fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ハロウィン

『きのう何食べた?』シーズン2についてあれこれ

現代ドラマ関連です。と言うか『きのう何食べた?』です。

シーズン2が10月から12月までの放送でしたが、今回はシロさんとケンジ、小日向さんとジルベール、そして富永さん夫妻などシーズン1(2019)から劇場版(2021)までの人々に加え、ケンジが勤める美容院のスタッフ、タブチ君と彼女の千波さんが登場です。以前からタブチ君らしきキャラはいましたが、今回は彼自身がメインと言っていい回もあり、存在感が増した印象があります。一方で店長のヒロちゃん(美容学校でケンジの同期)は結局奥さんと別れ、ケンジに店を任せてベトナムに行ってしまった後、日本に一旦戻って来ました。

ところでこの千波さん、料理が微妙に下手(多少味を修正すれば美味しくなる)という設定ですが、どうも味見をして、そのうえで味を微調整するのが苦手なようです。その代わり、レシピ通りにお菓子を作るとうまく行くようで、彼女が作ったフィナンシェを、美容院のスタッフが美味しいとほめるシーンがありました。

一方でケンジ。シロさんが作った料理は美味しいと食べていますが、自分一人だけで料理を作るのも大好きで、その時は多少卵を多めに使ったりもしています。シーズン1でサッポロ一番味噌味を作る時も、バター多めにしていましたし。2020年のお正月SPも、贅沢してオムライスを作ってさあ食べようと言ったところで、シロさんが帰って来たりしていました。

この時はシロさんが仕事に追われてろくに家にも帰れず、だからケンジが材料を奮発してオムライスを作っていたわけです。しかしこの時は、ケンジは健気にも?作ったオムライスをシロさんに振舞い、シロさんも大喜びでした。そして今回は一人で、カツ丼を作って食べていたのですが、一人でこっそり材料を奮発するのはやはり背徳感もあるようです。

きのう何食べた?2第2話カツ丼

もちろん普段はシロさんと一緒に夕食を楽しんでもいます。
(画像はテレビ東京公式サイトより)

きのう何食べた?2第9話常夜鍋

ただケンジも仕事の都合で、一緒に食事ができなくなる時がありました。
店を任されたため、レジ締めの仕事が終わってからでないと帰れなくなり、職場から家までは近いにもかかわらず、いつも遅くなって、シロさんが作ってくれた夕食を一人で食べる日々が続いていたのです。しかしある時、レジ締めそのものを家に持ち帰ることにしたため、2人は晴れて、再び一緒に夕食を食べられることになりました。

そして小日向さんとジルベール。
あるいは結婚するところまでありかと思ったのですが、流石にそれはありませんでした。但しシロさんとケンジがハロウィンパーティーに招かれたり、パンケーキパーティーを楽しんだりするシーンは登場しています。しかし相変わらずジルベールはマイペースで、暇さえあればわさビーフを口に運んでいるようです。

あと富永さん夫妻。娘のミチルさんに子供が生まれ、シロさんの本名「史朗」にあやかって「悟朗」と名付けられますが、実はこれ、シロさんのお父さんの名前です。

そして佳代子さんがついに、ケンジと思わぬ場所で遭遇します。最初はそうとはわからなかったものの、髪型とかシロさんと言っているとか、どうもケンジらしき人物だと思っていたところ、本人であることがわかり、さっそく食事に招待されて、夏の終わりの天ぷらを楽しみます。

天ぷらと言えば、この後原作では、2人の年末年始スケジュールに富永家訪問が加わります。元々は
1月1日 初詣と小日向・ジルベールの家訪問
1月2日 シロさんとケンジがそれぞれの実家(シロさんは老人ホーム)訪問
1月3日 2人でのんびり
となっていたのですが、12月31日に富永家できんとん作りを手伝い、天ぷらそばと夕食をご馳走になるというスケジュールが新たに加わることになったわけです。

ところでこの富永家で天ぷらそばをご馳走になる時、ケンジが、つゆの染みたかき揚げが大好きだと言っています。ケンジの場合、
つゆを吸って衣がややふやけた揚げ物
卵と豚バラ肉と鶏モモ肉
全般的に甘い物
が好きなのは間違いないようで、だからいつもシロさんに食べる量を減らせ、摂取カロリーを減らせと言われていますね。尤も最初の頃に比べると、シロさんもいくらかケンジに合わせるようにはなっています。


飲み物-パブのビール2
[ 2024/01/05 00:45 ] その他 | TB(-) | CM(0)

感謝祭そして七面鳥にまつわることをいくつか

11月23日は日本では勤労感謝の日ですが、アメリカでは感謝祭(サンクスギビング)です。アメリカの場合、特に日にちが決まっているわけではなく、11月の第4木曜日とされており、今年はたまたま同じ日となっています。

さて、クリスマスやハロウィンに比べて馴染みが薄い感謝祭ですが、これは北米大陸独自の行事とも言えそうです。ちなみにカナダでも行われていますが、こちらは10月です。

元々この感謝祭、アメリカンセンターのサイト(https://americancenterjapan.com/aboutusa/monthly-topics/2060/
によると、アメリカに渡ったピューリタン(分離派)が、その地で先住民のワンパノアグ族と出会い、彼らからこの地での生活を教えて貰うことになります。そのワンパノアグ族は1年を通じて、この地がもたらす多くの恵みに感謝する祭事を行っていました。

そして入植者たちも、本国で収穫祭を行っており、またこの新しい地で多くの恵みを得たことから、感謝の祝宴と祈りのための日を決め、ワンパノアグ族の首長マサソイトを招待し、マサソイトは他の90人の先住民と共に、彼らを訪れたとされています。

なお言い伝えによると、入植者の収穫物と共にあぶり焼きにするため、七面鳥と鹿肉を持って宴に参加しています。それ以外にも魚介類やコーンブレッド、スクワッシュ、ナッツ、クランベリーなどの食物が持参されました。入植者たちは先住民から、クランベリーや様々なトウモロコシ、スクワッシュの料理法を学んだと言われます。このスクワッシュは西洋カボチャで、ランタンを作るためのパンプキンは、ペポカボチャ(種が食用になる)と呼ばれます。

この最初の感謝祭には、先住民がポップコーンを持ってきたとも言われています。

先住民が七面鳥を持って来たことから、七面鳥は感謝祭のシンボル的存在となりました。しかしクリスマスも七面鳥とよく言われますし、この辺りどうバランスを取るかになりそうです。昔はもちろん野生の七面鳥ですが、今は食用のための改良が進んでいます。一般的に脂身そのものは少ないです。パサつくとよく言われますが、これは調理の仕方次第と言えるようです。

ところで七面鳥と言うと、この曲を思い出す人もいるでしょう。
以前も感謝祭関係でこれを取り上げたことがありましたが再度。


但し「オクラホマミキサー」は、この曲を使ったダンスのことであり、曲のタイトルではないようです。曲のタイトルは、あくまでも『藁の中の七面鳥(Turkey in the straw)』です。

NBCのドラマ『ザ・ホワイトハウス』では、「恩赦の七面鳥」のために広報官のCJ・クレッグが、農場から借りた2話の七面鳥を、人前でビビらず、フラッシュに驚かないように調教するシーンがありました。また、1990年にイラクのクウェート侵攻でアメリカ軍が派遣され、当時のジョージ・ブッシュ大統領が兵士の激励に現地を訪れた時、この七面鳥が振舞われたそうです。無論軍隊での食事ですから、あらかじめ切り分けた七面鳥のローストが振舞われたようです。感謝祭が選ばれたのは、イスラム教の国に配慮して、キリスト教色が薄いこの行事の日が選ばれたとのこと。

あと、以前『少女レベッカ』と言う小説について書いていますが、ここでも主人公のレベッカが親友のエンマと共に、石鹸を売ってランプを貰おうとしているシンプソン家の子供たちを手伝って、石鹸の行商に行く場面がありました。実際この行事は分かち合いの精神があり、ホームレスの人々などに伝統食を提供するならわしもあるとの由。

今は日本でもブラックフライデーが盛んになっていますが、元をただせばこのブラックフライデーは、感謝祭の翌日の金曜日で、感謝祭関連グッズが値引きされて大放出される日でした。アメリカ式感謝祭が一般的でなくても、ブラックフライデーは確実に広まりつつあります。

しかし祭日というのはある意味セットになってもいます。この感謝祭とブラックフライデーもそうですが、クリスマス前のアドベントや、復活祭前のレントなどは物忌み期間と神の降誕または復活という流れになっています。で、このレントの前にはご馳走を食べて大騒ぎし、節制の時期に備えるわけですね。

あとクリスマス、これはまた書ければと思いますが、元々土着の冬至の祭りと一緒になったこともあり、呪術的な要素がかなり感じられます。日本でも、かつて冬至の祭りというのが存在しましたが、それもまた歴史関連投稿で。


飲み物-冬のシードル
[ 2023/11/21 05:00 ] その他 | TB(-) | CM(0)

『どうする家康』第41回に関しての武将ジャパンの記事について-3

第41回に関する『武将ジャパン』大河コラムについてその3です。


どうした「男勝りの阿茶」
「殿のお留守はこの男勝りの阿茶にお任せくださいませ」
って、こんなひどいセリフありますかね?
自分で言いますか?
「殿のお留守はこの阿茶にお任せくださいませ」
これだけで十分でしょうよ。
要するに過剰なキャラ説明なんですね。
『ワタシってサバサバしてるから』の網浜じゃあるまいし、自称するもんじゃありません。

「殿のお留守は」の前に、
「願わくは戦場で戦いたいくらいではございますが」
と言っていますね。その後に「男勝り」が来ているのであれば、そう不自然ではないと思います。
家康に変わって留守を預かる以上、それ相当の覚悟がないとできないでしょう。
実際の阿茶局も、男勝りであったとは言われています。

家康の側室 阿茶局ってどんな人? 駿府大御所時代まで公私とも支えた才知の女性
https://www.at-s.com/sp/news/article/shizuoka/1339856.html?lbl=10346
(あなたの静岡新聞)

先週、「阿茶だけ立膝なのが鬱陶しい」と書いたところ、散々突っ込まれました。
網浜みたいに言うならこんな感じ。
「ちょっと〜何か見たんですけどw 戦国時代の女性が立膝していたって知らないなんてマジ? そのくせ大河感想書いているとかマジウケるwww どーせ『麒麟がくる』とか見てないんでしょwww バカすぎてウケるんですけどwwww」
これにワタサバ本田ぽく反論しておきましょう。
「ええ、知ってますよ。畳がまだ少なく板敷の時代では、正座ではきついですよね。肖像画や木像も立膝のものはあります。『麒麟がくる』はそれをふまえ身分や性格を問わずに全ての女性がそうしていたのに、このドラマは阿茶局だけがキャラ立ての一環として立膝なのが嫌なのでそう書きましたけど。伝わらなかったんですか?」
というわけで、こんなワタサバじみた阿茶局は嫌いです。

何も『ワタサバ』(観てないのでよくわかりませんが)に沿った書き方をわざわざすることはないと思います。
そっちの方が鬱陶しいです。

でこの立膝の件、私は阿茶局の場合は身分のある女性というのもありますが、家康の側に仕える以上、いざという時に身動きがしやすいという目的もあるかと書いています。
そう考えると、阿茶局のみが常に立膝をしていても、特に不自然ではないかと思います。
もちろんその一方で、瀬名や亀姫なども立膝をしていたことにも触れています。
また場合によって、たとえば畳の上などでは正座ということもあったようです。
この中だと寧々や茶々は正座をしています。

武者さんの場合、阿茶局だけが常に立膝である点にのみ触れており、他の女性たちも立膝をしていたことには触れていないわけで、これはちょっと片手落ちではないでしょうか。
恐らく好きな大河であれば、阿茶局を褒めているのでしょうね。
しかし嫌いな大河で、彼女が立膝をしている、それが気に入らないとも考えられます。

マザーセナに匹敵するほど鬱陶しい女性を出すなんて、本作はセンスがあります。
いくらなんでも乗り込んでくる毛利に阿茶局が対抗するなんてやりすぎでしょう。

褒め殺しにしてももう少しひねってほしいのですが…。
そして阿茶局が留守を預かると言った時には、まだ三成は弾劾状も送っておらず、このような事態になるとは予想が付かない段階でした。そのため毛利輝元の軍が大坂城に入ったのは予想外でもあり、彼女は女房衆を逃がす一方で、自らは短刀を抜いて毛利の軍に対峙する必要に迫られたとしても、特におかしくはないかと思います。

徳川家臣団がランウェイ感覚で歩き回る場面は、心底、絶望しました。
本多忠勝だ!蜻蛉切だ!
榊原康政だ!
井伊直政だ!
……って、あんなもの見せられて、ただひたすら恥ずかしい。とにかく恥ずかしい。画面を殴りたくなるほど恥ずかしい。
私は大河で使った甲冑を見たことがあります。
軽そうに見えました。それを重量感があるように見せるのは、役者なり演出の力だと思い知ったものです。
それが今年はない。なぜか?

「心底、絶望しました」
頭を抱えるだの絶望するだのがやけに多いですね。この場合ドラマのせいと言うよりは、武者さんがドラマを、そういうネガティブな形でばかり受け入れているからと言うべきかとは思いますが。
そして彼らは譜代の家臣です。他の豊臣恩顧の大名たちとはまた違った役割を持たされますし、一目おかれる存在である以上、ああいう登場の仕方でも別にいいのではないでしょうか。

「とにかく恥ずかしい。画面を殴りたくなるほど恥ずかしい」
以前TVを投げたいなどと書いていたと思いますが、今度は画面を殴るですか。
何だか破壊的ですね。そして彼らのこの登場の仕方が恥ずかしいですか。何だか一々大げさなんですよ。

「私は大河で使った甲冑を見たことがあります。
軽そうに見えました。それを重量感があるように見せるのは、役者なり演出の力だと思い知ったものです。
それが今年はない。なぜか?」
それ、どの大河ですか?
今年の分の収録でも、前編のガイドブックにこうあります。
「徳川家康と家臣団の座談会」P106~107より。

鳥居元忠役の音尾琢真さん
「名古屋での撮影と言えば、みんなで甲冑の重さを共有しながらくだらない話をした時間。あそこで仲良くなった気がします。松重先輩がその甲冑の重さに耐えかねてだんだん弱弱しくなっていかれる姿が…」
酒井忠次役の大森南朋さん
「俺たちが『重い』と言っている場合じゃないなと(笑)」
石川数正役の松重豊さん
「鎧の重さを含めて、今回は闘いの日々だよね。でも、すでにチームワークはしっかりできたので、あとは自分の体力との闘い(笑)だから僕は、疲れたら素直に休みますよ」

とあり、甲冑がそこそこの重さであったことが窺えます。

重量や制限される関節の動きすら考慮していないのでしょう。
カッコつけるためだけに槍を持ち込んだり、面頬を意味なくつけたり。
渋谷のハロウィンですか?
大河でんなもんやらないでください。無意味に面頬をつけて俯いている姿はマヌケだと思い至りませんでしたか?
井伊直政のチョビ髭については……往年のバラエティ番組で女性アイドルが演じていたバカ殿にしか見えませんでした。

「重量や制限される関節の動きすら考慮していない」
だったら武者さんがそれを調べて、ここで発表してくれないでしょうか。
そして武士が戦に出るのに槍を持って面頬を着けるのが「カッコつけ」「意味がない」のでしょうか。
では今までの大河の中の武装、軍装はみんな意味がないことになりませんか?
そして直政の髭、この間も書いていますが、板垣さんなりのこだわりがあるようです。
なのに「女性アイドルが演じていたバカ殿」ここでも見かけで人物を判断しているようですね。

だいたいここで「天下を取れるぞ!」とか言っているあたり、歴史を知る未来人視点なんですよね。
合戦はスマホゲーのイベントじゃありません。事前に勝敗が見えないから、戦いが成立するんでしょ。
ちなみに、本物のランウェイ感がある冨永愛さんは、時代劇にそなえて鍛錬していたそうです。『大奥』の吉宗もそれあってのオファーだとか。

「歴史を知る未来人視点」
過去の大河でも、似たような描写は沢山あったと思いますが。『おんな城主 直虎』でおとわが、万千代に家康に仕えるように勧めているシーンがありましたが、あれも見方によっては、あの時点で家康が天下を取るのがわかるのかと思った人もいるでしょう。
そして
「事前に勝敗が見えないから、戦いが成立する」
だから皆武装をして乗り込んでいるわけです。それを「カッコつけ」「無意味」と判断するのはなぜですか?
あと富永さんはモデルでもあるから、ランウェイ経験があるのは当たり前です。そして大河と10時放送の『大奥』はまた違った番組であるとは、先日も書いています。

◆今年で50回目の信玄公祭り 信玄役に冨永愛さん 1300人の武田衆と「いざ出陣」(→link)
大河ドラマからではなく、『大奥』から冨永愛さんを選んだ主催者サイドの英断が光りますね。

これ何度も書いていますが、男女の平等を期す意味からの女性の抜擢で、大河と直接関係はないのでは?
山本勘助も女性ですし。

家康と元忠の場面はなんなのか。
昼間から白い蝋燭をつけています。
蝋燭は高級品であり、普及はもっとあとのこと。何を無駄遣いしているんですかね。

普及はもっと後のこととありますが、秀吉の大坂城や聚楽第からもわかるように、ある程度の身分の人はロウソクを普段でも使用していました。そして家康が座っている上座の方がやや暗いようですので、明りが必要でしょうね。

しかも話題をマザーセナの巫女こと千代から切り出す。
もう本当にどうしようもない。
千代は初登場時、家康を坊や扱いしていました。
ならば70近くともおかしくないでしょう。
一体今は何歳ですか?
設定を忘れていませんか?

「しかも話題をマザーセナの巫女こと千代から切り出す」
千代はこの時は既に元忠の正室であり、なぜわざわざ瀬名とくっつけたがるのがわかりません。
そして千代の年齢ですが、基本的に不詳でしょう。彼女が初めて登場したのは確か三河一向一揆でしたが、それから30年余りだと、50近くにはなっているかも知れません。

そんな千代と別れて辛いと言いたいらしいのに、これですよ。
「いや……なに、所詮はおなご。言うことを聞かんかったらバシッとひっぱたきゃあおとなしくなりますわい」
何いってんだこいつ。
このあと家康が怖がっているのはお前だと言うものの、こんなの昭和DV男そのものじゃないですか。
男尊女卑にせよ戦国というより昭和の感覚に思えるもんだから、いちいち生々しくて気持ち悪いドラマだ。
このドラマって、徹頭徹尾、ジェンダー感が昭和あたりで止まっているんですよ。

「いちいち生々しくて気持ち悪いドラマだ」
武者さんがそのように思っていたいだけでは?

そしてあれとはうまくやっておるのか、怖いじゃろと訊かれた彦(元忠)。さほどに気が利いたことが言えるタイプではなく、所詮はおなご、言うことを聞かんかったら、ひっぱたきゃおとなしくなると言いつつ、家康からひっぱたかれとるのはお前ではないのかと探りを入れられ、わしがひっぱたいとるんでござると苦笑いしているわけです。
一種の照れ隠しではないでしょうか。

そして「政治的な力を持つ女は消えるか、過小評価される」だそうで。

寿桂尼は出てこない。
北政所はいつの間にか消えた。
糸(早川殿)は政治力が消された。
阿茶局は気取っているけど愚か。
あるいは、死にますね。
田鶴。マザーセナ。市。茶々。

また「ないものねだり」ですか。
寿桂尼が出て来ないのは、もう既に書いています。今川の最盛期が描かれるわけでもなく、あとは氏真と家康の対決メインなのに、敢えて入れる必要があるのかどうか。
そして北政所は消えたとありますが、次回の予告に登場します。阿茶局と会っていましたね。
そして糸ですが、氏真と共に北条家に向かうまでが主に描かれており、去り際に夫を説得していますね。後瀬名の発想に同意し、その実現に手を貸そうとなるわけですが、もちろんこれは悲惨な結果を招くことになります。

阿茶局が愚かという根拠は何でしょうか。
それから茶々はまだ生きていますが。

愛くるしいのは癒し系だけ。
レーシックお愛。
謎の同性愛設定が出てきたけれども、なんだかんだで夫に従順で側室をしているお葉(西郷局)。
作り手の時代錯誤感がポロッと出てきて、恥ずかしいとは思わないのでしょうか。
鳥居元忠の忠誠心と覚悟ですら、こういうミニマム感に押し込めるところがまさしく時代錯誤でしょう。
命懸けの覚悟なんてない。ラブラブを見せつけたら死んじゃう――そういう死亡フラグしか認識できないんでしょう。
「あんなかわいい妻がいるのに死んでかわいそ〜」
何がなんでも恋愛を絡めるのって、もはや失笑されるセンスです。

そしてまた「レーシックお愛」。
それと「夫に従順で側室をしているお葉」などとありますが、側室は元々は侍女です。
そして西郷局は於愛ですね、お葉は「西郡局」です。
恋愛がどうのこうのと言う前にこういうのちゃんと調べてください。

「鳥居元忠の忠誠心と覚悟ですら、こういうミニマム感に押し込めるところがまさしく時代錯誤でしょう。
命懸けの覚悟なんてない。ラブラブを見せつけたら死んじゃう――そういう死亡フラグしか認識できないんでしょう」
ここのところ、元忠のセリフをちゃんと聞いていたら、およそ出て来ない発想であるかとは思います。

それなのに今年の大河はなぜここまで恋愛脳なのか?
人生の価値観はモテだけ?
仁義礼智信すら理解できませんかね?
◆ 「映画やドラマにセックスシーンは要らない」「いちいち恋愛に発展させるな」若者の声、米調査(→link)

仁義礼智信すら理解できないのかと書いている武者さんが、
「井伊直政のチョビ髭については……往年のバラエティ番組で女性アイドルが演じていたバカ殿にしか見えませんでした」
などと平気で書くのですね。

マザーセナへの悲恋を中心に置いた『どうする家康』のセンスって、あまりにも時代錯誤。
作った瞬間から腐るドラマを作って、なにが「シン・大河」なのでしょう。

「あまりにも時代錯誤」
これも武者さんがそう思っていたいというか、そう決めつけていたいのだろうなとは思います。
しかし制作サイドは「シン・大河」などと言っていないはずですけどね。
マスコミが勝手に言っているとは思いますが。

本作が本物の若者向けでないことは明白でした。
本物の若者はガンダムネタで盛り上がりません。
『逆襲のシャア』は1988年。
『あんなに一緒だったのに』が主題歌の『機動戦士ガンダムSEED』は2002年ですよ。
ナウなヤングにバカうけ感覚ですか。
今時の若者はティラミスやナタデココでなく、台湾カステラやトゥンカロンが好きですからね。

ガンダム自体はよく知りませんが、初代のは2010年代に入っても再放送がかなり行われていますし、外伝的なものもあるので、あながち知らないとも言えないでしょう。そして『機動戦士ガンダムSEED』はネットでの動画配信も行われているようです。今時の若者でも、目に触れるチャンスはあるのでは?

あと
「今時の若者はティラミスやナタデココでなく、台湾カステラやトゥンカロンが好きですからね」
武者さんの特徴と言えばそうですが、何かにつけて「今」を強調してマウントを取るのが好きですね。

このずれた恋愛感は、男同士にも及んでいます。
信長と家康のBLといい、家康と三成の星の下でのBLといい。
あんな瞬きもしない星の下で語り合ったくらいで、一体なんなのですか?
馬鹿げたシチュエーションでも、それらしく演じることのできる三成が哀れ……。
男同士の争いですら、BLバッドエンドでしか描けないとは、どこまでも陳腐な脚本です。

どうやら、武者さんが二十八宿を語ることはなしで終わりそうです。
あるいは語り損ねたのかも知れません。せっかくの参宿、ウサギ座と厠のことなど書くいいチャンスだったと思うのですけどね。よほどBLの方を書きたいのでしょうか。


飲み物-テーブルの上のスタウト
[ 2023/11/03 03:00 ] 大河ドラマ どうする家康 | TB(-) | CM(0)

ハロウィンそして宗教改革記念日

毎年この時期、同じようなネタで同じような投稿をしています。
ハロウィンですが、そもそもはドルイド教の祭り(サウィン祭)が起源とされています。11月1日が正月に当たり、その前夜は収穫祭となるのですが、その日には死者の霊や魔物などが現世に現れると信じられていました。ハロウィンにつきもののコスプレは、悪霊を追い出すためともされています。また魔女や幽霊のコスプレをした子供たちは、家々を回って
「トリック・オア・トリート」
を叫び、お菓子を貰う習慣ができあがりました。『ピーナツ』のカボチャ大王が現れるのもこの日です。

『きのう何食べた?』シーズン2の第3話では、シロさんとケンジがコスプレ?をして小日向さんとジルベールを訪れます。この時のご馳走がなかなか豪華なのですが(原作第18巻に登場)、小日向さんの警官スタイル、そしてジルベールの狼コスプレが如何にもといった感じです。
ところでこの『きのう何食べた?』11月3日深夜放送分に、及川光博さんが、シロさんの元カレの役で登場です。ミッチーファンの方には、見逃せないエピソードかも知れません。

ところでこのハロウィンの翌日は諸聖人の日(万聖節)です。その前日にマルティン・ルターが95ヶ条の論題を送付することになるのですが、これが1517年のことです。この日の讃美歌『神はわがやぐら』、今でも懐かしく思い出します。
その後カトリックと、新興勢力プロテスタント諸派が対立を深めることになり、先日の『どうする家康』のウィリアム・アダムスの言葉にあるように、宗教の違いが国家間の対立に発展し、結果的にイングランド王国が覇権を握るようになります。尚この頃はエリザベス1世の統治の末期で、その後スコットランドのスチュアート家の支配となり、この両国は同君連合となります。

ハロウィン3
[ 2023/11/01 00:00 ] その他 | TB(-) | CM(0)

ピーナツの子供たちと学校と勉強

ピーナツに関して。前回は「凧食いの木」について書きましたが、再び学校生活です。チャーリー・ブラウン(CB)やルーシーたちが通っている学校と、ペパーミント・パティが通っている学校は別々と思われ、これがそれぞれのコミュニティの違いになっています。

パティの場合、マーシーやロイやフランクリン、それからホセ・ピーターソンと呼ばれる少年も同じコミュニティに入っており、CBたちとの接点は、やはりキャンプそして野球が中心のようです。

ペパーミント・パティはお母さんがおらず、お父さんも留守がちなため、家で彼女の相手をしてくれる人がいません。そのため家に帰るとTVをつけ、夕食時には所謂TVディナーを温めて食べています。TVに夢中なあまり宿題を忘れることもあり、試験の結果もさほどよくありません。そのせいか、登校拒否をしてスヌーピーの犬小屋に立てこもったと言うか、屋根の上に座ったまま降りて来なかったこともあります。

一方でCBの妹サリーも勉強嫌いです。前にも書きましたが、掛け算がどうしても覚えられず、CBに問題を出されて当てずっぽうな答えを言ってみたり、宿題のレポートのテーマについて何も調べたくないから、TVで何かそれに関することをやらないかと期待したりしています。CBも特別成績がいい方ではなさそうですが、彼の性格は如何にも憎めないものがあります。

ルーシーはよくわかりませんが、ライナスはかなり頭がよく、サリーに勉強を教えたりもしています。とは言っても、それをすんなり受け入れるサリーでもないのですが…。そのライナスが指しゃぶりと毛布がないと落ち着けないというのも、不思議なものではあります。

ともあれそのライナスが生徒会長候補となり、生徒たちの前で演説を行うことになります。この辺り、どうもアメリカの大統領選のパロディのようにも見えます。しかし、前にもハロウィン関連で書きましたが、会長選挙前の最後の演説でカボチャ大王について話したため、すべてが水泡に帰してしまいます。

ところで学校が嫌いなサリーですが、校舎には親愛の情を持っており、校舎に向けて話しかけたこともあります。しかもある日気分が悪くて欠席し、CBに、校舎に自分が休んだわけを話して来てくれとまで言い出します。凧食いの木もそうですが、この校舎もピーナツ村に存在する「生き物」なのかも知れません。

尚ルーシーがシュローダーを好きであるように、サリーもライナスに好意を持っています。サリーの場合、意外と「尽くす」タイプに見えますが、ライナスは寧ろそれにうんざりしているようです。


飲み物ーアイスカフェオレ2
[ 2023/07/06 01:45 ] 漫画・アニメ | TB(-) | CM(0)

カボチャ大王とサンタクロース

先日ピーナツ関連で投稿したのでもう1度。

ライナスと言えば毛布が有名ではありますが、もう1つ彼について語るのに不可欠なキーワードがあります。それは「カボチャ大王」です。このカボチャ大王に関しては、今までハロウィン関連で何度か書いていますが、いわばハロウィン版サンタクロースのような存在です。

とあるカボチャ畑(ライナスの家の近く)に降り立ち、子供たちにプレゼントを配るとライナスは信じ込んでいるようです。そしてハロウィンの夜、チャーリー・ブラウンやその妹サリーを連れてカボチャ畑に行ったりもしています。

チャーリー・ブラウンを連れて行った時には、カボチャ大王らしき影が見えたこともあり、興奮したライナスは気を失ってしまいます。実はその正体はスヌーピーでしたが、ライナスはカボチャ大王だと信じてしまったようです。

しかしサリーを連れて行った時は、結局カボチャ大王らしき存在は現れず、ライナスに付き合ったため「トリック・オア・トリート」が出来なかったサリーは激高します。また生徒会の会長候補としてかなり健闘しながら、最後の演説でこのカボチャ大王のことを話したために、落選してしまいます。

一方でチャーリー・ブラウンは、サンタクロースの存在を信じているようで、サンタに手紙を書いたりもしています-尤もライナスも、サンタには関心があるようです。

またジョー・シュラボニクなる野球選手のファンで、自分でファンクラブの会報を作ろうとしたり、彼と同じテーブルに座れる食事会にも行ったりします。しかしこの時は、そのシュラボニクが日にちを間違えてしまい、結局このヒーローと食事をすることはできませんでした。

あとチャーリー・ブラウンと言えば、彼が片思いしている赤毛の女の子をご存知の方も多いでしょう。かつては、チャーリー・ブラウンのセリフでのみ存在が知られていた彼女ですが、2015年公開の3DCGアニメでキャラとして初お目見えしています。


飲み物-コーヒーとケーキと生クリーム
[ 2023/05/20 00:30 ] その他 | TB(-) | CM(0)

今年もまたハロウィンについて

今年もハロウィンです。韓国で転倒事故が起こったようですが、ここもコスプレ大会的なイベントがあるのですね。一方日本では、昨年のハロウィンに妙な事件が起こったせいか、渋谷パルコがコスプレ客お断りの貼り紙を出しています。あとハロウィンと言えば、『ゲゲゲの鬼太郎』の「こうもり猫のハロウィン大爆発」という回を思い出します。

ところでこのハロウィン、これは前にも書いていますが、今は諸聖人の日(万聖節)前夜ではあるものの、キリスト教は無関係です。どころか当のキリスト教教会からは、異教的だと敬遠されることもあります-無論、すべての教会がそうだと言うわけでもなさそうです。元々はドルイド教の祭りであり、11月1日が新年に当たるため、その前日10月31日はいわば大晦日に当たります。またこの日は収穫祭でもあります。

ドルイド教の新年はサムハイン祭と呼ばれ、神々が人間に悪戯をすると信じられて来ました。そしてその前日の10月31日は、先祖の霊が地上に戻ると共に、魔物の力が強くなるとされており、これを避けるために篝火を焚く習慣がありました。「お菓子くれないと悪戯するぞ」も、この延長線上にあると言えます。

この「トリック・オア・トリート」も元々はアイルランド発祥で、後にアイルランド移民がアメリカに伝えたとされています。コスプレをした子供たちが、お菓子を求めて練り歩くさまは、非常にアメリカ的な光景でもあります。ジャック・オー・ランタンがカボチャで作られるようになったのも、アメリカに紹介されてからのことです。

野菜でこういうのを作ると言う点に、収穫祭の名残りを感じることもできます。あとイギリスではハロウィンもさることながら、その数日後のガイ・フォークスデイが有名です。映像作品、たとえば『シャーロック』などにも登場していますが、今NHKBSプレミアムで再放送されている『名探偵ポワロ』でも、この日は花火がうるさいから殺人にもってこいなどと言うシーンがありますね。

アメリカでは10月末にこのハロウィン、そして11月末に感謝祭(第4木曜日)、さらに12月のクリスマスと続きます。尚感謝祭も、元々は移民たちが始めたもので、宗教との関係はありません。ハロウィン同様『ピーナツ』に登場することもあります。そしてこちらは宗教絡みなのですが、この10月31日は宗教改革記念日でもあります。以前この日の学校の礼拝で、マルティン・ルターが作曲したとされる、『神は我がやぐら』を歌ったのを思い出します。

ハロウィン2
[ 2022/10/31 01:30 ] その他 | TB(-) | CM(0)

「西洋魔術博物館」ツイートと北米秋冬の祝祭

以前、西洋魔術博物館さんの、ハロウィンとソウルケーキ関連のツイートをご紹介しますが、今回もう一つご紹介しておきます。


このツイも、西洋の民間伝承的なものが紹介されていて楽しめますが、ここで注目したいのはリプ欄です。かつての少女漫画に言及されていて、

日本では一時期の少女マンガが「バレエ、まま母、松葉杖」で溢れていたとのこと。

とありますが、1年ほど前に投稿した、飛鳥幸子さんのバレエ漫画関連ツイートを思い出します。この中では、かつてのバレエ漫画について書いており、まま母は出て来ませんが、両親を失った幼い姉妹が、老夫婦に母屋を貸すという設定になっています。創作物にも、それぞれの時代のトレンドがあるということでしょう。

本題に戻ります。アメリカに於いてはハロウィンの次は感謝祭、そしてクリスマスとなるのですが、日本も今では、単にクリスマスやバレンタインデーのみならず、ハロウィン、果ては復活祭までがイベント化する気配を見せています。

しかしキリスト教色の薄いハロウィンはともかく、復活祭は如何かと思います。これほどキリスト教と密接な行事はそうありませんし、クリスマスにそう熱心でない教派も、復活祭は祝うほどです。

何よりも復活祭は、その前のレント(受難節、四旬節)と結びついていますから、レントに節制を行って、しかる後に復活祭を祝うことになるわけですし、クリスマスも、本来はアドベント込みのはずなのですが…。でも最近は、アドベントカレンダーをあちこちで見かけるようになってはいます。

ちなみに、かつてイラクがクウェートに侵攻した際、多国籍軍が派遣されましたが、この当時のアメリカのブッシュ(父)大統領夫妻は、感謝祭に、兵士たちの激励のために現地を訪れています。クリスマスだと宗教色が強いこともあり、湾岸のイスラム教諸国に配慮して、感謝祭に日程を組んだといわれていますが、この時は当然というべきか、夫妻をはじめ、将官や兵士たちに七面鳥が振舞われています。

しかし七面鳥の肉は、割と癖が強く、ソースをかけないとちょっとパサついた感じがします。アメリカでは結構、サンドイッチに挟んで食べたりもしていますけどね。その代わり低カロリー高タンパクです。

民間伝承といえば、6年前にユールとワイルドハントについて投稿していますが、そろそろまたこのテーマで書こうかなと思っています。ワイルドハントも、西洋版百鬼夜行のようなもので、こちらは空を駆け巡って来ます。ハロウィン前に、まねきケチャの『あるわけないのその奥に』をご紹介していますが、こちらも正に
「そこのけそこのけもののけが通る」
です。元々は、オーディンが連れて来る祖霊たちだったのですけどね。

飲み物-ブランデー2
[ 2021/11/23 00:30 ] その他 | TB(-) | CM(0)

ハロウィンとソウルケーキ

まず、京王線の事件で被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。最近こんなのが多いですね。

ハロウィンの夜です。かぼちゃコロコロ、お菓子くれなきゃ悪戯するぞ+コスプレで、わが国でも有名になりましたが、元々はケルトのお祭りで、妖怪魔物たちが人間世界にやってくるというのは前にも書きました。特にヨーロッパでは昔からの年中行事と言ってよく、この日にちなんだ食べ物もあります。

その1つがソウルケーキで、ケーキよりビスケットと言った方がいいかも知れません。こちらの、西洋魔術博物館さんのツイートにもありますので、リンクを貼っておきます。クックパッドをはじめレシピもネット上にありますので、興味のある方は検索してみられるといいでしょう。


他にもアイルランドのバームブラックというのもあり、ソウルケーキ同様スパイスとドライフルーツを使うのが特徴です。ジェイムズ・ジョイスの短編『土くれ』に、洗濯工場で働いているマライアがハロウィンの夜、かつて奉公していた家に、このバームブラックを持って行くものの、電車の中に置き忘れてしまう場面があります。

ハロウィンと言えばアップル・ボビングというのもあります。大きなたらいのような容器に水を張ってリンゴを浮かべ、手を使わず口だけで取るゲームです。またヤドリギの下にいる女性にはキスをしていいとも言われています。

このヤドリギ、クリスマスツリーが一般的になる前は、クリスマスも飾られていたようで、キリスト教伝来以前の土着の習慣を、こういったものに垣間見ることができます。

尚このハロウィン(10月31日)の次は、万聖節(諸聖人の日)、万霊節(死者の日)と続きます。万聖節は聖人や天国にいる人々のために祈る日、万霊節は地獄にいるかも知れない人々を含めて、亡くなった人々のために祈る日となっています。元々万聖節はオール・ハロウズ・デイ(All Hallow’s Day)と呼ばれており、その前夜であるハロウ・イヴが訛って、ハロウィンという呼び名となったとも言われています。


ハロウィン2

[ 2021/11/01 00:15 ] その他 | TB(-) | CM(0)

『あるわけないのその奥に』/"Aru Wake Nai no Sono Oku ni"

まねきケチャの『あるわけないのその中に』。これも『ゲゲゲの鬼太郎』のEDテーマの1つですが、動画にはハロウィンの雰囲気が漂います。


”Aru Wake Nai no Sono Oku ni” by Maneki-Kecak, It's one of the ending themes of "Gegege no kitaro" broadcast from 2018 to 2020 and creates an atmosphere of Halloween.



[ 2021/10/28 00:15 ] その他/others | TB(-) | CM(0)
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

TopNTagCloud



FC2 Management