FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >   >  大河関連本と大河のあり方

大河関連本と大河のあり方

以前、『花燃ゆ』放送時に少し触れたような気がしますが、『大河ドラマ読本』という本が洋泉社から出ていたことがあります。実はそれを読んだことがあるのですが、あまり面白くなかったのを覚えています。時期的に冒頭が『真田丸』で、表紙が『龍馬伝』、『篤姫』、『天地人』のそれぞれの主人公で、この3作品をはじめ、『新選組!』や『義経』が大々的に取り上げられています。しかしなぜか『風林火山』がその中にありません(その次の章では取り上げられていますが)。恐らくその辺りも、面白味を感じなかった一因であるかと思います。『花燃ゆ』が批判されていたのはまだわかるのですが。

また同じ会社から、同じ頃に『大河ドラマと日本人』なる本も出ています。こちらも確か立ち読みか何かでページをめくった記憶があるのですが、やはりさほど面白味を感じませんでした。『読本』の方は、松村邦洋さんが登場していましたが、こちらは星亮一氏と一坂太郎氏という、歴史に携わっている人々の対談になっています。しかし内容がどうも主観的というか、それぞれの好き嫌いで判断されているふしがあること、さらにDVDがあるにも関わらず、観ておられない作品があるということで、これでは大河全体の分析がきちんとできているのか、疑問に感じられます。実際ネット上で、この内容への違和感を目にしたこともありますし、アマゾンの書評でも批判的なものが見られました。

大河関連の本というと、今までの作品集大成をはじめ、色々な作品に言及するタイプの本が多いのですが、本当の話、もう少し突っ込んだ内容の物がないかと思っています。ただしディープに突っ込むにしては、1年というスパンで区切られていて、シリーズ物でないことから、ドラマそのものの変化や成長を見極めるのが難しいと思われます。昨今の大河の多くが面白くないというのは、スタッフやキャストもさることながら、主人公が出尽くした感があること、費用を掛けていないこと、SNSに頼り過ぎなこと(これは実際フォローしていてそう思います)、とかく過去の作品と比較されがちなことなど様々ですが、この、1年間で完結するという点にも問題はありそうです。むしろ今必要なのは大河を続けるべきか否か、続けるならこれらの諸問題を如何に解決するのか、それを論じた書籍ではないかと思うのですが…。

飲み物-アイスコーヒー
スポンサーサイト



[ 2018/04/03 00:45 ] | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

実は『いだてん~東京オリムピック噺~』を観なくなったので、再び『西郷どん』復習の投稿をアップしています。関連文献もまた読もうかと考えていますし、BSで再放送中の『葵 徳川三代』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、いよいよ日本でのワールドカップの年です。今季は代表下部チームとの兼ね合いもあり、スーパーラグビーでは今一つでしたが、ワールドカップでのベスト8成るでしょうか。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud