FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『麒麟がくる』キャストの詳細と脚本に関して

『麒麟がくる』キャストの詳細と脚本に関して

まず『麒麟がくる』のキャストの詳細ですが、このようになっています。
(敬称略)

門脇麦-駒
岡村隆史-菊丸
石川さゆり-牧(光秀の母)
西村まさ彦-明智光安
高橋克典-織田信秀
上杉祥三-平手正秀
尾身としのり-土岐頼芸
沢尻エリカ-帰蝶(濃姫)
染谷将太-織田信長
堺正章-望月東庵
本木雅弘-斎藤道三
伊藤英明-斎藤義龍

「黙れ小童」の室賀さんが光秀の父親、「おのれーおのれー」の上杉祥三さんが、信長を諫める傅役とはちょっと意外です。美濃編ということは、猪子兵助や小見の方は登場するのでしょうか。恐らく美濃編→室町幕府再建編→織田家臣編という流れなのでしょう。ところで尾美としのりさんといえば、私としては『相棒』シーズン12の「右京さんの友達」で、紅茶マニアの毒島幸一が懐かしいです。

ところでこのキャストはこのページにありましたが

長谷川博己、新たな出演者を迎え、「確実におもしろくなる」と自信あり!

https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/preview.html?i=18073
(NHK ONLINE)

脚本は池端俊策氏だけでなく、前川洋一氏、岩本真耶氏の名もあります。前川氏は『軍師官兵衛』の脚本担当なので、織田家の描写はあの大河のような雰囲気になるのかもしれません。ところで黒田官兵衛はこれには登場するのでしょうか。

脚本といえば、「伏線を張る」「伏線を回収する」といった表現が使われることがあります。後の方の展開に備えて、あらかじめ準備をしておく、具体的にはほのめかしや示唆といった類のものです。前振りとほぼ同じ意味に取ることもあるようです。本来は小説の用語で、伏線を敷くといった使い方をしていたと思われますが、ドラマやアニメなどにも使われるようになり、「張る」という言い方が一般化しつつあります。「張る」を使う時は、後々うまく行くように下準備をするという意味であったかとも思いますが…。こう言っては何ですが、何となく「通」らしく響く表現でもあります。私もこのブログの中で、何度かこの表現を使っていますが、あまり使いすぎるのはやはり抵抗があります。

飲み物-コーヒーとキャンドル 
スポンサーサイト
[ 2019/03/15 00:30 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

実は『いだてん~東京オリムピック噺~』を観なくなったので、再び『西郷どん』復習の投稿をアップしています。関連文献もまた読もうかと考えていますし、BSで再放送中の『葵 徳川三代』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、いよいよ日本でのワールドカップの年です。その前にスーパーラグビーの結果はどうなるでしょうか。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud