といった部分を抜粋しています。
ファンダム嫌いの武者さんとしては、我が意を得たりといった思いなのでしょう。

しかしこの鈴木氏、『ステラ』では大河関連の記事を手掛けており、武者さんはそれを幸せ探しのポリアンナ記事(チェリーピッキングの意味と思われます)と揶揄しています。同じ著者が、ジャニーズ離れのことを書いたら褒めるのですね。しかし鈴木氏、ヤフーの記事がすべて削除されましたね。

しかしここで言えるのは、所属タレントや俳優は罪がないということ、これは事実でしょう。
事務所が悪いからお前も悪いでは、連座制、連帯責任になりかねず、もっと言えば人治主義です。一部で糾弾する声が大きいから悪いと決めつけてしまうもので、これでは、法の出る意味がなくなると思うのですが。

心してかかりましょう。
ラウドマイノリティーが大声で「でも私は好きだから!」振り翳してきたら、その薪を引っこ抜くことを心がけるのです。
そんなものは子どもが「ピザは体に悪いっていうけど、私は好きだもん! ピザが好きな私をバカだっていいたいの?」と上目遣いで涙をためて言うようなもの。
作品の好悪と評価は本来別物です。

「作品の好悪と評価は本来別物です」
好悪はともかく、エンタメ系の評価に絶対はありません。スポーツの評価の方が勝敗で決されるところがある以上、もっとシビアです。
しかし武者さん、好悪と評価が別物ならば、貴方が嫌いな『どうする家康』にもし好意的な評価がくだされても、文句は言えませんね。
つまり貴方が大声で「でも私は嫌いだから!」と主張して来ても、その薪は引っこ抜かれるのですね。
そして貴方が『どうする家康』が嫌いだというのは、子どもが「ピザは体に悪いっていうけど、私は好きだもん! ピザが好きな私をバカだっていいたいの?」と上目遣いで涙をためて言うのと同次元であるとみなされるのですね。
(しかしかなり前の方で持ち出している釜底抽薪を、ここで持ち出してくるのですね)

それとピザが必ずしも悪いわけではありませんけどね。問題は食べすぎなのですが。
こういう記事があったので貼っておきます。

癖になるけど、体も気になる宅配ピザ 賢く食べるには
https://www.nikkei.com/nstyle-article/DGXMZO65542430Y0A021C2000000/
(元NIKKEISTYLe→日経Gooday)

そして『いだてん』に関して。
「教養を低下させかねない不正確な描写すらありましたが、私が言いたいのはそこではありません」
何だか随分上から目線ですね。
私はこれは途中で視聴をやめたので何とも言えませんが、何でもある記事で、『いだてん』ファンが以下のような論調になると書いてあるらしいのです。
「近代オリンピックの歴史を描いた『いだてん~東京オリムピック噺~』(19年)は視聴率こそ振るわなかったが教養と娯楽を兼ね備え、かつ映像として見応えのある秀作であったことも記しておきたい」
しかしやはり武者さんは面白くないようで、

「私は『いだてん』が好きでした。しかしなぜヒットしなかったのか。何をどう、読み違えたのか。検討は必要です……」
諸葛孔明のような顔でそう振り返ってこそ、大人の責任の取り方でしょう。

などとあります。「読み間違えた」ことにしないと気が済まないのでしょうか。
ならば武者さんも『麒麟がくる』の駒がなぜあそこまで言われたのか、諸葛孔明のような顔で振り返っては如何かと思います。

そしてまた海外ドラマだの華流時代劇など、武者さんが喜びそうな記事のリンクが貼られています。
で今度は

君子一言、馳馬難追
君子の一言は、駿馬に鞭を入れたようなもの。事態が素早く動き追いつけなくなるぞ。

これ、
「君子が一度口に出したことは4頭立ての馬車でも追いつけない、つまり一度口に出すと取り返しがつかない」
の意味なのですけど。
武者さんて、本当に漢籍に関心があるのですか?
追記:この諺ですが、「一言既出、駟馬難追」と「君子一言,快馬一鞭」というのはよく目にします。私は前者の意味に解釈しましたが、もう一つの方も似たような意味で、どちらも「追いつけなくなる」のではなく「取り返しがつかなくなる、迂闊にものを言うな」という意味です。
そしてこの『君子一言、馳馬難追』という諺、検索すると『好父母必修的八堂說話課』という書物が出て来ますが、生憎今それ以上のことはわかりません。そもそも武者さんも出典を「中国の諺」としかしていませんし。

武将ジャパン中国ことわざ

そして

NHKはもう時間切れ。手遅れでしょう。
いくら何を言おうと、局のロビーには松潤家康ポスターが貼ってある。

大河ドラマの主人公だから、当然貼ってあると思いますよ。

そして次の朝ドラは『ブギウギ』ですが、これに関してもジャニー喜多川氏との関係がある、そして再放送中の『まんぷく』も、日清食品は過去に疑惑があるとか何とか。嫌いなドラマの情報集めには余念がありませんね。とは言え、武者さんが褒めるドラマの登場人物も、過去に色々なものを背負った人もいるのではないかと思いますが。

NHKという大樹を切り倒すとなれば、それこそ斧の一撃ではどうにもならないでしょう。
しかし、何回も打ち込んでいればどうなるか。
私はあえて続けたい。毒抜きをした方が結果的に良いこともあるはず。
そろそろ限界ではないか?と私は感じています。受信料を払っている皆様であれば、その一撃を打ち込んでもよいでしょう。

NHKは特殊法人ですからね、倒すより民営化とか、逆に国有化するという方法もあるかと。国有化すればすべて公務員待遇で、社屋も所有できなくなります。
ただ武者さんがNHKを切り倒せと言っているのは

今年の大河が気に入らない
その大河に、ジャニーズ所属俳優が出ているのが気に入らない
今年に限らず、過去にも自分が嫌いな大河や朝ドラを放送しているのが気に入らない

こういった点がメインで、いくらか衝動的なのでは思われます。
もしNHKがなくなれば、貴方が好きな朝ドラや大河も放送されなくなりますよ。

◆NHK みなさまの声(→link)
それにしても、大河ドラマのことを考えるうえで、なぜ歴史ではなく、メディアの策だの、事務所の都合だの考えねばならないのか。
ジャニーズと癒着したどこぞの誰かのせいで、腹立たしい限り。
一体この茶番劇は何なのでしょう。

またメールフォームですか。関ケ原が楽しみですと書いておきますか。
それと「それにしても」以下、武者さんが勝手にそう思っているだけではないでしょうか。

しかし大河関連はちょっとおざなりな部分もあるのに、それ以外の、特に持説展開に関する記述では、あれこれ記事を持ち出して来て実に元気がいいですね。
やはり本当に書きたいのはこちらなのでしょう。

飲み物-エスプレッソブラック
[ 2023/10/07 21:00 ] 大河ドラマ どうする家康 | TB(-) | CM(0)

『どうする家康』第35回に関しての武将ジャパンの記事について-4

『武将ジャパン』大河コラムその4です。しかしよくこれだけ長々と書きますね。


一連の報道には、心身ともに疲弊しきっています。
しかし、いつかこういう日は来るだろうとは思っていました。何かが危ういだろうと。
去年の『鎌倉殿の13人』では、古参の腐女子、BL好きだという視聴者が、源実朝と北条泰時の描写に「萌えない」という感想をつけていました。
こうした声が、男性の同性愛描写がすべて自分が萌えるためのサービスだと考えているのかと思ったら、気分が暗くなってしまったのです。

このパラグラフ、「ドラマ鑑賞者との共犯関係」なる小見出しがついていましたが、いくら何でもこの書き方はないでしょうね。
そして武者さんは
「BL好きだという視聴者が、源実朝と北条泰時の描写に「萌えない」という感想をつけていた」
のが面白くないのでしょうが、ドラマの観方というのは人さまざまであり、特にこういうことに口を挟むものかと思います。自分と違うなら違うで、スルーしていればいいのではと思いますが。

で、そのあとも
「描写として秀逸かどうか……ではなく「自分が萌えるかどうか」「自分が好きかどうか」で決めてしまう」
などとありますが、大河の評価を自分が好きかどうかで決めつけ、あまつさえ好きな作品を嫌いな作品の叩き棒にしたがる武者さんに、こういうことを言ってほしくないなと思います。

誰だってそういう部分はあると思いますが、行き過ぎてはまずいでしょう。

では、どういう部分を「行き過ぎ」と判断するのでしょうか。

そして『あまちゃん』はAKBビジネスを無毒化し、ロンダリングしているだの、吉本興業ロンダリングの朝ドラ『わろてんか』のように、作品自体の出来が悪ければ悩まずに済むからまだマシだの。しかも、
「私がもう一度『あまちゃん』が好きだと言えるようになるのは、そのあたりがハッキリとしてから。好みと人倫は分けて考えなければならないと思います」
なのだそうですが、この人本当は『あまちゃん』を好きではないのだろうなと思います。本当に好きであれば、あのアイドルグループビジネスの描写にしても、それはそれと割り切って観ることができるでしょうから。

ネットニュースについては、PV(閲覧数)を稼げればいいのか。描写として適切かどうかよりも、「萌える」かそうでないか、そこに注目する記事が増えています。
その弊害を思うと、そろそろ見直すべきではないかと感じていたところです。

こう言っては何ですが、PV数を言うのであればこのコラムも同じようなものではないでしょうか。

事務所。ファンダム。劣情。そんなものにつけ込むばかりでよいのかと。
ジャニーズ問題で顕在化された感はありますが、朝ドラや大河ドラマのニュースは、近年、どんどん下劣になっているとは思っていました。
たとえば2018年朝ドラ『まんぷく』では、憲兵拷問を受ける俳優に劣情を抱いて盛り上がっているSNS投稿がありました。
この事件はモデルとなった人物も深刻な負傷をしています。憲兵の拷問では落命した方もいます。
そういう悲劇であるにもかかわらず、それをソフトポルノめいた演出にし、萌えるだのなんだの言い募ることはあまりに無神経ではありませんか?

まず「ニュース」が下劣と書きながら、なぜここで「SNS投稿」を出してくるのか。この両者は異なると思います。
恐らく萬平が冤罪で拷問となったシーンのことなのでしょう。しかしあれが「ソフトポルノ」だったでしょうか。あれはあくまでも拷問だったと思います。
中にはそういう投稿をした人もいるでしょう。しかしそれが視聴者の総意であるかとは、ちょっと言えないのではないかと思うのですが。

朝ドラではなく大河に話を戻しましょう。
『どうする家康』はなぜ失敗したのか?
私なりの分析であれば、『青天を衝け』が成功したことを一因にあげます。
あのドラマは、最新の研究成果をアリバイ的に取り入れただけで、悪質な捏造や歪曲も多い。VFXや小道具の作りも拙い。
それでも受けたのは、SNSでいかにも盛り上がりそうな小ネタの使い方がうまかったこと。
イケメンラッシュ。勝ち組である。そういった小技のうまさがあるのでしょう。

まだ終わってもいない大河が失敗だ何だと書くのも、ちょっと無神経ではないでしょか。
そして『青天を衝け』が成功したとし、
「SNSでいかにも盛り上がりそうな小ネタの使い方がうまかったこと」
さらにイケメンラッシュだったと書いているのですが、ストーリーの展開も、徳川家康の登場などの要因も無視されているなと思います。そして例によって「悪質な捏造や歪曲」(関東大震災絡みでしょうか)、「VFXや小道具の作りも拙い」(と武者さんは観たいのでしょうね、ならばどういうのが拙くないか例を挙げてほしいです)などなど。

その小ネタの一例がこちらです。
◆「青天を衝け」大河名物!?吉沢亮のふんどし姿に反響 「大河恒例の裸」「大河のふんどしタイム」(→link)
「大河恒例」だのなんだの書かれていますが、記事にもあるように『麒麟がくる』ではやりません。
そもそもこの場面はおかしかった。必然性もないうえに、役柄はまだほんの子どもです。
子どもがうっかりして下着姿になることに萌えただの興奮しただの、演者が成人であっても、そういうラッキースケベ狙いはあまりに下劣で嫌でたまりませんでした。

大河にはそれぞれの描写方法があり、別にこういう方法があればあったでいいと思います。
武者さんが褒めていた頃の『いだてん』なんてもっときわどいシーンもありました。また『真田丸』の石田三成が水垢離をするところ、あれも同じようなSNSの反響がありましたが、それには突っ込まないのですか?

このドラマでは、安政の大獄で処刑される橋本左内が、どういうわけか松平春嶽と共に半裸で蒸し風呂に入るような、わけのわからないサービスシーンもありました。
非業の死を遂げた人物をお色気要員に使うデリカシーのなさに嫌気がさしたものです。

それですが、『八重の桜』で覚馬と尚之助の入浴シーンもありましたね。こちらも、尚之助の晩年は幸せとは言えないものもありましたが、それもデリカシーがないということになるのでしょうか。

そして「全てのお色気が悪いわけではありません」として、

『鎌倉殿の13人』で八田知家や三浦義村が、堂々と脱いでいる様は、それこそ運慶の金剛力士像のようで素晴らしかった。
頼朝の前で身をくねらせる北条政子。琵琶を奏でる実衣。あざとさ満点で歩いてくる源仲章。
彼らは自分自身の持つ艶かしい力を意識的に使っていて、それは素晴らしかった。

とありますが、嫌いな大河であれば思い切り叩いているのではと思います。先日も書きましたが、武者さんのダブスタにしか見えません。そして

「そういう自覚した上での色気ならわかります。けれどもああいう覗き見的なお色気描写はどうなのでしょう」

「自覚した色気」と「覗き見的な描写」の線引きをどのようにするのですか?
具体例を挙げてください。

それに何よりも『まんぷく』『青天を衝け』のようなあざとい描写に、演じる俳優は納得できていたのでしょうか。

俳優さんが台本を読んで納得しないと、ああいうシーンは収録できないと思うのですけどね。

そしてこの色気だのセクシーだのの文章が延々と、しかも正直言って、武者さんの愚痴のようにしか思えない文章が延々と続くのでここでは省きます。本当にコラムを書ける人であれば、要点だけを絞り込むものだと思います。
またジャニーズの差別意識だのハラスメントだの。そして今度は、ファンを槍玉にあげた記事を例に挙げています。武者さんにしてみれば我が意を得たりといったところでしょうが、そういうのはこの大河と直接関係ないのだから、別のコラムでやって貰えませんか。しかもこの一連の問題、黙っていたマスコミも悪いという声も出ているようです。

そのうえでまた『青天を衝け』叩きが続きます。『どうする家康』もそうですが、この『青天』叩きもしばらく続きそうですね。しかも大河コラムなのに、例によって後半部分はすべて持論展開。『武将ジャパン』はなぜ何も言わないのでしょうか。

そして

過ちては改むるに憚ること勿れ。『論語』「学而」
間違って修正することを、他人や周囲の目を気にしすぎてためらってはいけないよ

正しくは
「過ちを犯したことに気づいたら、体裁や体面などにとらわれず、ただちに改めるべき」
の意味ですね。

そしてすさまじいのが

「ともかく、NHKは悪質極まりないドラマを、問題点がわかっていながら放映した。人倫にもとることを堂々とやってのけた。それでもマスメディアは誉めていた。
そういう甘っちょろい態度が大河制作班をつけあがらせたのではないかと、私は考えています」

などとあることです。
これは『青天を衝け』への中傷ではないでしょうか。何よりも、自分が嫌いな作品だといわばタガが外れてしまうのか、悪質極まりないだの、人倫にももとることだの堂々と言ってしまう、その方が異常に感じられてしまいます。

『どうする家康』のクオリティは、もう問うべきものですらないとも思います。
徳川家康をダシに使った主演俳優のプロモーションビデオでしかない。
ジャニーズの広告降板をみていると、それを嘆くSNS投稿も当然目につきます。
推しが宣伝しているから買ったのに――そんな嘆きの声です。

ではそのSNS投稿というのを見せて貰えませんか。当然スクショなり何なり取っているのでしょうから。
それも『どうする家康』をきちんと批評している人が、こういうことを言うのならまだしも(と言うか、そういう人は一方的に決めつけないと思いますが)、普段出演者からスタッフから散々に言っている武者さんがこう言っても、ああまたかとしか正直思えないのです。

そして急にマルティン・ルターが出て来て何事かと思ったら、ジャニーズ免罪符だのなんだの。しかも推しの広告商品に金を落とすことが、免罪符そっくりらしい。免罪符、所謂贖宥状は現世の罪の赦しを、お金を払うことによって得て、天国に行けるというシステムであって、推しの広告商品にお金を払うのとは意味するものが違いませんか?

あとルター(ルーテル)派ですが、昨年武者さんが何かの如く言ったカトリックの聖人の一部は、この教派でも崇敬されていますね。

その後も『平清盛』と『どうする家康』の磯CP叩きだの、それと強引にジャニーズを絡める姿勢だの、しかも毎回同じようなことを書いているようにしか見えないし、何よりも武者さんの自己満足にしか見えないのでこれもパスします。
最後にこの部分だけ挙げておきます。

「推し活」そのものも曲がり角に来ている
つらつらと書いてきまして、最後にもうひとつ。
近年「推し活」が盛んになってきています。
けれども、いったん立ち止まった方が良いのかもしれません。

「つらつらと書く」は言葉本来の意味だと、よく考えて書くという意味になりますが、どうも「よく考えて」書いている印象があまりなく、今まで書いて来たもろもろのことを、引っ張り出しているようにしか見えないのです。

そして
「前段で書いたように、推しの広告する商品にお金を落とすことを生きがいにしている人はいます。
それがあなたの寿命を縮めると指摘したら、あなたは笑い飛ばせますか?」
とあり、推し活はファーストフードや喫煙のようなものであると決めつけ、あまつさえ
「タバコ会社は莫大な金を払い、カーレーシングチームのスポンサーになり、タバコはかっこいいと宣伝しました。
そうして毒を吸わせることに成功していたのです」

タバコに含まれるニコチンは毒と言うより、依存性の高い物質と言った方がいいでしょう。
国立精神・神経医療研究センターの記事がわかりやすいので置いておきます。

喫煙と睡眠
https://www.ncnp.go.jp/hospital/guide/sleep-column23.html


推し活とは、健康や人倫を犠牲にしてまで為すべきものではないでしょう。
歴史上の人物による推し活はいいですよ。対象が亡くなっていると安心です。
新史料の発見により外道な側面があらわになる。題材にした作品がとんでもないことになる。
そういうリスクがないわけでもありませんが、それでも広告代理店臭さが薄いだけまだマシです。

「健康や人倫を犠牲にしてまで為すべきものではない」
それは武者さんの、特に嫌いな対象への推しに対しての考えでしょう。
しかし自分が好きな対象に対して、同じことを考えるでしょうか。
とどのつまり推し活がよくない云々より、
「私が嫌いなものを褒めないでくれ」
これに尽きるような気がします。

**********

ここで少し付け加えておきます。
この前のパラグラフで、『どうする家康』関連での推し活について触れていることを考えても、やはり
「嫌いなものを褒めるな」
これに行きつきそうですね。また本文では、タバコ関連の記述の後に
「いくら推しが宣伝しているからって、キャンペーン期間中、毎日ずっと同じファストフードを食べ続けたら、体には悪影響があるかもしれません。そう立ち止まることも大事なのでは?」
などとありますが、例えが極端だなと思いますね。
武者さんにしてみれば、嫌いなものを推す人々は愚かな存在に見えて仕方ないのでしょうか。推し活での商品購入はドーピングみたいなものだとも書いていますし。
こういうのが、ちょっと行き過ぎな感もあるファンダム嫌いにもつながっているのでしょう。

**********

それと「対象が亡くなっていると安心です」これもないかと思います。
また歴史関係にしても、大河のを含め関連イベントなどには代理店が絡んではいるでしょう。そして好きな大河の場合は、そういうイベントに率先して足を運ぶのですね。

そしてこのパラグラフの最初の部分ですが、

推し活は自分が解き放たれたようで楽しい!
それはそうですが、同時に思考停止の危険性もあるでしょう

武者さんが嫌いな大河をすべてネガティブに捉え、好きな作品を叩き棒にしたがるのも、ある意味思考停止ではないかと思います。

で、またみなさまの声。この間のイングランド戦の超ラグトークについて送っておこうかなと思います。

飲み物-ブランデーグラスのビール
[ 2023/09/23 03:00 ] 大河ドラマ どうする家康 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud