FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『山河燃ゆ』感想-2

『山河燃ゆ』感想-2

『山河燃ゆ』の感想その2です。何せ昭和10年代前半ということで、当時の同盟国であるドイツ第三帝国(ナチスドイツ)の旗が掲げられていたり、主人公の賢治がメンバーになっている、外国映画観賞会が当局に睨まれたり、さらに洋画の字幕が書き換えられたしている部分に時代を感じさせます。そしてアメリカに戻る賢治とは反対に、忠は両親に相談することなく、日本に残ることを決意します。例の湯河原の一件で兵隊をおしのけようとしたため、雪の上に押し倒され、足をくじいて柔道選手権を不意にした忠は、賢治の下宿に引き続き住んで柔道に打ち込むことになります。尚、忠のセリフに嘉納治五郎が登場します。

その他気づいた点として

  • それからこの『山河燃ゆ』のタイトルロゴですが、それまでとはイメージを変えています。しかし特撮かアニメのような印象を受けます。(NHKエンタープライズサイトより)
山河燃ゆ画像 

  • この大河にも浅草が登場します。無論セットなのでこじんまりしたものですが、この雰囲気は悪くありません。元々忠は横浜港で取り調べを避けるため、女浪曲師の三門(みかど)百蘭のタクシーに乗り込み、彼女の浪曲に魅せられることになり、その後も賢治と浪曲を聞きに行きます。洋画好きの賢治とは好対照です。
  • 三島典子の兄啓介も外国映画鑑賞会の一員であり、なおかつ共産主義に共鳴していたことで、取り調べを受けます。この時期共産主義は禁じられていたものの、所謂インテリ層の中にはこれを支持する人々もいました。
  • この啓介が謄写版で同人誌を作っています。この当時、PCはおろかワープロもない時代です。その版を作るのを妹典子が手伝って、湯河原から自分を助け出してくれた天羽賢治が、鑑賞会にいるのを知るようになります。後にこの両者は、互いを忘れられない存在となります。
  • 外国映画鑑賞会の溜まり場が喫茶店「リラ」で、中は洋画のポスターが貼られ、如何にもこの当時のモダンな雰囲気を醸し出しています。
  • 湯河原での騒動に尺を割いていますが、肝心の二・二六事件は結構あっさりと終わっています。主人公が絡まないせいもあるのでしょう。
  • アメリカの方では、チャーリー田宮は井本梛子と付き合っているにもかかわらず、万事派手で華やかなエミー畑中の方にも関心があるようです。名前の設定からもわかるように、チャーリーとエミーはアメリカ人たらんとし、アメリカに戻った賢治と梛子は、どこか日本との縁を断ち切れない存在として描かれます。
  • 典子の婚約相手である陸軍将校の久永大尉、竜崎勝さん(フリーアナウンサーの高島彩さんの父)が演じていますが、どうも袴田吉彦さんに見えて仕方ありません。

前にも書いているようにやや重めですが、戦争とそれに関与する人々が登場すること、東京裁判の何であるかを描いているのは評価できます。本当はこの東京裁判の不公正さを、もっとアピールしてほしくはありますが。

ところでアメリカ絡みで一つ。コカインが世間を騒がせていますが、コカコーラにはコカインが以前配合されており、1903年にカフェインがそれに取って代わったといわれています。しかし日本コカ・コーラはこれを否定しています。

飲み物-ホットカフェオレ 
スポンサーサイト
[ 2019/03/20 00:30 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

実は『いだてん~東京オリムピック噺~』を観なくなったので、再び『西郷どん』復習の投稿をアップしています。関連文献もまた読もうかと考えていますし、BSで再放送中の『葵 徳川三代』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、いよいよ日本でのワールドカップの年です。その前にスーパーラグビーの結果はどうなるでしょうか。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud