FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  西郷どん >  西郷どん第36回感想続き

西郷どん第36回感想続き

先日のウィリアム・ウィリスの手術について書いておきます。この当時麻酔は『西郷どん』にも登場するクロロホルム、あるいはジエチルエーテルでした。ただし後者は引火しやすく危険であり、咳が出やすいというデメリットがありました。またクロロホルムの麻酔で、ビクトリア女王の無痛分娩に成功したことなどから、クロロホルムが広く利用されるようになったといわれています。しかしこのクロロホルムは毒性が強く、血圧や内臓に影響したり、発がん性物質であったりすることから、ジエチルエーテルに取って代わられるようになります。今の日本では、この両方とも麻酔薬としては使用されていません。

ところでウィリアム・ウィリスについてですが、元々は英国公使館の医師であり、生麦事件の英国人負傷者の治療をした人物です。また、唯一殺害されたリチャードソンの検死もこの人が行っています。さらに慶応2(1866)年、パークスが薩摩に招待された時に、このウィリスも一緒に招待されています。かつての生麦事件で争った相手と、この時再会したことになります。その後パークスと共に登山もしていますし、アーネスト・サトウとも交流がありました。無論本業の医師としても活躍し、鳥羽伏見の戦いのみならず、北越戦争にも赴いて博愛精神を説き、旧幕府軍の兵の治療にも携わっています。さらに東大医学部や鹿児島大医学部の創始者でもあります。

その後も日本のみならず、タイでも医学を広めています。ところでこのウィリスが医学を学んだのは、エジンバラ大学医学部でした。ここまで書けばおわかりの方もいるかと思いますが、かのアーサー・コナン・ドイルと同じです。ただし年齢的には、ウィリスの方が20歳ほど上です。元駐日英国大使のヒュー・コータッツィ氏の著作には、ウィリスに関する物もあります。ところでドラマの中ではかなりスリムですが、実際のウィリスは身長190センチ、体重が130キロ近くあったようです。その当時の日本人から見ればかなりの巨漢でした。この人物にはその他にも多くのエピソードがあり、日本に於ける近代医学の貢献者ともいえます。

飲み物-ミルクティ2
スポンサーサイト
[ 2018/09/26 01:30 ] 大河ドラマ 西郷どん | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

実は『いだてん~東京オリムピック噺~』を観なくなったので、再び『西郷どん』復習の投稿をアップしています。関連文献もまた読もうかと考えていますし、BSで再放送中の『葵 徳川三代』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、いよいよ日本でのワールドカップの年です。今季は代表下部チームとの兼ね合いもあり、スーパーラグビーでは今一つでしたが、ワールドカップでのベスト8成るでしょうか。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud