FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  風林火山 >  風林火山の歴史的背景26-刈谷原城城代

風林火山の歴史的背景26-刈谷原城城代

第39回で登場する刈(苅)谷原城、ここに諸角虎定が籠城してしまって、戦略に狂いが出た勘助が、夜討ちを掛けることになります。しかし実際は、この城の城代は今福石見守(友清)でした。晴信はこの城を、当初は「海野下野守」に与えようとして、トラブルが発生したようです。この海野下野守は、岩下氏の流れを汲む人物です。ともあれ刈谷原城は石見守友清が城代を務め、その後嫡男の虎孝が家督を継いだため、第四次川中島の戦いにはこの虎孝が出陣したとされています。

今福友清は元々甲斐源氏の一派の出身で、武田家の譜代の家臣でした。甲斐源氏は頼朝の旗揚げに大きく貢献したといわれています。特に石和五郎=武田信光などはその典型でしょう。義仲と不仲になり、そのため追討令を頼朝に出させたという説もあります。一方で、木曽義仲の嫡男義高が、人質として鎌倉に送られた際に従っていたのが、実は海野氏である海野幸氏です。主の義高は成敗されますが、この人物は鎌倉幕府の御家人となります。

その後武田晴信(信玄)は、駿河侵攻を行います。この時友清は、久能城の城主となっています。元々この城は北条氏の物であり、当初は板垣信安(信方の娘婿)が城主を務めていました。その後友清がこの城に入り、駿東地方の支配をまかされます。その後久能城主も虎孝に譲られ、友清は天正9(1581)年に世を去ります。しかしながらその後、武田征伐で徳川軍が侵攻し、この虎孝と弟たちも自刃し、生き残った養子と孫とは徳川に仕えるようになります。

飲み物-グラスビール
スポンサーサイト



[ 2017/12/30 00:45 ] 大河ドラマ 風林火山 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

実は『いだてん~東京オリムピック噺~』を観なくなったので、再び『西郷どん』復習の投稿をアップしています。関連文献もまた読もうかと考えていますし、BSで再放送中の『葵 徳川三代』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、いよいよ日本でのワールドカップの年です。今季は代表下部チームとの兼ね合いもあり、スーパーラグビーでは今一つでしたが、ワールドカップでのベスト8成るでしょうか。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud