FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  その他 >  『まんぷく』と産経抄

『まんぷく』と産経抄

まず、いつも引き合いに出している『まんぷく』コラムには今日は触れません。

第24週はまんぷくヌードルの開発がテーマでした。麺の問題はクリアしたとしても、今度は容器をどうするかです。容器の素材は福子が魚屋の店頭で見かけた、発泡スチロールがヒントになります。スープも何とかうまく行きますが、後は発泡スチロールの臭み対策、それが解決したら入れる具をどうしたらいいかなど、問題は山積していました。一方立花家の子供たちも、源は仕事のことで悩み、さらに幸はアメリカ人の友人レオとのことで思い詰めていました。世良勝夫は相変わらず何だかんだ言いつつ、今度はまんぷくヌードルをほめるようになります。そして香田家では、忠彦が一風変わった弟子である名木にいささか戸惑い気味ですが、結局どうなるのでしょう。

しかし朝ドラを(最初の方を除いて)比較的きちんと観たのは、『マッサン』以来です。あれも要は物作りで飲食品関係でした。ただ『マッサン』の場合はスコッチウイスキーというお手本がありましたが、『まんぷく』の場合は一から始めなければならず、しかもそれまで手掛けた仕事とは全く異なる商品の開発でした。そのため萬平が発明家肌の、ややエキセントリックな人物に描かれています。

16日の放送ではフリーズドライの機械が登場します。カップヌードルだけでなく、前年発売の永谷園の「さけ茶づけ」の製造にもこの方法が使われています。

ところで16日の産経新聞の「産経抄」にこういう記事がありました。
実はこれは最初の一部だけで、後は無料アカウントがないと読めないため、この後の部分を、ちょっと表現を変えて書いておきます。

(産経ニュース)

丼なしで食べられるカップヌードル人気に火が付いたのが、昭和47年の「あさま山荘事件」だった。長野の極寒の山中で、機動隊員が啜るカップヌードルが、テレビ中継を通じて注目を集めたのである。現場にこの商品を持ち込んだのは、元内閣安全保障室長の佐々淳行さんだった。カレーはすぐに凍るし、乾パンや握り飯では温まらない。カップヌードルで生き返った心地がしたという。しかしこの前に、明星食品カップ麺である明星叉焼麺を開発していた。しかし紙製容器が油に弱く、時間が経つとスープが漏れて来るので市販は不可能だった。アイデアは優れていたが時代が早すぎ、技術面で課題を残していた。即席ラーメンは今や世界で年間1億食、大産業である。小欄は16日も、ささやかながら業界の売り上げに貢献したくなる。

このコラムの担当者も、恐らく『まんぷく』を観ているのでしょう。

飲み物-カクテル 
スポンサーサイト
[ 2019/03/16 22:45 ] その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

実は『いだてん~東京オリムピック噺~』を観なくなったので、再び『西郷どん』復習の投稿をアップしています。関連文献もまた読もうかと考えていますし、BSで再放送中の『葵 徳川三代』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、いよいよ日本でのワールドカップの年です。その前にスーパーラグビーの結果はどうなるでしょうか。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud