FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  花燃ゆ >  花燃ゆ-2

花燃ゆ-2

さて、『花燃ゆ』はいよいよ下田踏海です。この時吉田松陰は若干24歳だったといわれていますから、相当な覚悟の上での決行だったと思われます。しかしながら、日本とアメリカの間に正式な条約も結ばれていない状態で、当然うまく行くはずもありません。上陸した松陰と金子重輔は小伝馬町の牢送りとなり、罪人として故郷に戻らざるを得なくなるわけです。何だか矢折れ刀尽きといった感じですが、しかしこの後も松陰の挑戦は続いて行きます。

ところで、2人が乗り込もうとした「黒船」ポーハタン号の画像があります。
画像

フリゲートなので極端に大きくはなかったようですが、当時の日本人の目にはかなり巨大な、しかも海に浮かぶ鉄の塊と映ったことでしょう。『龍馬傳』で、龍馬が刀を抜いて黒船を威嚇しようとしていたシーンを思い出します。
スポンサーサイト
[ 2015/01/27 00:13 ] 大河ドラマ 花燃ゆ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

実は『いだてん~東京オリムピック噺~』を観なくなったので、再び『西郷どん』復習の投稿をアップしています。関連文献もまた読もうかと考えていますし、BSで再放送中の『葵 徳川三代』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、いよいよ日本でのワールドカップの年です。その前にスーパーラグビーの結果はどうなるでしょうか。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud