FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  花燃ゆ >  花燃ゆ-9と『世に棲む日日』

花燃ゆ-9と『世に棲む日日』

春爛漫といった感じの陽気ですね。昨日の放送分では、コレラ騒動はやはり萩がメインでした。どちらかといえば、親を亡くした女の子との交流というか、面倒を見てあげるという描写に時間を割いていたようです。文がやはり主人公だから、そう描かれるのでしょう。しかし富永有隣という人は、子供から怖がられそうな人だと思うのですが、あの子ちゃんと手習いやっていましたね。それにしても、人家内で爆弾の実験というのはちょっとどうかと。一方で、夫の久坂玄瑞は萩を去り、そして世に言う安政の大獄が始まるわけで、松下村塾を取り巻く状況も厳しくなり、やがて松蔭に終焉の時が訪れるわけです。

この大河を観ていて、かなり前に読んでいた司馬遼太郎氏の『世に棲む日日』をまた読みたくなりました。全四巻で、松蔭と高杉を軸に、当時の長州藩の様子が事細かに書かれています。もちろん椋梨藤太、梅田雲浜、周布政之助に伊藤利輔、品川弥次郎、そして文も登場するため、このドラマの原作とはいえないにせよ、人物関係をつかんでおく上でも、読み直してみたいと思います。ちなみにこの作品は、1970年代に放送された『花神』の原作の一部です。このドラマのDVDもあるので、レンタルしようかと考えています。

植物-桜2 

スポンサーサイト
[ 2015/03/30 23:06 ] 大河ドラマ 花燃ゆ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

実は『いだてん~東京オリムピック噺~』を観なくなったので、再び『西郷どん』復習の投稿をアップしています。関連文献もまた読もうかと考えていますし、BSで再放送中の『葵 徳川三代』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、いよいよ日本でのワールドカップの年です。今季は代表下部チームとの兼ね合いもあり、スーパーラグビーでは今一つでしたが、ワールドカップでのベスト8成るでしょうか。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud