FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  再び大河関連本と大河のあり方

再び大河関連本と大河のあり方

『花燃ゆ』が放送されていた頃に、『大河ドラマと日本人』という本が発売され、何度かこのブログでも取り上げたことがあります。しかし書店の店頭で見た限りではありますが、内容的に、何か偏りがあるようにに感じられたこともあり、結局購入することはありませんでした。この書籍に関しては、花燃ゆ番外編47-この回は必要なのか?や、この投稿のタイトルにもなっている、大河関連本と大河のあり方などでも多少触れています。

内容は歴史の専門家(星亮一氏、一坂太郎氏)の対談形式で、それぞれの主観による部分が大きく、しかもDVDが出ている作品なのに観ていないとか、さらにこれは一坂氏ですが、大河は反権力であるべきだなどという発言があり、ちょっと引きました。この一坂氏は確か『獅子の時代』がお気に入りで、平沼銑次の反骨心に共感していたようですが、ならば権力側は無視してもいいのかということにもなります。リンク中の『花燃ゆ』第47回番外編で触れていますが、本来は統治する側と、される側のバランスが取れてこそのものではないかと思います。しいて言えば、やはり主人公サイドをある程度は優先させるべきでしょう。

それから『花燃ゆ』関連の終わりの方で、大河は家族団欒なのか歴史追求なのかとも書いています。歴史というか、正確には史実追求です。そして、マニアックな歴史好きを対象にするべきとも言ってはいますが、今この投稿を読んでみて、さてどのようなものかとも思います。実はこの投稿では、最早家族そろって大河を観るという時代でもなさそうだし、ならば史実中心にした方がいいという書き方をしていました。しかし現実には、その時点で様々な形で視聴されてはいたわけです。しかもその後の大河も、ホームドラマ的な部分は存在していることを考えると、この捉え方はちょっとよくなかったかと反省しています。

むしろ史実同様、ホームドラマ的要素も大河には必要なのです。問題はその匙加減です。特に『花燃ゆ』は、その部分が多すぎた嫌いはあるでしょう。さらに史実メインを好む人がいる一方で、ホームドラマ的な要素を好む人もいるでしょう。大河のホームドラマ的要素というと、あまりいい顔をされないかもしれません。しかしやはりいくらかは必要なわけです。私はヴィンテージと呼んでいますが、所謂かつての名作にもそれに該当するシーンは登場します。ドラマですから創作部分もありますし、正直言ってあまり面白くない創作も、過去の物を観る限りいくつか存在しました。そういう作品をもう一度観る機会があれば、書いてみようかなと思います。しかしそれを考えると、過去はやはり美化されやすいのかなと思ったりもします。いつかも書きましたが、一定時期以前の大河が、無謬の存在のように見られている印象もあります。

また大河に限らず、ドラマ視聴者にはいくつかのコミュニティがあると考えられます。そしてそのそれぞれが好き、嫌い、あるいはどちらでもないといった感じになるのでしょうが、結構どちらでもないという無党派層も、それなるにいるかとも思われます。このうち嫌いで観ている人たちというのは、一番少ないかと思われますが、それでも全くいないともいえないかもしれません。私も『花燃ゆ』と『おんな城主 直虎』にはその傾向がありました。いずれも歴史的描写がどのくらいあるのか、それを目当てに観ていたようなものです。

この先大河がいくらか変わるかというと、実はそう変わらないのではないかとも思います。やはり昔の大河を、リアルアイムで放送されていた時のような雰囲気で再現するのは難しいでしょう。何よりも本当に大河を刷新したいのであれば、思い切った改革案をNHKの方から出してしかるべきなのですが、どうもその様子が窺えません。再来年のも大河の原点に帰ってどうこうとありますが、具体的にどのようにするのかがあまり示されていないのが残念です。制作統括が『平清盛』と同じ方ですが、あるいは、あの大河の戦国版のようになるのでしょうか。名将の父親たちの世代から始まるというのも、なんとなく清盛に於ける父・忠盛の存在を連想させますので。

飲み物-カクテル
スポンサーサイト



[ 2018/09/22 01:30 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

実は『いだてん~東京オリムピック噺~』を観なくなったので、再び『西郷どん』復習の投稿をアップしています。関連文献もまた読もうかと考えていますし、BSで再放送中の『葵 徳川三代』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、いよいよ日本でのワールドカップの年です。今季は代表下部チームとの兼ね合いもあり、スーパーラグビーでは今一つでしたが、ワールドカップでのベスト8成るでしょうか。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud